きみの鳥はうたえる(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『きみの鳥はうたえる』予告編

きみの鳥はうたえる(映画)の動画フルを安全に見る方法

『きみの鳥はうたえる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『きみの鳥はうたえる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きみの鳥はうたえる(映画)の内容

映画『きみの鳥はうたえる』は、2018年9月に公開されました。

原作は、「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」「オーバー・フェンス」の函館3部作の作者で、41歳という若さで、失意の自殺を遂げた孤高の小説家・佐藤泰志さんの小説です。タイトルの『きみの鳥はうたえる』はビートルズの楽曲「And Your Bird Can Sing」を直訳しています。

監督・脚本を務めたのは、新鋭・三宅唱さん。原作の骨格はそのままに、東京が舞台だったものを函館へ移し、現代の物語とし、函館市郊外の書店を軸に1人の女性と2人の男性が織り成す人間模様を映し出す作品となっています。

主人公の”僕”を演じるのは映画やドラマで引っ張りダコの柄本佑さんが、友人・静雄役には、様々な役をこなす俳優・染谷将太さんが、ふたりの間に立つ佐知子役には、父に石橋凌さん、母に原田美枝子さんを持ち、現代版”東京ラブストーリー”で主演・リカでの演技が注目されている石橋静河さんが演じています。

 

何者でもない3人のストーリーというのが心地良い。主人公は名前もなくただの”僕”。何者でもないから、何にでもなれる自由があるということだろう。男2、女1の人間関係なのに、彼らの関係は恋人なのか友人なのかもわからないほどに曖昧で、恋人にも友人にもなれるという自由。

柄本佑の鬱屈した感じがキャラクターによく合っていたし、明るく笑顔の多い染谷将太と対照的でよかった。石橋静河さんのダンスはもっと見たかった

都会すぎなくど田舎でもないロケーションや、誰もが通ってきたモラトリアム期やラストの観客に委ねるところなど、リアリティ抜群の演出で飽きないけど、セリフ量が少なく、映像や音楽から読み取らないと淡々と進むだけの退屈な作品と感じる人もいるかもしれない。何でもないコンビニシーンやクラブ帰りの朝方など、昔に実体験のある人にとっては、その頃の匂いまでしそうな懐かしさがあるけれど、どんでん返しや楽しい!とか期待している人にはつまらないストーリーかもしれない。

面白いストーリーでも、つまらないストーリーでもない。実際に居そうな若者3人の会話や仕草や、ふざける姿も自然で、日常をただ映した、ふわっとした不思議の映画。しばらく恋人同士とその友人という楽しい関係が続き、時間が経ち彼女の気持ちが変化して行く。ラストに僕は素直に気持ちを打ち明けるけど、佐知子はどう結論を出すのだろう。

あらすじ

夏の北海道函館市。僕(柄本佑)静雄(染谷将太)は、冷凍倉庫で一緒にアルバイトをしていた時に知り合い、意気投合して小さなアパートでルームシェアをして暮らしていました。僕は、郊外にある書店に勤めていましたが無断欠勤の常習犯。静雄は現在失業中。

ある日、僕は同僚の佐知子(石橋静河)と一夜を共にし、その日から毎晩のように2人のアパートを訪れる佐知子。3人は酒を飲みながら楽しい日々を過ごします。

そんな中、静雄は、キャンプに行こうと僕を誘いますが、僕は佐知子と2人で行ってくればと断ります。そして静雄は佐知子と2人でキャンプに行くことに。

見どころ

石橋静河のダンスシーン

石橋静河さんは、4歳よりクラシックバレエを始めて15歳でバレエで留学した後、コンテンポラリーダンサーとして活動していただけあって、クラブでのダンスシーンのリズムの取り方がカッコ良くて気持ち良さそうに踊っている姿がとても自然。そんな石橋静河さんが演じる佐知子はとにかく魅力的です。

新たな脚本

本作は、原作とは随分違ったストーリーとなっています。それは、当初、原作に忠実な脚本があったのですが、撮影が1年延びてしまったことで、三宅監督と出演者たちとの時間が増えたことにより、脚本を大幅に変更。メインキャスト3人とそれぞれ接していく中で、いろんなことが咀嚼されて、脚本に反映されていったそうです。

柄本佑さんに至っては、衣装に自前のものもあったり、三宅監督の私物の紺色パンツも使用しています。しかも、劇中で静雄と佐知子が柄本佑さん演じる”僕”のことを評する内容が、まるで柄本佑を評しているようだったとか。実は、そのセリフは柄本佑さん以外の人たちで話し合って考えたセリフだったそうです。

スタッフ

原作:佐藤泰志「きみの鳥はうたえる」
脚本・監督:三宅唱
音楽:Hi’Spec

キャスト

僕:柄本 佑
函館郊外の書店で働く。

佐知子:石橋 静河
僕と同じ書店で働く女性。

静雄:染谷 将太
僕と一緒に暮らす失業中の男。

森口:足立 智充
僕の同僚。

みずき:山本 亜依
佐知子の同僚。

長谷川:柴田 貴哉

警察官:水間 ロン

本人役:OMSB

本人役:Hi’ Spec

直子:渡辺 真起子
静雄には離れて暮らす酒飲みの母。

島田:萩原 聖人
書店の店長。

 

『きみの鳥はうたえる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きみの鳥はうたえる(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

青春ってこうだよね~!と言いたくなる映画でした。無駄で堕落しているように見えるかもしれないけれど、それぞれ胸には熱い想いを秘めている。そんな映画だったと思います。まず印象的だったのが柄本佑さん演じる男性の役名が「僕」だったということ。名前がついていないから、彼のミステリアスな雰囲気がさらに引き立てられて最後まで見入ることができました。そして染谷将太さんは何を演じても上手い!の一言です。彼の冷え切った眼差しがこれほど似合う役柄ってあるでしょうか。あの目つき、どこかセクシーな感じもするので見ている女性は絶対ドキッとするはずです。物語は柄本さんと染谷さん、そして石橋静河さんの主に三人で進んでいくのですが、この三人元から幼馴染?というほど自然な流れで会話しています。ずーっとやり取りを見ていても飽きないくらいで、こんなことよく友達と話したなぁなんて懐かしくなる人も多いかもしれません。青春時代の一ページって後から気付いて戻りたくなるものですよね。この映画はまさにそんな一ページを濃厚に思い出させてくれる作品だったと思います。大人が見ると、切なさと甘酸っぱさでいっぱいになるはず。今まさに青春中です!という方は、自分を客観的に見せられているようで恥ずかしくなってしまうかもしれませんよ。

30代女性
30代女性

生活感のあるインテリアや、飾らないファッション、役者さんたちの自然な演技やセリフに音楽と映画全体のゆるい雰囲気が好きな作品でした。クラブのシーンでの音楽と漂う空気感が心地よかったです。3人でビリヤードをしたり、卓球をしたり、ダーツをしたり、ただただ飲み明かしたりと自分の学生時代を見ているようで懐かしい気持ちになりました。佐知子役を演じていた石橋静河さんの自然体な演技が印象的でした。トマトを丸ごとかじる姿と首元のゆるいTシャツからのぞく背中の汗がとてもセクシーでした。カラオケのシーンでの歌唱力にも驚きました。ラストのなんとも言えない表情も良かったです。全体的にゆったりと進んで行く映画ですが、役者さんたちの自然な演技に惹き込まれて最後まで退屈せずに観ていられました。特に大きな事件が起きたりすることもなく淡々と進んでいくストーリーですが、観た後はなぜかほんのり温かい気持ちになりました。主人公の僕を演じた柄本佑さんの雰囲気が主人公のゆるい無気力な雰囲気とよく合っていて、深夜にお酒を飲みながら観たいオシャレな映画でした。エンディングの音楽もかっこいいのでぜひエンドロールまで聴いていて欲しいです。

30代女性
30代女性

全編を通して、静かで淡々としたストーリー展開ですが、登場人物の感情の描写が素晴らしい作品でした。メインキャストの柄本佑さん、石橋静河さん、染谷将太さんの自然すぎる演技力。違和感がなさすぎて観ている方もこの世界観にスーッと引き込まれていくような感覚になります。前半の、3人が初めて会って一緒にコンビニに行くシーンの距離を測るような会話や仕草がすごくリアルで、「私も20代の頃こんな感じだったかも」と共感できるシーンでした。それぞれのシーンに感情の糸のようなものが張りめぐらされていますが、特に染谷将太さんの目の演技が良かったです。クラブやカラオケで石橋さん演じる佐知子を目で追うシーンがあるのですが、「なんだか気になるなぁ」から「好きだなぁ」に感情が変わってきていることが観客にもばっちりわかるような演技でした。2020年のドラマで柄本さんはイケメン役でセクシーでかっこいいと話題になりましたが、この映画で演じる「僕」は自堕落な性格で汚い部分があって、そして見た目もちょっと小汚い(笑)。それでも刹那的な青春を送るこの年代の女性にとっては、放っておけない、なぜか一緒にいて欲しい、どこか魅力的な青年を見事に表現していたように思います。全体を通して、びっくりするような展開はありませんが、ゆっくりと登場人物の感情を読み解きながら物語を楽しみたい方にはおすすめです。そしてやっぱり柄本佑さんは素敵だなと思える作品なので、柄本さんが好きな方にも観てみてほしいです。

 

50代女性
50代女性

柄本佑さんが、さすがの演技力で存在感があって、とても良かったと思いました。ちょっと小汚い感じが、いい方に出ていてすごく良かったです。染谷将太さんが、とてもいい味を出していて素晴らしかったと思いました。何かを抱えていて可愛さがあって、どこかかわいそうな感じがして絶妙だと思いました。石橋静河さんが、とても可愛くて歌も上手くていい演技をしていたと思いました。佇まいが美しかったです。カメラワークと色の使い方が、とても上手いと思いました。佐知子と静雄の日常をただ撮っているようなのですが、細かい部分までとても丁寧に描かれていて素敵だと思いました。函館の街の光がきれいに映し出されて移転、きれいでした。柄本さんと染谷さんと石橋さん3人の演技が、ほんとに自然に見えるのですがきちんと計算され尽くされていて素晴らしかったと思いました。力の抜け具合がとてもリアルで、すぐそばにいる人たちのストーリーという感じがしました。若さゆえに、自分が世界の中心だと思っているような、その反面先が見えなくて、不安が消えない焦燥感など青春時代にしか感じることの出来ないさまざまな思いが詰まっていて、心にジワーっと染み込んでくるような作品だと思いました。

 

40代女性
40代女性

好きなら好きと叫べ・想いをぶつけろと言いたいですが、実際にそういうことをしている映画って何となく嘘くさいというのか現実ではこんな感じで淡々としているのではないでしょうか。特に今時の若者の姿が見えているかのよう、120秒待ってくればそのまま行動しダメなら何事もなかったかのように去っていくだけです。青春時代の有り余るパワーを無駄にしているようで、「きみの鳥は歌うことが出来るのに」と大人としては言ってあげたくなります。ただ、今のどうにもならない世の中だと無気力になるのも分かるような気がします。取り合えず、好きだと告白出来ただけ前進であり一歩大人への階段を上ることが出来たのでしょう。そのままどんどんと展開していくわけでもなく、これからもいくつもの階段がそびえたっており、その前で無意味にうろうろして過ごすこととはなると思います。でもそうやって階段を観察し力を蓄えていたからこそ踏み出せる、無駄なようで無駄じゃないわけです。とは言え、冷静に見ていると大人の立場としてはこんな子供たちをアルバイト生として使うのは大変です。いつか雇っていた側の立場も知ってほしい、大人になってもまたなんだかんだあるのです。

 

50代男性
50代男性

「僕にはこの夏がいつまでも続くような気がした」。映画の始めの方で「僕」(柄本佑)のモノローグが入ります。もちろん「気がした」だけで、夏はいつか秋に変わるはずで、北海道の夏はそもそも長くない。そして、元々一つの部屋に同居していた「僕」と静雄(染谷将太)に「僕」と同じ書店に勤める佐知子(石橋静河)が加わって三人で毎日のようにいっしょに過ごしたかけがえのない夏は、静雄の酒浸りの母が倒れて静雄が看病に戻ったことで終わりを告げます。その夏のクラブで夜遊びした後の朝の光。鳥の鳴き声。幸運に女子が混じっていたかどうかは別として、友達と朝まで飲み明かした体験のある人には、どこか懐かしく感じられるシーンではないでしょうか。でも、そんな一般的な記憶に訴えるだけでなく、柄本佑、染谷将太、石橋静河の三人が函館という土地で息をして楽しんでいるところが心地よい映画です。石橋静河がダンスを始めるシーンも、カラオケで歌うシーンもとても良いです。「僕」の人間性も興味深いです。彼は映画の中で「誠実じゃない」と言われる男で、無断欠勤はするは、佐知子との約束はすっぽかすはととてもいい加減な生き方をしていますが、どこか人に対して繊細な感情をもっている男です(対照的なのは同じく書店でアルバイトしている鈍感な森口[足立智充]でしょう)。静雄や彼の母親が彼をいい奴だと思うわけです。

 

まとめ

『きみの鳥はうたえる』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

石橋静河のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ
  • きみの鳥はうたえる
  • いちごの唄
  • PARKS パークス
  • 楽園

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました