きみはいい子(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『きみはいい子』予告編

きみはいい子(映画)の動画フルを安全に見る方法

『きみはいい子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『きみはいい子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きみはいい子(映画)の内容

映画『きみはいい子』は、2015年10月に公開されました。

原作は、中脇初枝さんによる短編集で、幼児虐待や学級崩壊といった問題を通して愛について描いた小説。2014年の映画「そこのみにて光輝く」に続き、監督が呉美保さんで脚本が高田亮さんのコンビが手掛けました。

原作の短篇集から3篇に焦点を当て、虐待、ネグレクト、いじめ、学級崩壊などの現代社会が抱える問題を、問題を抱えた大人と子どもの群像劇として描いています。

出演は、高良健吾さん、尾野真千子さん、池脇千鶴さん、高橋和也さんなど実力派俳優たちが奥深いストーリーを名演技で見せています。

とても考えさせられる作品。「自分の子どもに優しくすると世界が平和になる」名言だと思いました。

宿題をドキュメンタリー風に一人一人質問していくシーンは何度見ても感動してしまうし、小学生の子供が超リアル。
主人公が甥っ子に抱かれるシーンは日本の映画史に残る感動的なシーン。

子役の演出がどこまで演技で、どこまでアドリブなのか分からないけど、こちらの感情を上手く掴んでいた。

大人も子供もぎゅっと抱きしめられるとこんなにあたたかな気持ちになれるんだと思った。高良健吾さんオタオタする教師役が似合っていました。すごい暖かくていい映画。演技もみんなすごくいい。

あらすじ

新米教師の岡野(高良健吾)は、ひたむきですが優柔不断で、問題があっても目を背け、子供たちから信用されていないため学級崩壊状態です。そんな中、岡野に気になる生徒ができます。その生徒は、下校時間なのに鉄棒の辺りにいて、なかなか家に帰りません。

雅美(尾野真千子)は、夫が海外に単身赴任中で、3歳の娘と2人暮らし。ママ友たちの前では笑顔ですが、自宅では娘に暴力を振るってしまいます。雅美も小さい頃、親に暴力を振るわれていました。同じマンションに住むママ友の大宮陽子(池脇千鶴)は、明るく元気な性格で、子供たちとうまく距離を取れています。そんな陽子を羨ましく思っていることを自覚する雅美。

一人暮らしの老人あきこ(喜多道枝)は、スーパーでお金を払わずに店を出たことを店員の櫻井和美(富田靖子)にとがめられ、認知症が始まったかと不安な日々を過ごします。そんなある日、自閉症の子供が困っていたので家に入れ母親に連絡するあきこ。そこへやってきた母親はスーパーの店員・櫻井でした。

見どころ

リアルな演技

キャストのリアルな演技が見どころです。尾野真千子さんは、虐待する母親の役で、子供を叩くのは嫌だということで、自分の足を叩いたりと工夫を凝らしながら演じているそうです。しかし、そんなことが分らないほど、演技がリアルでゾッとするほどの迫力があります。

また、呉美保監督作品「そこのみにて光輝く」で、主演を務めた池脇千鶴さんは、本作では脇役ですが、名演技を披露しています。暗い過去を持ちながら、それでも明るくふるまうという役柄で、尾野真千子さん扮する雅美を抱きしめるシーンなど涙が止まらない人が続出。演技が自然で秀逸だと好評です。

さらに、認知症になったのではと不安を抱える老人役を演じた喜多道枝さんも、もう演技には見えないようなリアルで素晴らしい演技力を披露しています。ちなみに喜多さんは、アニメ「フランダースの犬」のネロの声を担当した声優でもあります。

ラシストシーン

ラストシーンは、尻切れトンボ感があるなど賛否両論ありますが、呉監督曰く、疑問を残すような終わり方にあえてしていて、人生は続くことを描いているそうです。見終わった時に、その後を想像して欲しいとのこと。そして、このラストシーンは呉監督が、この映画で描きたかったこだわりのラストです。

スタッフ

原作:中脇初枝
監督:呉美保
脚本:高田亮
音楽:田中拓人

キャスト

岡野匡:高良健吾
小学校に赴任した2年目の教師。

水木雅美:尾野真千子
夫が海外に単身赴任中のため3歳の娘・あやねと2人暮らし。

大宮陽子:池脇千鶴
雅美と同じマンションに住んでいるママ友。

大宮拓也:高橋和也
岡野の先輩教師。

佐々木あきこ:喜多道枝
ひとりで暮らす老人。

丸山美咲:黒川芽以
岡野の恋人。

岡野薫:内田慈
岡野の姉。離婚して子連れで実家に戻る。

田所豪:松嶋亮太
神田雄太の義理の父親。

櫻井弘也:加部亜門
自閉症の小学生。

櫻井和美:富田靖子
弘也の母親。スーパーの店員。

水木あやね:三宅希空

神田雄太:浅川蓮

 

『きみはいい子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

きみはいい子(映画)の感想

20代男性
20代男性

この作品は観た人に児童虐待や、しょうがいを持つ児童に対するいじめなど、現代社会で問題となっていることに対して、じっくり考えるきっかけを与えてくれる作品です。私がこの作品の中で、最も印象に残ったのは、高良健吾さん演じる児童の問題を面倒臭がる小学校の教師、岡野匡と、過去に虐待を受けた経験から、自分の子供に対しても虐待をしてしまう尾野真千子さん演じる水木雅美が小学校に通う子どもたち、ママ友たちとの交流を深めていく中で徐々にこうした問題に真剣に取り組もう、また、自分も変わらなくてはいけないという心境の変化です。不自然な編集もなくリアルな表現が多く、その世界観に自然と入り込むことが出来ました。また、雅美とは対象的に描かれている池脇千鶴さん演じる大宮陽子をはじめ、しょうがいを抱える子供を持つ母親、義理の父親から虐待を受けている少年、授業中におもらしをしてしまう少年など様々な背景を持ったキャラクターたちと、匡、雅美とのやりとりがその社会問題の深刻さであったり、今も尚解決できていない現状を風刺しています。子どもたちにとって、親という存在はどういうものなのか、親は子どもに対して何をしてやればいいのか、何が出来るのかをこの作品を観たあとで、家族で話し合いたくなりました。

30代男性
30代男性

個人的な体験に似ている部分が多くて胸が苦しくなり、涙が止まりませんでした。どんな体験をしても、子供は純粋純真で親のことを疑ったりしないんです。親のことが好きで一緒にいたいものなんです。子供のころを思い返しながら見る部分と、自分もすでに親になり、教育とはどうあるべきかというような観点で見てる部分がありました。本当に子どもを育てるということは難しいです。ただ、親だから、大人だから、子供より偉かったり、なんでも知っていることは絶対にありません。そんな感想を抱きました。高良健吾さん、ナチュラルな演技で良かったです。ちょっとてきとうな表現ですが、今っぽい若者、感が出ていると思いました。見て見ぬふりの周りの教師たちにイライラしてしまうくらい、映画の世界に没入することが出来ました。子供がいようといまいとすべての人に見てほしい映画だと思います。善か悪かで片付けられない問題を投げかけてくれる映画だと思います。誰かが言っていた言葉ですが、子供が出来たから親になるのではなく、子供と一緒に成長してようやく親になれるのだと、この映画を見て改めて思いました。しかし、個人的な体験と重なってみていて辛かった。素晴らしい投げかけのある映画だと思います。

30代女性
30代女性

現実をよく描いている映画だと思いました。題材的に理想や綺麗事を入れてしまったら、途端に観たくなくなったと思うけれどそれが無かったので最後まで観ました。尾野真千子が娘を怒り、娘がごめんなさいを連発しまた怒られる場面、自分の子供の頃を見ているようでした。尾野真千子のまわりの顔色を伺っている感じ、大人なのにまだ誰かに怒られないようにしているようで胸が痛かったし、こちらも自分を見ているようでした。新米教師の空回り、これも自分を見ているよう。この教師は恐らく普通に育ったのだろうけれど今壁にぶちあたっています。思い付いた宿題が…いや、虐待されている子がクラスにいるのになんでそれと思いましたが彼には精一杯だったのでしょう。絶対宿題やってきますといったあの子は宿題発表の時、どんな顔しているのだろうかと心配でした。その他主な登場人物皆悩みを抱えていますが、どの人の悩みにも私自身の悩みが見え隠れしていました。池脇千鶴はなんで尾野真千子にこういう言動をするのだろうと、どんな展開になるのか最初不安でしたが、ああそうだったのかという感じでした。池脇千鶴の役が無ければこの映画は絶望です。あの役はこの映画の中の希望です。尾野真千子を抱き締めるシーンでは涙が出ました。現実にも池脇千鶴のような人はいるのでしょうか。あんなにうまく育った人。いてほしいし、自分がそうなりたいと思いました。思うのは簡単、現実は難しいです。子育てには第三者が必要と思いました。余りにも親子の関係に誰も介入できないようになっている、そんな現実を感じます。虐待された経験のない人に実際にある問題として観てもらいたい作品でした。役者さんが全員うまく、誰ひとり浮いていないのでテーマがよく胸に入ってきました。

 

20代女性
20代女性

私は、映画『きみはいい子』を観て、「子どもたちに必死に向き合う人々の姿」と「過去を乗り越えようとする母親の姿」が特に印象に残りました。まず、子どもたちに必死に向き合う人々の姿についてです。この映画では、小学校教師や幼い子どもを持つ母親など、子どもに関わる機会が多い人々の姿が描かれます。それぞれ仕事としてや家族としてなど自分の置かれた立場から子どもたちと向き合おうとする登場人物たちですが、自分の思うようには子どもたちと向き合うことができません。くじけそうになりながらも、日々懸命に子どもたちと向き合おうとする登場人物たちの姿に勇気をもらいながら観ていました。次に、過去を乗り越えようとする母親の姿についてです。登場人物の一人である母親は、自分も虐待を受けた経験がありその辛さを知っているにも関わらず、自分の子どもを虐待してしまいます。虐待の辛さを実感しているため、なんとか虐待をしないようにと考えますが、それでも何度も虐待を繰り返し周囲の人々が虐待の実態に気づくことになってしまいます。過去の辛い経験に大人になっても苦しみ続けながら、周囲の人々の助けを得て過去を乗り越え、立派な母親になろうとする母親の姿に、感動を覚えながら観ていました。

30代女性
30代女性

虐待やネグレクトなどの重いテーマを扱っているので目を背けたくなるシーンもあり、特に尾野真千子さん演じる雅美が娘のあやねを虐待するシーンはとてもつらく胸が苦しくなりました。我が子を大声で怒鳴りつけ叩いた後に一人泣いている雅美の姿はとても悲しく、考えさせられるものがありました。ママ友グループの中でも浮いた存在の陽子はそんな事を気にする様子もなく自分の考えをしっかりと持っていて素敵でした。陽子を演じた池脇千鶴さんのおおらかなお母さんの雰囲気がとても自然でさすがでした。陽子が自身のこどもへの虐待で苦しむ雅美を抱きしめるシーンはとても印象的でした。苦しい時に誰かが側にいてくれることで救われる瞬間があるということを強く感じました。大人だってこどもだって誰かにギュッと抱きしめられて愛おしく思われるべきであり、そうされたいと思っているんだとこの映画を観て改めて思いました。重いテーマながら登場人物のそれぞれの人との関わりが温かく希望のある作品になっています。主人公を演じた高良健吾さんは役柄の純粋なイメージとも合っていて爽やかで彼が映画の中で成長していく姿がキラキラと輝いていました。はじめは頼りなかった匡が最後は格好良くたくましく見えました。ラストのピアノの音楽も背中を押してくれるような綺麗な音色でとても素敵でした。

30代男性
30代男性

子供を虐待しているシーンは、創作だとしてもやっぱり見ていて辛いですね。個人的には妹の子である幼い姪を可愛がっていますが、こんな年代の子を虐待するなんて考えられないと表層的には考えてしまいます。しかし、より想いを深く巡らせると、妹は育児に際して実家の助けをかなり得られる立場にありますが、それでも見ていて子育ては大変そうです。世の中の多くのお母さんが私の妹ほど恵まれていない環境下で大変な苦労を重ねながら育児をしなければならないことを考えると、この映画に出てくる雅美の行動を単純に叩く資格が自分にはあるのだろうかと自問してしまいました。他にも生徒である子供たちとの向き合い方に悩み、試行錯誤してしまう新米小学校教師や、認知症の兆しに脅えながら挨拶してくれる子供への依存を深めてしまう一人暮らしのお婆さんなどがこの作品には登場するのですが、老いも若きも、男も女もみんな人間関係にまつわる悩みごとを抱えているのだと訴えかけてくるようなストーリーです。全体として見ていて辛いシーンが多いのですが、もっと直視して、当事者だけでなく世の中みんなで問題意識を持たなければならない事柄が詰め込まれているように思います。

30代女性
30代女性

大人と子供の様々な関係性が、それぞれの気持ちと一緒にわかりやすく描写されていて、すぐに物語に入り込むことができました。作品はじめの方のママ友の井戸端会議の様子も、自分も同じような経験をしたことがあるだけに、客観的にみて端から見ると怖い集団にみえるなと感じました。また、主人公の新米教師が頼りないながらも子供と真剣に向き合おうと奮闘する姿には、胸にこみ上げてくるものがありました。中盤、クラスの生徒のユウタを家に送り届け、ユウタの父親とはちあわせするシーンでは、ユウタの父親の横暴な態度に怒りをおぼえ、保護者に対して強く出ることができない先生にも、やり場のない怒りをおぼえました。また、作品最後の方で、アヤネちゃんが母親から”また怒られる!”と恐怖で泣くシーンでは、ママ友のまさかの行動でアヤネの母親と娘が救われ、そのママ友の行動と優しさに思わず涙が出ました。辛い気持ちを察してくれる人が一人でもいれば、人は変われるのではないかという希望を持たせてくれるような描写にとても感動しました。作品全体が、様々な社会的問題をリアルな事例をあげて解説していてわかりやすい他、我々がいろんな人に助けられ、救われ、自分の存在価値を肯定してくれるような希望が持てる作品だと感じました。

 

まとめ

『きみはいい子』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました