菊とギロチン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
「菊とギロチン」予告編

菊とギロチン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『菊とギロチン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『菊とギロチン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

菊とギロチン(映画)の内容

映画『菊とギロチン』は、2018年7月に公開されました。

『ヘヴンズ ストーリー』を手掛けた瀬々敬久さんが監督を務めました。「女相撲」「アナキスト」をテーマに構想30年もの歳月をかけて完成させた入魂作です。

ヒロインの新人力士・花菊役には、本作が映画初主演で今後も期待作が続く木竜麻生さんが抜擢されました。他にも、東出昌大さんや寛一郎さん、韓英恵さん。さらに今の日本映画界に必要不可欠な個性派俳優陣が一挙に集結しております。

瀬々監督が30年温め企画を実現した一作ですが、これが渾身の一作になっているのが凄い。女相撲とアナキストという視点がとにかく面白く、3時間の長尺ながも一気に観ること出来ました。

窮屈な世の中で、自由に生きようともがくヒロインの姿に共鳴必至です。ヒロインの木竜麻生さんの初主演とは思えないほどの圧倒的な存在感に魅了させられました。また、もう一人のヒロインとも言える韓英恵さんのエピソードも胸が締め付けられます。まさに彼女のための役であったと。とにかく素晴らしいです。

時代と呼応した奇跡の映画です。特に印象深いのは浜辺で踊るシーンで、魂が震えました。脚本の相澤虎之助のアイデアらしく、流石だと思いました。

俳優陣だけでなく、プロデューサー、撮影、音楽など含めすべてが贅沢なメンバーが揃ってますね。内容をぶつ切りにせず、とことん映像化しようと言う試みが良く、長時間である理由も納得できます。

あらすじ

大正末期の関東大震災直後、日本は不穏な空気が漂っておりました。それまでの華やかで自由な雰囲気は徐々に失われていき、軍部と権力が強くなる一方で、人々は貧しさとその先の見えない閉塞感にあえいでいました。

ある日、東京近郊に女相撲一座「玉岩興行」やって来ました。力自慢の女力士たちだけではなく、元遊女で人気力士の十勝川(韓英恵)や、夫の暴力から逃げて家出をした新人力士の花菊(木竜麻生)の姿もありました。

「強くなりたい。自分の力で生きてみたい」この一心で厳しい練習を重ねていく花菊は、いよいよ興行の日を迎えます。観客の中には、妙な若者たちの顔ぶれがありました。彼らは、「格差のない平等な社会」を目指すアナキスト結社「ギロチン社」の面々でした。「ギロチン社」中心メンバー・中濱鐵(東出昌大)と古田大次郎(寛 一 郎)は、女力士たちの戦いぶりに魅せられて、彼女たちと行動を共にするようになります。

次第に中濱と十勝川、古田と花菊は惹かれあっていくが、厳しい現実が容赦なく彼らの前に立ちはだかります…。

見どころ

最注目の新人俳優

無政府主義を語るアナキストグループ「ギロチン社」のリーダー・中濱を演じる東出昌大さん。運動家ではありますが、実際には大企業から金を取って、反政府活動への資金ではなき、酒や女に使い込むなどダメな口先だけの男です。

そんな彼に対してイライラを覚える「ギロチン社」の中心メンバーである古田を演じるのは、佐藤浩市さんの息子であり、三國連太郎さんの孫でもある、“寛一郎”さん。そして、本作が彼のデビュー作となります。

弱くて頼りないが、何かを変えたい!と強く思っている青年を見事に演じきっております。初めてとはとても思えない、堂々とした演技を披露しております。今後が期待の寛一郎さんに注目してください!

実力派スタッフが集結

本作を手掛けた一流の制作陣を紹介していきます。まず監督は、伝説的日本映画『ヘヴンズ ストーリー』から8年、巨匠・瀬々敬久が務めました。

脚本は相澤虎之助さんが、瀬々監督と共に手掛けました。彼は映像制作集団『空族』の族員の一人で、『空族』以外の脚本を執筆したのは初めてです。撮影監督は『ヘヴンズ ストーリー』も務めた鍋島淳裕さん。

美術監修は黒澤明さんの『羅生門』などを手掛けた御年91歳の馬場正男さんに、瀬々監督と長年の朋友だという安川午朗さんが音楽を、映画タイトルデザインの巨匠、赤松陽構造が題字を務めております。

瀬々監督の元に日本映画界を支える実力派スタッフが集まって制作されました。非常に見応え抜群の180分超の超大作が仕上がっております。

スタッフ

監督:瀬々 敬久
脚本:瀬々 敬久 / 相澤 虎之助
音楽:安川 午朗

キャスト

主要人物

花菊ともよ:木竜麻生
夫の暴力に耐えかねて家出し、女相撲一座「玉岩興行」に加わった新人力士。

十勝川たまえ:韓英恵
朝鮮を故郷に持つ元遊女。新入りながら玉岩興行の人気力士。

中濱鐵:東出昌大
「格差のない平等な社会」を目指すアナキスト結社「ギロチン社」のリーダー。

古田大次郎:寛一郎
中濱鐵をサポートする「ギロチン社」の中心メンバー。

女相撲-玉岩興行

小天龍よし:持田加奈子
与那国うし:播田美保
小桜はる:山田真歩
勝虎かつ:大西礼芳
玉椿みつ:嘉門洋子
梅の里つね:前原亜希
若錦まき:仁科あい
羽黒桜まつ:田代友紀
日照山きよ:和田光沙
最上川せん:背乃じゅん
2代目小桜:原田夏帆
三治:嶺豪一
岩木玉三郎:渋川清彦

ギロチン社

田中雄之進:小林竜樹
小西次郎:小水たいが
内田源太郎:伊島空
茂野栄吉:東龍之介
倉地啓司:荒巻全紀
河合康左右:池田良
仲喜一:木村知貴
小川義雄:飯田芳

在郷軍人分会

飯岡大五郎:大西信満
佐吉:川本三吉
キチジ:高野春樹
栄太:中西謙吾

労働運動社

大杉栄:小木戸利光
和田久太郎:山中崇
村木源次郎:井浦新

その他

ナレーション: 永瀬正敏
田中半兵衛:嶋田久作
水島:渡辺謙作
森本一雄:宇野祥平
魚売の音弥:鈴木卓爾
正力松太郎:大森立嗣
定生:篠原篤
丸万:菅田俊
坂田勘太郎:川瀬陽太
大杉に演説を奪われる男:武田一度
金善姫:中田彩葉
ハツ:松山カオル
佐吉の父:飯島大介
春子:上木 椛
女郎:村上由規乃 / 辻 凪子
人形使い:森田晋玄
漁師の男:小林節彦
警官:吉岡睦雄
願人坊主:下元史朗
ジェンベ奏者:奈良大介
空き巣:金城左岸
屑拾い:内堀太郎
スリ:中村修人
夜鷹:荒堀 舞
鳥追い女:和久本あさ美
土方:三村晃庸
物乞い:松村 厚
甘粕五郎:柴田一樹
庄司乙吉:西村達也
銀行員:申 芳夫 / 渡辺厚人
給仕女:松倉智子
刑事:白井良治
巡査:坂本克彦
十勝川の相手/警官:海野恭二
役名無し:渥美翔平 / 香山栄志 / 橋本龍也 / 寺中空良 / 福島 悟 / 丸山雄大 / 森本 凜 / 山本栞那 / 米原橙夢 / 松島一輝 / 松田優佑

『菊とギロチン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

菊とギロチン(映画)の感想

30代男性
30代男性

関東大震災の後、社会が暗い方向へと向かいつつあった大正時代末期が舞台の映画です。あまり描かれることが少ない時代ですので、それ自体が目新しいのですが、そこへ更に女相撲とアナキスト集団という、これまた変わったタイプの人間たちが登場するので、とにかく新鮮さは感じましたね。女相撲の力士たちの興行や、理想を語り合うアナキストの若者たちは、個人的にあまりよく知らなかった世界だけに、好奇心は刺激されました。しかしストーリーが進行するにつれて、そんな表面的な物珍しさを脱して、2つのグループの比較や作品における存在意義を考えるようになりました。アナキスト集団「ギロチン社」は格差のない平等な社会を作ろうという理想に燃える若者たちですが、頭でっかちで実行力が伴っていません。それに対してどっしりと地に足をつけて組み合う女相撲の力士たちは、あまり知性的ではないかも知れませんが、実を伴っているという点では、「ギロチン社」ととても好対照です。そんな対照的なグループの男女が交流し、互いの価値観に触れ合うところにこの映画の面白さを感じましたね。作品自体、とても長いので、両者の交流だけでなく、時代状況、社会の雰囲気などもじっくりと描かれています。一見女相撲とアナキスト集団という奇抜さに目を奪われがちですが、歴史的な映画としても見応えがあると思いました。

20代女性
20代女性

私は、映画『菊とギロチン』を観て、「女相撲に青春を捧げる女性たちの姿」と「世界を変えようとする若者たちの姿」が特に印象に残りました。まず、女相撲に青春を捧げる女性たちの姿についてです。この映画では、関東大震災直後の日本を舞台に、その時代に実在した女相撲の一座と青年たちの集団が出会うことから物語が始まります。女性たちは、女性だからという理由で思うように生きられない時代の中で、自分らしく生きようと女相撲に没頭します。それぞれ異なる境遇や過去を持ちながらも、女相撲という同じ競技に全力で挑む女性たちから強さやたくましさが感じられ、憧れの気持ちを抱いて観ていました。次に、世界を変えようとする若者たちの姿についてです。女相撲の一座と青年たちの集団は、情熱を捧げているものは異なりますが、世界をより良くしたいという共通した情熱を持っていました。そのため、多少の価値観の違いに戸惑いながらも協力して自分たちの手で世界を変えようと奮闘します。一筋縄ではいかない厳しい状況の中でも、世界を変えるという壮大な夢を叶えるために必死に生きる若者たちの姿がきらきらしていて、どこか羨ましさを抱きつつ、応援しながら観ていました。

 

まとめ

『菊とギロチン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました