ケンタとジュンとカヨちゃんの国(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』予告編

ケンタとジュンとカヨちゃんの国(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国(映画)の内容

映画『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』は、2010年6月に公開されました。

本作は『ゲルマニウムの夜』の大森立嗣監督の監督第2作目となり、孤児院で兄弟のように育ち、さまざまな問題を抱える3人の若者たちが、人生の新たな一歩を踏み出そうと逃避行を試みる青春ロードムービーで、キャッチコピーは「三人なら、生きられる」。

持って生まれた才能が溢れる実力派俳優の松田翔太、人気上昇中の高良健吾、独特の表現力を持つ安藤サクラを主演に、その気迫あふれる演技は観る人を引き込み、現代社会を生きる若者たちが抱える不安や憤りを生々しく体現しています。

すごく切なくてやりきれない思いにもなるけど、ヒリヒリするような切なさの中に心温まる感覚が湧いてくる、素敵な作品でした。

安藤サクラさんがすごい!今、こんな演技、こんな表情できる若手いますか…?
惨めさや悲壮感を滲ませて偏執狂的に愛を求める女…この繊細かつ腹をくくった演技に感服です!

久しぶりにこんなに深く自分の感情に突き刺さる映画を観た。
観た後、すぐに消化できるわけではないけど、ずっしりとくるものがあった。
でも、今、こういう時代にこの映画を観ることができてよかったと思う。

世の中には色々な立場の人がいる。
どこにでもありそうな、どこにもないような、だけど、誰でも持ってるそんな心の闇や弱さをズシンと感じました。

あらすじ

児童養護施設育ちのケンタ(松田翔太)は,ひたすら壁を壊すだけの解体工事の“ハツリ”と呼ばれる仕事をしていますが、低賃金で劣悪な労働環境に加え、先輩の裕也(新井浩文)からある事情があっていじめられていました。

世の中には自分の人生を自分で決められる人間と、自分で決めることのできない人間がいて、自分は後者であるということを悟り、絶望の日々を送っていたケンタは、ある日、施設で兄弟のように育ったジュン(高良健吾)とともに逃げ出すことを決意しました。ジュンの同棲相手カヨ(安藤サクラ)を連れ、ケンタの兄・カズ(宮崎将)が服役している網走刑務所へと向かいます。

これまでを振り返ると、ロクでもない人生でしたが、それでも2人は儚い希望を求めて北へ向かう…これから道が開けると信じて。

見どころ

安藤サクラの名演技

実に個性的な魅力を醸し出している安藤サクラさん。本作でもその本領を発揮し、印象に残る名演技を見せてくれました。

今回の役は、「不細工な女」という難しい役。それでいてちょっと変わった…言い方を変えればとても純朴で精神年齢低めな、ひたすら自分を愛してくれる人を求めている女性なんですよね。その言いようのない悲壮感に満ちた表情…特ににラストは見どころです。

スタッフ

監督・脚本:大森立嗣
音楽:大友良英
エンディングテーマ:『私たちの望むものは』作詞・作曲 – 岡林信康、歌 – 阿部芙蓉美

キャスト

ケンタ:松田翔太
兄と共に児童養護施設で育つ。解体現場で働いていたが、兄に会うためにジュンと逃げ出す。

ジュン:高良健吾
健太と同じ施設で兄弟のように育った。

カヨちゃん:安藤サクラ
ジュンがナンパし、同棲していた。ジュンに連れられてケンタと北へ向かう。

カズ:宮崎将
数々の犯罪を犯し、網走刑務所に入っている。

裕也:新井浩文
ケンタの職場の先輩。ケンタを執拗にいじめる。

洋輔:柄本佑
洋輔の母:洞口依子
ゆみか:多部未華子
スナックのママ:美保純
三郎:山本政志
闘犬の男:小林薫
菊ちゃん:柄本明

 

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ケンタとジュンとカヨちゃんの国(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

安藤サクラさん演じるカヤちゃんのバカさ加減が本当に秀逸です。奇跡的にフェリーで再開した後、手を繋いだカヤちゃんがとても可愛いです全然ブスじゃない、カヤちゃんがジュンに絡むシーンはクセになり、ずっと見てられます。円満な家庭で育ち自分の明るい将来を疑わず、つらつらと語る(少し棒読みが気になったけど)多部未華子はカヤちゃんとの対比かな?とジュンの自尊心が決められるのが分かります。ずっと気怠い形で誰も救わないのがわかるけど、最後まで見れます。お兄ちゃんに会いに行く一心で暴走するケンタ君も、けんたくんが大好きなジュンも、刑務所に服役中のお兄ちゃんカズも顔がいいので、人生を自分で決められる人間ととそうじゃない人間の後者と自分を語っていたけど光があると信じてそれを破壊し脱却するもその選んだ光の人生のラストがこの結果になってしまうのが切ない。カヤちゃんには幸せになってほしいと思った。キャストについては最高の一言です、松田翔太と高良健吾のペア、ダサい2人の設定のはずなのに豪華すぎてもう。安藤サクラの持ち味も加あって、3人あってこその作品です。もちろんこの3人以外にも新井さんや多部未華子さんのくどいぶりっこも見どころです。以上のことを踏まえとても良い映画だと思います。

50代女性
50代女性

高良健吾さんは無邪気な役がほんとに似合うなとこの映画を見てあらためて感じました。高良健吾さんはこの映画の中でヤクザのような役柄を演じていますがそれでも隠せない素直でピュアな所が垣間見えて、どうしようもない人なんだけど、なんかほっとけないそれような雰囲気を出しています。彼にはそんな不思議な魅力があるのではないかと感じました。高良さん演じるジュンが安藤さん演じるカヨちゃんに対して「ブス」という言葉を何度もいいますが、小さい子供が好きな女の子にいうような感じでなぜだか可愛くさえ見えました。安藤さんといえば誰もが知る演技派の女優さんですが、この映画の中でもカヨちゃんを演じる安藤さんは、自由奔放だけどどこか孤独を感じさせる女性を見事に演じていました。この映画では心に闇を持った3人が主人公になっていますが、誰にも心の中に闇の部分があるのでこの3人の心理は共感を持つことが出来ました。誰でも全部を壊して今いるところから逃げ出してしまいたいと思うことがあるはずですが、この作品ではそんな誰もが一度はやってみたいと思うことを実際に実行してくれ自分の夢を叶えてくれているような気分になることが出来て楽しめました。

50代男性
50代男性

建物の解体現場で働く施設で育ったケンタ(松田翔太)はしつこく金をせびる先輩の車を壊して、ジュン(高良健吾)と恋人のカヨ(安藤サクラ)と共に兄の収監されている網走刑務所を目指しますが、そもそも網走がどこか知らなかったり、劇中いろいろと出てくる簡単な計算や漢字の読みなどもできないという設定です。途中で片目を親につぶされた青年が出てきたり、実現が不可能そうな夢を嬉しそうに語るキャバ嬢がでてきたりと、この監督は事前に似たような境遇の方について実際に調べられたようです。普通の親がいて、学校に行って、という人には想像できない世界が出てきます。ケンタとジュンはカヨのことも途中で放っていきますが、二人とも大して気にもかけません。捨てられたカヨですが、後で偶然会えると怒らずに喜ぶというのも、痛々しい展開でした。全編、虚無的なストーリーですが、主演二人の無邪気な演技が合っていて、よくできたロードムービーになっていました。安藤サクラさんは相変わらず演技力がすごかったです。
昔の青春映画やロードームービーなどは、反抗や解放、自由などがテーマでしたが、行き詰った格差社会ではいかに夢も理想も持つことが困難かがよく伝わってくる映画でした。

 

まとめ

『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました