犬猿(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
犬猿

犬猿(映画)の動画フルを安全に見る方法

『犬猿』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『犬猿』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

犬猿(映画)の内容

映画『犬猿』は、2018年2月に公開されました。

監督は、宮迫 博之さん・仲 里依紗さん主演の『純喫茶磯辺』や、麻生 久美子さん主演の『ばしゃ馬さんとビッグマウス』など、自らのオリジナル脚本を映画化して注目を集めた吉田 恵輔さん。彼の前作は古谷 実さん原作『ヒメアノ~ル』をビターテイスト全開で描ききり、新境地を開いた鬼才です。

吉田監督が4年ぶりとなるオリジナル脚本を映画化しました。本作では兄弟姉妹ならではの複雑な関係、渦巻く感情を描いた新感覚ヒューマン・ドラマ、おかしくも壮絶な愛憎劇となっております。

窪田 正孝さん、新井 浩文さん、「ニッチェ」の江上 敬子さん、筧 美和子さんの4名。異色の組み合わせが果たしてどのような化学反応を起こすのか?

 

4人の心情それぞれ感情移入できる作品でした。兄弟だけじゃなくて、犬猿の仲って絶対にいるよなー。

よかったです!胸くそものかな、暴力ものかなと、ヒヤヒヤしながらも全然期待せずに見始めましたが、徐々に面白くなっていき最後は泣けてしまうほど。見て良かったって感じました。

筧美和子さんのセリフ演技は相変わらずいまいちだったなと。ただ、豊満な肉体をしっかりと活かしながらもきわどい役を見事に演じていて、全体としては凄くよかったです。

冒頭からいきなり『感動系の映画』を罵倒する描写。これで一気に引き込まれました。ストーリーに緩急もあり、最後まで飽き無く楽しく見られました。

この映画では兄弟姉妹の『犬猿』がテーマとなっており、みんな子供の頃はすごく仲良しで、それが大人になるとこうも『犬猿の仲』になってしまうのかという悲しさもあります。

4人誰も悪くないし、誰もが悪い。色々と考えさせられる面白い作品となっており、4人のキャスティングが見事にマッチしてて完璧という声もありましたね!

あらすじ

金山 和成(窪田 正孝)は地方都市の印刷会社で働く営業マンです。イケメンだが真面目で堅実な彼は、父親が友人の連帯保証人になって作ってしまった借金をコツコツと返済しながら、老後のために毎月わずかな貯金をする地味な生活を送っていました。

そんなある日、彼のアパートに強盗罪で服役していた兄の卓司(新井 浩文)が刑期を終えて転がり込んできます。卓司は和成とは対照的に、金遣いが荒く凶暴な性格でトラブルメーカー。キャバクラで暴れたり、弟が留守中の部屋にデリヘルを呼んだりとやりたい放題でした。

和成はそんな卓司に頭を抱えますが、気性の激しい兄には文句を言えません。

一方、親から引き継いだ小さな印刷所を切り盛りする姉の幾野 由利亜(江上 敬子)は、勤勉で頭が良く仕事はできるものの、太っていて見た目が良くありません。得意先の和成に好意を寄せておりますが、彼女の天敵は、頭は悪いけどルックスとスタイルの良さから芸能活動もしている妹の真子(筧 美和子)でした。

由利亜は仕事もできないくせにチャラチャラしてチヤホヤされている妹にいらつき、真子もまた節制できずにぶくぶくと太っている姉のことを小バカにしていました。

複雑な感情を抱く二組の兄弟姉妹の出会いにより、それぞれの関係が変化し始めます。

見どころ

主演レベルの演技力

中心4人の演技は抜群ですが、その中でも群を抜いていたのは、お笑い芸人であるニッチェの江上さんです。彼女が主役だと言われてもおかしくないです!

監督が「演技力を引き出される能力に長けた方」と仰っており、他の役者が輝いておりましたし、それを見抜いた吉田監督も流石ですね。女優への道のりのスタートかもしれません!

あるある!わかるわかる!共感の嵐!

兄弟と姉妹の仲が良くなりたいけど、どうしても許せないと思ってしまう。それぞれが世間話の最中につい攻撃的(嫌味)な言い回しをしたり、抑えてはいるけども、ふとした時に嫉妬や劣等感が垣間見えるところは、兄弟姉妹がいる方なら共感の嵐だと思います。

それぞれの個性があって、人間はなかなか変われないといったことを体現しております。

スタッフ

監督・脚本:吉田 恵輔
音楽:めいな Co.

キャスト

金山 和成:窪田 正孝
金山家のクソマジメな弟。印刷会社に勤め、真面目で気の優しい等身大のサラリーマン。

金山 卓司:新井 浩文
金山家の凶暴でヤクザな兄。乱暴者でトラブルメーカー。

幾野 由利亜:江上 敬子(ニッチェ)
幾野家の仕事はできるがブスの姉。勤勉で家業の印刷所をテキパキ切り盛りする。

幾野 真子:筧 美和子
幾野家のルックスは良いけどおバカな妹。容姿と人当りの良さで人気者。

 

『犬猿』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

犬猿(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

この映画に興味を持ったのは、まずパッケージ。赤のタイトルバックに登場人物である4人の怪訝な顔が掲載されているのがとても印象的でした。そして、登場人物であるキャストの俳優陣の中にモデルの筧美和子とお笑い芸人ニッチェの江上さんが入っていたことになんだか違和感を感じて、どんな映画か見てみたいという探究心に駆られました。物語は江上と筧美和子が姉妹役で窪田正孝くんと新井さんが兄弟役という設定でストーリーは進んでいくのですが、なんともシリアスなシーンが多い事。これまで沢山映画は見てきましたが、兄弟間の中にある劣等感や根底の部分にある、各々のひん曲がった性格を巧妙に描いていて、共感できる部分や兄弟あるあるだなと思う点も沢山ありました。家庭環境において、長男長女は初孫にあたるのでみんなに大切に慎重に育てられ、しっかりとした真面目な性格に育つ子が多いと聞きます。あまりに大切に育てられすぎて反発性でやんちゃな方向に走ってしまうパターンの人います。一方、兄や姉がいる子達は兄弟の行動を見て育ってきているので、要領がいいタイプが多い傾向にあったりだとか、兄弟間の性格などをうまく作品の中に落とし込む監督の視点がすごいなと考えられる作品でした。

40代女性
40代女性

体形ももちろん性格や善悪に対する感覚も正反対の兄弟、似たような環境で育ってきたはずの二人がこれほど違ってくるのでしょうか。両親はどんな感じなのか見てみたくなりました。仲が悪くていつも喧嘩ばかりしていて、でもやっぱり一番の遊び相手だし何でも話せる仲というのが兄弟と自分的には思っています。昔は喧嘩が絶えなかったけれど大人になっていくにつれてその回数は減っていきました。なのでその年になってもまだ争いあっている姿は幼ささえ感じられます。それとも、あまりに違い過ぎて激突せざるを得ないのでしょうか。何しろ片方は犯罪すれすれというよりも犯罪を犯して牢に入るほどのことをやっているのですから、分かりあえる時はなかなかこないのかもしれません。この作品を描いた監督自身は兄弟がいたのか・仲はどうだったのかということも聞いてみたいです。ニッチェの江上さんがぶさいくな妹役に、歌ったりコントでお芝居をしたりと結構器用にこなす彼女ですが、この作品でもなかなかうまいです。ぶさいく役だからさすがに女優さんは使えなかったよう、お笑い界から進出してきました。自分が悪口を言うのはいい、でも他人に言われたらなんだか腹が立つし反発したくなるという気持ちはよく分かります。

30代女性
30代女性

生真面目な弟と問題ばかり起こす兄、美人だが自分がやりたいことがうまくいかない妹と自分にも妹にも厳しく優秀だがスタイルも見た目もよくない姉、この2組の兄弟姉妹の関係が複雑になるにつれてそれぞれの今まで溜まってきた兄弟姉妹同士の確執や不満が爆発してしまうのですが、それぞれの気持ちがすごくリアルでした。同性の兄弟姉妹は特に異性の家族よりも周りや親から比べられる事が多いと思います。そういった人たちは少なからず劣等感は持っているものだと思います。家族でなく友達同士であっても劣等感というものは生まれます。その気持ちの大きさは人それぞれだとは思いますが、この映画を見て「気づいてなかったけど、私もこの気持ちあるかもしれないなぁ」と思ってしまいました。それぞれタイプの違う4人がそれぞれタイプの違う気持ちを抱えているため、いろんな人が誰かしらに共感できると思います。私は姉の幾野由利亜(江上敬子)の気持ちにすごく共感しました。彼らはひとつのきっかけで気持ちを爆発させますが、見ていてすかっとしました。兄の金山卓司(新井浩文)は本当に見ていて腹が立つくず男だったので、めちゃくちゃ気分が良かったです。終わり方は少し気になる終わり方でそれぞれの想像が広がると思います。

30代女性
30代女性

始終じめじめした、湿度の高い作品です。しかし、共感したり、役の気持ちに入り込んだり…感情移入しやすいキャラクターがたくさん出てきます。暗いストーリーなのに、予想を裏切る展開が繰り返されて最後までとっても面白かったです。とある兄弟と姉妹の日常を淡々と映しているのですが、それぞれが心の中にコンプレックスや葛藤を抱いていて、血の繋がる“きょうだい”だからこそ認めたくない、許せない、負けたくない…そんな複雑な心の動きが丁寧に描写されています。人に見せたくない、隠しておきたいところを目の当たりにしたからこそ、ぎゅっと心が掴まれました。見た目、経歴、学歴、恋愛、期待をされる経験…色んなことを感じて、背負って、潰されそうになりながら、負けそうになりながら、日々生きている。理不尽なことに耐える毎日に嫌気がさしたことがある。嫌いになりたくないのに恨んでしまう…そんな経験がある方にはきっと少なからずハッとさせられる場面があると思います。一旦まとまったかのように見せかけてハッピーエンドではないですし好き嫌いは別れそうですが、そんな所も含めて個人的にオススメできる作品です!恋愛系やアクションものに飽きてきたなって思った方にぜひ見て欲しいです!

30代女性
30代女性

新井浩文さんが演じるお兄ちゃんの、良い人なのか悪い人なのか絶妙なラインの演技が良かったです。それに対し、窪田正孝くんの演じる弟は、小動物のようなおどおどした雰囲気がかわいらしかったです。しかし、この一見弱々しい弟もなかなかの狡さを内に秘めているところが面白かったです。さらに、兄弟とはタイプが違いますが、仲が悪い姉妹も登場します。この四人を見ていると、人間は良い面だけでなく当然しょうもない部分を持ち合わせていることを感じさせられました。しかし、そこが人間らしくて見応えがありました。相手に対して何らかのコンプレックスを持っており、それにより嫌悪してしまうことは現実の人間関係でもよくあると思います。個人的には、ニッチェの江上敬子さんが演じる姉がダンスを踊るシーンがお気に入りです。ちょっとわざとらしい演出と思う方はいると思います。しかし、モテない女性がずっと片思いしていた人とデートできるならば、あのくらい浮かれてしまうのは仕方ないのではないでしょうか。完全にモテない女性の姉に感情移入してしまったので、デート当日の相手の引いている表情を見て胸が締め付けられました。テンポが良くて面白いお話なので、ぜひ未見の方におすすめしたいです。

30代男性
30代男性

『ヒメアノ~ル』の吉田恵輔監督が、オリジナル脚本を4年ぶりに映画化。見た目も性格も正反対の兄妹と姉妹が、関係をこじらせながら展開する人間ドラマを描く。思った通り、或いは期待通り、の面白さでした。窪田正孝、新井浩文、江上敬子(ニッチェ)、筧美和子の四人がそれぞれ見事な熱演ぶりでドハマリでした。もうこれは巧みな脚本とキャスティングの勝利ですな。特にニッチェの江上敬子さんは最高。仕事は出来るけどモテない印工場を切り盛りする女(姉)を演じてたんですが、この映画は彼女の為に書かれたシナリオなんじゃないかと思うほど。ムショ帰りのガサツな男(兄)を演じた新井浩文さんもそのものにしか見えず(苦笑)印刷会社務めの真面目なサラリーマン(弟)の窪田正孝さんも兄に対して時折見せる目がヤバイ光を宿していたし、姉と同じ印刷工場に務め、頭は悪いけど人当たりの良さで芸能活動もやってる(妹)の筧美和子さんも、思わず膝を叩いてしまうくらいに納得の役柄でした。ハッキリ言ってこの四人のやりとりは極上のカルテットです。ずっと見ていたいくらいに引き込む力がありましたよ。兄妹、姉妹って家族の中でもとりわけ独特な関係性で、僕も弟がいるから分かるけど、とても一筋縄ではいかない。そんな微妙なニュアンスを笑いと怒りを散りばめて描いた秀作だと思います!

 

20代女性
20代女性

誰よりも嫌いなのに、実際に悪口を言われたら反論したくなる気持ち…とても良く分かります。かけがえのない家族って、そういうもんなんだろうなって思います。私は幼い頃から家族間が希薄で仲良くないので、ぶつかり合っても絆があるだけ羨ましいなって思いますね。大人になって離れて、前以上に疎遠になってしまった兄弟ですが、久しぶりに会ってゆっくり話したくなりました。この映画に出てくるキャラクターは全員、兄弟どころか身近にもいてほしくないようなキャラクターばかりでしたが。一人ひとり全員がバラバラのタイプではありますが、誰を見ても「こういう人いそう!」と身近に感じれるので、一気に引き込まれましたね。お兄さん役の新井さんはクズっぷりがリアルで最高でしたね。あの目つきの悪さが出来る俳優さんはこの人の他に居るのだろうか…と思ってしまうほどでした。この作品の最大の魅力といえば、ぴったりなキャスティングだと思います。全員が役にハマっていたので、それぞれの他の出演作を忘れてしまうくらい、圧巻でした。テンポが良くてしっかり抑揚があるので、途中でマンネリする事もなく最後まで楽しめたのは良かったです。久しぶりに見ごたえのある日本映画に出会えました。

 

まとめ

『犬猿』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました