軽蔑(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『軽蔑』予告編

軽蔑(映画)の動画フルを安全に見る方法

『軽蔑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『軽蔑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

軽蔑(映画)の内容

映画『軽蔑』は、2011年6月に公開されました。

原作は、1992年に死去した中上健次さんの最後の長編小説で、賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹かれた踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリー。

監督は、2009年「余命1ヶ月の花嫁」、2018年「ママレード・ボーイ」など様々な恋愛映画を手掛ける廣木隆一監督。脚本は、2010年「パーマネント野ばら」、2015年「マエストロ!」などの奥寺佐渡子さんが担当。

キャストは、高良健吾さんと鈴木杏さんがW主演を務め、そのほか、大森南朋さん、小林薫さん、村上淳さんなど実力派が脇を固めます。

 

とにかく、劇中に流れるエスニック風の音楽が良かった。高良健吾演じるカズのクズさと、杏の真知子の健気さにハラハラした。

高良健吾のイカつい役も大好きだし、大森南朋のヤクザっぽい役も大好きなんだけど、とにかく声が聞き取りにくかった。メロンを素手で食べさせたシーンはエロかった。

今の時代の話って感じが全くせず、全体的に昭和の香りがプンプン漂うレトロ感が半端じゃない映画。

ポールダンサー役の鈴木杏ちゃんはイメージ一新のヌード&ベッドシーン等頑張ってたけど、このキャラには合ってなかった気がする。
ただ演技自体は素晴らしかった。行き場のない愛で、孤独に苛まされる表情は印象的でした。

あらすじ

東京で堕落した生活を送る若者カズ(高良健吾)は、兄貴分の伊藤(村上淳)から、600万の借金を帳消しにするかわりに、伊藤が属する組に断りなしで賭博を行っているポールダンスバーへの強襲を命じられ、そこで、働く踊り子の真知子(鈴木杏)と出会い、一瞬で恋に落ちます。

衝動的なカズの情熱に流されるまま、2人はカズの故郷で新しい生活を始めます。実家は豪邸でしたが、両親とは疎遠で、母の貴子(根岸季衣)も、父の一幸(小林薫)も、いつも身勝手な息子にあきれるばかり。

しかし2人は、一幸に所有マンションの一室を用立ててもらい、カズは叔父の伸二(田口トモロヲ)の酒屋で地道に配達の仕事を始めます。真知子もカズの気のいい仲間たちに囲まれ、田舎町での生活に溶け込もうとしていました。

そんなある日、カズは、一幸に真知子との結婚を反対され刃物を向けてしまいます。真知子は、カズの祖父の愛人で、今はカフェを営むマダム・杉田千代子(緑魔子)から、そのことを聞き、ひとり東京へ戻りダンサーとして生活を始めます。

カズは真知子を追ってクラブに現われ、再び故郷に戻った2人は、お互いだけを信じ結婚することに。しかし、カズがこしらえたカジノ賭博での借金は想像以上に膨らんでいて…。やがて、カズを幼い頃から知る高利貸しの男、山畑万里(大森南朋)の魔の手が2人に近づいてきます。

見どころ

キャスティング

本作は、廣木監督が、長年、企画を温めていた作品で、博打に溺れ、自堕落な生活を送る男の主人公には、廣木監督が、高良健吾以外考えられない!と思い高良さんにオファー。原作では真知子の視点から物語が描かれていたのですが、映画では、真知子とカズが五分五分で、平等に描きたいと考えました。

そんな真知子役のキャスティングには難航し、夜の街で生きる力強さや妖艶さと、母親のような優しさも併せ持つ女性ということで、あどけなさと母親的なエロスを持つ鈴木杏さんが選ばれました。子役から芸能活動をしている鈴木杏さんにとって、本作は新境地を開いたとも言われていて、今まで見たことのない鈴木杏さんの表情なども見どころです。

ロケーション

廣木監督は、本作の話が決まった時に、原作者の中上健次さんのお墓参りに行ったことで、中上さんのお墓がある、中上さんの故郷・和歌山県新宮市をロケ地に決めました。そんな新宮は水が豊富で川が美しく、山と海も近い。そんな自然を間近に感じられる独特の空気感が映像に溢れています。

また、ストーリーの後半部分には、10分間程度の1カット長回しもあり、手持ちでブレが気になるという声もあるようですが、監督のこだわりが詰まった映像も見どころです。

スタッフ

原作:中上健次
監督:廣木隆一
脚本:奥寺佐渡子
挿入歌:憂歌団「胸が痛い」
主題歌:グッバイマイラブ「くたばれ! 人生の先輩たち!!」

キャスト

カズ:高良健吾
本名は二宮一彦。新宿の歌舞伎町でその日暮らしをする借金まみれの男。

矢木真知子:鈴木杏
新宿・歌舞伎町のポールダンサー。

山畑万里:大森南朋
カズを幼い頃から知る高利貸しの男。

浜口政博:忍成修吾
喫茶店の常連。

伊藤:村上淳
カズの歌舞伎町の兄貴分。

二宮貴子:根岸季衣
カズの母親。

二宮一幸:小林薫
カズの父親。

二宮伸二:田口トモロヲ
カズの叔父。

杉田千代子:緑魔子
喫茶店のママ。

ニシ:日向寺雅人
本名は西崎健次。カズの友人。

サトル:蕨野友也
本名は横田悟。カズの友人。

ピー:小林ユウキチ
本名は林公平。カズの友人。

二宮の元カノ:蒼井そら
カズの同級生。

 

軽蔑(映画)の感想

30代女性
30代女性

賭博に明け暮れ、欲望のまま生きるカズと、彼の生きざまに心奪われたポールダンサーの真知子。命を狙われる破滅的純愛ラブストーリー。高良健吾が演じるカズはルーズな金銭感覚・危機感の欠如など、手が付けられない相当なクズ人間だ。唯一の救いは、随所にみられる育ちの良さだろう。違和感を感じさせないクズっぷりを観て、演技力の高さに驚かされた。「蛇にピアス」で感じた彼特有の独特な雰囲気は、この作品でも発揮されている。カズの相手役、真知子を演じるのは鈴木杏。高良健吾だけでなく、鈴木杏の体当たりな演技も素晴らしい。涙に濡れた高良健吾を映し出したシーンは、更に美しさを感じさせた。また、真知子の台詞に、田舎と東京の路地が映し出されたラストは、素敵だった。閉鎖的な環境の中で、本能のまま生きている二人だから、惹かれあうものがあったのだろう。二人が愛を貫く姿に、今まで知らなかった愛の形を見た。そして、改めて、環境の大切さを痛感させられた。環境のせいにしてはいけないけれど、お互いの環境が良ければ、違う展開になっていたのでは思わずにはいられない。この環境から二人を救ってあげたくなる。抜け出したくても抜け出せない2人、切なく胸がキュンとなる作品だ。

 

40代女性
40代女性

終始ダウナーな雰囲気の作品でした。色で表すならば、濃いグレーや漆黒なイメージとでもいったところでしょうか。初っ端から非常にヤクザらしい、夜の店の襲撃シーンなどがあり緊迫感がありました。劇中にヤクザや裏社会の人間、またその周囲の人物が多々登場するのですが、どの人間も冷めた目つきをしていて非常に怖かったです。特に恐ろしいなぁと感じたのは、主人公カズの父親役の小林薫さんと、出演時間は長くはないもの作品で主要人物となる山畑役の大森南朋さんです。2人とも荒々しい人物像ではないのですが、人間の情が通っていなそうな冷めた目をしていて、いかついオラオラ系?!の人材よりもこっちの方が恐ろしいと感じてしまいました。日本刀や和彫りの入れ墨などの印象がある仁侠映画とはまたひと味違った、現代のヤクザ映画ではないでしょうか。一方で見た目は悪い人なんだけど、若さゆえか行動が浅はかなカズと恋人の真知子がとても痛々しく映りました。特にカズは裕福な坊ちゃん育ちゆえ、世間知らずで…。真知子との駆け落ちラブラブなシーンはロマンチックですが、2人には常に危なっかしさがありずっとハラハラとさせられました。2人を演じた高良さんと鈴木杏ちゃんの演技がいいため、実在のカップルのようでドキュメンタリー番組を見ているような感覚も。いずれにせよ社会の闇を感じる作品で、こんな世界もあるのだと学びました。不気味で鬱々とした雰囲気の映画が好きな方にはどストライクな作品かと思います。

 

まとめ

『軽蔑』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました