花芯(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
8/6(土)公開 『花芯』予告篇

花芯(映画)の動画フルを安全に見る方法

『花芯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『花芯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

花芯(映画)の内容

映画『花芯』は、2016年8月に公開されました。

原作は、発売当時“子宮作家”と非難を浴びた瀬戸内寂聴さんにより鮮烈な恋愛文学となっており、映画『僕は妹に恋をする』を手掛けた安藤尋さんが監督を務めました。

本作は、親が決めた許嫁と結婚をするも夫の上司に恋をし、世間の常識に背を向けながらも子宮が思うままに生きることを選んだ女性の人生が描かれており、村川絵梨さんが主演を務めました。彼女の夫役を林遣都さん、不倫相手で夫の上司役を安藤政信さんが演じました。

正直、村川絵梨さんのヌード目的で鑑賞を始めました。もちろん綺麗で素晴らしい裸体は完璧でしたが、作品も完璧でした。全てにおいて自分に素直な主人公に共感を覚え、エンドロールを見たら原作が瀬戸内寂聴さんということに驚き。とても良かったです。

私は女性ですが、最後までヒロインの夫に感情移入してしまいました。ラストが良かっただけに救われました。フィクションではありますが、幸せになってくれたら良いなと思います。

本作の凄いところはセリフ量が全体的に少なく演技で伝えてくる作品だということです。好き嫌いは別れそうですが、個人的には素敵だと思いましたので、満点で大満足です。

村川絵梨さんの表情が凄いですね。常に気だるそうにしていたと思えば、時に乙女のようにウキウキしたりと、純粋なところもあり素晴らしかったです。戦後の自由恋愛の辛さと美しさが丁寧に描かれていた作品でした。

あらすじ

昭和18年。古川園子(村川絵梨)は父が決めた結婚相手・雨宮清彦(林遣都)と祝言を上げ、夫婦となりました。やがて長男も産まれ、平凡な幸せを手に入れてましたが、生真面目な夫との結婚生活に飽き飽きとしており、園子の妹・蓉子(藤本泉)だけは、姉の不満を見抜いていました。

そんなある日、清彦の京都への転勤が決まり家族で一緒に行くことになります。京都では未亡人・北林(毬谷友子)の家の離れを借りて生活を始めます。そこには、清彦の上司である越智(安藤政信)も下宿していました。

園子は越智のミステリアスな部分に次第に惹かれていき、生まれてきて初めての恋をし戸惑いながらも、自身の子宮の叫びは次第に大きくなり抑えられなくなっていきます…。

見どころ

村川絵梨さんの体当たり

本作の主人公・園子役を演じた村川絵梨さんが脱ぎまくってます。体当たりすぎる演技に美しすぎる裸体は、彼女の注目をさらに上げました。

もちろん、この体当たりの演技も見事ですが、彼女が出した色気と雰囲気に注目して頂きたいです。

時代背景

恋愛結婚が許されない時代背景に、父が決めた好きでもない相手との結婚。旦那の清彦(林遣都)は、園子(村川絵梨)のことを一途に愛し真面目に働いて出世するも興味がなく知らない。また、産んだ子供のことを気にかけるシーンもありません。

もし、自由恋愛が推奨されている時代だったら、登場人物全員が幸せになったんではないかと思います。園子の自由すぎる考え方には同意できませんが、自由に恋愛出来ない環境であったことに少しだけ同情してしまう作品です。

スタッフ

原作:瀬戸内寂聴「花芯」
監督:安藤尋
脚本:黒沢久子

キャスト

古川園子:村川絵梨
資産家の娘で、父の決めた清彦と結婚する。その後、越智に初めての恋をする。

雨宮清彦:林遣都
真面目で純朴な青年。許嫁である園子を一途に愛している。

越智泰範:安藤政信
速水電線の京都支店の支店長。清彦の上司。独身主義者でミステリアスな部分を持つ。

古川蓉子:藤本泉
園子の妹。園子が清彦との結婚生活に不満を抱いていることを見抜いている。

北林:毬谷友子
未亡人。清彦・園子夫妻が京都の転勤先でお世話になった家の持ち主。

正田:落合モトキ
下宿人の美大生。園子に好意を抱いている。

『花芯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

花芯(映画)の感想

30代女性
30代女性

当時、原作が出版された頃は今よりかなり衝撃的な内容でに感じられたでだろう瀬戸内寂聴の小説の映画です。主人公園子は、一見どこかフワフワと頼りなさげにみえますが、世間の常識や概念に囚われず、自分の考えをまっすぐに持ち正直で迷いがない女性です。ですが、結婚に対しては自身の両親の姿をみてなのが事務的な考えを持っていて、どこか冷めています。なので親の決めた許嫁との結婚もすんなり受け入れますし、子宝にも恵まれます。それでもはっきりと夫に対して愛はないと断言していて、子どものことより自分の気持ちを優先させるタイプの女性です。そんな園子にも恋に落ちる相手が現れ、初めて自分を見失いかけるくらい思い悩む恋を経験します。園子はこの時代には少なかったであろう自由恋愛や性に奔放な女性でした。もちろん夫とも夫以外の男性とも肌を重ねる経験をしますが、園子にとって快楽と愛の境目がわからなくなってきているように思われました。人によってはそこの感情に鈍感になっていくのだろうか、とある感情が冷めていく様子が少しさみしく思えてきます。それは何かを悟ってしまったのか、心が衰えてしまうからなのか、男女というはこうゆうものという現実があるのかもしれません。

30代女性
30代女性

園子の夫は、一見悪いところが見受けられないほど、真面目で完璧なできた青年ですが、こういうタイプがタガが外れると一番恐ろしそうだと感じました。そんなできた夫の横にいるせいか、主人公・園子の恋愛の自由奔放さが際立って見えたのが印象的でした。また、結局園子はどうしたいのか!?と問いただしたくなるシーンが何度もあって、ヤキモキさせられました。恋愛観が自由すぎて、ついていく夫や振り回される周りは大変だろうなとは感じましたが、誰にもそんな恋愛観を理解してもらえず、加えて自由恋愛が受け入れられない時代背景があり、自ら”孤独”の道へ入ろうとする不器用さも垣間見えて、園子が少し不憫に思えました。時代が時代だったら、園子の恋愛も幸せな道をたどったのでは?と思うと、なんだかとても切なかったです。園子の妹も、姉が理解できない恋愛観を抱えても、姉妹だから姉に対する情が入るのではないか?と思いきや、そうでもなかったりして、妹に対して少し薄情さとずるさのようなものも感じました。親の決めた人と結婚して自分の人生が決まってしまう主人公の惨めさや絶望感だけでなく、初めての恋愛にとまどい、どうしていいかわからぬまま自由奔放に恋愛にのめりこむ様がよく伝わってくる作品です。

50代男性
50代男性

映画の始めの方で主人公の父親がセックス中に倒れてしまうのですが、お相手は女中さんのようです。するとこの家では妻妾同居状態だったのか。こういう性的に乱れたおうちで育っただけに主人公は結婚や恋愛に幻想を抱いていない。親が決めた、別に愛してもいない婚約者と結婚します。でも、同じ家で育った妹は姉の婚約者を一途に愛し続けていて、結婚した姉が夫のことに無関心なことに「愛がない」と批判する。姉妹でも別人格ですね。その夫は初夜まで童貞を保ってきたというのが妻への愛の最高の印だと思っていて、それを妻に話します。本当に婚約者のために童貞であり続けたとしてもわざわざそれを口にするのは、なんだか「重たい」気がします。おそらく妹なら彼のそんなところも好きなのだろうな。結婚当初はセックスをしてもあまり感じていないような妻が、子供も生まれ、月日を重ねるに連れてセックスを楽しんでいるように描写されています。これはだんだん二人が、セックスが技術的にうまくなったということなのでしょうが、夫にとってそれは二人の愛の深まりなのです。というわけで、とてもロマンチックな夫です。ところが、夫の会社の、女たらしの上司に妻が恋していることがわかるにつれ、夫の妻への支配欲がはっきりしてきます。妻への愛情の裏に妻からの愛情への権利意識が潜んでいたということ頃でしょうか。主演の村川絵梨さんは、体当たり演技の連続なのに、どこかよそよそしさ、冷たさを感じさせます。

 

まとめ

『花芯』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年9月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました