借りぐらしのアリエッティの動画無料配信とDVDレンタル|Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuより確実

アニメ映画
借りぐらしのアリエッティ 予告

借りぐらしのアリエッティの動画フルを安全に見る方法

『借りぐらしのアリエッティ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
人気の理由

  • 30日間無料お試しできる
  • 動画配信サービスと宅配レンタルで作品数が実質無限
  • 動画見放題は10,000作品以上
  • アダルト動画が5,000本以上と豊富
  • 動画配信されていない作品もレンタルで視聴可能
  • TSUTAYA全てのDVD/CDが借り放題
  • レンタルはネットで注文、ご自宅までお届け(送料無料)

※動画見放題は、新作・準新作を除く、動画見放題対象作品約 10,000 タイトルの中から見放題作品をお楽しみいただけるものです。
※無料お試し期間終了後、通常料金(無料お試し終了後の料金)で自動更新となります。
※借り放題は月額レンタル可能枚数終了後、「旧作」が借り放題となります。
※30 日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。

 

TSUTAYA TV/DISCAS
定額レンタル8+動画見放題プラン
利用者の声

観たい作品が、どの動画配信サービスでも配信されていなくてTSUTAYAの定額レンタル8+動画見放題プランに登録しました。

DVDレンタルができるので観たい作品は「配信されてる、されていない」を気にせずほとんど観ることができますし、どこからでもスマホでレンタル注文できて自宅まで届けてくれるのでとても便利です。もちろん送料は無料で、返却期限も無いので返し忘れて延滞料金を払うなんてこともありません(笑)

レンタルだけでなく動画見放題もセットでお得です♪

なんといっても男性必見なのはアダルト作品の豊富さです!5,000本以上のアダルト動画を見放題で視聴できます。定額レンタル8+動画見放題プランだとレンタルもできるので新作や動画見放題に無い作品も借りれるのでいいですね。自宅にいながらレンタルできますので恥ずかしい思いをしなくていいのも良いですね(笑)

もちろん、映画やドラマも豊富ですしCDレンタルできるのも便利です!

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『借りぐらしのアリエッティ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

借りぐらしのアリエッティの内容

映画『借りぐらしのアリエッティ』は、2010年7月に公開されました。

イギリスの作家、メアリー・ノートンさんの児童向けファンター小説『小人の冒険シリーズ』を原作として、翻案・脚色された作品になります。

スタジオジブリ内において、プロデューサーの鈴木敏夫さんから「ジブリでいちばん上手なアニメーター」と絶賛され、『崖の上のポニョ』では、宮崎駿さんを唸らせた、米林宏昌さんの初監督作品で、ジブリとして最年少監督作品でもあります。

映画『借りぐらしのアリエッティ』は、小人の少女と人間の少年の交流を描いており、小人の少女・アリエッティの声を志田未来さん、人間の少年・翔を神木隆之介さんが務め、他にも大竹しのぶさん、藤原竜也さんなど、豪華俳優陣が声優として登場しております。

初めて見たときは、まぁまぁだな。くらいの感想でしたが、何気なしに2回目を見てみたら、想像以上に好きな作品へと変わりました。
色彩の映像に見惚れ、相俟った音楽も素晴らしく感じました。

少し変わった設定とストーリーではありますが、ありきたりな物語よりは新鮮で良く、段々と面白くなっていく作品でとても良かったです。

ジブリ作品の中で、千と千尋の神隠しが一番好きですが、本作も同じくらい好きな作品です。
不思議な世界へと導いてくれている感じで、アリエッティの世界観にハマってしまいました。これからも見続ける作品だと思います!

ジブリ作品は「耳をすませば」からの「猫の恩返し」など、過去作がベースとなっているものはありますが、続編というのはないと思います。
なので、期待してはいけないと思いながらも、ジブリ史上、一番続編が観たいと思えた作品です。

あらすじ

古い屋敷の軒下で暮らす小人家族。両親と娘・アリエッティの三人で暮らしており、生活に必要なものは、その家に住んでいる人間から“借り”ていました。

好奇心旺盛な性格のアリエッティ。しかし、人間に見つかってはいけないので、目立たないように、細心の注意を払って生活をしていました。

ある日、屋敷に引っ越してきた一人の少年・翔に見られてしまいます。そこから、アリエッティ一家はさまざまなことに巻き込まれていきます。

見どころ

陽と陰

本作のポイントは活発な少女で小人のアリエッティと病気でネガティブな少年・翔との友情関係を築いていくところです。

正反対の二人が惹かれ合っていき、お互いに分かりあうことが出来るかどうかが焦点となっております。

音と映像のギャップ

音楽を担当されたセシル・コルベルさんが素晴らしいです。

「Arrietty’s song」という悲しい曲調が流れても、映画全体のストーリーと非常にマッチしているので、暗いイメージがないです。むしろ、全体の絵がキレイで明るいので、見てて悲しくなりすぎずに心地よく見終わることが出来ます!

要所要所で、魔女の宅急便やトトロ、ラピュタを思わせるシーンもありますので、そちらも要チェックです!

スタッフ

原作:メアリー・ノートン「床下の小人たち」
監督:米林 宏昌
脚本:宮崎 駿 / 丹羽 圭子
製作:鈴木 敏夫
音楽:セシル・コルベル

キャスト

アリエッティ:志田未来
貞子達が暮らす屋敷の床下で暮らしている少女。明朗快活で物怖じしない性格。

ホミリー:大竹しのぶ
アリエッティの母親。貞子家の借り物を工夫して家庭を切り盛りしている。

ポッド:三浦友和
アリエッティの父親。危険な『借り』をし、一家を支える大黒柱。

スピラー:藤原竜也
怪我したポッドを助けた、野性的な生活を送る人物。

人間

翔:神木隆之介
生まれつき心臓が弱く、父とは別居、母は仕事で海外赴任中で、手術直前の療養のため貞子の屋敷に訪れる。

牧 貞子:竹下景子
アリエッティ一家が暮らす屋敷の主人。翔の祖母の妹で良心的な人物。

ハル:樹木希林
貞子の屋敷に長年、住み込みで働いている家政婦さん。

その他の声優

羽鳥慎一 / 吉野正弘

『借りぐらしのアリエッティ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

借りぐらしのアリエッティの感想

40代女性
40代女性

気丈で芯が強くて、凛とした女性像(主人公)が描かれているのは、ジブリらしいなと感じました。大変個人的な話ですが、私はよくジブリのキャラクターに似ていると言われてきました。火垂るの墓の節子や、ポニョ、トトロのメイちゃんなど…。みんな小柄なキャラなのに、残念ながらアリエッティには似ていると言われたことがない…。なぜならアリエッティは、スタイルもいいし美少女だから。悲しいながらに納得しました(苦笑)。でもやはり小人は美形でキュートである方が、ファンタジーさは増す気がします。しかもアリエッティと人間の翔くんとのラブストーリーでもあるため、美人な方が画になるわけですよね。それはさておき、動物というか種族?!の垣根をこえて、2人が魅かれ合っていく姿にとてもまばゆさを感じました。心が優しくて小人の存在も素直に受け入れられる翔くんだから、アリエッティとも交流が出来たのだと思います。一方で小人をいじめる家政婦ハルさんの嫌~なこと!絵に描いたような意地悪おばさんを樹木希林さんが、絶妙な声色で表現していました。この雰囲気を醸し出されたら、鑑賞者の99%は、アリエッティと翔を応援しちゃうだろうなぁ…とつくづく思わされました。今作を見て、自分の家にも小人がいたらいいなと夢見た人も多いのではないでしょうか。ロマンがありますね。

 

30代女性
30代女性

イギリスの女性作家、メアリー・ノートンの児童文学を米林宏昌監督が映像化したスタジオジブリのアニメ作品。「決して人間に見られてはいけない」そんな掟の下、人間の屋敷の床下で人間のものを少しずつ拝借して暮らしている小人の少女、アリエッティ。人間に見られないように密かに暮らすアリエッティはある日、屋敷に引っ越してきた人間の男の子、翔に姿を見られてしまいます。小人の少女と人間の男の子との淡い恋物語のようにも見える作品は、壮大で派手なアクションシーンはないもののの、人間には見られてはいけない生き物という設定と展開は思わずどきどきしてしまいます。病弱な人間の男の子、翔がアリエッティを「滅びゆく種族」と表現しながらも、実際はアリエッティの方が力強く生きているというところにその皮肉と対比が上手く表現されているなと思いました。そしてアリエッティたち小人の生活を細かく丁寧に描いていて、可愛らしくもありながらどこか切なさも含まれていて寂しくて美しい作品でした。主題歌を担当したセシル・コルベルさんの「Arrietty’s Song」はまるでケルト音楽のような雰囲気で作品の切ない小人の物語を表しているような、どこか懐かしい素敵な歌でした。

20代女性
20代女性

これぞジブリワールド!というファンタジーな設定と、自然あふれる美しい描写で大好きな作品です。家の床下に住んでいて、人間の物を借りて暮らすから「借りぐらし」。このアイデアが面白い。小人が存在するなんてありえないことだけど、お家のクオリティや人間の小道具をうまく使うところなど、大人から見てもなんだかワクワクする世界観。小人から見た人間の世界が面白く描かれていて、小さくても力強く生きるアリエッティに勇気がもらえます。小人から見ると、水滴の1粒や葉っぱの一枚、虫たち、洗濯パサミなども大きい存在。人間に見つかることは危険なことだし、わかり合うことが難しい。この作品ではアリエッティという小人目線でしたが、日常に実在している動物や植物だって同じことが言えるんじゃないかと思いました。人間の対応次第で、動物の命が助かったり奪われたり、植物が育ったり伐採されたりする。自分のことばかり考えていないで、この世にはいろんな立場の生き物がいるんだなと深く考えさせられました。さまざま命との「共存」について、ジブリというファンタジーのテイストで表現しているのではと思います。老若男女問わず、いろいろな視点で見て感じられるのでとっても良いです。

30代女性
30代女性

虫目線で描かれている描写がとても面白いです。人間として当たり前に使っている日用品(ティッシュや洗濯バサミなど)が小さな世界から見るとこんなふうに見えるんだという新たな発見がおもしろかったです。洗濯バサミをヘアクリップとして使っていたり、だんごむしをボールのように投げていたり、どれも見覚えのあるものばかりだけれど、スケール感が異なるだけでこんなにも面白く感じるのかと驚きました。ストーリーはとてもシンプルでわかりやすく、非現実的な内容ではありますが、自分が知らないだけで実際にはこんな世界があるのかもと想像をかきたてられる映画でした。人間として当たり前に暮らしていると考えもしないようなことが、虫たちの世界ではとても大問題で、この映画を見て自分の中にもうひとつ新しい世界が生まれたような感覚に陥りました。主人公がお父さんと一緒に人間の住む家に忍び込む冒険のシーンは、ドキドキハラハラさせられ、息を飲みながら見ていました。子供にもわかりやすい(むしろ子供の方が主人公の視点に近いかも)内容なので、親子で楽しめる映画です。宮崎駿監督の映画に共通するテーマが根底にあり、この映画も見終わった後、ふとした時に虫の視点になれたり、人間の暮らしを見つめ直すきっかけとなっています。

 

20代女性
20代女性

人間界のものを借りて生活しているアリエッティ達が、私達とは違った道具の使い方をしているのが面白いです。使う人のサイズが変わることで、普段では想像できないような使い方をしていたりするので、新鮮な見方ができました。みんなが寝静まった頃に、小人達がもしかしたら食料とかを持ち出しているのかもしれないと思うと、少し可愛い感じもしますが、もし遭遇してしまったら、小人を驚かせてしまうかもしれないなぁと、想像が膨らんでいきました。小人達にとっては「人間は悪」であるけど、悪い人間だけではないという部分が徐々に伝わっていく感じが嬉しくもあり、その反面、良い人間だけではないという部分も描写されているので、人間側も考えさせられる映画だと思います。それぞれに、それそれの生活があって、そのためには何かを犠牲にしなくてはいけない、全ての生き物が共存していくことの難しさが伝わってくる内容でした。小人目線での描写があるので、こんな感じに見えているのかと思えて楽しいです。世界には、私達の知らない暮らしがまだまだたくさんあって、共存していかなければならないと考えさせられます。映画全体を通して、音楽がとてもよく、映画を見終わったら絶対に口ずさんでしまいます。

40代女性
40代女性

終始、繊細さと静けさが美しく丁寧に描かれている作品。友情というにはまだ遠く、愛と呼ぶにはまだ浅い。そんな小さな小さな恋の物語り。よく物が家でなくなったりする現象の原因が、アリエッティのお仲間達の仕業ならまぁいっかな?なんて、ファンタジックな思考が出来るようになったのはこの作品のお陰です。無くしたものを誰かが有効活用してくれているなんて素敵な事ですよね。活発で勇気もあるアリエッティですが、他のジブリヒロインに比べてかなり慎重な印象を受けるのは、やはりその身体の大きさ故かもしれません。ハムスターやネズミが常に周りを警戒しているのは、食物連鎖の最下層に位置するものの習性らしいですが、アリエッティ達にもやはり敵が多く、私達にとってはなんでもないことが彼女達には致命的だったりします。自分が大丈夫だからといって相手も大丈夫だと思うな、という事象が分かりやすく描かれているので、自分と相手の違い、思いやる気持ちの大切さを思い出すには最適な作品だと思います。坊ちゃんの優しさが何より心に染みます。押し付けず、気遣い、尊重する。これが出来ない人間が多い中で自然とそれを行っている彼は、相当いい男だと思います。スパダリの多いジブリ作品の中で、密やかに私的ジブリいい男ランキング上位にランクインしています。丁寧さ故に最初の15分で睡魔に襲われる人もいるかもしれませんが、作画の作り込みをじっくり味わえるので、画面の四隅を隈無くチェックする事で乗り切って頂ければと思います。

 

40代女性
40代女性

アリエッティが両親と暮らす家の中や、借りに出かけるルートなど、見ているだけでワクワクします!普段私たちの暮らしの中にある小物がとても工夫され、アリエッティたちが使いやすいようにアレンジされていますから、あんなものがあそこにある!と発見したときは喜びがあります。アニメ全体を通して一味違った宝さがしをしているようでした。アリエッティが髪を留めている洗濯ばさみや、借りの道具として身に付けていたマチ針など、私の部屋からもいつのまにか無くなってしまうことがあります。その度に私の部屋にも小さな人たちが住んでいるのではないかと想像するようになったので、イライラしながら探すことがなくなりました。むしろ小さな人たちが使っていてほしいし、どんな風に使われているのかを是非とも見せてもらいたいくらい。いま目の前にある小物についても、まだ無くなっていないのにそんな風に考えたりします。この映画を見てからは、暮らしの小物を見る目がすっかりと変わりました。もちろん物語としてはそればかりではなく、地球規模の問題も表現しており深いのですが、身近な小物が姿を変えてたくさん登場するという点だけでも、何度見ても楽しめるアニメです。

 

20代女性
20代女性

絵がとってもかわいい!普段自分たちが目にしている小物が、アリエッティたちの生活用品になっているのですが、ただの洗濯ばさみが髪留めになっていたり、角砂糖を大切そうに両手で抱えていたりと、アリエッティたちの「小さい」がとてもかわいく見えるんです。家や庭の様子、家具なども西欧風で、おしゃれ。原作小説がイギリスの児童文学らしいので、イギリス風なのかな?とにかく、緑豊かな風景、おしゃれでかわいいお家や家具は、絶対見ていて見飽きません!それから、声優も注目ポイントです。志田未来、神木隆之介、三浦友和、大竹しのぶ、藤原竜也、樹木希林など、有名な俳優さんが目白押し。どのキャラクターが誰の声か考えるのも楽しいと思います。個人的には藤原竜也が演じたキャラクターと、藤原竜也本人のイメージが違いすぎて、逆にツボです(笑)エンディングについては、一緒に見た友達と意見が分かれました。恋愛ものを見るとき、私はロマンティック重視、友達はリアルさ重視なのですが、私的にはちょっと不満が残ります。友達は大満足していました(笑)ぜひお友達や家族と一緒に見て、感想を話してみてください。エンディングは私好みではなかったけれど、それでも、ストーリー全体はとても暖かく、ときに驚き、ときにハラハラし、とても楽しめる映画です。おすすめですよ!

 

20代男性
20代男性

この作品の特徴は、その世界観にあります。ジブリシリーズは、ほとんどが独特の世界観を持っているのですが、この作品も、心地よく、美しい世界が、広がっています。アリエッティ達が住む、床下の家は、我が家にもあるかもしれないという想像力が働かされます。ありそうで、あり得ない、でもないとも言い切れないというそのバランスが絶妙です。ストーリーに関しては、単純明快で、子供でも理解しやすいです。それでいて、考察しがいもある、裏設定もありそうなところも魅力ですね。人間と小人の、決して埋まらない溝のようなものは、子供から大人まで、何かしらの感情をもたらすでしょう。また、今作は、他のジブリと同じく、俳優や、タレントなど、声優ではない人を、キャストに起用しています。主人公のアリエッティは志田未来さんが演じており、その力強い声は、芯の強いアリエッティにピッタリです。キーパーソンである、翔を演じる、神木隆之介さんも、静かで、落ち着きがありながら、心の奥には強さをも持つ感じをうまく表現できており、今回のキャスティングは成功であったといえます。総じて言うと、今作は、世界観が独特で、ストーリー、キャラクター、キャスト全てに魅力があります。子供から大人まで、楽しめる作品と言えます。

30代女性
30代女性

「借りぐらしのアリエッティ」は、とても夢のあるファンタジーな世界観に引き込まれてしまう様なアニメだと思います。風景や色彩がとても美しく描かれているところや、流れる音楽がとても作品とマッチしていて心地良く感じます。小人の存在に心ワクワクしてしまい、もしかしたら、人間が気づいていないだけでどこかでひっそりと暮らしているのではないかと夢見てしまうような気持ちになってしまいます。アリエッティが暮らす世界や小さな食器や家具などが本当に可愛らしくて、魅了されてしまいます。父親と物を借りに行くところは、本当にドキドキするような冒険を感じさせてくれます。アリエッティから見た人間の存在や世界がこんな風に見えるんだと言う感動もあり、自分がまるで小人になったような目線で見れるところも楽しみな点です。少年とアリエッティが交流し、お互いに心を通わせてゆくストーリーがとても心温まるような作品です。強くたくましく生きる彼女の姿や彼女に関わる登場人物にも注目したいところです。ハラハラドキドキしてしまう展開も見どころです。ラストシーンは、とても心に響くような場面だと思いました。小人と人間の生きていく模様が儚くも美しく描かれた素敵な作品だと思います。

 

まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』
動画見放題とDVDレンタルができる
「TSUTAYA TV/DISCAS」のレンタルで
視聴できます!

「TSUTAYA TV/DISCAS」
30日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

※ジブリ作品は動画配信されていないので視聴できるのはレンタルのみです。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点の情報となります。最新の情報は TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV 本体サイトにてご確認下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました