彼女がその名を知らない鳥たち(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編

彼女がその名を知らない鳥たち(映画)の動画フルを安全に見る方法

『彼女がその名を知らない鳥たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『彼女がその名を知らない鳥たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

彼女がその名を知らない鳥たち(映画)の内容

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は、2017年10月に公開されました。

原作は、『ユリゴコロ』などで知られる沼田まほかるのベストセラーミステリー同名小説です。

監督は、山田孝之の主演映画『凶悪』など、ノンフィクションの原作を社会派エンターテイメントに作り上げ、今もっとも注目されている白石和彌さんが務め、彼のもとに、蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊などが集まりました。

邦画界で最も勢いのある白石和彌が監督というだけで観てみました。W主演の阿部サダヲさん、蒼井優さんの演技は観ていてグイグイ引き込まれ、さすが白石監督といった内容で大満足の一作です。

竹野内さんと桃李くんが、今までに見たことのないような、それぞれのクズ感を披露していて最高でした!

推理映画として、個人的にはパーフェクトな映画でした。普段本を読まない自分ですが初めて、ストーリーが分かった上で、原作を読んでみたいと思いました。

”共感度0%の最低の人物しか出てこない”のキャッチフレーズ通りで、それを演じたキャストさんが素晴らしい映画でした。

あらすじ

十和子(蒼井優)は15歳年上の恋人・陣治(阿部サダヲ)と一緒に暮らしております。地位もお金もなく小汚い陣治を嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず、家事も全て陣治に任せっきりの日々。そんな十和子は、8年前に別れた男・黒崎(竹野内豊)が忘れられず思い出してはため息をついています。

ある日、水島(松坂桃李)という男と出会った十和子は黒崎を思い起こさせる妻子ある彼と不倫関係になります。陣治はそんな十和子が心配になり水島の尾行をはじめます。

そんなとき、十和子の家に刑事が訪ねてきて「黒崎が行方不明」と知らされます。十和子はどんな邪険な扱いをしようとも離れようとしなかった陣治が、この事件に関わっているのかと疑います。そして、水島にも危険が…。

見どころ

最大のテーマ「愛」

キャッチフレーズ『あなたはこれを愛と呼べるか』となっているように、本作最大のテーマは「愛」。主人公・十和子(蒼井優)を取り巻く三人の男性。しかし、二人は見てくれだけの最低な男。本当に十和子をを愛しているのは陣治(阿部サダヲ)だけ。

しかし陣治は下品で汚らしい男…見ているだけで情けなくなる存在。しかも、十和子に対する異常なほどの愛情表現は狂気すら感じるほどです。

この意味はラストへと繋がっていきます。十和子が最大の愛を向けるのは一体誰なのか?ラストシーンで判明しますが、あなたはそれを「愛」と呼べるのか?観た方によって捉え方が異なるクライマックスに注目です!

キャストの演技力

この物語の魅力を最大限に引き出してくれたのは、なんと言ってもメインキャストの方々です。

自分のことしか考えない主人公を演じたのは蒼井優。彼女の絶妙な表現力があったからこそ、十和子が「ただの嫌な女」にならずに済んでおります。

阿部サダヲはそんな彼女を愛する役に抜擢。幅広いジャンルで活躍しているからだからこそ、本作でも繊細な演技で陣治の不器用さと純粋さを表現してます。

主人公にまとわりつく最低な男の一人を演じたのは、松坂桃李。性格の良い誠実なキャラを演じることが多い彼が、その殻を破り「空っぽで薄っぺらい男」を熱演しております。

また、もう一人の男を竹野内豊。元モデルなのでファッショナブルな彼が出す色気は圧巻で、演技やルックスだけでなく彼の持つ「声」も重要なポイントです。

スタッフ

原作:沼田 まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」
監督:白石 和彌
脚本:浅野 妙子
音楽:大間々 昂

キャスト

北原十和子:蒼井優
毛嫌いしている陣治の金で生活するも、別の男に夢中になる自分勝手な女性。

佐野陣治:阿部サダヲ
50歳間際の下品で汚らしい男。十和子に全てを尽くしている。

水島真:松坂桃李
十和子が腕時計の修理に訪れた売り場の主任で、不倫関係になる。

黒崎俊一:竹野内豊
十和子の8年前の恋人。DVが原因で別れるも十和子が忘れられない存在。

國枝:中嶋しゅう
國枝カヨ:村川絵梨
酒田:赤堀雅秋
野々山美鈴:赤澤ムック

『彼女がその名を知らない鳥たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

彼女がその名を知らない鳥たち(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

タイトルが分かりにくい、今が最後まで分かりにくいかもしれませんが最後まであっという間に駆け抜けて見ることができ、とても引き込まれます。とにかく主演の蒼井優さんの演技力、目の力がすごい。清純さや癒しのある印象ですがとても堕落した今回の役はとても意外でした。また、彼女のベットシーンも多く、幼い顔なので違和感あるかと思ったし、見たことがなかったのですがとても大人な女性として見事な演技でした。松坂桃李くんも出ますが最初はとてもイケメンでできる男、主人公が惚れて溺れてしまうのがわかるのですが既婚者というクズな男。彼女は男性運がないのかと思うくらい沸沸と怒りがこみ上げてきました。しかも彼が主人公に渡した時計は実は安物の時計とわかり絶望に落とされた表情はこちらにもものすごく伝わるものでした。浮気もして過去に訳ありな彼女に気持ち悪いほど尽くす男を阿部サダヲさんが見事に演じ切っています。なぜ彼が主人公に執拗なまでに尽くしていくのか、理解できないかもしれませんが最後まで見ていくとわかります。全体的にダークで胸糞悪いかもしれませんが彼の愛がとても温かく癒されます。演者さんたちの演技力、演出素晴らしいです。ぜひとも多くの下に見てもらいたい、見たことのない蒼井優さんが見られます。

 

40代女性
40代女性

前半は、十和子(蒼井優)のあられもない姿が続きお腹いっぱいといった感じになりましたが途中から話が急展開します。十和子は、クズな女ですが、犬や猫に置き換えて考えるとむしろ普通なので野生味が強すぎる容姿に恵まれた人くらいに考えると嫌気が減りました。しかも、しっかり者の十和子の姉は、夫からの仕打ちに苦しみ、クズな十和子は、陣治(阿部サダヲ)からの愛を一身に受けていますが、そんな十和子も欲しい人は手に入らない。この皮肉さから愛って何だろと虚しさを感じます。性別が逆ならよくある愛の奴隷の話ですが、父性がすごい人ってあまり居ないので陣治の愛が新鮮に感じました。前世で陣治は、十和子の父親だったのかな?なんて想像してしまうほどの無償の愛です。水島(松坂桃李)は、面白担当ではありませんが残念なイケメン感がものすごくてツボでした。類は友を呼ぶ十和子と同類のクズです。でも不思議なことに嫌気は感じずこんな奴いるなって感じさせる所が松坂桃李さんならではと思いました。水島のラストは最悪ですが、心配いらないと思わせる最強キャラでした。十和子は、自分の居場所はここじゃないと思う愚かさがありましたが、ラストの十和子の感情の変化それだけが救いです。自分が思った展開と徐々に変化していき頭の中がグルグル回る作品でした。

40代女性
40代女性

日本アカデミー賞の授賞式で阿部サダヲさん本人がおっしゃっていた通り、劇中の阿部サダヲさんが汚い。笑えるくらい汚いです。物語は、蒼井優扮するトワコと阿部サダヲ扮するジンジの愛憎劇。一年中日に焼けている建築作業員の冴えない男ジンジは、一途にトワコを愛し続けている。だがトワコは、過去に愛した男を忘れられずにいる。働く事もせず過去の思い出に浸り、愛する男とは真逆の目の前にいるジンジに苛立ちをぶつけながらもジンジに支えられながら共に暮らしている。そんな中、トワコは、ある出来事がきっかけで新たに出会った男と不倫をしてしまう。それを機に、トワコの過去の男との隠された過去が見えてくる。最後は衝撃の結末を迎える。前述した通り、阿部サダヲさんの顔や手が常に真っ黒。その手で物を食べるシーンが多く出てくる事でトワコの幻想と現実生活とのギャップにリアリティがより出る様に感じました。トワコのジンジに対する言動は酷いもので、健気なジンジを見ていると同情半分情けなさ半分で複雑な気持ちになりました。ただ、トワコは酷い女だけれど、自分が思い描く理想の恋愛と目の前の現実がかけ離れている事は良くある事で、女性であればその部分は多少共感できるのではないかなぁとも思ったり。原作は「ゆりごころ」で話題になった沼田まほかる。単なる愛憎群像劇ではなく、ミステリーを含む内容になっており、後半は特にどきどきさせられました。蒼井優さんが不倫相手の役の松坂桃李さんと体当たりな濡れ場シーンも演じており、そちらも必見です。登場人物、内容共に明るい作品ではないけれど、焦がれる様に人が人を思い、それがどれも成就しない人間模様を見ていると感情が揺すぶられます。そのあたりは、さすが白石和彌監督作品だなと感じました。

30代女性
30代女性

蒼井優さんが、こちらの作品で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞されたので、とても気になり観ました。はっきりいって、とても面白い作品だと思いました。私が好きな展開です。松坂桃李さんがすごくクズなのに、やっぱりかっこよく思ってしまいました。イケメンは得ですね。阿部サダヲさん演じる佐野陣治、最高です。映画のキャッチコピーに、あなたはこれを愛と呼べるか。とありますが、究極の愛だと思いました。蒼井優さん演じる北原十和子は、はっきり言って、ダメ人間です。本当にクズです。でも、陣治の愛情に包まれて、幸せそうな十和子、これが究極の愛と呼ばずに何と呼ぶんでしょうか。それくらい、陣治が好きになりました。竹野内豊さんも、二枚目ばかりのイメージでしたが、これまた、クズ男。しかし役柄にぴったりのように思ってしまいました。皆さん、演技がうますぎて、終始感動してしまうほど、最高の映画でした。観られていない方は、是非オススメします。陣治の十和子に対する愛、皆さんはどう思われたか、観る人によってさまざまな意見が出る作品だと思います。まともな人間がほとんど出ないこちらの作品、みんなクズに思ってしまいますが、人間臭い部分もあり、私は感動してしまいました。

 

20代男性
20代男性

おすすめ邦画で調べたときに出てきたため映画を視聴した。主人公の十和子は前に付き合っていた彼氏黒崎という男の存在を忘れられずにいた。ずっと黒崎と連絡を取れず、だが十和子自身も社会にとっては特に役に立つことのないただのニートであった。そんなとき、黒崎からもらった大事な時計が壊れてしまい、クレームをつけた。お詫びの品をもってやってきた水島という男と関係を持ってしまう。水島との関係を続けながらも肩書き上付き合っていた陣治に心配事を掛けてしまう。冒頭でそういった伏線がかなり張られるが、映画の終盤では、すべての伏線を回収してすっきりする話であると思う。映画中盤では、陣治の十和子に対する愛や十和子が黒崎を思う気持ち、水島と十和子の関係性など人間としてグレーな部分の表現を鮮明に行っていて見ていて「本当にこんなことがあったらマジで怖い」と思いながらも「あるかもしれないからちゃんと見ておこう」という気持ちで心を鬼にしてみていた。終盤で十和子は事件の真相をすべて知ることになり、絶望してしまう。その結果、肩書き上付き合っていた陣治の人生を振り回すことになるがそれすらも許してしまう陣治の思い愛が絡まってできた作品かなと思った。最後まで見ていて、現実から目を背けて逃げてばかりの人生じゃ本当に何も起こらないし、現実逃避しちゃったら関わってくれてる大事な人もなくしてしまうと思うと、しっかり社会人として生きていく方が利口だなと勉強させられた作品だと思った。

 

40代女性
40代女性

この映画はまず、蒼井優の演技力に改めて驚かされる。ついにここまで来たかと、15年以上彼女をみてきた者にとっては、なんとも言葉に代えがたい感動があった。そして、彼女のことを大好きな役を演じる阿部サダヲの演技力の幅にも驚かされる。たぶん、ガテン系の仕事をしていて、いつも顔は真っ黒で不潔で、近づいて欲しくないのに、蒼井優が好きで仕方なくて彼女の周りをうろうろする。見ていて気持ち悪いけど、でも心優しくてイイ奴なのだ。いい味だしてた。そして、この映画で一番驚かされたのは、松坂桃李のいや~な演技。それまで、どちらかと言うと爽やかで真面目な好青年役が多かった彼。だからなのか、いやらしい人物の役が新鮮で意外とハマっていて、すごくよかった。全然興味のなかった俳優さんだったけれど、『彼女がその名を知らない鳥たち』を観て、私の彼への価値観が180度変わった。今後、もっともっと嫌な役柄増えないかな~と、内心すごく期待している。内容はキョーレツだったけど、観終えたあとに、どーんと心に残る映画だった。そして私は、いい映画だったなと、いろいろ考えさせられたのだ。人間の汚れた部分をクローズアップされたようなストーリーだったけど、でもなんだか愛おしく感じる、そんな作品だった。

50代男性
50代男性

見終わってもしばらくは心の中にこびり付いて離れない映画です。『イヤミスの女王』とも呼ばれる、沼田まほかるさんのミステリー小説の映画化。文章と言う主観で語られる物だから成立している作品を映像という客観的な物に置き換えて、成功させた見事な作品だと思います。北原十和子(蒼井優)の視点から物語は進みますが、この十和子は仕事をしないで佐野陣治(阿部サダヲ)の稼いできた金で暮らしながら、食事の支度を陣治に任せる、昼間はクレーム電話を執拗にかけるとかなりな困ったヒロインです。佐野陣治(阿部サダヲ)は陣治で不潔な恰好、食事の仕方は汚いと一般的に嫌悪感を持たずにいられない人物です。十和子は過去の恋人・黒崎の事を忘れられずにいながら、デパートの営業マン水島と不倫な関係になっていきます。そんな時十和子は警察から黒崎が以前から失踪していると告げられ、陣治の犯行ではないかと疑うのでした。この黒崎(竹野内豊)と水島(松坂桃李)もなかなかのキャラクターで、水島は演じている松坂桃李のルックスも含め爽やかな男代表のような登場をしながら、十和子と男女の仲になると自分勝手な要求をし、十和子に言った言葉と同じことを言ってすぐに他の女性にちょっかいをかけると分かりやすいダメンズぶりを発揮します。黒崎に理想の恋人のような思い出だけ十和子は抱いていますが、映画の後半最後まで語られると、本性は十和子を他の男に抱かせ、ヤクザまがいの暴力を振るうと衝撃的なクズっぷりが明らかになります。竹野内豊が演じているだけにコワイコワイ!見ていて絶望的な気分になる展開の中、話はクライマックスへ。佐野陣治への印象が 不潔な男→黒崎を殺したの殺人犯 ここから彼への印象がまた逆転します。原作の魅力、陣治:阿部サダヲの演技が相まって心に残るラストシーンになります。監督、スタッフさんに拍手を送りたいですね。

30代女性
30代女性

蒼井優、阿部サダヲ主演のサスペンスストーリーで原作も読んでなかったので、ほぼ内容の情報なく鑑賞しました。蒼井優演じる十和子の感情が不安定で生きていくのも危ういような女性と、その夫の阿部サダヲ演じる陣治がとにかく一方的に無限の愛情を注いでいて、夫婦の愛情バランスの悪さやキャラクターへの不快感たっぷりな感じが観ていてしんどくなりそうでしたが、2人の演技力の高さとストーリーの内容にどんどん引き込まれていきました。十和子は松坂桃李演じる水島と不倫関係になったり、竹野内豊演じる元カレ黒崎などクズ男にばかり惹かれていくような女性でなかなかこのキャラクターに共感できる人ばかりではないと思います。そんな妻をストーカーのように行動を尾行し守ろうとしている陣治に気持ち悪さをはじめは感じましたが、後に知る十和子の行動への対応や愛の深さにとても切なくなりました。陣治の十和子への愛が深かすぎて進んでいく方向は理解もし難いですが、愛が究極になるとこうなっていくのかもと最後は少し思ってしまいました。でもとにかくこの映画に出演している役者がとても素晴らしく、ダメな大人達が人生をこじらせていく様がとてもよく表現されていました。

30代女性
30代女性

作品冒頭部分で、主人公・十和子を演じる蒼井優さんのクレーマーっぷりが実に「お見事!」の一言で、こんな風に難癖をつけるクレーマーが本当にいそう!と、納得しました。にくたらしくみせる演技も神がかっていて、十和子の為に汗水流して働いてくれている恋人の陣治にさえ悪態をつく様子は、世にいそうな”どうしようもないクズ女”そのものを見事に表現していて本当に圧巻でした。また、陣治も惚れた女の為なのか、強く出れない部分もあって頼りないところもありましたが、その分十和子を一途に想い、十和子の為に尽くした生き方をしていて、一人の人にこんなに熱心に愛情を捧げ続ける陣治の純粋な愛情に感心しました。また、水島との情事に十和子が溺れていくシーンは毎回妖艶かつ濃厚で、そこに十和子の複雑な感情が絡み合っているのを感じました。後半部分はほとんどが私にとっては予想を覆す展開だったので、とても興奮しながら見入ってしまいました。事件を推理するかのようなスリルを味わえた他、複雑に絡み合う人間模様や人間心理のようなものが一気に突出した感じがする展開でした。ラストは陣治の十和子に対する想いで涙があふれ、その優しさに触れた十和子の最後の一言が、エンドロールまでズンと胸に響いて切なく、さらに涙を誘う作品でした。

30代女性
30代女性

出演者の演技が素晴らしいです。十和子を演じた蒼井優さんは表情や話し方など全てから騙されそうなダメ女感が溢れ出ていて、怖いくらい役にハマっていました。そしてそんな十和子に尽くす貧相な男・陣二を演じた阿部サダヲさんは、彼でなければラストの数分間であんなに感動を持って来れなかったのではと思うほど、本当にいい表情をしていました。十和子を弄ぶ軽薄な男たちを演じた竹内豊さんと松坂桃李さんも薄っぺらいどうしようもない男の感じが上手く表現されていて嫌悪感を抱いてしまうほどでした。十和子と松坂桃李さん演じる水島が出会うシーンも普通ならそんな事ある?という感覚ですが、ああいう男は騙す女を見定める能力に長けているんだよなと個人的には納得でした。色気ムンムンな格好や態度ではないのに、視線や表情で男を無意識に誘い、受け入れる十和子は本当に愛されることを知らないんだな悲しくもなります。そんな十和子のダメっぷりが最後まで貫かれていていい意味で最悪のラストです。ラスト数分間の陣二の回想がなければ気持ちが悪い映画になってしまいそうですが、陣二の回想場面が良すぎてこのシーンが今までの嫌な気持ちを帳消しにしてくれました。陣二と過ごす中で初めて笑った十和子の顔が一番魅力的なのに、その事に気がつけない十和子がより陣二の切なさを際立たせていました。

 

まとめ

『彼女がその名を知らない鳥たち』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました