KANO(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』予告編

KANO(映画)の動画フルを安全に見る方法

KANO~1931海の向こうの甲子園~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

KANO~1931海の向こうの甲子園~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

KANO(映画)の内容

映画『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は、2015年1月に公開されました。

本作は、日本統治時代の台湾で実際に起きた出来事を描いています。舞台となる嘉義農林学校の卒業生がまとめた1冊の本をもとに、映画化を決定したそうです。

監督は、台湾出身で、俳優としても活躍する、馬志翔さんです。映画「セデック・バレ」では、親日派の台湾人役を演じられました。

映画「KANO~1931海の向こうの甲子園~」は、日本統治下の台湾を舞台に、台湾の高校生が、日本の全国中等学校優勝野球大会優勝を目指す物語です。野球部を演じるキャストはオーディションで選抜され、5年以上の野球経験のある役者が野球部員に選ばれました。

とても感動しました。3時間越えの映画ですが、最初から最後まで楽しめました。国境や人種は関係なく、誰の心にも響く映画だと思います。

人種の違いがこのチームの長所。そのチームワークに胸を打たれました。映画の最後で、その後どういった人生を歩んだのかを写真で見せてくれる場面がありました。あれはいい意味でずるい!!

最後の決勝戦は感動!思わず選手たちを応援したくなります。皆が一つの目標に向かって懸命に努力する姿が脳裏に焼き付きます。

台湾映画ではありますが、ほとんど日本語で、見やすかったです。実話に基づいたお話ということで、本当にこんな時代があったのだなぁ…としみじみと見ました。どの役者さんも演技がとても自然で、よかったです。

様々な人種が集まったチームで甲子園を目指すという熱いストーリーに胸を打たれた方がたくさんいらっしゃいました。実話を基にしていることから、歴史的な背景や当時の暮らしに興味がある方にとっても楽しめる作品です。

あらすじ

1929年、嘉義野球部は連敗続きの弱小野球部。しかし、新任監督の日本人・近藤兵太郎(永瀬正敏)による訓練によって、部員たちは徐々に甲子園出場を夢見るようになります。近藤は、守備にたけた日本人、打撃のうまい漢人、俊足の高砂族の選手たちをバランスよく使い、チームを作り上げていきます。

全国中等学校優勝野球大会に向けた台湾大会が始まりました。当時、日本人のみで構成されたチームが強く、外国人が含まれるチームは見下されていました。しかし、嘉義野球部は、快進撃を見せ、台湾代表に選ばれるのでした。

迎えた甲子園大会。本土のチームには勝てないのではないかと噂されていた嘉義野球部。しかし、初戦を完封に抑え、注目され始めます。マスコミからの取材を受けた当初は差別的な質問が飛び交うが、日本人メンバーのコメントで徐々に空気が変わっていきました。そして決勝戦…果たして、嘉義野球部は優勝できるのか…!?

見どころ

演技力より野球力にこだわったキャスティング

監督自身「映画を見て、野球をしていることを信じてもらうために、野球の実力にこだわってキャスティングをした」と語っていました。台湾全土の高校や大学をまわり、野球経験が5年以上ある人だけど集めたそうです。それが功を奏し、臨場感あふれる作品に仕上がっています!

大沢たかお演じる八田與一

台湾の農業を変えたといわれ、台湾では教科書に載るほどの偉人である八田與一。その功績だけでなく、民族を差別せず、労働者と同じ目線で事業に取り組むという、その人間性も高く評価されているそうです。そしてその姿は嘉義野球部の監督を務める近藤とも重なってきます。野球部以外の登場人物にもぜひご注目ください!

スタッフ

監督:馬 志翔
脚本:陳 嘉蔚、魏 徳聖、馬 志翔
音楽:佐藤 直紀

キャスト

近藤 兵太郎:永瀬 正敏
嘉農野球部新任監督の内地人。愛媛県立松山商業学校を全国大会に導いたのちに台湾に赴いた。練習風景を偶然見たことをきっかけに監督就任を決意する。

濱田 次箕:吉岡 そんれい
嘉農の農業教師。野球部部長。近藤に監督就任を依頼した。

呉 明捷:曹 佑寧
嘉農野球部主将。4番バッターであり投手。卒業後は台湾籍のまま日本で暮らした。

東 和一:謝 竣晟
嘉農野球部捕手で5番。本島人のアミ族。卒業後は故郷で教師となり、野球チームの指導にあたった。

小里 初雄:大倉 祐真
嘉農野球部ファースト・7番。大阪出身の内地人。

川原 信男:飯田 のえる
嘉農野球部セカンド・8番。卒業後は太平洋戦争に召集され戦死した。

真山 卯一:謝 竣倢
嘉農野球部サード・6番。本島アミ族。

上松 耕一:鐘 硯誠
嘉農野球部ショート・3番。本島ブユマ族。甲子園史上最年長選手となった。

平野 保郎:張 弘邑
嘉農野球部レフト・1番。本島アミ族。足の速さを買われて野球部に抜擢される。

蘇 正生:陳 勁宏
嘉農野球部センター・2番。本島人。本作の脚本は、存命だった蘇からの聞き取りによるもの。

福島 又男:山室 光太朗
嘉農野球部ライト・9番。内地人。卒業後は太平洋戦争に召集され戦死した。

劉 蒼麟:陳 永欣
嘉農野球部控え投手。戦後には嘉農野球部の監督も務めた。

崎山 敏雄:周 竣豪
嘉農野球部補欠選手。内地人。

大江 光夫:鄭 秉宏
嘉農野球部前捕手。内地人。

斉藤 公好:蔡 佑梵
嘉農野球部前捕手。内地人。甲子園出場を果たす前に卒業した。

呉 波:魏 祈安
嘉農野球部にあこがれ、練習を見に来ている少年。のちに日本でプロ野球選手として活躍した。

八田 與一:大沢 たかお
日本の水利技術者。農村で出会った嘉農野球部を応援する。

近藤 カナヱ:坂井 真紀
近藤兵太郎の妻。

佐藤:伊川 東吾
愛媛県松山商業高校の野球部監督。近藤の恩師。

錠者 博美:青木 健
札幌商業学校野球部・主将。

小池:小市 慢太郎
甲子園大会を取材する記者。

 

KANO~1931海の向こうの甲子園~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

KANO(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は2015年の1月に公開され、制作した国は日本ではなく台湾です。日本統治下の台湾から、甲子園出場を果たした弱小高校の汗と努力の感動の実話です。私は野球が好きで、毎年甲子園を観るのでこの作品はとても楽しく観れました。上映時間が3時間で少し長いですが、内容がとても面白いので全く飽きずに観れました。この作品には、永瀬正敏さんや大沢たかおさんや坂井真紀さんなどとても豪華な俳優さんが出演されています。永瀬正敏さんの演技が渋く、とてもかっこよく魅力的でした。監督のマー・ジーシアンさんは2011年に公開された「セデック・バレ」の監督をしていてファンだったのでこの作品の監督に決まった時はとても嬉しかったです。この作品からは目標を持つことの大事さを教えてくれました。甲子園を目指して野球を頑張る裏で、台湾最大の疎水事業が進行する様子も描かれています。試合のシーンは迫力が凄く、観ていて鳥肌が立ちました。野球を通して日本と台湾の国を超えて人々が興奮し盛り上がるシーンも描かれていて、野球の素晴らしさを改めて感じました。この作品からは最後まで諦めないことの大切さや仲間の大切さなど沢山の大切なことを学ぶことができました。ぜひおすすめする映画です。

30代女性
30代女性

台湾が日本に統治されていた時代にあった実話の物語。日本人、漢人、高砂族の少年たちがただひたむきに野球に打ち込んで甲子園に出場したという感動物語が実際にあったという事実を丁寧に描いていて、そんな歴史があったことにとても驚かされます。歴史の影に埋もれていた誰も知らなかったこの出来事にスポットを当てた点も素晴らしかったですが、撮影された台湾の風景がどこかノスタルジックでとても心揺さぶられます。主人公で嘉農野球部の監督を務めた近藤兵太郎さんの台詞一つ一つが心に響いて思わず途中で泣いてしまいます。そしてバラバラな多民族チームをまとめた近藤監督もすごいですが、そんな監督を支えた奥さんも素晴らしく、その懐の大きさと温かさに驚きます。野球の試合では部員たちのぶつかり合いや生き様は、戦争が背景にある時代だというのを感じさせないようなキラキラした青春が表現されています。戦争が身近にある時代なのにその負の側面ばかりを映すのではなく、その時代に本気で野球に打ち込み、ぶつかり合い、分かりあっていた人々もいたという事実に感動します。全ての日本人の琴線に触れるような心温まる作品で、途中で何度も涙腺が緩んでしまい涙が止まりませんでした。見終わった後はどこか晴れやかで穏やかになるような、心にじんわりと染み入る素晴らしい青春映画でした。

50代女性
50代女性

戦前、甲子園には日本だけでなく、朝鮮半島や中国、そして台湾の高校も参加していました。ほとんどが現地の日本人選手でしたが、台湾、嘉義農林学校の生徒は違いました。日本人、台湾人、そして台湾に昔から住んでいる先住民族まで、オール台湾で構成されたチームでした。『KANO~1931海の向こうの甲子園~』は、最初は弱く、やる気のなかった生徒たちが、新しく就任した近藤監督のもとで強くたくましく成長していき、民族の壁を超えた友情を育んでいくスポーツ映画ですが、実は描かれているのはそれだけではありません。当時の台湾の状況や、嘉義農林が甲子園に出場してから10数年後、太平洋戦争末期の様子についても語られています。当時台湾は深刻な水不足に悩まされていて、台南のダム建設がすすめられていました。そこには日本では忘れ去られた偉人、日本人技師八田與一の活躍があり、映画では大沢たかおさんが演じられていました。嘉義農林の生徒からも尊敬をあつめ、苦労の末に烏山頭ダムを完成させます。映画では史実とは異なるものの、烏山頭ダムの完成により田畑に水が流れるシーンと、嘉義農林が台湾予選を勝ち抜いて甲子園出場が決定し、生徒たちが八田先生の船を追いかけていくシーンはとても美しかったです。甲子園に出場した嘉義農林は、そのひたむきなプレーによって最初は馬鹿にしていた日本人観客の心をつかみ、最終的にはみんなが嘉義農林を応援していくシーンは何度見ても涙があふれます。

 

30代男性
30代男性

映画の初めにも字幕で紹介されるのだが、この映画は実話に少し脚色を加えた作品である。1931年に日本の統治下にあった台湾の代表として甲子園出場を果たし、見事決勝進出を果たした台南州立嘉義農林学校野球部の物語。いわゆる弱小チームが永瀬正敏演じる鬼監督のもと、野球の面白さや異人種の壁を超えた友情を感じながら成長をしていく。そもそも台湾代表が日本の甲子園に出場していたという事実が驚きであり、そこに至るまでの道のりがどれほど困難なものだったかは容易に想像ができるが、この作品を見ることでその困難や苦労を改めて思い知らされる。それと同時に、それを乗り越えた奇跡がどれほどの偉業であったことかを痛感させられる。また、野球部員役を演じる青年たちが使う、いわゆるカタコトの日本語に、よりストレートに気持ちが伝わるものがあり、その一つ一つのセリフや仕草に心を打たれる。農業学校が舞台ということで、その時代に発展していった台湾の農業に重ねていく描写も感動を増長させる。台湾での公開が大ヒットとなり、満を持しての日本上陸作品ということもあり、何かしら心を揺さぶられ、胸を熱くさせられることは間違いない。夢に向かって頑張ること、仲間を信じること、人種や言葉の壁は乗り越えられること、それらが大切であることは頭では理解できるが、この映画を見ることでそれを「心」で素直に理解することができる、そんな作品である。

 

まとめ

KANO~1931海の向こうの甲子園~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました