鴨川ホルモー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
鴨川ホルモー(予告)

鴨川ホルモー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『鴨川ホルモー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『鴨川ホルモー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

鴨川ホルモー(映画)の内容

映画『鴨川ホルモー』は、2009年4月に公開されました。

原作は、人気作家の万城目学さんのデビュー作で、本の雑誌で2006年エンターテインメント1位、2007年の本屋大賞にもノミネートされた作品です。

監督は、2014年「超高速!参勤交代」、2018年「空飛ぶタイヤ」など手掛けた本木克英さんが担当。京都大学生の主人公がたまたま入部したサークルで、ホルモーという謎の競技と出会い、京都の大学との間で対抗戦を繰り広げるという青春コメディー。

主人公の京都大学生役に山田孝之さんが扮し、そのほか栗山千明さん、芦名星さん、濱田岳さん、荒川良々さんなど実力キャストが集結しました。

 

ぶっ飛んでるだろうと思って観たけど、やっぱりぶっ飛んでる。なぜおもしろいのか、何がおもしろいのかなど説明はできないけど、なんか笑顔になる作品。鬼語の語感がすごくいい感じ。

まずこの小説を映画化しようとした製作陣、ロケ地を協力した京都、ホルモーを披露した俳優陣など皆さん素晴らしい。原作を知ってるので、思う存分堪能できた。

開始1時間はイマイチだけど、その後、意外な展開で面白くなった。京都の大学舞台の青春コメディかと思ってたけどファンタジーとは驚き!山田孝之の珍しい普通の役が見られた。ラブコメ要素もいいさじ加減で入っていてゆるいコメディとして気軽に見るやつ。

山田孝之と濱田岳がよかった。それぞれのキャラクターのホルモー感が楽しいコメディだと思います。

あらすじ

二浪した後、念願の京都大学に入学した安倍明(山田孝之)は、「京都青竜会」という怪しいサークルの新歓コンパで美しい鼻筋を持つ早良京子(芦名星)に一目惚れし、うっかり入会してしまいます。

そこには、大木凡人にそっくりの冴えない女子・楠木ふみ(栗山千明)に日本オタクの帰国子女・高村幸一(濱田岳)、俺様オーラ全開なイケメン・芦屋満(石田卓也)など一風変わった面々がいました。

ただのレジャーサークルとか何かだと思っていた青竜会でしたが、実態は京都に千年伝わる競技、“ホルモー”のサークルで、奇妙な式神(オニ)を操って戦う破目になります。

見どころ

オール京都ロケとVFX

本作は、オール京都ロケと、VFXで映像化したビジュアルも見どころです。

京都ロケでは、古都の葵祭、祇園祭、大文字、秋の紅葉など京都の四季や風物が著名な年中行事がしっかり描かれています。ほかにも立命館大学・衣笠キャンパスや京大、京大の本物の学生寮でも撮影していて、上賀茂神社、御園橋、清水寺、八坂神社等の景勝地も登場します。

また、肝となるオニは、最初はなかなか登場しませんが、後半にずっと登場します。愛嬌の有る可愛い姿のオニはCGで描かれていて、体調30cm、3等身で顔の中心に茶巾絞りのような突起があります。競技者1人当たり100匹ものオニが登場します。

レナウンワンサカ娘

「レナウンワンサカ娘」は、アパレル会社レナウンのCMソングとして小林亜星さんが作詞作曲した楽曲です。

劇中では、オニを操ってホルモーという競技を行うため、オニが姿を現わしてくれるかという儀式をする時にその楽曲を使っています。

その儀式は女人禁制の場で繰り広げられ、男性陣が真夜中の吉田神社で全裸になって裸踊りし奉納します。この時、若き新入生たちの先頭に立って引っ張るのは、会長の菅原役の荒川良々さん。

「ドライブウエイに春が来りゃ イェイ イェイ」と、夏、秋、冬まで歌いきり、裸で踊りるそのシーンは必見です。

スタッフ

原作:万城目学
監督: 本木克英
脚本: 経塚丸雄
音楽: 周防義和
主題歌: Base Ball Bear「神々LOOKS YOU」

キャスト

安倍 明:山田孝之
2浪して京大に入学。

楠木 ふみ:栗山千明
京大1年生。無口で無愛想。外見が大木凡人そっくりなので凡ちゃんと呼ばれる。

高村 幸一:濱田岳
日本オタクの帰国子女。

芦屋 満:石田卓也
俺様オーラ全開なイケメン。

早良 京子:芦名星
美しい鼻筋を持つ女性。安倍の思い人。

三好兄弟:斉藤祥太、斉藤慶太
温和な双子。

菅原 真:荒川良々
京都大学青竜会第499代目会長。

松永 秀夫:渡部豪太
青竜会・法学部1回生。芦屋の腰巾着。

紀野 友之:藤間宇宙
青竜会。工学部建築学科。

坂上 麻人:梅林亮太
青竜会。工学部建築学科。芦屋の腰巾着。

上回生:オジンオズボーン

上回生:OH-SE

竜造寺 富子:三村恭代
京大青竜会3回生部員。

立花 美伽:佐藤めぐみ
龍谷大学フェニックス499代会長。

清森 平:和田正人

柿本 赤人:趙珉和
立命館大学白虎隊隊長。

細川 珠実:大谷英子
立命館白虎隊。

ホルモー解説者:笑福亭鶴光

居酒屋の店長:石橋蓮司

鈴鬼玄斎:パパイヤ鈴木
第480代目会長。

通りすがりの人物:甲本雅裕

 

『鴨川ホルモー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

鴨川ホルモー(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

万城目学のファンタジー小説を実写映画化した作品。京都の大学へ進学した新入生の主人公、安倍は先輩からの勧誘でコンパへと誘われます。「京大青竜会」という何をするのかよく分からない謎のサークルに入会を断ろうと思っていた安倍ですが、美人の先輩、早良京子に一目ぼれし入会を決めます。しかしその京大青竜会とは鬼や式神を操って戦うというこれまた謎すぎる「ホルモー」と呼ばれる競技を行うサークルでした。鬼や式神を人間が操って戦うという、まるでゲームやマンガのような設定ですが、登場人物たちが戦っている姿はまさに青春で胸が熱くなるようなストーリーでした。主人公たちが使役するオニたちは、最初はグロく見えますが次第に不思議な愛着が湧いてきて、その姿を見ていると可愛く思えてきます。大学特有の人間関係なども丁寧に描いていてリアルとファンタジーが融合したようなストーリーはとても面白かったです。主題歌を担当したBase Ball Bearの「神々ロックユー」は頭に残るフレーズとメロディーでまさに作品の世界観や雰囲気にぴったり合っていて素晴らしかったです。見終わった後は思わず登場人物たちの台詞を真似したくなるような楽しい作品でした。ストレスなく見られる、爽やかでスカッとする青春映画です。

30代女性
30代女性

2009年の邦画。やる気のない主人公が、なぜか鬼同士で戦わせるなどのホルモーという競技する「京大青龍会」という部活に入り、活動する映画。舞台は京都で鬼や式神を使ったり、主人公の名前が安部だったりと陰陽師を彷彿させる。鬼語という言葉が登場するのだが、「アガべー」や、「バゴンチョリー」などが印象に残っている。この掛け声を出すときに謎の動きをするのだが、それがすごく面白かった。出てくる鬼たちも恐ろしい鬼などではなく小さくて、鬼たちがちゃんと言うことを聞くのですごく可愛らしかったのを記憶している。出演俳優たちは、山田孝之や栗山千明、芦名星、荒川良々など。栗山千明がイメージと全然違う地味な雰囲気の、女子大生を演じていてすごくよかったのと、かなり笑えるギャグシーンもたくさんあり、神社で男たちが踊るシーンが一番爆笑していたことを思い出す。落ち込んでるときに見れば元気が出ると思う。舞台が京都のため、本当にあるお祭りが出てきたり、あまりドキドキしたりハラハラしたりすることはないが、ほのぼのし過ぎることもなく、飽きることなく、眠くもならないし始まりから終盤まで集中して見ることができて、とても面白く見ることができた。

20代女性
20代女性

私は、映画『鴨川ホルモー』を観て、「青春を懸命に駆け抜ける若者たちの姿」と「恋に全力な主人公」が特に面白いと思いました。まず、青春を懸命に駆け抜ける若者たちの姿についてです。この作品では、「ホルモー」という競技のサークルに所属する大学生たちの日々が描かれます。サークルに入ったきっかけや個性もバラバラな若者たちが、次第に一体となってホルモーに熱中していきます。一心不乱にホルモーに取り組む若者たちの姿が、泥臭さがあるけれど美しく、元気をもらいながら観ていました。次に、恋に全力な主人公についてです。主人公は、サークルをきっかけに出会った女性に恋をして、恋を実らせるため必死になって彼女にアプローチをします。しかし、まったく振り向いてもらえない日々が続きます。恋をした相手に振り向いてもらおうとする主人公の姿がコミカルで愛おしく、早く報われて欲しいという気持ちになりながら観ていました。また、恋を成就させるためにホルモーで勝負をするという場面もあり、恋にもホルモーにも自分の持てる力のすべてをかけて挑んでいく様子がかっこよく、それまでのコミカルな主人公の様子とのギャップがあり、新たな魅力に夢中になって観ていました。

30代男性
30代男性

千葉県の町である「鴨川」ではなく京都を流れている「鴨川」のお話。京都大学への入学を果たした主人公が、勧誘された怪しいサークルに女の子目当てで入って、「ホルモー」なる鬼や式神を使って争う謎の競技をやらされる破目になる物語です。この鬼が小さくて可愛らしく、しかも数が多くて、まるでマスゲームを展開しているみたいに戦います。一種の現代ファンタジーなのでしょうが、コメディ要素もかなり強めだなと思いました。脚本もバランスの良いストーリーで、要所要所で笑わせてもらいつつ、最後まで飽きずに見ることができました。主人公の安倍明を演じた山田孝之さん以下、出演している役者さんたちもノリノリで演技していて、見ている側も嬉しくなってしまいましたね。それに作品の舞台は京都なのですが、古都の名所という名所で惜しげもなくロケが行われ、しかもそこで「ホルモー」をやるのですから、実際に行ったことのある場所が多いだけに、自分がその場にいる様をイメージしてウキウキした気分になりました。これも京都という都市の魅力がなせる技なのでしょうか。他の都市が舞台だと、これほど魅力的な作品にはならなかっただろうと思えるところが不思議なものです。

40代男性
40代男性

万城目学さんのデビュー作を映画化した異色青春ドラマです。2浪の末に京大生となった安倍は、あれよあれよと京大青竜会という「普通の」謎サークルに入会する。レジャーサークルと勘違いして入会したら、千年の歴史を誇る怪しすぎる祭り“ホルモー”を行うことを目的としたサークルだった。このなんとも奇怪なお祭り“ホルモー”の世界に身をどっぷり投じることになる主人公たちが不憫で面白いのです。大学の文系サークルというのは傍から見るとバカバカしいと思えることを、いたって真面目に真剣にやっていたりしますよね。この青竜会というのもそういうノリです。妙な掛け声とかおかしなゼスチャーを、集団で真剣に行います。彼らの周りには無数の鬼たちがいて、妙な掛け声はオニ語、おかしなゼスチャーは指令のポーズで鬼たちに指示をして他大学ホルモーサークルとの戦いに勝ち抜くために真剣なのです。この各大学の配置も東(京大)西(立命館)南(龍谷大)北(京産大)、そして中央(同志社)と絶妙で、もしかしたら本当にこんな祭りあるんじゃないかと疑ってしまいます。学生時代を京都で過ごしたカップルが思い出に浸れるノスタルジックな一面もありますが、一番は何も考えずに笑いあいたい人と見ればいいです。

50代女性
50代女性

山田孝之さんが、二浪した上に京都大学に入学して、オニと呼ばれる生き物を使った謎の競技ホルモーを行うという、いかにも怪しいサークルと入る安倍をさすがの演技力で熱演していて、とても良かったと思いました。存在感がすごかったと思いました。カッコ良すぎず、強過ぎないところがいいと思いました。ほんとにすごい俳優さんだと感じました。大学に入ったばかりの1回生の、いかにも冴えない感じとどこか胡散臭い感じが、とても良く表現されていると思いました。妙なリアルさがあるので、本当はあり得ないような事ももしかしたらあり得るのではないかと、思えてきました。栗山千明さんを、少し冴えない役にしていたのはちょっと無理があると思いました。美人過ぎてきれい過ぎだと思いました。部長役の荒川良々さんが、はまり役で素晴らしかったと思いました。濱田岳さんが、安倍の親友で落武者、ロン毛、ちょんまげなど変幻自在でとてもいい味を出していて、とても良かったと思いますました。とにかく、何とも説明のつけようがないぶっ飛んだ内容の作品なのですが思わず笑顔になってしまいました。くだらなさが癖になる不思議な映画だと思いました。京都を駆け回るシーンでは、たくさんの名所が出てきて、美しい街並みが見れて京都に行きたくなってしまいました。奇妙なポーズと謎の鬼語が見所だと思います。大学生の不器用な恋愛が、とにかくもどかしくてじれったかったです。ストーリーのテンポが良くて、飽きずに観ることが出来ました。

20代男性
20代男性

鴨川ホルモーは2009年のコメディ映画であり、山田孝之、栗山千明、濱田岳、石田卓也と当時の若手有名キャストが勢ぞろいしており、大きく人気を獲得しました。主題歌もベースボールベアーで、ちょうど邦ロック全盛期ということもあり、さらなる話題を呼ぶキッカケになってました。当時友達複数人をつれて見に行った記憶があります。私は当時、原作を読んだことがなかったのですが、かなりのめりこんで見れることができました。ギャグ面が強いということもあるのですが、なにも考えずに見ることができるのが大きかったです。バトル物の要素もあり、テンションのあがる展開だらけで、見ていて退屈することが全くありませんでした。なんだかんだ構成とかもしっかりしている映画なんだと思います。CG演出とかも作品の雰囲気に合っていて違和感なども感じませんでした。クオリティがきちんと高いです。もう11年前くらいの映画ですが、今見返しても全く見ても劣らないものに仕上がっています。キャストも今でも人気のある人で固まっているので、ファンの方は見てみるといいと思います。単純に馬鹿笑いしたい人はテンション発散のために見てみるのを強くお勧めします。きっと視聴後にはスッキリしている自分が想像できると思います。

 

40代女性
40代女性

原作を読んでいたのですが、この作品をどうやって実写化するのか不思議に思っていました。鬼をCGで作るにしてもかなり大変だと思いますし、ホルモーを行う上でもどんな感じになるのか、かなり期待をしていました。期待が大きかった分、原作通りの作品になっていたことに驚きもありました。ホルモーという特殊な競技ということもあるので、不思議な世界だったのですが、原作と同じく凄く面白くて笑えるところもたくさんありました。あとで知ったのですが、作品の登場をする京都にある4つの大学が撮影に協力をしたり、学生がエキストラ出演をしていたということだったので、実在する大学が舞台となったというのも大きなポイントだったと思います。京都大学の吉田寮が登場をしたり、実際にある建物を使って撮影をしたというのも良かったと思います。吉田神社での儀式を行わなければホルモーに参加をすることができないなど、実際にはありえないストーリー展開なのに、架空の場所ではなく実際にある場所を使っているのがリアルな雰囲気を醸し出していたと思います。作者の万城目氏の作品はみんな面白いですし、実写化されているものが多いのですが不思議な世界をキチンと表現できているのが興味深いです。

20代男性
20代男性

鴨川ホルモーを見て、京都が大好きになった一人です。原作は万城目学さんで10年位前玉木宏さん多部未華子さん主演のドラマを作った方として印象深いです。京都の風景が映画の随所に見られ、本作を見ながら京都を旅行している気分にもなれます。謎の伝統まつり「ホルモー」の対決場面も見どころの一つです。今回の主演は山田孝之さんということで彼の演技力も光っていました。役柄が京大生ということで、この映画を見て実際に京都大学に行きたい!と思われる方も少なくないので中学高校生も勉強の合間、モチベーション維持の意味を込めて本作をご覧になられることをおすすめします。私も京都大学では無いですが、こういう大学生活を送ってみたいなと本作を初めて見たことに感じました。これからの夏の季節、夏の涼しい風鈴、かき氷などを食べながら本作をご覧になると、より一層映画と現実で一体化が出来ますし、見終わったあとに、「あーこの夏京都行きたい!鴨川付近で涼みたいなぁ!」となるはずです。最後に、テーマ曲となっている Base Ball Bear「神々LOOKS YOU」も私個人的にはかなりおすすめの一曲となっています。この曲を聞けば、「京都だ!鴨川だ!」といつも思い出すくらいの曲になっておりますので合わせて注目頂ければ嬉しいです。最後までお読み頂きありがとうございます。

30代女性
30代女性

オニ語を練習してオニ達を戦わせるという全くわけがわからないストーリーなのに観始めると自然とそのおかしな設定も受け入れられ、観終わる頃にはホルモーというものが存在するかのようにさえ感じ、ホルモーをやってみたくなってしまいます。山田孝之さんのクズな演技も素晴らしいですが、浜田岳さんのコメディに欠かせない存在感も素晴らしいです。ちょんまげ姿も似合っていて違和感ありませんでした。個人的には先輩役の荒川良々さんが好きでした。彼が出てくるだけでもう面白くなりそうな感じがして期待してしまいますが、もちろん期待通りでした。荒川良々さんのどこかシュールで独特の話し方や可愛くさえ見えてしまう不思議な表情は日本のコメディ映画に欠かせない存在だと思います。肝心のオニ達が想像よりも小さくて可愛いのも笑いました。回復するのにレーズンを与えるという設定もなんだかシュールで好きでした。パパイヤ鈴木さんの登場シーンやレナウン娘のダンスシーンで大事なところが?斗雲みたいなマークで隠されているのも可愛らしくてクスッとしました。シュールな笑いの中に青春や少しだけ甘酸っぱい恋もあり、気を抜いて余計なことは考えずに気軽に楽しめる映画でした。

 

まとめ

『鴨川ホルモー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

栗山千明のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 漸(ゼン)ノ篇
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
  • バトル・ロワイアル
  • 鴨川ホルモー
  • スクラップ・ヘブン
  • 呪怨
  • でも、結婚したいっ! ~BL漫画家のこじらせ婚活記~
  • ハゲタカ
  • エクステ
  • 死国
  • KIDS
  • 種まく旅人 ~くにうみの郷~
  • 小森生活向上クラブ
  • その時までサヨナラ
  • 春、バーニーズで

【ドラマ】

  • チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮
  • 遺留捜査スペシャル
  • 遺留捜査(2018)
  • 遺留捜査(2017)
  • カーネーション
  • 熱海の捜査官
  • ハゲタカ
  • BS時代劇 塚原卜伝
  • 実験刑事トトリ
  • 配達されたい私たち
  • 同期

 

濱田岳のU-NEXT配信作品

【映画】

  • アヒルと鴨のコインロッカー
  • 信長協奏曲 NOBUNAGA CONCERTO
  • フィッシュストーリー
  • 決算!忠臣蔵
  • 本能寺ホテル
  • 今度は愛妻家
  • 舞妓はレディ
  • ポテチ
  • 俺はまだ本気出してないだけ
  • 鴨川ホルモー
  • みなさん、さようなら
  • はじまりのみち
  • 偉大なる、しゅららぼん
  • ロボジー ROBO-G
  • タイヨウのうた
  • ヒキタさん! ご懐妊ですよ
  • フルーツ宅配便
  • 釣りバカ日誌 新米社員 浜崎伝助 ~瀬戸内海で大漁!結婚式大パニック編~
  • 青いうた ~のど自慢 青春編~
  • ウルトラマンティガ・ウルトラマンダイナ&ウルトラマンガイア 超時空の大決戦
  • SAKE-BOMB

【ドラマ】

  • 破門(疫病神シリーズ)
  • 螻蛄(疫病神シリーズ)
  • きょうの猫村さん
  • お先にどうぞ
  • お先にどうぞ「伊豆・旅情篇」
  • わろてんか
  • ベトナムのひかり

 

石田卓也のU-NEXT配信作品

【映画】

  • ぼくたちと駐在さんの700日戦争
  • TOKYO TRIBE
  • 鴨川ホルモー
  • ラフ ROUGH
  • リアル鬼ごっこ2
  • リアル鬼ごっこ
  • 夜のピクニック
  • 60歳のラブレター
  • キトキト!
  • 火天の城
  • 星めぐりの町
  • 風の外側

【ドラマ】

  • アスコーマーチ
  • クロヒョウ 龍が如く新章
  • 海に降る

 

芦名星のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ゆうべはお楽しみでしたね
  • イノセント・デイズ
  • 増山超能力師事務所
  • リアルホラー
  • 専業主婦探偵~私はシャドウ
  • スワンの馬鹿!~こづかい3万円の恋~
  • 恋愛時代
  • 相棒 season18
  • 猿ロック
  • ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました