カランコエの花(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
カランコエの花

カランコエの花(映画)の動画フルを安全に見る方法

『カランコエの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『カランコエの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カランコエの花(映画)の内容

映画『カランコエの花』は、2018年7月に公開されました。

脚本・監督・編集を務めたのは中川 駿さん。もともと社会人でしたが、映像業界に興味を持ち、映画学校に通いました。その後、短編から中編まで計4作を発表し、さまざまな賞を受賞するなど、今もっとも注目されている方です。
本作もLGBT映画の祭典「第26回レインボー・リール東京」のグランプリをはじめ、国内13冠を達成するなど、短編ジャンルの可能性を広げた1人です。

映画『カランコエの花』の主演を務めたのは大ブレイク中の今田美桜さん。彼女を含む出演者の大半はオーディションで決定したそうです。この子たちは今までどこに隠れていたんだろうか?と思えるほど演技が上手で、今後が期待できます!

現実にありそうな内容だなと思いました。面白半分、冗談半分でからかったことが周りを傷付けてしまう結果になります。

LGBTとか関係なく、一人の人として大切に接することが出来る世の中になればもっと平和な世界になれるなと思いましたし、僕も、そうするように心がけることが出来ました。

役者のみなさんの演技やカメラワークは、やっぱり自主製作レベルかなとは思います。ですが、この映画で伝えようとするメッセージの価値は凄く高く、見入ってしまいました。中川 駿監督の次回作が待ち遠しいです。

とても素晴らしかった。若い学生たちの演技も、自然すぎて感情移入しやすく涙がとまりません。エンドロールで、女の子が好きな人のことを楽しそうに話している姿がとても可愛くて印象的でした。

表現されているところが多くて素晴らしかった。ですが、LGBTに関しては問題や課題ではないから答えや解決法はない。だからこそ、普通に寄り添える人間でありたいなと思います。

映画の予算があまりないことから、宣伝が多くできなかった作品です。ですが、良い作品というのはSNSや口コミなどで広がっていきます。本作もその1つとなっております。

その中でも、今田美桜さん含め演者の高校生たちがリアルだと絶賛されておりました。また、本作を通じて、今後はこうしていきたい!という前向きなコメントで溢れた作品となっております。

あらすじ

いくつもの思いやりが、ひとりの心に傷をつけた。

とある高校2年生のクラスで、突然『LGBTについて』の授業が行われました。他のクラスではこの授業がないのを知った生徒たちは「なぜうちのクラスだけ?」という疑念が生じ、ある結論にいたりました。

「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」

LGBTの人と接したことのない田舎の生徒たちの好奇心に火がつきます。噂が広がるにつれ、ダメだとは心の中でわかっていも、止めることが出来ません。

年頃ならではの心の葛藤が起こした行動とは…。

見どころ

簡潔にまとめられた良作

LGBTをテーマにしたショートムービー。わずか39分の短編映画ですがしっかりと構成されており、ストーリー展開に矛盾なども全くなく、中川駿監督のセンスの良さを感じます。長編にも出来そうな内容でした。

非常に見やすい尺の長さとなっておりますので、この作品をきっかけに、LGBTへの理解が増えて頂ければと思います。

高校生の葛藤がリアル

良くある恋愛にフォーカスするのではなく、LGBTに対する偏見と差別を浮かび上がらせる物語。また、主人公が対象ではなく、周りの友達がLGBTという葛藤を今田美桜さんが演じております。

リアリティーがすごくあり、感情移入しやすく素晴らしい作品となっております。

スタッフ

脚本・監督・編集:中川 駿

キャスト

一ノ瀬月乃:今田美桜
吹奏楽部に所属する大人しくて優しい性格高校2年生。クラスでは桜、みどり、千里の4人組で仲良く過ごしている。

葛城沙奈:永瀬千裕
高校2年生の月乃のクラスメイトで友人。気弱で体も弱い。

新木裕也:笠松将
クラスのお調子者で発言力が強い。頭の回転は良い方で、空気も読める。

佐伯洋太:須藤誠
新木の友人。空気が読めない痛い奴。

小牧桜:有佐
月乃の仲良し4人組の1人。長髪の可愛らしい女の子。

梶原千里:堀春菜
月乃の仲良し4人組の1人。

矢嶋みどり:手島実優
月乃の仲良し4人組の1人。

月乃の母:石本径代
月乃と2人暮らし。カランコエの花が好き。

小嶋花絵:山上綾加
月乃の担任が休んだため、代理で登壇した養護教諭。“LGBT”の授業を始めた。

加藤健一:イワゴウサトシ
月乃の担任教師。嘘を付くのが下手。

生徒:古山憲正

『カランコエの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カランコエの花(映画)の感想

 

40代男性
40代男性

最近は、LGBTを題材にした作品がとても多いです。この映画もその一つでした。映画と言えば短くても90分くらいはありますが、この作品は何と約40分。内容が薄いのではないかと疑心暗鬼になりましたが、そんなことはありませんでした。40分という短い時間の中に、ギッシリと中身が詰まっていました。特にラストシーンは、心に刺さるものがありました。高校生の思春期の中で、LGBTという内容はかなり衝撃があると思います。その衝撃をリアルに描いていて、それが本当に目の前で起こっていることのようにも見えました。特に男子生徒の反応が幼稚過ぎてビックリすることころもありましたが、高校生の男の子の反応としては正解なのかもしれません。でも、そういったことが偏見に繋がるので、当事者は悩み苦しみ生きていくのだと思います。LGBTの方々が理解されていくような世の中を、周りが作っていかなければならないと考えさせられました。当たり前だと思っていたことがそうではなかった時、誰でも受け入れるのに時間がかかります。時間をかけても受け入れられないかもしれません。でも、やっぱり少しずつ許容していきたいと思える作品でした。カラコンエの花言葉「あなたを守る」も素敵だと思いました。

20代女性
20代女性

この作品はLGBTへの挑戦というか、世の中に受け入れてもらえるかどうかを問うような内容になっています。しかも話しあっているのは学生だということでかなりシビアな内容になっています。LGBTの受け入れの問題は最近というか、ここ数年で話題になっています。世界各地でデモが起こるぐらいです。アメリカでは何回もデモが起こっています。この映画では最初はLGBTと聞いて、みんなまじでありえないとか、気持ち悪い、というような雰囲気になっています。そこから不可解な事件が何回も起きます。またそれと思われるような生徒が何人も出てきます。生徒の中では到底受け入れられないのです。現実でも実際はまだまだそうだと思います。ですが、実際問題として現実には存在しています。LGBTは画面の映画のファンタジーではないのです。このようなことを問いかけるような内容になっています。出ている高校生はその話があってから特に視線にきおつけるように、よそよそしい接し方になっています。これはおそらく現実の私たちの学校でもそうでも、そうだと思います。今田美桜さんがそのあたりをしっかり演技されていました。彼女は今とても人気ですが、学生の演技をやってもしっかりと内容が伝わっていて、彼女の今後の活躍もこの映画を見て思いました。

30代男性
30代男性

LGBTという言葉が日本でも普及するようになって、何年が経つでしょうか? レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーといった性的少数者をまとめ上げた言葉で、最初は聞き慣れなかったのですが、今ではすっかり社会に定着したように思います。しかし、言葉が普及したとしても、こうした性的少数者の存在が社会に広く受容されているかどうかはまた別の問題ですね。この『カランコエの花』という映画では、高校のとあるクラスで、LGBTについての授業が行われるところから物語が始まります。その授業の狙いとは裏腹に、クラスの中にLGBTの当事者がいるのではないか?という疑惑が持ち上がり、生徒たちが互いに疑心暗鬼に陥ってゆく様が描かれています。LGBTが広く受容されて差別されることもない社会は理想ですが、現実問題として未だにLGBTは好奇の眼差しを向けられることが多い存在であり、嫌悪する人も少なくありません。この作品には、実際にLGBTを気持ち悪がる生徒が登場しており、とてもリアリティを感じましたね。結果的に、同性愛者である当事者の生徒は追い詰められてゆくことになるのですが、現実の高校生の間でも十分に起こりうることだという点で怖さを感じる作品でもありました。1つのクラスだけにLGBTの授業を行ったことは教師側の配慮不足だったと思いますが、一方であまり委縮しすぎていては、いつまで経ってもLGBTを取り巻く問題は解決しませんし、悩ましい限りです。

30代男性
30代男性

およそ40分と短い作品でしたが、描かれている内容の濃さは2時間以上の映画と遜色ありません。むしろこの短さにまとめているからこそ、濃くなっているのかもしれません。LGBTに対して、今の高校生が抱く感情をリアルに映し出していました。今は言葉も浸透し、一昔前よりは身近になった印象はありますが、地域によっては実際にLGBTの人と交流がある高校生は少ないのかもしれません。もちろん環境によると思いますが。私の場合は、知り合いにLGBTの方がいて、比較的仲良くさせてもらっていたので、特に抵抗感は少ないのですが、それでも彼らの心情を深く理解しているかというと、そこまでは断言できません。まして、実際に見たことがないとなれば、ああいった反応になるのかもしれないです。リアリティはありました。男子の幼いやりとりを見ていると、見ていて痛いというか、辛いというか、とても嫌な感情になりましたね。かつて高校生だった自分がこうだったのかもしれないと思うと目を背けたくなりました。これだけ嫌な思いを、マイノリティというだけで同じ人間にさせていたのかもしれないなと。LGBTが何の違和感もなく受け入れられ、社会に自然に馴染んでいく。そんな時代になることを切に願います。時代が進んだ時、この映画を見た人が「昔はこんな非常識なことが行われていたんだ」「もう戻りたくない過去だね」と思えるようになったらと、心の底から感じました。

20代男性
20代男性

2018年の映画で、いわゆるインディー映画って感じの作品です。なのでそこまで知名度はないかもしれませんが、日本だけではなく世界的に注目され切り込まれている「LGBT」について深く取り扱った内容で、学園物ということもあり非常にリアリティに溢れた作品となっております。出てくる高校生の役柄が本当に今の時代っぽさを描いており、安っぽさがありません。ここら辺のイメージの深堀りを手を抜かずにやっている印象を受けます。本当に高校生の生活を垣間見ているかのような没入感を味わえるような演出が目立っています。今をときめく若手女優である今田美桜が主演を務めているのが、ファンにとってはうれしいでしょう。過去の作品でどんな演技をしていたかが分かるので、ファンにとっては視聴すべきものになっているのではないでしょうか。そしてさらに特徴をあげるとすれば40分ほどの作品になっているのでパパっと見やすいところです。なので初見の方も臆せず手が出しやすいと思われます。少し考え方を変えると今のご時世だからこそ、この作品を教材にして若い人に学ばせるのもありなのではと思いました。それくらい完成度の高く、メッセージ性のある作品だと私は感じました。より多くの人がLGBTのについて理解をこの作品で深められるといいなと思います。

40代女性
40代女性

舞台は高校、テーマは「初めて身近にLGBTを感じる」といったところです。すなわちアラフォーの私には、ちょっと若すぎる作品に感じてしまったのは事実ですが、劇中と同じ高校生や中学生にはうってつけのお話だと思いました。自分が同性愛を知ったのは中学生の頃だったと思います。最近では同性愛だけではなく、性同一性障がいや様々なジェンダーへの理解が少しずつ浸透してきているため、20年以上前の自分が学生だった時代と比べるのはナンセンスかもしれませんが、今でも多くの人が学生時代にLGBTについて知るのではないでしょうか。そこには驚きだけではなく、悲しいけれど少なからず差別もあると思います。そんな多感な時期だからこそ、今作を見たら学ぶものが多いのではないかと感じます。劇中では保健教諭がLGBTのお話をしてくれるのですが、現在の学校ではその教育が行われているのでしょうか?もし保健や道徳などの授業でLGBTを取り上げるのならば、今作を上映してみてもよいのではないかと感じました。主演の今田美緒ちゃんも人気があるうえに、若い世代は映像から入った方が、馴染みやすいと思いますので。明確な答えが出ない作品だからこそ、学生たちが自分なりの考えを持ってくれるような気がします。

 

20代女性
20代女性

近年話題の「LGBT」をテーマにした映画です。「LGBT」と向き合う高校生の姿が描かれています。「LGBT」と一言で言うことは簡単ですが、「LGBT」の人達を理解することは簡単ではありません。「LGBT」の人達への偏見をやめようということを学んでいても、それを本当の意味で理解することは難しいということを教えてくれる作品です。思春期という繊細な年頃で、「LGBT」に向き合う辛さや葛藤を感じることができ、「LGBT」について、よく考えさせられました。大人であるはずの、養護教諭の花絵にさえ、それは簡単ではありませんでした。だからこそ、特別授業という形で、「LGBT」である桜を追い詰めるようなことをしてしまいます。花絵が特別授業をしたのは、もちろん善意からでしたが、それは明らかに花絵の自己満足でした。「LGBT」の人達も平等なのだ、変なことではないんだと、授業では説明していますが、花絵の特別授業という行為や、桜に対する月子の反応から、皆が頭では理解していても、偏見の目を持ってしまっているということに気付かされます。この作品を観終わったあとに、無意識のうちの自分はどうだろうと考えてしまっていました。

30代女性
30代女性

演技も演出もリアルですーっと映画の中に惹き込まれていきました。LGBTの人が抱える不安や苦悩、そしてそれを受け入れる周りの環境を約40分という短い時間の中でよく表現できていたと思います。保健の先生は少し配慮が足りなかった気もするけれど、悪意がある訳ではなくむしろ理解を深めてもらいたいという気持ちがあって動いたことだということはよく分かります。しかしそれが原因でクラス内で起きてしまう詮索も、先生の行動もなんだかとてもリアルに感じました。思春期の多感な時期なら他人の恋愛の話にも興味深々、しかもそれが自分とは違い同性を好きだというなら尚更興味が湧いてしまうという気持ちも理解できます。詮索も悪意から始まった訳ではなく興味から始まったのに、いざ誰なのかわかると詮索してきたこと後悔しているように見えた男子高校生の描写が良かったです。友達の力になりたいけれど、LGBTへの知識があるわけではないので何をしたらいいのかわからないという問題が実際にはよくある事だと思います。この映画を観ることでLGBTへの理解を深めたり、いい意味で興味を持つ人が増えるといいなと思います。エンドロールは秀逸で胸が締め付けられました。

 

まとめ

『カランコエの花』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

今田美桜のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 記憶
  • ケイジとケンジ 所轄と地検の24時
  • ドクターX ~外科医・大門未知子~(2019)

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました