隠し剣 鬼の爪(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
隠し剣鬼の爪 予告編.wmv

隠し剣 鬼の爪(映画)の動画フルを安全に見る方法

『隠し剣 鬼の爪』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『隠し剣 鬼の爪』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

隠し剣 鬼の爪(映画)の内容

映画『隠し剣 鬼の爪』は、2004年10月に公開されました。

国内の映画賞を独占し、アメリカのアカデミー外国語映画賞にもノミネートされた『たそがれ清兵衛』に続き、監督・山田洋二さんが藤沢周平さん原作の短編小説を基に手掛けた、時代劇映画第2弾となっております。本作でも、日本アカデミー賞において優秀監督賞をはじめ、12部門の優秀賞を獲得しました。

物語は、親友の謀反で起こった騒動に巻き込まれながらも、自らに仕えていた百姓の娘との身分違いの恋に心を揺らされる模様が描かれており、永瀬正敏さんを主演に置き、脇に松たか子さん、吉岡秀隆さん、田畑智子さん、小澤征悦さん、高島礼子さん、倍賞千恵子さん、小林稔侍さん、緒形拳さんと今回も素晴らしい配役となっております。

派手なアクションがある訳ではないが、スムーズかつ自然な展開。徐々に高まる緊張感と所々で入る笑い。全てにおいて完璧な傑作映画です。

何回見ても泣いてしまうし、何回見ても長さを感じず、何回見ても飽きることのない物語の展開が素晴らしい。これからも定期的に見ては感動するんだろうなと思います。必見です!

松たか子さんが非常に可愛いです。ルックスもタイプですが、仕草や所作が彼女の可愛さを増してるんだと思いました。また、透明感のある演技も秀逸です。

相手を倒す練習の時に鳥の可愛い鳴き声が入るのは、監督の思い入れなのかな?「人を殺めることの無意味さ」を表現しているのかな…と、色々な発見をさせてくれる名作です。

あらすじ

舞台は幕末。東北の小藩・海坂藩の下級藩士である片桐宗蔵は(永瀬正敏)は、母(倍賞千恵子)と妹・志乃(田畑智子)と女中・きえ(松たか子)と平穏な毎日を暮らしておりました。やがて、志乃が宗蔵の親友である島田左門(吉岡秀隆)の元に嫁ぎ、きえも商家に嫁ぎ、そして母は亡くなり、宗蔵はやといの婆さんとの二人暮らしとなりました。

そんな中、きえが嫁ぎ先で虐げられていることを知った宗蔵は激怒し、武士の身ながら商屋に乗り込み人目をはばかることなく、きえを背負い自宅へと向かいます。自宅で看病を続けるときえの容態は良くなっていきますが、世間の目は冷たく宗蔵はきえを実家へと帰しました。

一方で、江戸へ行った宗蔵の親友である狭間(小澤征悦)が謀反を企んだ罪で投獄され、極刑が決まるも脱獄をしました。家老の堀(緒形拳)は、討ち手に宗蔵を指名したが、指名された宗蔵のもとに狭閒の妻(高島礼子)が訪れて見逃してくれないかと頼んできたのでした…。

見どころ

生き方の再認識

主人公・片桐宗蔵を演じた永瀬正敏さん。彼といえば、お洒落でクールなイメージが強かった印象がありますが、本作で印象がガラッと変わりました。

ファッションに無頓着で東北のズーズー弁丸出しの素朴で温かみのある田舎侍・宗蔵を見事に演じており、これまでの永瀬さんのイメージを180度見直します。

永瀬さんが怒りに震えながら病気の松たか子(きえ)さんを背負って連れ戻す場面は何度見ても涙をこらえきれません。彼の真っ直ぐな言動を行動が心に響き、素直な心を表に出し、口にして行動する生き方も悪くないなと思わされました。

隠し剣鬼の爪

本作の見どころの1つとなっているのは、タイトルにもなっている宗蔵が遣う「隠し剣鬼の爪」という秘剣の技です。

これを山田洋二監督がどのように表現したのかが、本作のクライマックスとなっております。鑑賞後「そういう秘剣だったのか…」と思わず唸ってしまうほどでした。

是非、ご自身の目でご確認ください。

スタッフ

原作:藤沢周平「隠し剣鬼ノ爪」 / 「邪剣竜尾返し」 / 「雪明かり」
監督:山田洋次
脚本:山田洋次 / 朝間義隆
音楽:冨田勲

キャスト

片桐宗蔵:永瀬正敏
東北の小藩・海坂藩の侍であった。

きえ:松たか子
宗蔵の家の女中。油問屋に嫁ぐ。

島田左門:吉岡秀隆
宗蔵の親友であり、志乃の夫。

島田志乃:田畑智子
宗蔵の妹で左門の嫁。

狭間弥市郎:小澤征悦
宗蔵の親友。謀反を企んだ罪で極刑が決まる。

狭間桂:高島礼子
弥市郎の嫁。

片桐勘兵衛:田中邦衛

片桐吟:倍賞千恵子

医師:笹野高史

戸田寛斎:田中泯

島田門左衛門:綾田俊樹

大目付・甲田:小林稔侍

家老・堀将監:緒形拳

直太:神戸浩

伊勢屋のおかみ:光本幸子

教官:松田洋治

矢崎:赤塚真人

奥戸:香川耕二

数馬:近藤公園

長谷川:北山雅康

広田:小市慢太郎

粂:山村嵯都子

ぶん:斉藤奈々

須藤:笠井一彦

番小屋の小者:佐藤亮太

長吉:前田淳

かね:水野貴以

その他:志乃原良子、松野太紀ほか

『隠し剣 鬼の爪』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

隠し剣 鬼の爪(映画)の感想

30代女性
30代女性

「Dr・コトー診療所」シリーズで吉岡秀隆さんにはまり、この映画も鑑賞しました(吉岡さんは少ししか出演していません)。歴史小説の大家・藤沢周平原作、映画界の巨匠・山田洋二監督という布陣で製作された、屋台骨のしっかりとした作品です。ちなみに、このひとつ前に同じ布陣で作成された「たそがれ清兵衛」は、その年のアカデミー賞外国語部門にノミネートされました。東北の貧しい藩で、剣術の達人でありながらもつつましく暮らす侍・片桐。妹や奉公人のやえも嫁いでしまい、一人で暮らしていました。そんなある日、嫁ぎ先で幸せに暮らしているはずのやえが、家庭内暴力にあっていることを知り、片桐はとっさに自宅へ連れ帰ってきてしまいます。周囲から悪い噂を立てられ、妹婿にまで批判されながらも、やえを守るために行動する片桐の優しさ、愛情が強く表現されていたと思います。また、この映画の魅力はこの淡いラブストーリーだけではありません。同時進行で、片桐と剣術の同門であった狭間にかけられた謀反の嫌疑、そしてそれを画策した家老とも、片桐は戦っていくこととなるのです。時代劇らしく、家老はとんでもない悪役です。ラストは安心できて、自然と笑顔がこぼれるようなものでした。

 

30代男性
30代男性

藤沢周平さんの原作を山田洋二監督が映画で描く、と聞いては見ないわけにはいかず拝見しました。三部作ともすべて拝見済みです。演出からキャスティングまで日本の超一流どころ大集合といった感じです。怒涛のように映画が展開し、あっという間に見終わってしまいました。そして長い余韻に浸りました。心の中で拍手喝采、スタンディングオベーションでした。それくらいすごい。男の中の男。人間として惚れる人間。しばし自分の生き方を振り返ってしまうほどの強烈な印象を与えてくれました。本当に見てよかった映画だと思いました。いまのような自由な時代に生きることが出来て幸せです。キャスティングも素晴らしかったです。山田洋二監督作品のキャスティングはすべて絶妙な配枠をされているなあと思います。本作品も永瀬正敏さんはもちろん、吉岡秀隆さん、田畑智子さん、他みなさんとても良かったのですが、個人的に目を引いたのは松たか子さんです。松たか子さんの奥ゆかしいながらも芯の強さを感じさせる表現が素晴らしかった。これで歌唱もプロであるというのだから、本物の中の本物の表現者というの恐ろしいものです。少々残酷な表現の部分もありますが、必見の作品だと思います。

30代男性
30代男性

物語に出てくる侍・片桐宗蔵は、侍であるとは思えない程に善良な人間として描かれています。貧しくも心豊かに生きる事が、権力者にも奪う事の出来ない唯一の自由だった時代。侍として生きるも、想いを寄せていた女中のきえの為に生きようとする宗蔵の純粋な愛が、この映画に見どころとも言えます。かつては幸せな日々を送っていた宗蔵。でもそれぞれに道を進む事となり、きえへの想いを旨に生きていた彼が、彼女が幸福では無い、辛く辛らつな日々を送っている事を知り、彼女を救う為に体制に反発し、侍としての生き方を貫こうとする彼の持つ武士道の美意識が、この映画の中に温かく描かれ、誰かを守る為に人を信じ、また人を疑いもせず、純粋で生きようとする、そんな宗蔵の生き様が、とても美しく描かれている事にこの映画の見どころがあります。無頼の侍ではなく、相手を斬ってねじ伏せるのではなく、己が剣を抜くときは、侍としての矜持を捨てよと、侍であり人であると、その儚くも強くありたいと願う、そんな侍の姿が、この映画の中に描かれ、刀を抜いてチャンバラではなく、武士道の精神を持つ侍の姿が剣術の強さではなく、心の強さで生きているのだと、純粋無垢な想いが強さとなるのだと、人の心を映す映画とも言えるでしょう。

 

50代女性
50代女性

江戸時代の武士ってなんて生きにくいだろう。思う人がいても身分が違うので成就しないし、藩の中での言動は上司への気遣いのわりに理不尽な仕打ちばかりです。そんな武士の世界の心情を静かなタッチで描いて心に響かせるところはさすが巨匠の山田洋次監督です。穏やかに暮らす武士、片桐宗蔵の一見頼りなく見えてしまう人柄は、慎み深いだろうけどじれったくも感じます。本当にこの人は剣の達人なの?と疑ってしまいます。そんな中、事件を起こしてしまう狭間弥市郎の反乱は同情を誘われました。演じている小澤征悦さんの凄みはすさまじくて夢に出てきそうです。狂気とも見える狭間に対峙する片桐ですが、足がすくんでしまうだろと思いながら、どんな風に成敗するのかと怖いもの見たさで見入ってしまうシーンです。狭間の妻を演じている高島礼子さんの美しさがより一層残酷さに拍車をかける展開にこの物語の深さを感じます。重いストーリーの中、心を軽くしてくれるのは片桐家の女中きえの存在です。演じる松たかこさんが画面に映るだけでほっとさせてくれます。宗蔵もふんわりとした温かい人柄は離したくなかっただろうと思います。狭間の件から何ごともなく過ぎる日常に片桐はある行動を起こしますが、観ている誰もが納得するのではないかと思います。江戸から明治に向かう時代が気になる方におすすめの映画です。

 

30代男性
30代男性

原作は藤沢周平氏の人情時代劇で、山田洋次監督が手がけた作品。剣の達人である主人公が、友情と忠義の板挟みとなり、また身分違いの恋に悩むお話。簡単に言ってしまえばそうなるのですが、まさに藤沢周平ワールドが全開となった作品世界は、さすがは山田洋次監督だと唸らされてしまいます。架空の藩である海坂藩の人々の生き様が精彩に描き出されていました。出演している役者さんたちも総じてとても良かったのですが、中でも光り輝いていたのはヒロインのきえを演じた松たか子さんでしょう。下級藩士とは言え侍である主人公片桐宗蔵と、百姓娘である自分との身分違い恋に悩み、素直に想いを伝えられない女性の苦しみを見事な演じていました。最後にハッピーエンドとなるところは、観客の立場としてもとても嬉しくなりましたね。また意外な存在感を見せてくれたのが、悪役である藩の家老堀将監を演じた緒形拳さん。言うまでもなく大俳優で、今まで出演した時代劇でも堂々たる器量の大きな人物を演じていたイメージの強かった役者さんです。しかし、それがこの映画では卑劣な悪役を演じているのだから、かえって興味深かったです。緒形拳さんは自身の持つ迫力を抑えて、あえて小者に見せる演技をしていたように感じました。

50代女性
50代女性

藤沢周平の紡ぎ出す物語は、現代に暮らす私達に当てはめてみても差程違いがありません。海坂藩のしがない下級藩士である片桐宗蔵は、中小企業に勤務するサラリーマンに置き換えることが可能です。今の日本に歴然とした身分差はありませんが、上司の命令に反対する事はそれが道理に外れたものであっても簡単ではありません。パワーハラスメントの問題や事件がしばしばニュースになるのは、地位と権力を手にした者が驕り何百年前と変わらぬ振る舞いをしているからです。時代が移りゆくとも変らぬ人間の性をこの作品は見事にあぶり出します。片桐の怒りは、きえに理不尽な扱いをする嫁ぎ先と、狭間の妻女を死に至らしめた家老と二つに分ける事が出來ます。身内同然のきえには、有無を言わせぬ実力行使を行い怒りを露わにしています。しかし、権力者である堀の前では無表情でさざ波さえ感じさせぬ冷たい怒りを宿してながら暗殺の剣を刺す。武士としての矜持を覆された怒りが、弱き者達を守るための力が己のちっぽけな欲のために使われたという憤りが宗蔵をして私刑を選んだ所以ではないでしょうか。天誅が下された時、爽快な思いを感じたのは私一人だけでしょうか。一方で、何のために力を振るうのか、その理由と時を間違えれば暴力でしかない事も認識しないといけません。

 

まとめ

『隠し剣 鬼の爪』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました