隠れビッチやってました(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『“隠れビッチ”やってました。』予告編

“隠れビッチ”やってました。の動画フルを安全に見る方法

“隠れビッチ”やってました。
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

“隠れビッチ”やってました。
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

“隠れビッチ”やってました。の内容

映画『“隠れビッチ”やってました。』は、2019年12月に公開されました。原作は、イラストレーターのあらいぴろよさんのコミックエッセイ。あらいぴろよさん自身の20歳から10年間の恋愛模様を描いた作品です。

タイトルにある”隠れビッチ”って何?と思う人も多くいることでしょう。

”ビッチ”(bitch)は、英語で”メス犬”という意味。しかし、スラングフレーズでは女性を蔑んで「(誰とでも寝るような)尻軽女」とか、「意地の悪いイヤな女」のように使われることもあります。

日本で使う”ビッチ”は「男遊びしていそうな雰囲気」といった軽めの意味合い。ほかに”清楚系ビッチ”という言葉も日本で使われていて、この言葉が”隠れビッチ”と同類と思われます。

この映画に出てくる”隠れビッチ”とは、ちやほやされるのが生きがいのくず女!

清純を装って肌の露出度は15~20%。モテるために手段を選ばず、必殺ボディータッチ!褒め殺し!いつでもブリッ子!効果的な隙とタイミングを作り、告らせてたら振って傷つけます。

男を振るのが生きがいで、たくさんの男に好きって言われて自分の自信がチャージされればそれでOK!自分は傷付かずに、恋愛の美味しいところだけを楽しみ、体の関係は一切断るという、ゲームのような恋愛スタイル。

原作のあらいひろよさんは、父の虐待で自尊心を喪失した壮絶過去を持ち、そのため”隠れビッチ”へとなっていて、映画にも描かれています。

原作のあらいぴろよ役、映画では荒井ひろみ役は若手注目女優の佐久間由衣さん。佐久間由衣さんにとって、初の主演映画となりました。

 

クソ野郎だなーと思いながら楽しく見られました。主人公の過去がわかった時は救ってあげたいと思いました。
最後、自分の弱さに気づくことが大事と言うセリフが心に響いた。

ただの恋愛映画だと思ったら、かなり考えさせられる話だった。観て良かった!幼少期のトラウマを引きずって、自分のことを愛せないなど共感できるところがあり苦しかった。

愛されたいって気持ちと人生において大切な事は
「自分の弱さに気づくこと」最後は胸打たれました。
自分を愛せない自分に気づいて自分と向き合う。共感しました。

佐久間由衣が凄く良かった。清楚可憐っていう感じの役柄ばかりで、無難な印象しか無かったけど、そのイメージを強烈に粉砕してくれる位の演技が見事でした。

あらすじ

主人公の荒井ひろみ(佐久間由衣)の趣味&特技は異性にモテること。清楚を装い、様々なモテテクを駆使して男性を翻弄し告らせたら即フェイドアウト。男の気持ちをもてあそびますが、体の関係は絶対断ります。

ひろみは、シェアハウスで仲間と同居中。同居仲間は、バイセクシュアル(両性愛者)の男友達のコジ(村上虹郎)とダメな恋愛を繰り返すダメ恋女子の彩(大後寿々花)。ひろみのそんな行動を「最低の“隠れビッチ”ね!」とあきれ顔でたしなめますが、ひろみの耳には届きません。

まるでゲームのように、男のタイプに合わせたモテテクを駆使するひろみ。まじめすぎる草食男子・船木誠勝(戸塚純貴)は、適度にセクシーなワンピースを着たひろみにボディタッチされ撃沈!他にも一途なバツイチ男(前野朋哉)、IT企業勤務の肉食系男子(片桐仁)、包容力のあるエリート系男子(前川泰之)、単純文化系男子(柳俊太郎)など、タイプの異なるイケメン男子達がひろみの餌食になっていきます。

ある日、ひろみに気になるお相手・安藤(小関裕太)が現れますが数年ぶりの負け試合。さらに安藤を本気で好きになっていたことに気づき、ショックを受けます。

やけ酒をあおり酔いつぶれているところを、同じ職場の三沢(森山未來)に目撃され、ひろみは“隠れビッチ”だということを打ち明けます。そして、封印してきた過去と向き合い始めます。本当のしあわせに気づいた時、彼女が出した答えとは・・・。

見どころ

映画初主演の佐久間由衣

何と言っても笑顔が可愛い。いままでの佐久間由衣さんのイメージをぶち壊すような役柄に挑戦しました。

原作者のあらいぴろよさんが「特に青いワンピース姿が隠れビッチってコレ!」と絶賛していて、映画の中で佐久間由衣さんが着るワンピースは、監督から「着たいものを自分で選んで着てほしい」とのオーダーで、佐久間由比さんの自前の服がほとんどだそうです。

露出度15~20%で、透け感のあるサラサラとした素材で女性の下着を連想させるワンピース姿は、清楚でビッチに見えない、まさしく”隠れビッチ”です。

ただのラブコメではないストーリー

映画の前半部は、男を狙う主人公・ひろみの男の前で可愛く振舞う姿と、サッと振ってしまって次の男に行ってしまう姿にビックリ。さらに男の前とは真逆で超ガサツな私生活にもビックリ。

そして後半部は、職場の三沢と出会い封印してきた過去と向き合い始め同じめるというガラッと変るストーリーで、ただのラブコメではない作品に仕上がっています。

スタッフ

原作 -:あらいびろよ「“隠れビッチ”やってました。」
監督:脚本 – 三木康一郎
主題歌:Kitri「さよなら、涙目」

キャスト

荒井 ひろみ:佐久間 由衣
ちやほやされたい清純隠れビッチ。
小島 晃(コジ):村上 虹郎
バイセクシャル。ひろみとはシェアハウスの形で同居する。
木村 彩:大後 寿々花
ひろみとはシェアハウスの形で同居するダメ恋女子。
安藤 剛:小関 裕太
美容師志望の自然体男子。
三沢 光昭:森山 未來
ひろみの職場の上司。
川田 利光:前野 朋哉
一途なバツイチ。
永田 裕志:片桐 仁
IT企業勤務の肉食男子。
小橋 健太:前川 泰之
包容力あるエリート系。
坂口 征二:柳 俊太郎
単純文化系。
船木 誠勝:戸塚 純貴
まじめすぎる草食系。
田上 明:笠松 将
彩の片思い相手でありセフレ。
秋山 準:田中 偉登
コジの彼氏。
荒井 涼子:渡辺 真起子 よき母親。
荒井雄二:光石研 恨みを買う父親。

“隠れビッチ”やってました。の感想

20代男性
20代男性

この映画内容は、実体験をもとにコミックエッセイとなっています。清楚を装いながら戦略的に男を虜にさせていく内容となっています。その名の通り隠れビッチの話tなっています。異性に認められたいという欲が強い主人公がいます。今までは。清楚キャラとして生活を送っていましたが、実際には男に対して計算して話しかけたり、恋に落としたりしていることで隠れビッチとなりました。頭を使って男をもてあそんでいましたが、同じ職場に気になる相手が現れたことで状況が一変しました。この映画などを見ると自分もこの女性にいちころだと思いながら見ていました。ハニートラップなどという言葉の流行したようにこの女性は巧みに言葉や行動を使い分けるので関心しながら見ていました。ラブストーリーともなっていますが、よく見ると人間ドラマにもなっています。人間の本性を忠実に再現されていますので見ごたえがあります。人間の欲をそのまま描いていますので面白く楽しい映画となっています。自分の気持ちに素直になることも大切だとも感じることができました。人間のストーリーですので、勉強しながら見ていました。自分もこういった女性に遊ばれないようにしないといけないと感じました。

30代男性
30代男性

タイトルからして一筋縄ではいかない作品であることはわかると思いますが、ここまで重く展開していくとは予測できませんでした。予告編を見るとライトにサクッと楽しめる感じなのかなと思っていたんですが・・・。主人公は、自分の好みにかかわらず、片っぱしから男性を誘惑し、その気になったら捨ててしまう“隠れビッチ”。多くの男性からの承認によって自分を満たし、かりそめの自信を育てている様子は、虚像の自分を見せびらかして「いいね!」を欲しがるインフルエンサー気取りのSNS中毒者にも通じるものがあるなあと感じました(もちろん、そうではないインスタグラマーやインフルエンサーの方が多いとは思いますが・・・)。これは今の時代に蔓延している心の病巣を描き出している物語なのかもしれませんね。主人公には過去に大きなトラウマがありましたが、それがあってもなくても、人には大なり小なり人に認められたい欲求があります。インターネットが発展し、SNSが全盛となったことで、“隣の芝生”が今まで以上にはっきりと見えてしまうことも影響しているのかもしれません。わざわざ“他人を気にせず、自分らしく生きていくぞ!”と決心しなければ、自分らしく生きづらい。もともと他人なんて見えていなかったら、そんなこと考えなくても自分らしく生きていけるはずですから。「弱さを認めて自分らしく」というのも、本当のところどうなんでしょう。そういう自分を認めて欲しいって欲求は結局ある気はするし、他人が見えてしまう現代は、他人からの評価から逃れられず、そういった苦しみは永遠に味わうものなのかもしれない、なんて怖いことも感じてしまいました。

50代男性
50代男性

この映画は、2019年に公開された日本の映画です。イラストレーターで漫画家であるあらいぴろよが、自分自身の体験をもとに描いたコミックエッセイということで話題を呼びました。佐久間由衣さんをはじめとする若手のキャストがたくさん登場し、初々しい演技を見られました。大枠のあらすじは、主人公のひろみは、デーパートのケーキ売り場でアルバイトをしています。彼女は計算され尽くした服装と仕草で男性を虜にして、男性から告白されると逃げ出してしまうという厄介な女性でした。そんな様子を、同棲している友人のコジと彩から窘められても、ひろみは相変わらず「隠れビッチ」の日々を送り続けています。ある日、同じデパートの売り場で働いている安藤と出会いますが、彼のことが気になるようになります。安藤との距離が深まっていっても彼女は本性を表さず、ついには安藤とうまくいかなくなります。それで、ひろみは公園で焼け酒を飲み、醜態を晒しているところに、デパート社員の三沢が現れます。三沢にすっかり本性を知られたひろみは、三沢の前では飾らす、巣の自分でいるというストーリーです。この映画は、村上虹郎がひろみを暖かく見守る同居人を演じ、大後寿々花もひろみとの友情を披露するなど、個性的なキャストがいたのが魅力でした。また、大切なシーンにて森山未来が出てきたところも魅力的です。また、映像と音を使って物語を想像させてくれるなど、凝った映画作りで、見ると大きな余韻が残りました。主人公が女性であることを武器に男の心を掴んでいたのに、人間として成長して素直に生き始めるようになるプロセスも見どころでした。

 

30代女性
30代女性

タイトルに嫌悪感があり観ていませんでしたが、友人の薦めで観てみるとタイトルからは想像できないような深いストーリーでした。そして主役の荒井ひろみ役を演じた佐久間由衣さんがとても素敵で役にも合っていました。本当に清楚に見えるけれど、上手に男たちを落としていく姿は女から見るとなんだか少し参考にしたくなってしまう程でした。水色のノースリーブのワンピースにショートカットは最強でした。男は結局こういうのが好きなんだよなと納得でした。始めは誰からも好かれたい、それだけで満たされるという主人公の気持ちになんとなく共感できるような気持ちで見ていましたが、後半から雰囲気が変わり主人公の過去が明らかになるつれてストーリーに深みが出てきました。過去を知った上で主人公の今までの言動を改めて思い出すと切なくなります。男を弄ぶことが生きがいの女なんて友達もできないだろうと思いきや、この映画では友達に救われる部分も多くまた友達がとても素敵な人たちです。しっかりと相手を思ってきつめの助言をしてくれる友達なんてなかなかいないと思います。村上虹郎さん演じる小島晃がひろみに熱く語りかけるシーンはめちゃくちゃカッコよかったです。

 

まとめ

“隠れビッチ”やってました。
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました