カッコウの卵は誰のもの(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

カッコウの卵は誰のもの(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カッコウの卵は誰のもの(ドラマ)の内容

ドラマ『カッコウの卵は誰のもの』は、2016年5月にWOWOW連続ドラマ枠で放送されました。

原作は、数々のヒット作を世に送り出してきた東野 圭吾さん。彼の「幻夜」「分身」「変身」に続く、東野圭吾×WOWOWのドラマ第4弾になります。

本作は、「スポーツ遺伝子」を題材に、スポーツビジネスの闇、遺伝子の謎、そして親子の絆とは何かを問うています。娘の風美役を土屋 太鳳さん。父親の宏昌役を伊原 剛志さんが演じました。土屋 太鳳さんは言わずと知れた抜群の運動神経の持ち主で、トップスキーヤーとしての滑降シーンで製作者スタッフを驚かせたとの事です。

また、物語の鍵を握る青年の文也役に本郷 奏多さん、冷徹な研究者・柚木役に戸次 重幸さんと個性的な役者陣が脇を固め、真野 恵里菜さん、高杉 真宙さん、森永 悠希さん、矢野 聖人さんら人気若手俳優たちが出演しております。

 

東野圭吾氏の原作、最後の最後まで犯人が解らなかったでした。素晴らしい脚本です。土屋太鳳さんの魅力が凝縮された本格ミステリードラマとなってます。

無駄に引き延ばしたり、端折りすぎたりすることがなく、良い塩梅の展開が心地よかった。もちろん好みもあるでしょうが、しっかりと堪能できる作品であることは間違いないかと思います。

【才能】と【努力が出来る一部の人】への嫉妬が凄くリアルでした。凡人からしたら出来る人はなにもかも持っているように見えるんですよね。

見終わった後、とても考えさせられる作品です。自分の生き方、人の愛、仲間の大切さ…とっても大好きな作品です。

売れっ子ミステリー作家の東野 圭吾さん原作の作品だけあり、内容がしっかりされてます。本作は原作と異なった内容に改変されておりましたが、ミステリーファンからの評判は非常に良かったです。

また、真野さん・高杉さん・森永さん・矢野さんと若手俳優陣が『ある一瞬に人生の全てを捧げるトップアスリートたちの残酷ながらも輝きに満ちた運命』を表現しており、本作の良さをさらに引き出してくれております。

あらすじ

親子2代でトップスキーヤーを目指す緋田風美(土屋 太鳳)と父・宏昌(伊原 剛志)。ある日、風美にトップアスリートのみが持つ遺伝子が発見され、人目を引く容姿も相まってメディアの注目の的となります。

ビジネス開発を目論む遺伝子研究者の柚木(戸次 重幸)は、新たなスポーツビジネス開発のため、また「その謎を解き明かしたい」想いから、父娘のさらなる検査を申し出ますが宏昌はかたくなに拒絶します。実は風美の出生には大きな秘密があったのでした。

そんな中、全日本の強化合宿では、風美は様々な想いを持ったライバルたちと練習に臨んでいました。ところがそこへ『風美をメンバーから外せ。さもなくば彼女に危害が及ぶ』という脅迫状が届きます。

その頃、ある病院でひとりの青年(本郷 奏多)が子どもたちに「才能」に関する物語を読み聞かせていました…。

見どころ

太鳳さんの滑降シーン

人間密着ドキュメンタリー番組の情熱大陸で放送されておりましたが、スキー2級の土屋太鳳さん。本作ではスタント無しでスキーを滑ってるとのことでした。

スキーシーンのちょっとした立ち居振る舞いも自然で、さすがの一言です!

これぞ王道ミステリー

土屋 太鳳さん扮する風美をはじめとするスキー選手達のドラマと、謎解きのミステリーがうまい具合に噛み合っていました。

謎が謎を呼ぶ展開。疑問点や伏線が怒涛のように回収されていく、圧巻の終盤。最も犯人から遠いと思われていた人物が真犯人。これぞ、ミステリーの王道、東野圭吾作品の真骨頂ともいえるべき、かなり完成度の高い作品となっております。

スタッフ

原作:東野 圭吾「カッコウの卵は誰のもの」
監督:耶雲 哉治・山下 司
脚本:田辺 満

キャスト

緋田 風美:土屋 太鳳
宏昌と智代の娘。新世開発スキー部に所属し、父の手ほどきにより、トップスキーヤーを目指している。

緋田 宏昌:伊原 剛志
風美の父。スキーの元オリンピック日本代表。風美には決して言えない秘密がある。

緋田 智代:前田 亜季
風美の母。風美が2歳になる前に自殺した。

上条 文也:本郷 奏多
白血病で闘病中。病院で子供たちに「才能」について語り続けている。

柚木 洋輔:戸次 重幸
新世開発スポーツ科学研究所副所長。遺伝子の研究をしていた元大学准教授。

今井 恵里香:真野 恵里菜
北零商品スキー部のアルペンスキー選手。風美をライバル視する。

鳥越 伸吾:高杉 真宙
新世開発スキー部のクロスカントリー選手。トップアスリートの遺伝子を持ちながらも、本人はスキーに興味ない。

黒沢 和真:森永 悠希
明宝大学スキー部のクロスカントリー選手。スキー強豪校のエース。

川西 翔太:矢野 聖人
道南大学スキー部のクロスカントリー選手。合宿メンバーの兄貴分的な存在。

 

『東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カッコウの卵は誰のもの(ドラマ)の感想

30代女性
30代女性

東野圭吾さんの小説は多く映像化されていますが、今回もやはり面白かったです。土屋太鳳ちゃんのクールな大人っぽい表情が、いつものイメージと違っていて新鮮でした。彼女自身運動能力は抜群なので、役柄にマッチしていて原作イメージを損なうことなく見ることができました。内容は自分の親が違っていたというシリアスなものではありますが、早く次を見たい!と思わせてくれるテンポの良いつくりになっていたと思います。事件だけに焦点を当てているのかと思いきや、親子の愛情や関係性、DNAに対する考えなど深みがある内容だったと感じました。原作を読んでいる方だと結末を知っていると思いますが、それでも映像化されることで違った印象を持つことができると思います。また、原作未読の方にも大丈夫なように、複雑な話を分かりやすくまとめてくれているものだと感じました。さらに、スキーヤーの話でもあるのでスキーが趣味という人にもぜひ見て欲しい作品。私自身豪雪地帯で育ったのでスキーが題材というところにもかなりの魅力を感じました。親子で一緒にリフトに乗った日のことを思い出しました。銀世界が美しく映像化されていて、寒い季節に見るもよし、猛暑の中見るもよしだと思います。

40代女性
40代女性

遺伝子についての研究も進められる現代、でもそれだけがすべてではないということを我々に気が付かせてくれます。性善説性悪説とどちらなのかという議論も交わされますが、きっと環境が心のありようを変えていくのであり、人のことを思いやる優しい子たちを育てるにはそういった環境を作り出してやらなければならないのだなといったことも思いました。こちらの作品で注目されるのは「スポーツ遺伝子」、自分自身が運動が超苦手なのでこの遺伝子は欲しいです。でもそれを持っていてもスポーツ自体に興味が無いのであれば意味がありません。やれば出来る、でもそのやる気を引き出してくれるものでは無いのです。それに持っていないからと言ってもスポーツが全く出来ないなんてことはなく、それでも実績がある人物はいます。新生児行方不明事件との絡みで更に複雑化していくものの、スポーツ遺伝子とその本質というだけでもドラマ性がある気はしました。主人公を演じるのは土屋太鳳ちゃん、笑顔も可愛く美人さんですが運動能力もかなりのものです。スキーの滑降シーンとか素晴らしい、彼女がいるからこそドラマ化が実現したと言って良いでしょう。メッセージ性の強い東野圭吾さんの原作なのでストーリーもいいです。

50代女性
50代女性

東野圭吾さんの医療サスペンス・ドラマです。スポーツの才能を示す特殊な遺伝子が発見されたというのは、フィクションですね。スキー選手で高い成績を示す風美(土屋太鳳)は、その遺伝子を持っているとして、注目を集めています。遺伝子の研究をしている柚木(戸次重幸)は、風美の父(伊原剛志)の遺伝子の検査をしたいといいますが、受けないといいます。それは、風美の出生に秘密があるからです。そんな時に事件が起きて、という話です。親子で出生の秘密を探っていくところは、見ごたえがありました。まさに医療だけない、サスペンスとしてもおもしろいです。遺伝子で優秀だとされている選手、遺伝子的には普通でも、精いっぱい頑張っていい成績を残している選手、どちらも素晴らしいのです。強化合宿で一緒に練習する中、最初はお互いをけん制しあっていたのが、だんだん心が通い合っていくところもよかったです。高杉真宙が才能があると言われながらやる気のない選手をクールに演じています。森永悠希くんと真野恵里菜さんは、普通だけど頑張ってきた選手役で、ちょっとひねくれたところも見せながら頑張っています。優等生タイプの風美は、土屋太鳳さん、ぴったりです。カッコウという鳥は、自分の卵をほかの鳥の巣に紛れ込ませて、卵を温めさせrます。そこからつけられたタイトルです。意味を考えてしまいます。

50代女性
50代女性

よく親子で同じ才能がある時に、「カエルの子はカエル」と表現の仕方をしますが、この主人公の親子は実はそうではないというのが、大きなテーマだと思います。緋田風美は優秀なスキー選手で父親も元スキー選手で活躍していたので「カエルの子はカエル」と言われていました。しかし、この親子には秘密があり風美は緋田の子供ではなく誘拐された子供だったのです。父親がその秘密を抱えたまま娘を育てた気持ちを思うと複雑な気持ちになります。しかも、風美の親がなかなか分からない状態で彼の元に脅迫状が届きます。最初は実の父親と思われる人が、犯人かと思いましたがその人は結局死んでしまいます。しかも彼の妻の血液型では、風美が生まれるはずのない血液型でした。土屋さん演じる風美がスキー選手という役柄がぴったりで良かったです。風美の親のことがなかなか分からずいったい誰がと思いながら見ていました。しかし、結末はとても意外な結末で父親は想像通りで母親が奥さんではなく、不倫相手の子供だったことが分かります。それを母親に知られたくなかった息子が行った犯行だったというのが悲しくなりました。しかも、その風美の兄にあたる人は遺書を残して死んでしまうのも悲しかったです。

 

50代女性
50代女性

土屋太鳳さんが、主演されたドラマです。自分の本当の子供ではないらしいと、真相を追及していく親子関係の話です。父親が、スキーのオリンピック選手だったため、やはり娘も、スキーの道に進みます。滑っているスキー場は、とても滑りやすそうで、広い場所で、又スキーをしたくなりました。そして、土屋太鳳さん凄くスキー上手です。びっくりしました。スポーツの未来の研究の為DNAを調べたいという申し入れかありますが、父親は、拒否します。母親は、すでに他界していで、誰の子供か聞くことはできません。本当の自分の子供でなくても、今まで長い間親子として生きて生活していたのですから、もう本当の子供でいいじゃないかと思いました。今は、DNA鑑定が、精密に出来る時代なので、調べれば、高確率で、結果は出ると思います。しかし検査をすること自体が間違っている気がします。もし私がそんなことになったらやっぱり確かめて、本当の親を探すかもしれません。でも、親子関係は今までと変わらないと思いたいです。一緒に住んでいて、一緒に生活していた妻は、夫と子供と暮らしている間、秘密を抱えて生活していたわけですが、いろんな事実を隠し続けた苦悩は、想像できないほどだっただろうと心が痛みました。

50代女性
50代女性

土屋太鳳さんが、天才スキープレーヤーをとてもいい演技力で上手く演じていて、良かったと思いました。スキーの滑り方がほんとに上手くて、さすが運動神経抜群の土屋太鳳さんらしいと思い感心しました。山盛りのご飯を思いっきり豪快に食べるシーンは、爆笑してしまいました。雪を踏みしめる音や滑降シーンの迫力がすごく良かったと思いました。思わず、スキーに行きたくなりました。伊原剛志さんが、さすがのベテラン俳優としての安定した演技力で、とても良かったと思いました。戸次重幸さんが、とてもいい味を出していて良かったと思いました。人間というのは、ほんとに無い物ねだりで価値観や倫理観というのは、人それぞれ違っていて、その人の根底に根付いているものなのだと思いました。雄大な雪山の景色が素晴らしく、ほんとに映像が美しいと思いました。ストーリーの展開がテンポが良くて、引き込まれてしまいました。毎週楽しみにしてしていました。血縁以上に、育ての親の愛情の大きさが感じられてとても良かったです。ほんとの愛情というのは、血のつながりだけではないと思いました。最後の風美の滑走シーンが、暗い結末の後だけれどこれからの希望が感じられて清々しさがあって、とても良かったと思いました。

50代男性
50代男性

東野圭吾が原作のドラマに外れはありません。このドラマもとても面白いです。面白いというよりもちょっと怖いです。東野圭吾のドラマにはいろいろな種類がありますが、このドラマは、遺伝子関連で化学的要素のドラマです。純粋な推理小説やトリックを駆使する原作ではないので、その種類が好きな方はあまり期待しない方が良いですが、でも、東野圭吾の凄い所は期待せずとも、それを超える満足感が得れる事ができる小説家です。よって、見る事におすすめです。このドラマは原作も良いですが、スキーを舞台にしたドラマなので、撮影風景が非常に綺麗です。この映像は見る価値ありです。雪景色や雪山が非常に映えるドラマです。スキーを舞台のドラマといいましたが、スキー好きには楽しいドラマと思います。あの疾走感はスキー独特であの風を切る感じはすごいです。映画を見ているだけで、体に風を感じられます。出演者も良く、特に緋田風美役の 土屋太鳳さんはヒロインにピッタリです。土屋太鳳さんの運動神経の良さが感じられるので、スキーの滑降の演技がカッコイイと思います。このドラマは、遺伝子を伴う親子の話です。感動の要素もあります。ストーリーが良い、感動もある、涙もある、サスペンスもある、スキーの疾走感がある、雪景色が綺麗、土屋太鳳がカッコイイという贅沢なドラマです。

20代女性
20代女性

風美の父親を巡る壮大なサスペンスドラマです。原作は、東野圭吾さんの小説で、東野圭吾さんらしく予想外の展開になっています。最初は、風美の両親は、実は新生児の風美を誘拐したのではないかと予想しました。しかし、もちろん予想通りには物語は進まず、だんだんと複雑なものになっていきました。どんどん予測のつかない展開になっていき、最後まで目が離せません。最近話題の遺伝子検査とも絡んでおり、「そんなことから、母親が違う人物であることがわかってしまうのか」と、非常に驚きました。また、脅迫状の犯人も、思いも寄らない人物で、2度驚かさせられました。また、ただのサスペンスドラマではなく、真相を知ると、人の裏の顔を垣間見たような恐怖を感じ、深い内容になっていると感じました。キャストの方々も、土屋太鳳さんや本郷奏多さんなど、有名な方ばかりで話題性もありました。中でも、本郷奏多さんの演技には、迫力があり、脅迫状の犯人が判明したシーンは、手に汗を握るようなシーンとなっていました。風美の両親は誰なのか、脅迫状の犯人は誰なのかという2つの軸が、予想外の展開で明らかになっていく、東野圭吾さんによる非常に衝撃を受ける作品です。

 

まとめ

『東野圭吾 カッコウの卵は誰のもの』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

土屋太鳳のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました