怪獣倶楽部(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

 

怪獣倶楽部の動画フルを安全に見る方法

『怪獣倶楽部』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『怪獣倶楽部』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

怪獣倶楽部の内容

ドラマ『怪獣倶楽部』は、2017年6月にMBS(毎日放送)及びTBS系列にて放送されました。

このドラマは、全4話の連続ドラマで、1970年代、「ウルトラシリーズ」に代表される特撮テレビ番組や映画が、一般的には「子供向け番組」と見なされ「大人の見るものではない」という感覚が支配的だった時代を舞台に、それでも特撮に魅せられてしまった青年たちが集い、怪獣や宇宙人について熱く語りながら友情や恋なども交えつつ、特撮ファンジン(後年でいう同人誌)『怪獣倶楽部』を作っていく過程を描いています。

 

1970年代の黎明期の特撮マニアを青春ドラマとして描いた本作。
この頃のマニアといえば博学の猛者ばかりではないかと思われますので、ドラマはずいぶんとマニア度を下げた人たちに抑えています。その頃の写真やらを資料に衣装なども再現したのでしょう。確かにこういう人たちは居たと思います。

私はウルトラマンはやや好きくらいですが最終話の緑の怪獣以外知っていましたので話自体は何度も疑問符がつくところがあっても最後まで視聴出来ました。恋愛部分はちょっと主人公のイケてないところがイライラしました。同人の語りや考察は興味深かったですし、マニア仲間の人のキャラも結構良かったです。

期待しないで観るとなんとなく面白い。そんな作品です。
マニアックな雰囲気こそあるものの、根底からマニアックというわけではなく、マニアでないと見れないことはありません。
またウルトラファンがニヤリとするような、あくまで雰囲気的な演出に終始しています。
なので本格志向で観賞すると少し腹が立ち、あるいは物足りないかもしれません。
でもそこまでディープ人ばかりではないでしょうし、重箱の隅をつついて楽しめないのも損な話です。

ストーリーはともかく、言葉遣いなど、あくまで現代の感覚で当時いたかもしれない人々を想像し脚色したもので、気楽に観るのが良いのだと思います。

往年の特撮もの、特にウルトラマンシリーズの円谷プロファンにとってはたまらない内容となっています。

あらすじ

「怪獣倶楽部」とは、空想特撮シリーズを愛し、怪獣の同人誌を発行するために怪獣を様々な角度から研究し、編集会議を行う実在していた団体。ウルトラマン、ウルトラセブンでの実際の話数を徹底的に研究する彼らのマニアックな会議を、円谷プロ協力のもとユニークに描く。今では当たり前となったテレビ番組の録画機能がなかった時代に、彼らはどのように作品を自分のモノにし、議論していたのか。

見どころ

映画『怪獣倶楽部』の見どころは、円谷プロ協力のもと、実際に放送された内容をマニアックに議論するところでしょう。メンバー独自の見解が楽しめるとともに、メトロン星人、ゼットンなど、さまざまな怪獣たちも登場します。

各話に使用されたテーマは以下の通りです。

第1話 ウルトラセブン 第8話「狙われた街」

第2話 ウルトラセブン 第39・40話「セブン暗殺計画 前・後編」

第3話 ウルトラマン 第39話「さらばウルトラマン」

最終話 ウルトラセブン 第48・49話「史上最大の侵略 前・後編」

スタッフ

監督:住田崇、青山貴洋
脚本:吹原幸太、冨坂友
音楽:NAOTO

キャスト

リョウタ:本郷奏多
22歳。大学生。恋人がいるが倶楽部には内緒にしている。

カツオ:横浜流星
17歳。倶楽部唯一の高校生。

シンゴ:矢野聖人
22歳。大学生。倶楽部一の勉強家。

ユウスケ:加藤諒
24歳。芸大生。スケッチ担当。

ニシ:山口翔悟
33歳。サラリーマン。まとめ役。

ジョー:柄本時生
33歳。雑誌ライター。倶楽部No.2。

キャップ:塚地武雅
年齢不詳。怪獣倶楽部の創設者兼編集長。たけうち荘というアパートに住んでいる

マスター:小松利昌
喫茶店『喫茶ツネ』マスター。

ウェイトレス:あの
喫茶店ウェイトレス。

ユリコ:ユリコ
22歳。大学生。リョウタの恋人。フルネームは菱田ユリコ。

サトル:今川碧海
リョウタの弟。特撮に関心がない。

 

『怪獣倶楽部』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

怪獣倶楽部の感想

40代女性
40代女性

今やオタクは世界にも通じる日本の文化、特撮ものはかっこいい俳優たちを起用していることもありママたちの心もわしづかみにしています。でも内容としては変わっていないのであれば昔だって夢中になっている大人がいても不思議ではない、そんな彼らの物語には共感できるものがあります。市民権を得られていないから隠さなければならない、困難な恋ほど夢中になると言いますがより気持ちを高める理由となったでしょう。子供ではないにしてもまだ若者と言える年齢の彼らが、悶々とした気持ちを持ちながら熱く語りあい時には恋もしてという姿は青春です。ドラマの世界ですが確実にいたはず、このドラマを見ることでほろ苦さと懐かしさを感じていることでしょう。なんとあの円谷プロの協力も得られているということで、ウルトラマンやウルトラセブンのエピソードも題材に取り上げられているので今の特撮ファンにも心躍る内容となっています。主人公役の本郷奏多くんは知りませんでしたが、その他には横浜流星さんや加藤諒さんなど今も大活躍の役者さんが様々出ています。彼らの演技も楽しい、恋愛要素は必要だったかどうかは疑問ながらも、素敵なお話だったと思えます。ソフビやポスターなど昭和感もばっちりです。

40代女性
40代女性

怪獣倶楽部の内容が気になっていたので、初回は見ないで途中から入りました。当時、旦那がこのドラマにはまっていて、面白いから見てみなよ、と勧めてくれたのですが怖いものが苦手な私にとって、きっと怖いんだろうな、怪獣ってタイトルに書いてあるから字の通り怪獣がたくさん出てくるんだな、と作品に先入観を抱いていました。しかし、話が進むにつれて段々面白くなっていき、何だ怖くないんじゃん。寧ろ初回からきちんと見ておいた方が良かったんじゃないか、と思えるようになりました。ドラマの最終回では予想もしなかった展開に裏切られた、と旦那は喚いていましたが、私個人の見解ではこんな展開になってしまったけど意外といいドラマだったな、と。確かに周りも何であんな展開になったんだろうね、と話していましたが顛末に裏切られるのもこの作品の醍醐味であって、レンタルしてきて最初から目を通しました。旦那も放送されていたころとは違う視点で見てみる、と言っていましたが、やっぱり最後はみませんでしたね。ですが、私はこんなに作品にはまるなんて自分でも驚きでしたし、唖然としましたが、いい作品に久々に出合ってよかった、と喜びを噛み締めています。またいつかきっと怪獣倶楽部のような、ドラマに出合いたいな、って思います。

 

40代男性
40代男性

怪獣倶楽部の面々がとにかく楽しそうで見ていて眩しい。ドラマがあまりに短く、もっともっと彼らを見ていたかったと正直思う。主演のリョウタ役の本郷奏多、そしてカツオ役の横浜流星、この二人の存在が絵面的に本作品に大きく貢献しており、それはヲタク臭の強い怪獣倶楽部の面子を中和し、見た目的に小綺麗な青春ドラマへと昇華させ品を感じさせるほど。二人の美しさに感服です。怪獣、というかウルトラ兄弟をそれなりにテレビ等で見てきた方にはこの全4話というのは短すぎると感じるはず。なぜなら毎回有名なウルトラエピソードが話のベースにあって、ファンならニヤリとするものばかりだったからです。見ていてもっともっと郷愁心をくすぐってくれって欲求が膨らんでいくのを感じるはず。どの話もそんな感じですから、見終わった後に自分の記憶を確認する意味でウルトラマンやセブンのDVDを借りてしまうのではないでしょうか?何十年かぶりにウルトラ作品を見るきっかけになるかもしれません。本作品は過度にヲタヲタした展開はありませんので怪獣情報が全く無い方でも十分に楽しめる内容となっており、ビジュアル的にもあの二人をもっと見ていたいと感じるはずですから、女性の方にもオススメできます。とはいうものの、やはり当時を知り、ウルトラ怪獣に萌えた世代(特に怪獣消しゴム世代)の方、主に当時の男子に個人的にはオススメしたいです。きっと本作を見終わった後、オークションやショップで怪獣のソフビを検索してしまうでしょう。

50代女性
50代女性

1970年代に怪獣のことを研究して同人誌を出していた人たちの話です。当時は、子供番組という印象だったから、いい年をして怪獣に夢中になっているなんて、人に言えなかったのですね。家庭用のビデオもなかったから、みんなで脳内再生している場面はシュールです。そんなに覚えていられたのでしょうか。音声だけをテレビから録音するのに、家族との会話が入っていたりとなんだか懐かしいです。主人公のリョウタ(本郷奏多)は、ガールフレンド(最近聞かない言葉です。今なら「彼女」でしょうか)がいるのですが、その子には怪獣が好きだと言えないし、怪獣クラブのメンバーにはガールフレンドがいることを内緒にしていて、それをごまかそうといろいろしているところが面白いです。彼女に怪獣が好きだなんて言ったら、変な人だとフラれそうとか、仲間には、女なんかにうつつをぬかしてと、言われそうだからですね。今ならまさにオタクなのですが、1970年代にはオタクという言葉はなかったので、変わった人たちと思われていたのでしょうね。喫茶店で話し合いしている様子も、今は懐かしいです。実際にモデルになったような人たちはいたようで、だから今の特撮ができているのですね。

 

まとめ

『怪獣倶楽部』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました