カイジ1(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

任侠・ギャンブル
カイジ 人生逆転ゲーム(プレビュー)

カイジ1(映画)の動画フルを安全に見る方法

『カイジ 人生逆転ゲーム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『カイジ 人生逆転ゲーム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カイジ1(映画)の内容

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』は、2009年10月に公開されました。

原作は、ギャンブル漫画を得意とする福本伸行さんの「賭博黙示録カイジ」。1996年から週刊ヤングマガジンで連載されている大人気コミックです。

オリジナルのギャンブルゲームや人間心理のリアルな表現が人気のこの映画は、興行収入約23億円を記録し大ヒットとなりました。

監督は、日本テレビで主にテレビドラマを担当する佐藤東弥さん。「金田一少年の事件簿」や「家政婦のミタ」などを手掛けたことで有名な演出家です。

主演の人生をかけたゲームに挑むフリーター・伊藤カイジ役には、日本を代表する俳優の藤原竜也さん。カイジを危険なゲームに誘う金融会社社長・遠藤凛子役には天海祐希さん、主人公カイジの宿敵の利根川幸雄役に・香川照之さんが抜擢され、そのほかにも松山ケンイチさん、光石研さん、吉高由里子さんなど豪華俳優陣が顔を揃えました。

鉄骨渡りはすごくドキドキしたし、迫力があってよかった。人間の極限状態を描いてるけど、福本さんの実体験なんじゃないかと疑うくらいにリアルなんだよなぁ。

ものまね芸人さんがやっていた「キンキンに冷えてやがる!!」が見れて満足です(笑)。これはもう藤原さんしかできませんね。

原作と性別は違うけど、借金の取り立てを天海祐希さんにしたのは大正解ですね。すごくかっこよかったです。

顔だけで演技ができる藤原竜也さんと香川照之さんの共演は個人的に大満足。迫力ありすぎて笑っちゃいました(笑)。

あらすじ

定職につかずフリーターの伊藤カイジ(藤原竜也)は、友人の連帯保証金になっていたため金融会社社長・遠藤凛子(天海祐希)に借金の取り立てを受けていた。

負債額は200万円を超えていたが、もちろんカイジには返済能力はない。そこで遠藤は、カイジにギャンブルクルーズ「エスポワール号」で行われる大金が手に入るゲームに参加するよう促す。

エスポワール号にはカイジ同様に、借金に困った人間たちが集まっていた。ゲームの説明を聞き、負けた時のリスクについて不安に思った参加者が暴れ始めたそのとき、司会進行を務めていた帝愛グループの幹部・利根川幸雄は言った。

「甘えるな!お前たちはシャバで負けに負け続けたクズだ。お前たちがなすべきことはただ勝つことだ。勝たなきゃゴミだ!」

カイジはこれまでの自分の人生を逆転するため、危険なゲームに挑む。

見どころ

クズ対クズの戦い

カイジのように努力をしない人間と、利根川のような弱者をいたぶる人間の「クズ同士の戦い」が本作の見どころ。「最下層のクズ」が「頂点にいるクズ」に挑み、心理戦やだまし合いを展開するシーンは、最後までどちらが勝つかわからないドキドキのシーンです。

藤原竜也の名演技

この映画には藤原竜也さんの名言がたくさん詰まっています。特にビールを飲むシーンの「キンキンに冷えてやがる!悪魔的だぁ!」はものまね芸人さんの格好のネタに。

藤原さんはこのシーンでリアリティを出すために、1か月前から断酒をして撮影に臨みました。そのため、撮影中あまりのビール(ノンアルコール)のおいしさに、一気に3缶飲み干してしまったという裏話も生まれました。

スタッフ

原作:福本伸之
監督:佐藤東弥
脚本:大森美香
音楽:菅野祐悟
主題歌:YUI「It’s all too much」

キャスト

伊藤カイジ:藤原竜也
友人の借金の連帯保証人になり、多額の負債を抱えたフリーター。借金を返済するため、人生をかけた危険なゲームに挑むことになる。

遠藤凛子:天海祐希
カイジに借金の取り立てをする金融会社の社長。カイジを危険なゲームに誘う。

利根川幸雄:香川照之
帝愛グループの幹部でカイジの宿敵。危険なゲームの舞台となるクルーズ船・エスポワール号でゲームの司会を務める。

船井譲次:山本太郎
カイジをゲームでカモにするペテン師。

石田光司:光石研
カイジと行動をともにする冴えないおじさん。

大槻太郎:松尾スズキ
帝愛グループの”地下帝国”で働く労働者たちのリーダー。実は帝愛グループと結託している。

兵藤和尊:佐藤慶
帝愛グループ会長。人間が苦しむ姿に快感を覚える性分で、反抗する人間は徹底的に追い込む。

松山ケンイチ:佐原誠
借金を背負い、帝愛グループの地下帝国で労働をする青年。人生を逆転するため勝負に出る。

屋台船の女将:もたいまさこ

カップルの男性:遠藤要

カップルの女:松本亜希

帝愛グループのCMイメージガール:谷澤恵里香

ゲームの参加者:チョウ・ソンハ

ゲームの参加者:中村靖日

ゲームの参加者:村田充

ゲームの参加者:聡太郎

ゲームの参加者:丸山智巳

石和謙介:載寧龍二

間島悟:尚玄

黒服:鈴木亮平

黒服:両國宏

石田裕美:吉高由里子
石田の娘。父のせいで借金を背負い、帝愛グループのパチンコ屋で働く。

 

『カイジ 人生逆転ゲーム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

カイジ1(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

原作の大ファンで期待して実写化を観てみました。結果的に言うと非常に完成度の高い作品で満足しました。カイジの世界観、雰囲気を再現できているので原作に通ずるものがしっかりとあった作品で良かったです。特に、主役の藤原竜也の演技力が断トツで、見た目は原作のカイジには似ていないのにカイジだと分かるような名演技でした。映画で行われるゲームは複数あり、どれも原作に登場したもの。大金を手に入れるために参加する主人公を描く映画ですが、視聴する前は正直、一本の映画に内容を詰め込み過ぎているのではないか、中身のない作品になりそうだ。とネガティブな考えをしていました。しかし、実際には一本の映画に綺麗に複数のゲームを収めてストーリーを崩さないようにされていたので見やすい内容でした。一つのゲームをひたすら集中するよりも、複数のゲームがあったからこそ見やすい作品になったと思います。負け組と言う表現は好きではありませんが、映画ではカイジは正にその通り。しかし、そのような人間が人生逆転するためのゲームが面白いです。緊張感が伝わるほどに上手く原作を再現できているので個人的にはすごく評価の高い作品です。カイジ好きなら絶対に楽しめる作品だと感じました。

 

40代女性
40代女性

何度見ても飽きない!それが『カイジ 人生逆転ゲーム』です。カイジのシリーズはずっと原作も読んでいました。顔は違うものの、登場人物の雰囲気は漫画とあまり違いがないではありませんか。正直なところ漫画の実写化にはあまり賛成ではないほうです。なぜなら原作のイメージを大きく壊されてしまい幻滅してしまうことがあるからです。それでも、この『カイジ 人生逆転ゲーム』は大当たりだと思います。藤原竜也さん演じるカイジのクズっぷりが最高です。一生懸命なのにズレている感じが良く出ていてすごく好きです。さらに原作とは性別違いとなっていますが天海祐希さん演じる遠藤凛子もかっこいいです。原作の雰囲気も楽しめるので最高です。これまで何度も見ていますが、ついついまた見たくなってしまいます。ギャンブル自体に興味がないかた、ギャンブルを題材にした映画は好みではないというかたでも、この映画だったら楽しめるのではないでしょうか。エンターテイメント性が高い映画であると感じます。展開やオチを知っていても、見るたびわくわくしてしてしまうのがこの映画の良いところですね。ひさびさに「娯楽映画」というものを楽しんだ感じのある映画だなと感じます。

30代男性
30代男性

原作漫画の雰囲気を全く損ねることなく、実写映画として大成功をした作品だと思います。カイジを演じる藤原竜也の演技がものすごくよかったのと、今は国会議員になられた山本太郎の演技力が神がかっていました。限定じゃんけんの際に藤原竜也と山本太郎が演じる船井が対決を演じ、狡猾な船井というキャラクターを見事に山本太郎は演じきっていました。藤原竜也と山本太郎はカイジの前に「バトルロワイヤル」で共演しており、バトロワの世界では生死を共にした戦友だった藤原竜也と山本太郎が今度は借金地獄のゲームの中で敵として戦っているのを見ると、感慨深い気持ちになりました。ブレイブメンロードこと、「死の鉄骨渡り」ではみていて手に汗握る緊張感が伝わってきました。恐怖を噛み殺しながら鉄骨を渡っていく藤原竜也をみていると、まるで本当にそこで鉄骨を渡っているかのような錯覚を感じます。藤原竜也と共に鉄骨を渡った他のキャラクターたちも生々しく演じられており、死を目前にした人間の絶望と恐怖がヒシヒシと伝わってきました。これはあくまでフィクションですが、現実世界のどこかで本当にこういうゲームが行われているんじゃないか?と人間に対して疑心暗鬼にさせられた作品です。

 

30代男性
30代男性

藤原竜也さんにぴったりな役柄で常軌を逸した命懸けのバトルが実写化されてワクワクしましたが、部分的に原作マンガを忠実に再現されているところにも感動めいたものがありました。冒頭から遠藤金融の遠藤がまさかの女性設定だったので初めはどうなることかと思いましたが悪そうな金融屋をリアルな感じでやっていて船に乗るまでの展開が面白かったです。限定じゃんけんの話は原作ではけっこう緻密な戦略で長い尺で描かれていたのですが、この実写化作品ではよりコンパクトに要所だけを巧く引き出しているのがとても解りやすい流れになっているのがとても好感のもてる雰囲気がありました。地下に落ちて地下労働をしていく展開も同じように敢えて短く次につながる勝負の方に尺をとっていてそのストーリーの起伏のバランスが興味深くて良かったです。帝愛グループの人間である利根川役を演じていた香川照之さんの限定じゃんけん開始前のスピーチには威厳なるものがあって言っていることは極論すぎてぶっとんだ内容でしたがどこか説得力のあるいい回しでとてもかっこよく迫力があって個人的に好きなシーンの一つになっています。最終的に勝利するもののまた貧乏になっちゃうという結末も面白味があって素敵な結末に感じられました。

 

40代女性
40代女性

半ば都市伝説のような実写映画の名作です。物語はカイジがひたすら振り回されているのですが、映画は藤原竜也さんが全力で引っ張っていってます。(ちなみに『フッ、床がキンキンに冷えてイヤがるぜ…』というセリフはこの映画には出てきません)冒頭から怒涛の勢いでカイジが文字通りの貧乏くじを引き当て続けます。どの局面もあとちょっとで死ぬ、というレベルです。ドキドキしながら見ていましたが、この時点で生きてるってそもそもそれだけですごいよ、と我にかえります。生きている事自体が博打のようなもの。この映画のテーマの一つはそれではないかと思うほどです。そして富の偏在はこの世界の狂気を培養してしまう。狂った世界で生きるとは、カイジの過ごした地下の世界に暮らすのと同じことだろう。私を含めかなりの割合はおとなしく家畜化するかもしれない。だがカイジなら、と希望を託したくなるのだろう。あのおじさんのように。この狂った世界を壊してくれと、突き破り木っ端微塵にしてくれと。時代を覆う閉塞感がある限り、人はこのストーリーに何かを託したくなる。たとえ突破した達成感が一瞬でもいい。閉じ込められた山椒魚だって光を見たいともがくのだから。

30代女性
30代女性

主演、藤原竜也につられて見始めました。人間の心の怠けたくなる弱い部分が描かれています。その怠け癖に負けて楽な方へ流されてしまう気持ちは、すごくよく分かります。1日肉体労働をして、疲れ切ったところに、ビールやおつまみが手の届く場所にあるという誘惑は抗い難いです。その誘惑に手を伸ばすと、1日の稼ぎが全てなくなってしまう。それでもまた明日稼げばいいか、と安易に考えてしまう。1日頑張ったし、楽しみがないとやってられないし。後々後悔すると分かっていても、なかなか止められない。そこから少し這い上がろうとする姿に少し励まされました。ハラハラさせられるシーンがたくさんあります。高層の建物で、片足分の踏み場しかない鉄骨を渡って向こう側へ辿り着く者だけが、ゲームの挑戦権が得られるというシーンがあります。鉄骨に手が触れると電流が流れるし、強風に煽られます。このシーンがとても長く感じられ、手に汗握って見ていました。10人程の挑戦者がいましたが、1人ずつ脱落していきます。脱落した者は、藤原竜也に成功を託します。その想いに報いるように、藤原竜也がなんとかゴールに辿り着くと、体の力が抜けました。この後、大地真央に助けられながら、香川照之とカード勝負をすることになります。カードゲームも緊張感ありましたが、鉄骨のシーンが、この映画で1番見応えがありました。

40代男性
40代男性

カイジ達がブレイブメンロードに立ち向かう際の利根川の名言が印象的でした。渡りきれば1000万円、落ちれば死が待っているという条件での利根川が言った「金は命より重いんだ」は強烈すぎました。続けて言った「お前らのような積み重ねていない人間がそれでも金を手に入れたい、それも短時間なら命を張る以外ない」は厳しい内容ですが正論なんだよなと感じました。利根川は狂気な人間であり極端なことは言うんですが正論でもあるんだよなと感じました。何故か利根川は非道なんですが好きな登場人物でした。カイジの漫画では金融会社の遠藤が男だったんですが、映画・カイジ人生逆転ゲームでは天海祐希が演じていたのが気になりました。漫画では迫力ある雰囲気でカイジに迫っていた遠藤だったんで天海祐希で大丈夫かなと思っていましたが全く持って問題なかったです。予想以上に迫力ある脅しだったのは天海祐希のポテンシャルの高さを痛感しました。藤原竜也が演じるカイジというのも漫画のカイジらしさを存分に出していました。自堕落で生産性がなくどうしようもない男ですが、いざギャンブルの勝負所になると凄まじい集中力を発揮するというカイジを上手く藤原竜也が演じていたなと感じました。

20代男性
20代男性

ちょうど、中学生の頃でしょうか友達と見に行った記憶があります。もともとアニメ版、原作の大ファンというか、福本さんに尊敬していて、他の作品もたくさん読んでたほどです。それが実写化するとのことでしたので、これは必ず見に行かねばという気持ちでした。そして、なによりキャストに藤原竜也、香川照之など私の大好きな俳優がたくさん出ていて、それも決め手の一つとなりました。そして、実際に見てみたところ、かなり当時にしては原作を再現しており、あの独特な空気感を映し出せていたのがとても印象に残りました。原作でも最も人気のあるところだったので、とてもテンションが上がったのを覚えています。尺の都合上少しダイジェストっぽい感じは否めませんが、だれが作ってもこれは免れないよなと納得しました。実際上手く見せ場をつないでいたので、あまり気になりませんでした。そういったところに、演出や編集の能力の高さを感じました。キャストだけではなく、スタッフにも恵まれていたんだなと思います。原作が好きな方はもちろん、キャストのファンの方も安心して見れるクオリティになっているので、是非機会があれば見ていただきたいなと思います。ギャンブル好きな人はさらにハマるかもしれませんね。

20代男性
20代男性

ギャンブル中毒者カイジ、ある日、下げ幅がそこにいき、多額借金を背負ってしまいます。借金を返済のあてを探していると、帝愛グループのチラシを見つけます。見知らぬ人が無料で豪華客船に乗れるという、とにかく怪しすぎますね。そして乗り込んだカイジ、ここで伝説のスピーチが始まります。船には多くの参加者がいました。そして主催者、利根川のゲーム説明が始まります。利根川はゲーム説明に不満を言う人達に対して、罵声を放ちクズどもがといいます。かなりくるものがありました。そして暴論すぎて、インパクトが凄かったです。利根川演じる香川さんも素晴らしい演技力でした。そしてゲームはまさに命がけ、負けたら帝愛地下施設行きです。まさに帝愛グループが甘い蜜によりおびき寄せる罠でした。そしてジャンケンカードを突破したカイジはブレイブメンロードに挑みます。このゲーム、鉄柱を高層ビル間に敷かれて、わたるヤバすぎるゲームでした。少しの気の緩みで命が飛びます。大変スリリングな話でした。カイジは道中で出会った仲間の思いを背負い無事橋を渡り切ります。そして最後は利根川と直接対決をします。奴隷と王のカードゲーム、エリートをカイジのギャンブル魂が超える感じが良かったです。

30代男性
30代男性

鉄骨渡り、Eカードといった原作通りの命を賭けた名勝負が忠実に再現されていてよかったと思います。ゲーム参加者達の感情表現も切羽詰まったものがあってリアリティーがあり臨場感が感じられドキドキできました。カイジ役の主演の藤原竜也さんや悪役演技に定評のある香川照之さんの演技が特によかったです。藤原竜也さんはカイジらしいギャンブルでの追い詰められたここ一番での勝負強さや地下労働施設でビールや焼き鳥で豪遊する欲望に流されやすいカイジのダメ人間さを見事に演じきってました。香川照之さん演じる帝愛グループの幹部である利根川の「金は命より重い」の台詞で有名な演説シーンはその場の空気を支配する威圧感がありましたし悪役演技者としての貫禄があってカッコよかったです。帝愛グループの金融の高利貸役の遠藤が原作では男でしたが映画では天海祐希さん演じる遠藤凛子という名前の女性に設定されていてビックリしましたしカイジに手を貸して帝愛グループに反旗を翻すといった原作と少し変更された設定は映画ならではの設定でオリジナリティーが感じられました。カイジの色々な名勝負や名シーンをこれだけの放映時間で綺麗にまとめることができているのがすごいと感じました。

 

まとめ

『カイジ 人生逆転ゲーム』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

鈴木亮平のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 海街diary
  • カイジ 人生逆転ゲーム
  • TOKYO TRIBE
  • HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス
  • シュアリー・サムデイ
  • ひとよ

【ドラマ】

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました