株価暴落(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

株価暴落(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『株価暴落』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『株価暴落』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

株価暴落(ドラマ)の内容

ドラマ『株価暴落』は、2014年10月から11月にかけて放送されました。

原作は、『半沢直樹』で知られる池井戸潤さんによる同名小説です。WOWOW×池井戸さんのテレビ化は、『空飛ぶタイヤ』『下町ロケット』に続き、本作が3作目となっております。

企業テロによる爆破事件が起きた、経営再建中の巨大スーパーをめぐって、銀行員たちの思惑がぶつかり合う姿が描かれており、織田裕二さんは本作でWOWOWドラマ初主演を飾りました。また、彼を取り巻く面々を高嶋政伸さん、瀬戸康史さん、川島海荷さん、板尾創路さん、石黒賢さん、石橋凌さんなど個性の強い豪華キャストたちが演じました。

5話構成にも関わらず、しっかりと犯人や黒幕などが描かれており、上手にまとめられてるなと思いました。しっかりとスッキリでき、とても面白く見ることができました。

織田祐二さんと石黒賢さんの共演は久々で嬉しかったです。高嶋政伸さんは、いつから本作のような役が適任になったんでしょうね?(笑)今回も素晴らしい怪演をされておりました。

半沢直樹やルーズヴェルトゲームが好きな方は必見。ストーリーの展開は重すぎず、軽すぎずで面白いと思います。他にもまだまだストーリーができそうなで、是非続きを作ってほしいですね。

全5話なので一気に見れました。少ない分、紆余曲折も少なく感じましたが、それでも専門用語などは登場人物たちが受け答えで解説してくれるので頭空っぽにして見てても大丈夫です。実に気持ちのいい作品でした。

あらすじ

白水銀行では、巨大スーパー・一風堂の経営再建について追加融資の可否について議論が行われておりました。

「融資の要諦は回収にあり」を信念に持つ審査部の板東(織田裕二)は、再建努力が見えない一風堂への融資に反対します。一方で、企画部の二戸(高嶋政伸)は破綻した際の余波が銀行に及ぶとことを恐れて融資するように反発します。もともと、板東の存在を疎ましく感じていた二戸は、これを機に板東を陥れようと画策いたします。

そんな中で、大型スーパーを展開する会社・一風堂が企業テロに狙われました。一風堂の店舗にて爆破事件が発生し、案山子と名乗る犯人から「会長と社長の辞任と会社の法的整理を要求する」声明文が届き、受託しなければ爆破を続けると脅迫をされました。

株価暴落を懸念する一風堂の財前(石橋凌)と友部(石黒賢)は声明を隠そうとしますが、板東は被害拡大を避けるため公表すべきと猛反対をします。

同じころ、野猿刑事(板尾創路)は、一風堂の店舗爆破現場にいた青年・犬鳴(瀬戸康史)に疑いの目を向け、追いかけるも中々捕らえることが出来ません。

そして、白水銀行では一風堂の追加融資についての決議を決める役員会が開かれようとしておりました…。

見どころ

本作がテーマとしている「株価」「銀行」「融資」「リストラ」「企業再生」「爆破事件」と全てが絡みあえば理解するのが難く、頭が痛くなりそう…ですが、原作者・池井戸潤さんは、難解なテーマをわかりやすく伝える才能に長けている方で、本作のスタッフ陣がその内容をしっかりと5話に纏めてくれております。

最期に、BGMが非常に印象的でドラマチックに仕上げ、物語を大いに盛り上げてくれております。ドラマ『半沢直樹』を観て面白いと感じた方なら、同原作者・池井戸潤さんの金融ドラマである本作も楽しめること間違いなしです!

スタッフ

原作:池井戸潤「株価暴落」(文春文庫刊)
脚本:吉本昌弘
監督:鈴木浩介
音楽:村松崇継

キャスト

白水銀行

板東洋史:織田裕二
審査部の審査役。自らの信念に忠実な孤高のバンカー。

二戸哲也:高嶋政伸
企画部の副部長。板東と激しく対立するエリート行員。

田丸直美:鶴田真由
坂東の同期で、融資部の中小企業融資を担当している。

淡島平太:平山浩行
審査部の調査役。坂東の部下で、坂東を尊敬している。

川嶋雄一:矢島健一
審査部の部長。坂東の上司で、坂東に期待している。

来栖太平:相島一之
企画部の部長。二戸の上司。

波田尚人飯田基祐
総務部の次長。

香西喬久:大石吾朗
頭取。

スーパー一風堂

友部勇作:石黒賢
取締役・財務部長。白水銀行の板東を信頼している。

財前知春:石橋凌
取締役・広報室長。

西原竹史:伊藤正之
社長。

風間耕造:竜雷太
会長。

警察関係者

野猿宏満:板尾創路
犬鳴を捜査し、坂東に興味を持つ警部補。

田崎周平:遠藤要
野猿の部下。

岩瀬厚一郎:久ヶ沢徹

滝田君夫:渡辺いっけい

その他

犬鳴黄:瀬戸康史
一風堂の爆破事件の現場に居合わせた工場勤務の青年。

東堂由希:川島海荷
犬鳴の恋人で看護師。

山崎信夫:森廉
犬鳴の同級生。

安岡精二:近江谷太朗
犬鳴の父で、安岡商店社長。

二戸奈月:瀬奈じゅん
二戸の妻で代議士・黒岩の娘。

黒岩和雄:佐々木勝彦
民自党・代議士で奈月の父。

 

『株価暴落』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

株価暴落(ドラマ)の感想

30代男性
30代男性

『半沢直樹』シリーズや『下町ロケット』などでお馴染みの池井戸潤氏原作のドラマで、企業や銀行内部の陰謀やゴタゴタが描かれている点では、共通点がありますね。物語としては経営再建中の大手スーパーマーケット一風堂を襲ったテロ事件と、その一風堂への融資を巡るメインバンクである白水銀行内部での攻防劇から成り立っています。テンポの良いストーリーに、人の野望や執念などの感情が剥き出しで絡みついているあたりは、まさに池井戸潤ワールドですね。『半沢直樹』ほどの痛快さはありませんでしたが、堅実な社会派作品という要素がより濃く出ていたと思います。また『半沢直樹』は、主人公を正義として、悪役がはっきりしていますが、この『株価暴落』は少し曖昧で、単純に善悪で割り切れないキャラクターが多いですね。あと、タイトルにもなっている株価の下落についてですが、作中では最初は注目されましたが、物語が進むにつれてそれほど重要視されず、どちらかと言うと一風堂への融資を行うべきかどうかの銀行内部の緊迫の攻防と、テロ事件の犯人探しのミステリー要素が、ストーリーの主軸をなしていたように思います。いずれにしても池井戸潤氏原作作品が好きな方には間違いなくお勧めできるドラマです。

 

30代男性
30代男性

「株価暴落」は、企業テロの被害に遭った企業に対して、銀行側がどのように対応していくのか?という部分などが描かれており、銀行ならではの事情を反映した内容になっている点が面白いなと思いました。銀行の業務の1つには融資があり、これは銀行が利益をあげるために非常に重要な部分でしょう。だからこそ、ここはそれぞれの銀行員が譲れない信念を持っているのだと思います。実際、ドラマでは今後の見通しが非常に悪い企業に対して、融資をやめるべきだという意見もあれば、融資をしてなんとか再建に向けて手を貸すべきだという意見で分かれます。銀行内部で、融資の決定に関する意見の対立が見られ、こういうところを見ると融資の決断というのは本当に大変なことなんだなと思えてきます。自分が銀行員じゃないだけに、彼らの苦労はほとんど知らない状況でしたから、こういう部分を見ることで彼らの仕事について多少は理解できた気もしたのです。それに融資を行う、やめるという決断は銀行内部でも重要ですが、融資先の企業についても影響は大きいです。融資とを断られると、それは経営が傾くきっかけになりますから。そういう意味では、融資の利害というのは本当に幅広く存在しているということが理解できました。

 

まとめ

『株価暴落』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました