重力ピエロ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『重力ピエロ』予告編

重力ピエロ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『重力ピエロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『重力ピエロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

重力ピエロ(映画)の内容

2009年5月23日に全国公開された映画『重力ピエロ』は、「このミステリーがすごい! 2009年版」第1位受賞作家・伊坂幸太郎による大ベストセラーの感動ミステリー小説が、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ『踊る大捜査線』シリーズ『海猿』など、数々の大ヒット作を手がけた製作プロダクション・ROBOTにより映画化されたものです。

『重力ピエロ』は、連続放火事件に隠された衝撃の真実を紐解く手に汗握る本格派ミステリーであると共に、常識を超えた大きな家族愛に心動かされる感動のストーリー。主演は、イケメン実力派俳優の加瀬亮×岡田将生のダブルキャスト。共演に吉高由里子、小日向文世、鈴木京香、岡田義徳、渡部篤郎と、映画・ドラマ界を代表する豪華俳優陣が脇を固めます。

原作者・伊坂幸太郎のお膝元である宮城県で先行公開され、興行記録歴代1位を獲得。その後、全国180館で公開された劇場大ヒット作品です。

 

重たく暗い題材なのになぜか心が軽く家族っていいな、っていうあったかな気持ちになりました。派手さはないのに一気に見てしまいました。

伊坂幸太郎の原作小説を読んでからの視聴でしたが、イメージを損なわないキャストと作風でした。非常に重い内容でしたが、繰り返し観ることで、また違った見方ができる作品ではないでしょうか。

悪いことをそうとは思わないサイコパス野郎の感じが出ていてなかなかの怖さがあった。
きれいにまとまっていたし完成度は非常に高いと思う。

当時、原作を読んで、すごく印象に残ってました。
加瀬亮と岡田将生の兄弟役ぴったり!キラキライケメンが抱える闇と、最強家族。おもしろかったです!

あらすじ

大学院で遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と、芸術的な才能を持ち「ピカソの生まれ変わりだ」と思っている弟の春(岡田将生)。優しい父・正志(小日向文世)と美しい母・梨江子(鈴木京香)と共に陽気で穏やかに過ごし、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟なのですが、過去に辛い記憶を抱えたまま大人になりました。

二人の住む仙台の街では、謎の連続放火事件が発生していました。放火現場の近くには必ず奇妙なグラフィティアート(落書き)が描かれていて、二人はその事件に深く興味を持ち、謎解きに乗り出します。そして家族を巻き込みながらやがて家族の24年前の悲劇が明るみになり・・・。

見どころ

キャスティングの勝利

本作で一番の見どころとなるのは、〝草食系〟をやらせて右に出る者のない演技派俳優・加瀬亮と小日向文世に対して、〝肉食系〟の渡部篤郎、岡田将生、吉高由里子と言うキャスティングにあります。

森監督は、登場人物に深みと奥行きを持たせることに重きを置き、この型破りな物語に説得力を持たせるために、あえて外見は優しく、線の細い男たちの本質的な芯の強さやしたたかさを表現することに成功しました。

両者のコントラストがより原作の意図を強調し、見応えで堪能させる作品に仕上げられています。

スタッフ

原作:伊坂幸太郎「重力ピエロ」(新潮社刊)
監督:森 淳一
脚本:相沢友子
音楽:渡辺善太郎

キャスト

奥野泉水:加瀬亮(幼少期:大野日南太、少年時代:熊谷知博)
実家を出てアパートで一人暮らしをしている大学院生。大学では遺伝子学を学んでいる。

奥野春:岡田将生(少年時代:北村匠海)
泉水の弟。ガンジーを尊敬している。絵が得意で足腰が丈夫。

奥野正志:小日向文世
泉水と春の父親。のんきで陽気な性格で、嘘をつくと唇を触る癖がある。

奥野梨江子:鈴木京香
泉水と春の母親。元モデル。

夏子:吉高由里子(高校時代:大谷英里)
夏子という名前は奥野兄弟が陰で呼んでいるあだ名。春の高校時代からのストーカーで、全身整形している。

山内:岡田義徳
泉水の大学院の同級生。

葛城由紀夫:渡部篤郎(高校時代:尾関伸嗣)
過去に罪を犯して少年院に入っていたことがある39歳。

 

『重力ピエロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

重力ピエロ(映画)の感想

40代女性
40代女性

復讐は何も生み出すことは無し、周りの人たちを傷つけることとなるだけです。幸いのことにレイプ魔にやられて生まれてきた子は男の子でした。そういった趣味嗜好の持ち主だっていますが犯人は若い女性を狙う男、それならそのことは父親として徹底的に隠して棺桶の中まで持っていってほしかったなと思います。兄弟で全く顔が似てない人たちっているし、祖父母とか様々な要素が入り組んで一人の人間が出来上がるのですから両親と似ていないからといっても問題となることはありません。一応母親は一緒の兄弟、たっぷりと愛情を注いでやっていればいいだけです。父親が犯罪者だから子供もという図式も疑問が残る、実の親は確かに最低なやろうでしたが育ての親から善悪についても教えられています。どのように育てられるかが問題、それに気が付くことが出来れば幸せに生きていられるでしょう。小日向さんが本当にいい味出している、時には冷淡な役もされますが、ここでは愛情豊かな素晴らしい父親です。その対極にあるのが渡部篤郎さんででも彼の顔の美しさが似てしまったからこそ女性たちが惹きつけられるのだと思うと悲しい限りです。信頼感溢れる兄弟の様子がいい、一人だと渡部篤郎に対してためらっていたのが泉水が来たことでボコボコにというシーンに二人の関係性や春の性格が表れていました。

20代女性
20代女性

原作小説とは一部設定などが異なっているのですが、印象的な台詞や言い回しはそのまま使われていて、原作小説を読んでいても「あの言葉にピッタリな声のトーンだ」「あの言葉を言うのに相応しい絵面だ」と細部にまで感動してしまいました。そして、原作からの引用もそうでないものも含め、とにかく言葉が美しいです。それを淡々となんでもない事のように、絶妙なニュアンスで加瀬亮さんと岡田将生さんを中心とした奥野家の俳優さん方が話す様子は儚くも強く、手を取り合い生きてゆく家族の空気感を完璧に表現していると感じました。物語は連続放火事件や強姦、差別や事故など重いテーマが度々登場するのですが、ユーモアに富んでいて、大真面目に会話しているのにクスッとひと笑いしてしまいそうになるところが、何とも言えない心地良さ。個人的には、重力ピエロを観ていて暗い気持ちになったことは一度もありません。重力ピエロで描かれる家族愛は非常に美しく愛らしくて、それでいて強いからです。これも重力ピエロに出てくるとても大切な言葉なのですが「楽しそうにしていれば、重力なんて消してしまえるんだよ」という台詞が、辛く苦しい過去を抱えていても強く、楽しそうに生きていく奥野家を現しているのかな、と思います。伊坂ワールドの繊細で美しく、少し歪な世界観を見事に映像化した作品だと思います。私は何度もレンタルビデオ店で借りてしまい費用が嵩むので、DVDを購入したほど好きです。

40代女性
40代女性

映画「重力ピエロ」は伊坂幸太郎さん原作の作品で、映画製作の前、伊坂さんは自分の作品が映画化されることに抵抗があったと聞いたことがあります。しかし、脚本家さんの言葉に心を動かされ、製作に踏み切れたとのこと。私は原作をまったく知らず、当時岡田将生くんと加瀬亮さんのファンだったので、その流れで映画を観に行きました。ダブル主演で、この春という役が岡田将生くんにぴったりだと思いました。あの頃の岡田くんは若くてお肌もぴちぴちしていて、本当に格好良かったです!加瀬くんも確かメガネ男子が流行ったときで、メガネがすっごく似合ってるんです。この二人の兄弟役がすごく好きでした。お話はシリアスで、未解決事件を岡田くんと加瀬くんが協力しながら解決していくのですが、さすが小説が原作なので、物語に深みがあって面白い。どんどん引き込まれていきました。二人のお父さん役に小日向文世さん、母親役に鈴木京香さん、吉高由里子さん、渡部篤郎さんと強力な脇役陣!演技派俳優がそろっていて、面白くない訳が無いです。ラストシーンも衝撃的で、とにかくこの映画は岡田将生くんが素晴らしいんです。私はこの作品を観て、さらに岡田くんのファンになったんです。それだけ、役得ってことなのでしょうか。また観たくなってきました!

 

50代男性
50代男性

伊坂幸太郎さんの小説の映画化ですが、原作とは似て非なるものの感じがします。森淳一監督による新解釈版というところでしょうか。どこか不条理さがある人間関係、伏線をしっかり回収していくトリックなどが原作のポイントだとすると、映画では特に人間関係というところに焦点を当て、泉水と春という兄弟やふたりに関わる人たちを細かく描写した内容になっています。泉水役の加瀬亮さんは淡々としていながらも、泉水というキャラクターを等身大に演じています。一方、春を演じたのは岡田将生さんで、春というセンシティブでありながら、内面に激しさを秘めた青年を、とてもリアルに演じています。春の出生の秘密や放火事件など、キーになる要素が、原作よりもわかりやすく整理されているので、登場人物の表情や行動をストレートに見つめることができる内容になっています。また森監督の解釈なのか、春の行為に対する泉水の感情やセリフは「許し」とか「理解」といった要素を強めています。それらの要素から、ミステリー好きより、ヒューマンドラマ好きに向いた作品になっているかもしれません。他の伊坂さん原作の映画と同様に、仙台の街が舞台になっているので、仙台をよく知っている人には街の風景も楽しめると思います。

40代女性
40代女性

『重力ピエロ』は全部で5回程度鑑賞しているのですが、ストーリーを理解しているにも関わらず毎回泣いてしまいます。私は加瀬亮さんのファンなので当初は彼目当てで、何ともなしに鑑賞したのですが、愛情の深い奥野一家の姿に涙が溢れました。母・梨江子の痛ましい過去や早逝、次男・春の出生にまつわる問題など、逆境の多い奥野家なのですが、それを超越した父と母のたっぷりの愛情と優しさにただひたすら感動しました。また幼少期の泉水が、春から”レイプ”について尋ねられた時に、咄嗟に誤魔化すシーンでは、幼い兄の精一杯の思いやりに涙が止まらなくなりました。一番泣いたシーンだたと思います。多くの問題を抱えていても愛に溢れて、信頼が崩れない奥野家がとても羨ましく感じました。また主軸のミステリーではハラハラすると共に、徐々に謎が判明するしていく心地よさも感じられます。観ているうちに連続放火の犯人に察しがつくと思うのですが、あえて鑑賞者(原作読者)にも推測しやすくしている気がしました。放火は許されないけれども犯人にも深い理由があって、人間の心の底を見たような気持ちになりました。推理ものの映画としても十分満足できると思いますが、ヒューマンドラマとしても秀作ではないでしょうか。

 

30代女性
30代女性

仙台の街が舞台の、正反対は兄弟のちょっと悲しいストーリーです。題名は知っていましたが、U-ネクストでたまたま出ていたのでなんとなく観ましたが、奥の深い、いろいろと考えさせられる内容でした。理系の兄・泉水と、街の落書き消しを仕事とする弟の春が、連続放火事件と落書き事件の関連性に気づき、一緒に謎を追っていくミステリーです。泉水は次第に春を疑うようになりますが、家族に昔起こった不幸な出来事と切っても切れない事件だということがわかり、深い家族愛、兄弟愛を見せてくれます。感動もしつつ、ラストには悲しい結末になるのではとハラハラドキドキさせられました。母親は既に他界しており、父親も末期がんの為、兄弟二人で生きていかなければならないのですが、この兄弟なら大丈夫だろうと思いました。また、放火場所と落書きがある場所が関連していると泉水たちが気づいてから、どんどん推理していくところがさすが理系の兄だと思いましたが、最後まで飽きさせない展開でとても面白かったです。決して明るく楽しいストーリーではないですが、一度観る価値はあると思いました。主役の兄・泉水役の加瀬亮もとても理系男子ぽくて、いい演技をしていたと思います。

40代女性
40代女性

原作や、あらすじを全く知らない状態で『重力ピエロ』を見ました。いままで、これほど邦画で泣いたことはないというくらい泣いてしまいました。人によっては泣ける要素は少ないのかもしれないのですが、平凡な家庭の中にある重い真実というものがどうにもつらく感じられてなりませんでした。舞台は仙台。連続放火事件が起こり、それを兄弟が調べるという話なのですが、実に哀しいです。何度か見たのですが、見るたびに泣いてしまいます。人によってはとても胸に刺さる内容なのではないでしょうか。少なくとも私にとってはそうでした。家族のきずなや、家族間でのトラブルで苦しんだことがあるかたならもしかしたら同じような気持ちになるのかもしれません。ちょうど映画を見たころは家族のことで悩んでいた時期でもありました。そのため、映画を見ながら、ついいろいろ考えずにはいられませんでした。実に良い邦画だと感じます。今まで見た映画の中でもトップクラスに泣ける映画でした。いつか原作も読んでみたいとは思っているのですが、また大泣きしてしまいそうで読む勇気が出ずにいます。近日また映画を見返したいと考えています。何度見ても飽きない映画だと思っています。

30代女性
30代女性

少女漫画のような綺麗な映像で始まりますが、内容は重めです。しかし映画の中心となる加瀬亮さん演じる兄の泉水と岡田将生さん演じる弟の春、小日向文雄さん演じる父と鈴木京香さん演じる母の4人の家族の会話や雰囲気が素敵で、不思議とそこまで暗く感じませんでした。レイプされてできたこどもを産むという選択が正しいかどうかは別として、春を家族みんなで一生懸命大切に守って育ててきたんだなと思うとグッときました。まだこどもの春が同じくこどもの泉水に「レイプって何?」と聞かれて、泉水は意味がわかっているにもかかわらず「レイプ、グレイプ、ファンタグレイプ」といって春を笑わせるシーンがとても切なくて泉水の気持ちになると胸が苦しくなりました。兄弟の愛を感じる一番好きなシーンです。最近また観直したら、春のこども時代を演じていたのが北村匠海さんだということに気がついて驚きました。小さい時から演技も上手で存在感があり魅力的でした。お父さんが春にピカソの生まれ変わりだと言うシーンも素敵です。この家族はお父さんの愛とユーモアでいろんな困難を乗り越えてきたんだろうなと想像できました。苦しい内容なのに温かい気持ちになる不思議な映画でした。

30代女性
30代女性

こちらの映画は原作を読んでから視聴しました。ですのでその時はまだキャストが発表されておらず、イメージが出来ませんでした。後にキャストの発表を見て、かなり驚きました。加瀬亮さんと岡田将生さんが主演を務めるとの事で、少しイメージが変わりました。そうして見てみるとかなりピッタリで驚きました。伊坂幸太郎さんの原作ものは結構難しいものも多く、たまに理解しにくいところもあるのですが、この映画はかなり分かりやすい方だったと思います。春の出生の秘密がこの映画の鍵になりますが、秘密はそうそうに分かります。このこともかなり目を背けたくなる事実ですが、それでもこの映画は面白かったと思います。2人の父役に小日向文世さんが演じられていたのもかなり好感を持てました。二人のは早くには鈴木京香さんと、なかなか豪華な俳優陣だったのも素敵でした。他にも豪華な俳優陣として吉田かゆりこさんや渡部篤郎さんなども出演しているのもなかなか見ものの1つだと思います。映画の終盤では兄の泉水の存在がかかせず、弟の春が結構前に出ている印象にも関わらず、最後の最後で全部を持って行ってしまう感じの泉水が少し憎らしいです。かなり面白い作品でした。

 

30代女性
30代女性

「春が、2階から落ちてきた」というのが、原作の出だしの一文です。とても印象的でした。加瀬亮の声が読み上げ、岡田将生のシルエットが見えるシーンは原作そのままで作品への期待が高まりました。春は岡田将生演じる弟の名前です。兄は加瀬亮演じる泉水(いずみ)。兄は遺伝子を扱う会社に勤めていて、頭脳派という印象。弟も頭は良いですが、兄よりもフットワークが軽く、芸術肌です。連続放火事件が起こり、その現場が遺伝子配列になぞらえていることに兄は気付きます。そのことを弟にも話し、兄弟で事件の真相を追っていくサスペンスです。真相は全く予想が出来ませんでした。血の繋がりとは一体何なのでしょう。家族とは何かを考えさせられます。この映画は、ひとつの答えを用意してくれていました。お互いを思いやる優しさはもちろん伝わってきました。でもその優しさに至るまでに、それぞれが受け入れてきた事実はあまりに辛く、苦しいものでした。血の繋がりだけが全てじゃない、なんて簡単に言えないなとおもいました。兄弟の父は小日向文世、母は鈴木京香です。主題歌も映画の雰囲気にとても合っています。重力ピエロという言葉は見聞きし慣れない言葉ですが、この物語のタイトルはこれしかないな、と見終わった後にしみじみとおもいました。

 

まとめ

『重力ピエロ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

加瀬亮のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 海街diary
  • 沈黙 -サイレンス-
  • 永遠の僕たち
  • 重力ピエロ
  • 劇場版 SPEC~天~ 警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿
  • それでもボクはやってない
  • 劇場版 SPEC~結(クローズ)~ 爻(コウ)ノ篇
  • 硫黄島からの手紙
  • モリのいる場所
  • TOKYO!
  • 旅のおわり世界のはじまり
  • インスタント沼
  • FOUJITA
  • 鈴木家の嘘
  • 好きだ、
  • アカルイミライ
  • 自由が丘で
  • はじまりのみち
  • スクラップ・ヘブン
  • 海炭市叙景
  • おとうと
  • 犬と私の10の約束
  • ロックンロールミシン
  • グーグーだって猫である
  • 東南角部屋二階の女
  • アンテナ
  • オリヲン座からの招待状
  • ベル・カント とらわれのアリア

【ドラマ】

  • SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~
  • SPEC~翔~/警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿
  • SPEC~零~/警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿
  • パンとスープとネコ日和
  • 贖罪

吉高由里子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • ラブシャッフル
  • 白い春
  • ヴァンパイア検事2 残された赤い記憶
  • 花子とアン

岡田義徳のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 重力ピエロ
  • 下妻物語
  • 今日も嫌がらせ弁当
  • 女子ーズ
  • 愛を積むひと
  • 偶然にも最悪な少年
  • 3人の信長

【ドラマ】

  • SPECサーガ完結篇「SICK’S 恕乃抄」~内閣情報調査室特務事項専従係事件簿~
  • マザー・ゲーム~彼女たちの階級~
  • 遺留捜査(2012)
  • 遺留捜査(2013)
  • 篤姫
  • 花村大介
  • THE3名様
  • THE3名様 秋は恋っしょ!
  • THE3名様 いい意味でアイラブユー
  • THE3名様 ワーってなっちゃう5秒前
  • THE3名様 渚のダンシングナイト!
  • THE3名様 みんなが選んじゃったベスト11 これってどーよ!?
  • THE3名様 俺たちのサマーウインド
  • THE3名様 マキシちゃってもよかですか?
  • 主婦カツ!
  • THE3名様 ファミレズの今夜はオールナイト! これってワールドセレクトじゃね!?
  • THE3名様 夏はやっぱり祭っしょ!!

【アニメ】

  • THE3名様 アニメはアニメでありっしょ!

渡部篤郎のU-NEXT配信作品

【映画】

  • スワロウテイル
  • 最後の恋、初めての恋
  • ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer
  • 外事警察 その男に騙されるな
  • 落下する夕方
  • ゼブラーマン
  • 橋のない川
  • 愛する
  • 復讐の帝王
  • 重力ピエロ

【ドラマ】

  • お義父さんと呼ばせて
  • 白夜行
  • ケイゾク
  • First Love
  • 天使と悪魔 ~未解決事件匿名交渉課~
  • ケイゾク/特別篇~死を契約する呪いの樹
  • 翳りゆく夏
  • 愛のむきだし 最長版THE TV-SHOW
  • 再生巨流
  • 巷説百物語 狐者異(こわい)
  • 巷説百物語 飛縁魔
  • 土曜ドラマ 外事警察
  • 大河ドラマ 北条時宗 総集編
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました