ジャングルブック(アニメ映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アニメ映画

ジャングルブック(アニメ映画)の動画フルを安全に見る方法

『ジャングル・ブック(アニメ)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ジャングル・ブック(アニメ)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジャングルブック(アニメ映画)の内容

映画『ジャングル・ブック(アニメ)』は、1968年8月に日本で公開されたディズニーによるアニメーション映画で、ウォルトの死後、最初に公開された長編作品です。

原作は、1894年にイギリスのラドヤード・キップリングの短編小説です。ジャングルのオオカミに育てられた人間の少年モーグリの愛と冒険を描いた作品です。

映画にも登場するキャラクターは、東京ディズニーランドでもよくグリーティングしていて、クマのバルーやサルの王様のキング・ルーイなど人気です。

 

名曲の宝庫。めちゃ有名な歌を歌ってる猿はちょい役。

ストーリーも良いし、歌もめっちゃ良かった

実写観る前に、観た。1964年か…と思いながらストーリーよりも映像やアニメのタッチ、動きにに集中して観たけど、レトロ調がイイ感じだった。

口ずさみたくなるような曲が多くて楽しい。動物たちのフワフワ感、もにょもにょ感がすごく良く描かれてる。

音楽が素晴らしい。キングルーイのシーンのノリが好き。ラスト、少し切なくなった。

もっとドラマがあるのかと思ったらオチそれー?って感じだったけどおもしろい。

映画の中で使われている音楽が良かったと言う声が多くありました。挿入歌の「ザ・ベアー・ネセシティ」は名曲ですが、他にもこの映画の音楽は、少しジャズ調のものが多く、リズミカルでノリが良くハッピーな気分にさせてくれます。

あらすじ

ジャングルを散歩していた黒ヒョウのバギーラは、人間の赤ちゃんを見つけます。バギーラは、自分では育てれられないと思い、子だくさんのオオカミの一家に預けて育ててもらいます。

モーグリと名付けられたその赤ちゃんが、10年経ち少年になったある日、人間を憎む残忍なトラのシア・カーンがジャングルに戻って来たことを知ったオオカミの長老たちは、モーグリの命が危ないと、バギーラにモーグリを預け、シア・カーンに見つからないように人間の村に返すことにしました。

モーグリはジャングルに残りたいと言いますが、バギーラはモーグリを説得し一緒に人間の村へと向かいます。途中、バギーラは木の上で一晩過ごします。と、そこに巨大ニシキヘビのカーが現れ、モーグリを催眠で罠にかけようとします。しかし、危機一髪のところでバギーラが助けます。自分で守れなかったモーグリは落ち込み、さらに人間の村に帰らないと言い出しバギーラとケンカになります。

そんな時、モーグリは、陽気なクマのバルーと出会い、自由な生き方をしているクマに惹かれ、一緒に暮らしたいと付いて行きます。するとそこへサルの大群が現れモーグリを誘拐。サルは自分たちの王のキング・ルーイのところへ、モーグリを連れて行きます。

キング・ルーイはモーグリに、ジャングルに残れるようにする代わりに、何でも言うことを聞くように言います。ジャングルに残りたかったモーグリは承諾。キング・ルーイは、モーグリに火の起こし方を教えろと言い出しますがモーグリは火の起こし方を知りません。それを知ったキング・ルーイは怒り出します。

モーグリは怒らせてしまったキング・ルーイから逃げられるのか、また、ジャングルと人間の村、どちらに行くことになるのでしょうか。

見どころ

父親たち

モーグリは人間なので、黒ヒョウのバギーラもクマのバルーも本当の父親ではありませんが、モーグリを想う気持ちは同じ。そしてバギーラとバルーが相談しながら子供を守り、さらに友情も芽生える姿は見どころとなっています。

楽曲

映画の中で流れる楽曲が人気ということはご紹介しましたが、やはり見どころは、モーグリとバールーが歌う挿入歌の「ザ・ベアー・ネセシティ」。多くの人から絶賛されています。

スタッフ

原作:ラドヤード・キップリング「ジャングル・ブック」
監督:ウォルフガング・ライザーマン
脚本:ラリー・クレモンズ、ラルフ・ライト、ケン・アンダーソン、ヴァンス・ジェリー
音楽:ジョージ・ブランズ

キャスト

モーグリ
本作の主人公であり、オオカミに育てられた人間の仔。

バギーラ
モーグリを助け、オオカミたちにその命を託した黒ヒョウ。

バルー
楽観的で能天気なクマ。

シア・カーン
モーグリの命を狙うベンガルトラ。

カー
目から発する催眠術が使えるニシキヘビ。

ハティ大佐
ゾウの軍隊を率いる隊長。

アキーラ
ジャングルのオオカミの長老。

キング・ルーイ
ジャングルのサルの王をつとめるオランウータン。

 

『ジャングル・ブック(アニメ)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジャングルブック(アニメ映画)の感想

50代女性
50代女性

ディズニークラシックの中でも大好きな作品です。ジャングルの動物がたくさん出てきます。モーグリを守るのんびりぐまバルーとスマートな黒ひょうバギーラコンビのかけあいがコミカルでおもわず笑ってしまいます。どちらもモーグリが大好きで幸せになってほしいのですが。つねに2ひきは心やさしき保護者たちです。トラ、ヘビ、サル、キャラクターたちの動きも躍動感があり、さすがディズニーです。音楽もとてもすばらしくディキシーランドジャズでキャラクターたちが軽快に踊ります。それがとても可愛くて楽しいのです。最後の曲「私のおうち」はハッピーエンドにふさわしい美しい旋律になっています。初期ディズニーの女の子は色っぽくとても魅力的です。現在のディズニーとクラシックの一番大きな違いは女の子のキャラクターだと思います。元気でパワフルなヒロインももちろん良いのですが、女性らしいやわらかい動きの女の子もとてもキュートだと思います。おとなは童心にかえり、こどもはジャングルのくらしを楽しめる、そんなわくわくして楽しく、心あたたまるストーリーはたくさんの人に観てもらいたいおすすめアニメです。ちいさなこどもさんはヘビのカーがおもしろくて大好きになるかもね。

30代女性
30代女性

この映画が有名なのは知っていたのですが、大人になるまで見たことがありませんでした。「子供向けのアニメ映画」というイメージだったんですが、大人でもじゅうぶん楽しめました。他のディズニー映画のように歌も歌われるので軽くミュージカル的な要素を含んでいます。いろんな動物がでてきて、もちろん皆が優しかったりいい動物ではないんですけど、それがまた面白かったです。それぞれのキャラクターも上手に描かれているし、音楽もすごく素敵なので、楽しめます。話の展開するスピードや内容も早すぎず遅すぎず、絶妙なので退屈することなく見ることができます。人間の子供がジャングルで野生の動物と暮らすなんて、あり得ないような設定だと思っていたのですが、そういうことも気にならずにのめりこんでいきました。小さなお子さんでもたくさんの動物が出てくるので楽しめるとおもいます。親子での映画鑑賞にもってこいだと思います。重いストーリーではないのも良かったと思いました。私はあんまり感動系の映画が得意ではないので。エンディングは少し予想外でしたが、最後まで素晴らしかったです。ぜひ1度は見てみる価値のある映画だとおもいます。とても素敵な映画です。

40代女性
40代女性

ウォルトデイズニーが亡くなってから最初に紹介されたという、作品だったと思います。存命中の最後の作品ということだったはずです。ジャングルでの動物たちとの共存を描いています。とにかく野生動物が好きであるために、楽しんで視聴しました。ジャングル ブックに登場する動物は案外多くが野生動物が中心ですので、見慣れない動物も多くて、飽きずに楽しめます。アニメの方では背景の映像に大変凝っていたはずです。ストーリーはちょっと煩雑ですが、一度見ただけでは見逃しているところがたくさんあります。ゆえに何度も見るようにすればより理解しやすいです。何度もリピートすれば愛着も湧いてきます。個人的に見どころはジャングルの背景だと思っています。念密に写し出されたジャングルは、リアルのようであると思いました。動物のキャラクター、動物とのふれあいを上手に描いているので、ここは動物を愛したことがないとうまく表現できない部分と思います。その辺をどうやって作ったのか、動物好きにとっては憧れの世界観を描いているのでとても楽しかったです。自然美と動物の生態、動物たちのキャラクターも面白く、見どころです。動物愛とともに開放感を感じるという作品でした。

40代女性
40代女性

あの有名なオオカミに育てられた少年の物語です。舞台はジャングル、オオカミ以外にも黒豹やトラ・クマなど猛獣たちがそろい踏みです。でも何しろアニメなのですから怖くはありません。むしろ表情豊かで楽しい、実写版だとリアルすぎて小さなお子さんには合わないでしょうが、ディズニーのこの作品であれば全く問題ないでしょう。動物が母親代わりになんて考えられませんが、映像で観るモーグリをお世話する姿は母性愛に溢れています。極端にデフォルメしているわけでもなく実物の動物をほぼそのまま描きうつしているにも関わらず表現力のすごさは感心します。更に素晴らしいのがジャングルの自然、こんな雄大な世界でモーグリは森全体に育てられて大きくなったのです。怖いだけでなく楽しいこともいっぱい、ジャングルに行ってみたいとちょっと思えてしまいました。何十年も前の作品なのですからCGなどの技術も使われていませんが、さすがはディズニー映画です。壮大な雰囲気を更に高めてくれるのが音楽、挿入歌も含めてどれも素晴らしいです。ディズニー映画の曲集とかも売り出されていますが、買いたくなる気持ちは分かります。モーグリが自分勝手すぎて腹が立つ面もありましたが、それも含めて子供らしさです。実写版もいいですが子供と見るならやっぱりアニメです。

30代女性
30代女性

シア・カーンから守る為、ジャングルにいたい人間の子モーグリを人間の村に連れて行こうと黒豹バキーラと熊のバルーが頑張る物語。象の軍隊の行進を見つけたモーグリが小像の後ろから真似して歩く場面が可愛かったです。象のハティ大佐は普段威張っているのに子供に甘いのも良い。止まる指示を出さなかった所為でギューギュー詰めになってしまう所はつい笑ってしまいます。熊のバルーがモーグリにくすぐられている場面が可愛らしい。熊の戦い方に熊としての生活を歌とダンスで教えてあげて、すぐ仲良くなる場面も好きです。素晴らしいジャングルを歌っている時の楽しそうな二人が一番印象に残っています。猿に連れて行かれるが、キング・ルーイは陽気でバナナをくれたり対応が優しい。手を縄跳びのようにして踊る姿が面白いです。助けにきたはずのバルーもつい一緒に歌って踊りだすのが良い。モーグリをバルーとキング・ルーイで取り合いしてる場面はテンポが良くて、とても面白い。こういう場面子供は大好きみたいです。私の息子が大爆笑していました。バキーラの忠告を聞き、人間の村へ向かう事をすすめたバルーの話を聞かず、モーグリが飛び出してしまう所は子供の特徴をしっかり捉えて表現されているのが良いです。すぐリズムに乗って動物達と仲良くなるジャングルが大好きなモーグリを見ていると段々我が子のように可愛く感じてきます。様々な動物とのやりとりをバキーラが呆れながらも、モーグリをずっと見守っている優しさが本当に大好きでした。50年も前のアニメなのにクオリティが高いです。ダンスの時の動物のリズムの取り方が絶妙。ディズニーならではの動物の動きを捉えた踊り方が素晴らしいです。全体的にコミカルで面白かったです。子供と安心して笑ってみれる作品でした。

 

20代女性
20代女性

「ジャングル・ブック」はクロヒョウの「バギーラ」が川のほとりで人間の赤ん坊を見つけたことから物語が始まります。バギーラはこの赤ん坊を助けたいと思い、子供が生まれたばかりのオオカミの一家に赤ん坊を育ててもらおうと託します。食べられてしまうかもしれないと考えますが、子供が生まれたばかりで母性愛に満ちていたのか、オオカミの家族として10年間育てられます。出てくる動物たちは現実世界では「怖い」というイメージが強いのですが、映画の中では家族愛にあふれていてほほえましいものがあります。私は動物が好きなので、こんな環境に飛び込んでみたいとさえ思いました。しかし、当然危険もありジャングル・ブックの中で悪役として登場するのがトラ「シア・カーン」です。モーグリがジャングルで育てられ10年が経ったとき、シア・カーンがジャングルに帰って来たのです。元々ジャングルにいたという描写はないのですが、戻ってきたという設定になっています。そしてモーグリを守るために人間の村へ帰すことを決意し、行動に移します。人間の村へ行くまでの描写では、ジャングルの楽しいところから危険なところまでが見事に表現されていて何が起こるかわからない展開に目が離せませんでした。またモーグリの心理状態が彼の行動へと繋がっているのですが、慣れ親しんだジャングルにいたい、しかし自分と同じ種族がいないということへの孤独感もあります。ジャングルの脅威が去り、ジャングルに残るか人間の村へ行くかの選択場面では、彼が何を思いその選択をしたのか考えることが楽しかったです。

20代女性
20代女性

ディズニーのアニメーション作品の中でも特に動物たちとの友情や、自然界と人間との関わり方を深く描いた秀逸な作品です。動物たちが人間のように会話をする点が全く不自然ではなく、人間の少年モーグリが自らの生き方を模索していく様が陽気な音楽や新しい動物たちとの出会いを交えてコミカルに描かれています。”アニメーション”と言うと子供向けの単純なハッピーエンディングなストーリー展開を予想しがちですが、物語の流れもありきたりではなく大人も楽しめる内容になっています。映画『ジャングル・ブック(アニメ)』の見所ポイントとして挙げられる点は、その色彩と手書きの線の美しさです。CG技術では出すことのできない登場人物達の滑らかな動作が物語をよりリアルに、かつ個性を全面に打ち出していく良いスパイスになっています。物語に出てくる動物達もとても個性的に描かれており、それぞれの性格や考え方、主人公の少年モーグリに対する接し方まで細かい描写がなされている点も、当時のディズニーがその世界観を忠実に表現することができた大きなポイントだと思います。CG技術を駆使した現代のアニメーションではなく手書きにこだわった当時のディズニーの作品をご覧になりたい方にはこれ以上ないクオリティの作品だと言えます。

 

30代女性
30代女性

こどもの時に観て音楽がとても楽しかった思い出があり、久しぶりに観ました。さすがディズニーのアニメーション映画です。大人になった今観てももちろん楽しめるしそれぞれのキャラクターのかわいさを改めて発見することができました。ジャングルが舞台なので映像はアースカラーメインで地味ですが、ジャズっぽい音楽が渋くて映像にも合っています。こどもの頃はオランウータンのキング・ルーイの場面が好きでした。なぜかバナナを飛ばすシーンがお気に入りで大爆笑していたのを思い出しました。リズミカルな音楽とサル達の動きが合っていて大人になって観てもやっぱりかっこいいなと思うシーンです。ストーリーは単純なので動物の可愛らしい動きと音楽をのびのびと観れる楽しい作品です。ラストでは悲しくなってしまいそうなシーンも、人間の女の子の鮮やかなピンク色の美しさとバルーの陽気な性格と、やはりここでも音楽が笑顔にしてくれます。それで終わり?と思ってしまいそうですが、ラストを作り込みすぎていないので楽しい映画になっているんだと思います。いろんな動物たちの表情や動きがとても愛らしくて、背景も含めてリアルな映像では作れないアニメーションの温かさを感じられる作品です。

40代女性
40代女性

映画ジャンブルブックの主人公は、ジャングルでクロヒョウに育てられた少年です。ジャングルに流れ着いた赤ちゃんを大切に育ててくれたクロヒョウが、ジャングルで生き抜くための食物連鎖や生き抜くすべを少年に教えていきます。その姿はまるで、人間の大人が子供に教えることと変わりありません。ジャングルで危険な食べ物のことや危害を加えようとする動物など、生きていくうえで必要なことをゆっくり丁寧に教えていきます。動物世界で生き抜くことの大変さを人間の子供が理解していくことが、こどものうちになんでも受け入れることのできる柔軟性を強く感じます。人間と動物の生き方の違いと共通点を知ることで、生きている世界は違っても共通する部分はあると感じる映画です。こどもの好奇心やチャレンジする勇気など、大人になって忘れてしまった感情がよみがえります。動物の世界で育った少年が、人間世界を知ったときの感情や感動はいったいどんなだろうと想像すると胸が高鳴ります。大人になっても、こどもの頃に楽しかったことや動物との関わりを思い出させてくれるとても楽しい映画です。少年が人間の世界と動物の世界をしって、自分ならどちらを選択しただろうかと考えます。そして、選択した世界でどのように少年が変化していったのかを自分なりに想像することもできるので大人になってもう一度観てほしい映画です。

 

まとめ

『ジャングル・ブック(アニメ)』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました