女帝(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

女帝(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『女帝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『女帝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

女帝(ドラマ)の内容

ドラマ『女帝』は、2007年7月からテレビ朝日系列で放送された連続テレビドラマです。

原作は、倉科遼さん、作画は和気一作さんによる漫画「女帝 SUPER QUEEN」で、2001年に小沢真珠さん主演で映画化された、夜の世界をのし上がっていく、波乱に満ちたホステスのストーリーです。

出演者は、本作がドラマ初主演となった加藤ローサさんが主人公のホステスを演じ、そのホステスを支える黒服に松田翔太さんが扮し、そのほか、酒井彩名さん、斉藤祥太さんや小沢真珠さんなど。

 

ネタドラマとしても上手いし、オーソドックスな演出も上手くて脚本に無駄がない。

何もかもが面白い。ネタとしてもだし、マジとしても楽しめる。出演者の方々の好感度がアップする。松田翔太がイケてるな~。

なんともいえないB級具合に惹かれるのかもしれない。

1話を見始めたら、続きが気になってどんどん見てしまった。社会勉強になるドラマだと思う。松田翔太がカッコ良すぎるのと、もこみちもヤバイ!

 

あらすじ

熊本のスナックで働く母・麻里子(かとうかず子)を手伝っていた立花彩香(加藤ローサ)。ある日、母が病に倒れ、金と権力を振りかざす人間たちに人生を踏みにじられた母の復讐のため、女を武器に夜の世界で“女帝”にのし上がってやろうと決意します。

高校を辞めた彩香は、単身大阪のミナミへ。さらなる女帝を目指し水商売の世界の頂点、東京・銀座へ。ネオン輝く夜の街で、ホステス・彩香の戦いが始まります。

見どころ

女同士の戦い

水商売の世界を描いた本作の見どころは、凄まじい女同士の戦い。加藤ローサさん演じる彩香のライバル的存在の北條梨奈は、執拗なまでに嫌がらせをします。初回ではビンタをし、凄いセリフで恐い女性です。

その北條梨奈を演じたのは酒井彩名さん。酒井彩名さんは、本作放送後の2007年末に、L’Arc〜en〜Cielのベース・tetsuyaさんと結婚し、現在2児の母です。

そのほか、彩香の最強の敵となる小沢真珠さん演じる麗子は、彩香に嫉妬でいじめ倒します。2004年のドラマ「牡丹と薔薇」で迫力あるイジメ役で人気となった小沢真珠さんの超憎たらしい女役に注目です。

松田翔太がカッコイイ

本作では、彩香を救うヤクザの役で、後にクラブの黒服となる男・伊達直人を演じる松田翔太さんが、なんといってもカッコイイ。当時、21歳の松田翔太さんは、auのCMで見せる桃太郎のコメディ要素を見せる前です。

また、8話にゲスト出演する速水もこみちさんは、新宿のホストクラブ「ゴージャス」のNo.1ホストの白鳥タクヤ役で出演しています。当時、23歳だった速水もこみちさんも松田翔太さんと同様にカッコイイと好評です。

スタッフ

原作:倉科遼
脚本:高山直也、旺季志ずか、吉田玲子
音楽:仲西匡
演出:小松隆志、片山修、二宮浩行、田村直己
主題歌:ナナムジカ「彼方」

キャスト

立花彩香:加藤ローサ
主人公。女帝なるためホステスとなる。

伊達直人:松田翔太
彩香を支える運命の男。大阪の暴力団のヤクザから脚を洗い、黒服となる。

北條梨奈:酒井彩名
彩香の高校時代の同級生で彩香を見下し敵視している。

杉野謙一 :斉藤祥太
彩香の高校時代のボーイフレンドで、恋心があるが、梨奈と政略結婚させられる。

杉野謙造:山下真司
謙一の父。熊本で大手建築会社を営む熊本の名士であり権力者。

北條照盛:森本レオ
梨奈の父。民生党の代議士で国務大臣。

袴田吉蔵:長谷川初範
野党・民主新生党の議員。

尾上雄一郎:伊原剛志(特別出演)
彩香の父。民生党幹事長から内閣総理大臣となる。

塚原:森本亮治
薫に雇われた結婚詐欺師。

立花麻里子:かとうかず子
彩香の母親。末期癌により死去。

藤村佐和:かたせ梨乃
銀座の高級クラブ「佐和」のママ。銀座の伝説の女帝。

美樹:前田愛
大阪ミナミのクラブ「エレガンス」のホステスから彩香を追って「佐和」のホステスとなる。彩香の一生の友達。

江川弘美:東ちづる(友情出演)
銀座の高級クラブ「アマン」のママ。

工藤薫:金子さやか
銀座のクラブ「薫」の元ママ。

大沢謙吾:豊原功補(友情出演)
大人気の流行作家で、エレガンスからの客。

大翔辰紘:西村和彦
関東最大の暴力団・大翔組の若頭で、佐和時代の客。

藤本美奈:中島知子(オセロ)
大阪ミナミのクラブ「エレガンス」のママ。

麗子:小沢真珠
大阪ミナミのクラブ「エレガンス」のNo.1ホステス。

美濃村達吉:泉谷しげる
「ミナミの帝王」と呼ばれる実業家で、エレガンスからの客。

篠原徳治:古谷一行
京都の暴力団・五条烏丸会の若頭で、エレガンス時代の客。

香田譲司:吹越満
銀龍会の若頭で、直人の大阪時代の兄貴分。

白鳥タクヤ:速水もこみち(第8話にゲスト出演)
新宿のホストクラブ「ゴージャス」のNo.1ホスト。

竜崎茂樹:デビット伊東
クラブ「佐和」が入っているビルを所有する竜崎商事の2代目社長。

エリ:滝沢沙織
クラブ「佐和」のホステス。

 

女帝(ドラマ)の感想

30代男性
30代男性

水商売の世界で、ホステスが様々な修羅場を経験しつつも人間として成長し、やがて銀座の女帝と呼ばれるようになるまでを描いた物語で、映画版もありますが、ドラマ版では主人公の立花彩香を加藤ローサさんが演じています。普段窺い知ることのできない水商売の世界、それも高級クラブの内実について描いている点でとても興味深い作品でした。また熊本県出身のヒロインが、働く先を熊本から大阪のミナミ、さらに東京の銀座へと移しながら女帝への階段を駆け上ってゆく様子が面白かったです。またこの手の物語では、女同士の客の奪い合いや、嫉妬に絡んだ争いはよく見られると思うのですが、さらには母親を捨てた父親への復讐が盛り込まれていたり、果てには政治家まで巻き込んだ騒動もあって、スケールの大きな作品に仕上がっていますね。最初は高校生として登場した加藤ローサさんが、様々な修羅場をくぐり抜けながら大人の女へと成長してゆき、最後は女帝として貫禄を身につける様を、よく演じていたと思います。またライバルキャラクターを演じた酒井彩名さんや金子さやかさん、小沢真珠らも女同士の争いを迫真の演技で見せてくれて、お水の世界の裏側はこんな感じなんだろうなと思わせてくれました。

40代男性
40代男性

ドラマ「女帝」は2007年放送、加藤ローサさん主演です。同名の人気漫画が原作で、ホステスという夜の世界でのし上がる女子の姿を描いた物語。(2001年製作の映画版も存在します)このドラマの後も別のホステスを主人公とした派生タイトルが続々作られ、桐谷美玲さんなどを輩出しました。ホスト版の「夜王」などもありましたね。加藤ローサ版では相手役にまだ駆け出しの時期の松田翔太さんも出ていますし、速水もこみちさんも登場。かたせ梨乃さんや伊原剛志さん、古谷一行さんなどベテラン陣も多く出ています。内容としては夜の街で嫌がらせや陰謀に負けずにホステスとして天下を取ろうと奮闘する加藤ローサさんの姿を描くわけですが、2007年当時の加藤ローサさんはなかなかの棒演技。ついでにいえば松田翔太さんもなかなかひどいです。ただ、ドラマが進むごとに役柄に近づいていき、それが主人公の成長と重なって見える感もあります。また、主人公の立花彩香は熊本出身で九州弁を話すのですが、加藤ローサさんも鹿児島出身でそのため九州弁は当然ながらしっかりとしたものでした。しかし、ヤクザなど反社会的勢力も出てきて、英雄的に描かれることも多いこのドラマ…今ではゴールデンタイムに放送するのは無理かもしれませんね。

 

まとめ

『女帝』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました