ジョジョ(実写映画)無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』予告編

ジョジョ(実写映画)の動画フルを安全に見る方法

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジョジョ(実写映画)の内容

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は2017年8月4日に公開されました。

原作は荒木飛呂彦さんの大人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険 第4部」。

監督を務めた三池崇史さんは、この映画のオファーが届いたとき、3日間眠れずにオファーを受けるか考えたそうです。日本映画界を代表する監督ですら、「ジョジョの奇妙な冒険」はハードルが高かったようです。

この映画のサブタイトルに「第一章」となっているのは、原作の第4部の長さが2時間の尺では収まらず、第一章は単体でも楽しめるようになっているが、ファンの応援次第では第4部全て描きたいという想いがあるからです。

「ジョジョの奇妙な冒険」の映画化は10年ほど前から構想があり、5年前から企画がスタートしました。その際スタッフ陣は、原作者の荒木飛呂彦さんを口説くのにかなり苦労したようです。

漫画の実写化は難しいと思うが、ジョジョはその最高難易度。あまり期待していなかったけど、予想より楽しめた。CGを使ったスタンドも迫力があってよかった。

山崎賢人くん、神木隆之介くん、岡田将生くんがかっこよかった!ストーリーは難しくてよくわからなかったけど、俳優陣の豪華さで楽しめました。続きがみたいので、原作見て勉強しまーす。

今のCGの技術ってすごいんですね!漫画のスタンドをあそこまで再現できれば合格ではないでしょうか。あと・・山田孝之の演技がすごい。

原作ファンなので、ツッコミたいところもありますが、まぁまぁ楽しめました。キャラクターと俳優が結構あっていたし、原作へのリスペクトも見えたので満足です。

公開前は実写化に疑問が多くありましたが、意外に満足している声が多かったですね。ただ、原作を知らないと内容がわかりづらいという評価もあったので、気になる方は原作で予備知識を入れてから、映画を観ることをおすすめします!

あらすじ

「スタンド」と呼ばれる特殊能力を持つ東方仗助。彼が住む杜王町では、ここ最近変死事件が続いていた。

仗助は偶然、同じスタンド使いで、凶悪犯の片桐安十郎(アンジェロ)の犯行を邪魔してしまう。アンジェロは犯行を邪魔されたことで、仗助に対して激しい怒りの念を抱く。

アンジェロは水を操るスタンド「アクア・ネックレス」を使い、仗助を追いかける。そんな中、アンジェロは仗助の祖父を発見し殺害してしまう。

祖父を殺されたことで、仗助は家族と町を守るために戦うことを決意する。

仗助のスタンドは「クレイジー・ダイヤモンド」。触れるだけで他人の怪我や壊れたものを治すことができる能力を持つ仗助は、危機を知らせに来た承太郎と共に、アンジェロに立ち向かう。

だが、本当の悪はアンジェロの裏に潜んでいた。そこには謎の兄弟の姿。

アンジェロを操る謎の兄弟の目的とは・・?

そして、仗助は杜王町を守ることができるのか・・。

見どころ

スペインでのロケ

原作は仙台の杜王町をモデルにしたストーリーですが、原作のイメージに合った場所を見つけるため、世界中から「杜王町」を探します。スペインのバルセロナから少し離れたシッチェスという街を見つけて、ジョジョのイメージにピッタリだと感じ、撮影を開始したそうです。たしかに街並みがとても美しいので、注目してほしいです!

CG技術の進化

制作陣も「10年前ならできなかった」と声を揃えて言うほど、現在のCG技術は進化しています。ジョジョの魅力は何といっても、スタンドの戦いなので見どころです!

豪華な俳優陣

俳優の豪華さも見どころの一つです。主演の山崎賢人さんは、恋愛作品のイメージがありますが、全く違うジャンルでも見事に演じています。主人公の敵役の山田孝之さんも、コミカルチックな役どころが多いなか、凶悪犯というダークな役を演じ、高い評価を得ています。大人気漫画の実写化という難しいところを、豪華俳優陣が演じているので、そういった視点でも楽しめる映画です!

スタッフ

監督:三池崇史
脚本:江良至
原作:荒木飛呂彦
音楽:遠藤浩二

キャスト

東方仗助:山崎賢人
杜王町で生まれ育った高校生。髪型をけなされると怒る。4歳のころ、死にかけてある特殊能力が使えるようになる。

広瀬康一:神木隆之介
仗助の同級生で平和を愛する。杜王町で事件が頻繁に起こることを心配する。

山岸由花子:小松菜奈
仗助の同級生で康一の世話係。

虹村形兆:岡田 将生
ある恐ろしい目的のため、杜王町で暗躍する冷酷な男

虹村億泰:新田真剣佑
形兆の弟で直情型の性格。深く物事を考えないため冷静な兄の足を引っ張る。

東方朋子:観月ありさ
仗助の母。仗助の父・ジョセフジョースターとは仗助が生まれる前に別れている。

東方良平:國村隼
仗助の祖父。交番勤務の巡査長で杜王町の平和を守る事が生きがい。

片桐安十郎:山田孝之
逃亡中の連続殺人犯。通称:アンジェロ。犯行の邪魔をした仗助を狙う。

空条承太郎:伊勢谷友介
仗助の甥。仗助に会いに杜王町を訪れる。ある事件について調べている。

 

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジョジョ(実写映画)の感想

 

30代女性
30代女性

あのジョジョシリーズが実写化となると知り、原作のファンである私は、あのシーンはどのように表現されるのだろうかか、どんな実写化作品となるのだろうかと公開前から胸を躍らせ、公開される日を今か今かと楽しみにしておりました。しかし、公開初日に今作を見に行きましたが、仙台市が原作であるダイヤモンドは砕けないの舞台であったはずなのですが、撮影は海外での撮影となっており、原作との設定上の違和感を覚え、原作の舞台である仙台市での撮影であると期待していた分、すごく残念に感じました。また、アニメの世界観を壊さずに実写化することは大変難しいことは十分承知しておりますが、衣装や髪形についてキャラクターの特徴を捉え再現を行ったというよりは、演じる方々のコスプレという印象を強く受けました。内容につきましては、原作のストーリーを忠実に再現し、ストーリー展開がされておりましたが、ところどころ演出上の違和感を感じました。また、場面展開が激しく、次々と展開がわかっていってしまうので、原作のストーリーなどの展開やキャラクター設定などを事前に熟知してから、作品を見ないと理解しがたい場面が多々あり、首をかしげる場面もありました。

 

30代男性
30代男性

端的に言えば「想像していたよりも良かった」です。特にスタンドのCGは思っていた以上にクオリティが高くて、仗助のクレイジーダイヤモンドや承太郎のスタープラチナもさることながらアンジェロのアクアネックレスの水感が出ていて良い意味で裏切られました。日本映画もやるな!と。映画の内容に関しては長い長いジョジョの奇妙な冒険の歴史を一部切り取ったものなので原作愛好者じゃないと「?」な部分はあります。続編が出来るかどうかわかりませんが、ラスト、シアーハートアタックが出てきて吉良の存在が明らかにされたところは原作を読んでないといまいちわかりにくいと思いました。とはいえ、全体的によく出来ていてキャスティングも「可」です。承太郎がちょっとおじさんでヒョロすぎるとか岡田将生に虹村形兆のイメージがわかない等ネガティブな意見はありますが、総じて私は悪くなかったと判断します。主人公の山崎賢人も最初違和感があっても時間が経つにつれ仗助に見えてきますし何より虹村億泰を演じた新田真剣佑はハマってました。原作を知っていれば不平不満はあるだろうけど原作を知らなければそれなりに楽しめるだろう、そんな映画です。続編が出来たら鑑賞してみたいなと思わせる作品ではありました。

30代女性
30代女性

夫に薦められて、DVDをレンタルして見ました。原作のジョジョシリーズ自体、存在は知っていても見たことは無かったので、「なんかポーズが独特なんでしょ?」くらいの知識しかありませんでした。楽しめるかなぁと不安も抱きながら見始めたのですが……杞憂でしたね。物凄く楽しかったです。出だしは、舞台が日本かと思ったらなんか違うし、よく分からないまま話が進むし、って所もありました。派手な演出だけど、なんだろうこれ……みたいな。把握するまで、夫に解説してもらいましたね。けど途中から、「そういうものだと思って深く考えない」ようにしたら、スルスルと話が分かるようになりました。そしたらもう、アクションが楽しくて!超能力系が好きな方、楽しめると思いますよ。色んな能力があって、それをどう使うかで、登場人物の潜在能力というか、頭の良さもわかる感じですね。ジョジョの、優しいだけかと思ったら残酷な面が見れたのも、意外性があって面白かったです。まさかあの敵が、あんな末路を辿るとは……。あれは嫌です。おじいちゃんにあんな酷いことをしたのだから、まぁ、仕方ないのかもしれませんが。映画が終わっても、謎が謎のままの部分が結構ありました。もし続くなら、ぜひ次も見たいと思います。

30代男性
30代男性

20年近く原作ファンをやっていますが、期待より不安のが大きいのはどの実写化作品も同じ…と思っていますがそこに+αでジョジョの醍醐味”スタンド能力”をどう表現するか…出来るのか…そんな気持ちで待っていました。結論からすると、原作ファンなら原作との比較を楽しめますし(出来がいいか悪いかというより、こう表現してきたか、という感じ。)原作未読の方なら、ジョジョの奇妙な冒険という作品は大きく第〇部と分かれているのですが、その中でもリアリティがあり身近に感じられるこの第4部(他の部は海外が舞台になっていて、4部は日本が舞台)はジョジョの奇妙な冒険という作品を知るきっかけとしてとてもいいのではないかと思います。始めにも書きましたが、実写化というのは期待半分、不安半分な作品が多い中、「思っていたより良かった」という声もたくさんあります。この作品もファンの中では賛否が分かれると思いますが、演者さん達がどれだけ本気になって演じてくれているかという点も実写化を楽しむ上で大きなポイントとなると思うので、そういう楽しみ方も含め、一度手に取ってみては?伊勢谷友介さん演じる空条承太郎のカッコ良さにはシビれるし憧れますよ!

40代男性
40代男性

ジョジョの奇妙な冒険の実写版初めての映画として気になったので見てみました。本当は第一章の実写版が私リアルなストーリーで楽しめるかなと思ったのですが、映画を見た結果これも面白いなと思いました。まずはまり役だったのがジョジョシリーズの中でも少し軽いノリの東方丈助を演じる山崎賢人さんです。そして、私が最も気になっていたスタンド使い同士が戦う姿のアクションです。少し軽いノリで見ていましたがこんなに迫力のある映像になっているとは思いませんでした。漫画の世界でしか描かれなかった擬音語や擬態語までイメージ通り映像の中で全て再現されていたのは驚きです。ジョジョの奇妙な冒険のファンではなく山崎さんのファンがこの映画を見てジョジョの奇妙な冒険を好きになってくれるのではないかと思わせるような展開になっていました。この出来栄えであれば今後も、ジョジョの配役を少しずつ変えてでも映像化を続けてほしいと思わずにはいられません。迫力のある戦闘シーンはやはり実写の方が楽しいと思ってしまいました。そして、少し一般から外れた普段着もこのシリーズの見所ですが実写版でもやはり違和感がありながらも面白いなと思ってしまいました。

30代男性
30代男性

まず初めに伝えておきたいことは、「原作を読んだことがなくても楽しめる映画である」という点です。私自身は少年ジャンプで4部が連載されている時代からのファンでしたので、実写化には少し不安を覚えていました。ただ、広瀬康一役に神木隆之介、アンジェロ役に山田孝之という豪華なキャストが映像付きで発表された時点でワクワクが止まりませんでした。演技派の、この二人がどこまで再現してくれるのだろうというワクワクです。アンジェロ役に山田孝之という、良い意味での山田孝之の無駄遣い感があり、どうなってしまうのだろうと思っていました。実際に映画を見てみると、期待を裏切ることなく原作に忠実に演技をされていて、違和感がありませんでした。この二人以外にも映画の主役級の俳優さん達が多数出演しています。中でも、仗助(山﨑賢人)のおじいちゃん役の國村隼が味のある演技をされていて、個人的にとても良かったと思います。今回が「第一章」という題名だったので、今後の続編が出ることをとても楽しみにしています。今回の映画は、原作を見たことがある方はもちろんのこと、ジョジョを見るのは初めてという方でも原作の世界観が良く表現されている映画になっていますので、ぜひ一度見ていただきたいです。

50代男性
50代男性

2017年8月に公開された日本の映画です。荒木飛呂彦原作の人気コミックをもとにした映画です。山崎賢人さんが主役を務めているということで有名になりました。簡単なあらすじは、康一が杜王町に転校してきますが、彼には、特殊な能力がありました。スタンドに目覚めた片桐が仗助に恨みを持ち、警官である仗助の祖父が死亡し、仗助は片桐を岩に融合させるのです。片桐をスタンド使いにした人物は、兄の形兆で、弟の億泰と共にスタンド使いでした。形兆の影響で康一はスタンド使いになり、形兆は何者かに殺害されてしまいます。この映画は、とても謎が多く、見ていて混乱する部分もありました。おもわず、原作を読んでみたいと思ってしまいます。しかし、なんとなく世界観は理解できました。特に、形兆のスタンド「バッド・カンパニー」は、ワクワクしながら見ることができました。特に、小さい兵隊がたくさん出てきて、まるでミニチュアを見ているようで圧倒されました。また、学校が歴史的建造物のようで、素晴らしい建物だったのが印象的です。また、小松菜奈さんや岡田将生さんの演技も魅力的で興味深かったです。ぜひ、次回作を作ってもらいたいと思えるような作品でした。

30代男性
30代男性

そもそも実写に不向きな作品なのでイメージが合わない部分や話の流れが違う作りになっているため賛否両論ある作品ですが、僕は好きです。舞台となっているのは日本ですが、原作の持つ独特の雰囲気を出すため海外で撮影されているという所には映画製作陣の原作に対するリスペクトが感じられて好感が持てました。作品として特に良かったのが新田真剣佑さんが演じる虹村億泰の演技。原作の漫画も読んでいましたが、まさしく億泰そのもの。見た目はかなりヤバめな不良ですが、根は優しくて気の良いヤツという感じがよく出ていて、すごくはまり役だと感じました。また、アニメで虹村形兆のスタンドであるバッド・カンパニーを見たとき、あまり迫力を感じなくて「これって実写になったらもっと迫力出そうなのに。」と、密かに思っていました。そしたら出てきましたよ、バッド・カンパニー!ほらね、思った通り。カメラアングルも相まってとても迫力が出ていました。実写化には向かないと思っていたジョジョですが、バッド・カンパニーについては実写が一番魅力的で、是非一度見ていただきたいと思いました。原作のジョジョのイメージを壊さず、さらに新しい魅力も追加しようと工夫して作られている作品だと感じました。第二章の公開を心待ちにしています。

30代男性
30代男性

荒木飛呂彦の大ヒットコミックを豪華キャストで実写映画化。日本の何処かにある美しい海辺の町、杜王町を舞台にスタンド使いと呼ばれる特殊能力者同士の死闘を描く。監督は多作で知られる三池崇史。日本中が、いや、もしかすれば世界中の原作ファンが待ち望んだ企画である。おそらく今まで何度も起ち上がっては消えていっただろう。それほどに難易度は高く、期待と不安を綯い交ぜにしてソワソワせずにはいられない。それもこれもあの『ジョジョの実写化』なのだから無理もないことである。原作の独特過ぎるタッチ、ジョジョ立ちと呼ばれる奇抜なポージング。おそらく実写で放たれるにはクセの強すぎるセリフ回し……など課題は多い。しかしアニメは高水準をキープし原作ファンからの評価も高い。動画になること自体は問題ないということは立証されている。それを踏まえ、本作に評価を下そう。「大失敗」だったと!とにかく、暗い……。途方もなく陰鬱な映画に仕上がっている。原作は数あるジョジョシリーズの中でもとりわけ明るくポップ。なのに何故?監督やスタッフは本当に原作を読むなりアニメを見るなりしたのだろうか?スペインロケを敢行した杜王町の町並みはまずまず。しかしそこに息づくキャラクターたちがもう、駄目なのである。無表情でブツブツ喋る。スタンドの名前すら叫ばない。見た目はモロにコスプレながらも似せようと努力しているのに、中身がまるで伴っていない。しかも展開がヒドく遅い。チンタラチンタラ話が進まないので苛ついてしまった。何より最悪なのは「第一章」と銘打ち、完全に続編ありきで終わっているにも関わらず、本作の興行が大コケした為に企画そのものが「凍結」してしまったというあんまりな事実である。こんな中途半端な代物があのジョジョの実写化だなんて……思わず涙が出そうになった。

20代男性
20代男性

まずこの映画はジョジョ四部のストーリーとしては虹村兄弟との戦いまで進みますが、所々に映画オリジナルの改変が加えられています。一例を上げると、山岸由花子は既に康一に接近しており原作とはある意味別ベクトルの危険さと管理願望が表現される事で改めて彼女の異常さが物語に深くは関わらないのですがじんわりと強調され、さらに本来ではまだ登場しないキャラクターである露伴やトニオの名が何気ない会話シーンでさり気なく出てくる所に原作ファンはニヤリとさせられるでしょう。この映画の見どころとしてはやはりフルCGで表現されたスタンド同士のバトルであり、特にアンジェロの『アクア・ネックレス』、形兆の『バッド・カンパニー』との戦いは、それぞれ『変幻自在の水』、『小さな軍隊』と言うのをとても上手に表現しており、勿論、主人公、仗助の『クレイジーダイヤモンド』の物を再生させる能力や、特技である『ドララララ』もしっかりと出すので暴れ回るクレイジーダイヤモンドを見る事が出来ます。そして、映画終盤では原作を読んでいるファンを引っかけるような『えっ?』と、言ってしまうある事が起きます。全体的な評価としては所々に『おや?』と思うような場面があるのも事実ですが、それでもジョジョの世界観を実写で再現しようとする試みが見られる作品でした

 

まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました