ジヌよさらば(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

コメディ
映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』予告編

ジヌよさらば(映画)の動画フルを安全に見る方法

ジヌよさらば ~かむろば村へ~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

ジヌよさらば ~かむろば村へ~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジヌよさらば(映画)の内容

映画『ジヌよさらば ~かむろば村へ~』は、2015年4月に公開されました。

原作は、漫画「ぼのぼの」などで大人気の漫画家・いがらしみきおさん作の漫画「かむろば村へ」です。

監督・脚本は、映画やドラマで俳優としても大活躍されている松尾スズキさんです。脚本家や演出家としての一面もあり、映画「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」では日本アカデミー賞・最優秀脚本賞を受賞されています。

映画「ジヌよさらば ~かむろば村へ~」は、銀行員でありながら金アレルギーになってしまった主人公が、お金(東北弁では「ジヌ」)と一切の縁を切った生活を目指して、東北地方の村で生活する物語。そんな主人公を演じたのは、映画「舟を編む」やドラマ「獣になれない私たち」など、数々の作品でおなじみの演技派俳優・松田龍平さんです。

 

コメディテイストが強くて、ずっと笑っていられます。要所要所で現実的なセリフやシーンが出てきて、はっとさせられる場面もありました。

個性が溢れる村人と、東京から来た主人公のかみ合わない会話が面白かったです!村で自給自足しようと試みますが、やはりお金が必要なのが人間…。それ以上に人とのつながりも大切だということが伝わる映画でした。

西田敏行さんの演技はいつ見ても素晴らしいですね。松田龍平さんのアンニュイな感じも映画にマッチしていました。二階堂ふみさんがとにかくかわいい!

「なんとかなる。思った通りじゃないけど。」というセリフが印象的でした。全体的には笑えるコメディなのですが、絶妙にほんわかした雰囲気のヒューマンストーリーでもあり…。いろいろな気持ちになる作品でした。

阿部サダヲさん、荒川良々さん、片桐はいりさんなど、個性あふれる俳優陣が多く出演されていて、とにかく笑った!という声が多くありました。王道コメディでありながらハッとさせられる、クセの強い作品です。

あらすじ

物語の主人公・タケ(松田龍平)は、東京で銀行員として働いていたが、ひょんなことからから金アレルギーになってしまいました。タケはお金を一切使わない生活をするため「かむろば村」へやってきます。村では、村長の天野(阿部サダヲ)やその嫁、亜希子(松たか子)、村のヤクザ(荒川良々)など、個性あふれる村人たちがが迎えてくれました。

ある日、タケは村に住む女子高生の青葉(二階堂ふみ)とキスしてしまいます。青葉は、タケが捨てた通帳を狙って近づいたのです。さらに、ヤクザと青葉はグルで、タケを脅迫しに来ます。村長が助けに来てくれますが、タケが運転したバスは大破し、さらに青葉にもケガをさせてしまいます。タケは責任を取り、新しいバスを弁償し、青葉とも結婚すると宣言します。

そのころ、かむろば村へ多治見(松尾スズキ)という男が現れます。多治見は村長の黒い過去を知っており、村長が指名手配されている週刊誌の記事のコピーを、村中にばらまきます。警察に逮捕された村長はタケに、村長選挙に立候補してほしいと頼みました。タケは、選挙演説で「お年寄りがお金を使わない村を作りたい」と演説します。

果たしてタケは当選し、お金を使わない村を作ることができるのでしょうか…!?

見どころ

前代未聞!お金アレルギーの主人公

お金アレルギーという設定は、これまでの映画にはないユニークなものですよね。実際には「お金がなかったらできないこと」が多くあります。何気ない幸せも、お金の上に成り立っています。それでも、この映画の主人公を通して、「お金=幸せ」ではないということに気づかされます。人とのつながりや愛があって初めて、「幸せ」なのかもしれませんね!

松尾スズキ×個性派ぞろいの豪華俳優陣

阿部サダヲさん、松たか子さん、二階堂ふみさん、西田敏行さん、荒川良々さん、片桐はいりさん…などなど、演技の幅が広い俳優陣が村人役を演じられてます。コメディテイストの強い作品でありながら、妙にしっとりとした雰囲気も感じられる本作。松尾スズキさんのシュールな脚本と個性派俳優陣とのタッグは、面白いこと間違いなしです!

スタッフ

原作:いがしらみきお「かむろば村へ」
監督・脚本:松尾 スズキ
音楽:佐橋 佳幸

キャスト

高見 武晴(タケ):松田 龍平
東京で銀行員として働いていたが、お金アレルギーになっていまい、退社。お金を一切使わない生活をするため、「かむろば村」へやってくる。

天野 与三郎:阿部 サダヲ
「かむろば村」の村長。世話焼きな性格で、引っ越してきたばかりのタケの面倒を見る。優しい性格に見えるが、暗い過去を持っている。

天野 亜希子:松 たか子
与三郎の妻。

青葉:二階堂 ふみ
村の美少女であり女子高生。東京にあこがれている。タケの預金を狙っている。

多治見:松尾 スズキ
与三郎の過去を知るヤクザ。

 

ジヌよさらば ~かむろば村へ~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ジヌよさらば(映画)の感想

40代女性
40代女性

一昔前の日本ならともかく、インターネットで世界が繋がっているのです。田舎だからといってお金を使わなくて良いという発想は現地の方の反感を買うのではないかと初めは思えました。でもむしろ本当の実態を知ることが出来て良いのかもしれません。携帯電話だって使っているしインターネットでお取り寄せだってやるのです。原始時代な生活をしているわけはありません。こんな地域はどこを探してもないでしょうしこんな変な病気もあり得ない、でもなんだか引き込まれました。こんな村、楽しそうで住んでみたいです。やっぱり生きるためにはお金は必要なのです。東京の銀行だといろいろな人を見てきていそう、そういった病気になるのも当然なのかもしれません。松田龍平さんが見たままのひ弱そうな役どころでぴったりでした。過疎化の進んだ村とは言えそれを演じる俳優陣はどこよりも豪華です。松たか子さんや二階堂ふみさんレベルの美女がいれば絶対話題となっていることでしょう。明るく楽しいバラエティと思いきや、松たか子さんが下着姿で縛られたり二階堂ふみさんのパンチラも見れたりとお色気要素も含まれています。なので子供と一緒に観るのは要注意だったりするのです。

30代男性
30代男性

東京からかむろば村へ青年が移住するところから物語ははじまります。一見するとごく普通の青年ですが、実は彼は、世にも珍しい「お金アレルギー」にかかっていたのです。お金アレルギーは、文字通り、お金を見たり触ったりすると体が震えたり、気を失ったり、アレルギー反応が起こる病気です(実際にあるのかは知りませんが・・・)。実際、彼は600万円入った自分の預金通帳をゴミに出そうとしたり、冬の寒い時期なのにヒートテックを着込んで暖房を一切つけようとしなかったり、レジ打ちのお金を見て卒倒したり、バイト代を現金ではなく現物支給でもらったり。とにかく自分からお金を遠ざけようとします。彼がお金アレルギーになった原因は、彼がそれまで東京の銀行に勤めていて、そこで融資先の中小企業の社長さんが融資の縮小をきっかけに自殺したのを見てきたせいでした。とても重い話です。そこからかむろば村に逃げてきたわけですが、彼には次々と過酷な運命が押し寄せます。美人局にあったり、バスの交通事故を起こしたり、ヤクザとのトラブルに巻き込まれたり、村長選挙に巻き込まれたり。なかなか救われない中でも、村長や奥さんの優しさに触れたりして、救いはあるんですが、全体的にはドロドロした話のオンパレード。予告編を見ると割とライトな話に見えるのですが、実際はバイオレンスな描写や性的な描写も多く、作品全体に乾いた笑いが散りばめられていて、一筋縄ではいかないストーリーです。人間の業を皮肉った質の高いエンターテイメントになっているのはさすが松尾スズキといった感じ。西田敏行さん演じるなかぬっさんがいい味出しています。

 

40代女性
40代女性

この作品は、主人公の事情を知らないと不気味な大人に思えるけれども、過去の事情や気持ちに触れたあとは、理解できるように思えた。いや、彼と同じ経験をしたのであればむしろ主人公のような状態、価値観になるほうがまともなのかもしれないと思う。精神を保つには。舞台が東北地方ということもあり、キャストの東北弁が飛び交い、村社会のリアルさえ感じてしまった。難しいなまりを意気揚々と話すベテラン俳優に改めてすごいなと。この難しい内容を監督した松尾スズキ氏に対しても同様に思う。綺麗事でジヌはいらないというのではない、主人公に対して暖かい対応をする村人がいて奇跡的だとは思える。村にはひとりくらい物わかりの良い人がいるものだとは現実ならないから。西田敏行氏演じる男の言葉が忘れられない。いい役だと思う。他のキャストには松たか子さん。まだ若い松田龍平さんの気の抜けたような風貌、目つきの悪さ、うまく演じていると思います。最初は誰かわからないくらいの薄弱そうな男に見えたのですが、失望や挫折のあとの人の状態をうまく演じていると思う。最初は分からなかったったジヌよさらば。。のタイトルの意味が、映画を見てから理解できました。

30代女性
30代女性

この映画は松田龍平さんが、お金恐怖症になってしまった元銀行マンの武晴という主人公を演じているのですが、松田龍平さんの、お金を見るとぐらっと倒れたりする演技が非常にうまくて、お金恐怖症じゃないのにお金が怖い演技が出来るなんて本当にすごい!と感動しました。映画自体も、さすが松尾スズキ監督なだけあってはしばしにユーモアがちりばめられており飽きることなく観られます。ただ、さすが松尾スズキ監督、破廉恥な方向に振り切っている部分もあるので、良い映画なのですが周りの友人たちにガツガツと勧めるのが若干ためらわれたりもしました。けれどやはり観て欲しさの方が勝ってしまい、結局勧めてしまうくらい面白いです。脇を固める俳優さんたちも、阿部サダヲさん、片桐はいりさん、二階堂ふみさん、西田敏行さんと、手練ればかりなので面白くないはずがなく、安心して観ることが出来ます。ちなみに松尾スズキ監督も出てらっしゃいます。私はほとんど予備知識なしでこの映画を観ましたが、「ジヌよさらば」の「ジヌ」というのが「銭」がなまった言葉だったということがなにより衝撃でした。めちゃくちゃな話なのですが、良い人そうに見えて欲望を我慢できない、でもどこか憎めない武晴を、個性の強い村人たちが助けていく、エンタテイメント喜劇映画です。

30代男性
30代男性

原作である漫画を基に、松尾スズキ監督がメガホンを取った作品。元銀行マンである主人公が、ある理由で東北の限界集落に移住することとなり、そこで起こる様々なハプニングやある意味ドロドロの人間関係を通じて、試行錯誤しながら新たな人生を生き抜いていくストーリー。一見、重いテーマと感じるが、作品はコメディータッチで展開されるため、全く飽きが来ず、一人で見ていても声を出して笑ってしまうほど。あっという間で、「もっと見たい」と感じさせる。それだけでなく、豪華キャストの俳優陣も見物。基本的に、登場人物はクセが強い設定の人ばかりだが、それぞれの役がぴったりとはまっていて、監督・演出・演技が見事にマッチしているのもこの作品の魅力である。もちろん笑いだけではなく、映画を見終わった後には、人間とは何か、生きていくこととは何か、お金とは何か、という大切なテーマを真剣に考えさせられる機会も与えてくれる。今の生活や人生に迷っている人、何か新しく始めようと考えている人におすすめ。タイトルの「ジヌよさらば」の「ジヌ」は主人公の名前でも登場人物の名前でもありません。そこにもしっかりとオチがついており、それぞれの登場人物の背景設定なども含めて細かな部分まで設計された深い作品であることは間違いない。

20代女性
20代女性

ジヌとはつまり東北弁の銭、金ということなんですが、金アレルギーでお金を使わずになんとか生活するために主人公が東北の田舎に向かう話です。松尾スズキさんが監督なので想像つく方も居ると思いますが、キャストも癖が強すぎます。そこが癖になります。かむろば村の村人にもそれぞれ自分哲学や自分なりの生き方、考え方があってそれを元に生活してるので、なんか考えさせられます。中でも、特に印象に残ったのは阿部サダヲさん演じる天野与三郎です。十分癖が強い人間が、その裏では過去に背負ったものの影響でどこまでも自分を捨てて生きてるような生き様が、なんか共感出来るなと。人間ってぱっと見では分からないけどそれぞれにしっかりとバックボーンがあって、特に田舎とかって東京と違って、その土地特有の空気感とかルールみたいなものがあって、都会から田舎に急に移住した人間にはそれはきっといきなりすんなり受け入れられるレベルのものじゃない。でも経験してきた事は違っても一応人間であることには変わりなくて、違う人間同士の集まりの中でなんとか成り立ってる。主人公にとって金を使わずに生きると決めた後、自分の生活のイメージと村での生活のギャップがどれくらいあったかは別としても、自分の感情や考えに従って自分なりの生き方を模索して行く事が出来るんじゃないかって思わせてくれる作品でした。ジヌよさらばしても生きていける場所が見つかればそういう生活も経験してみたいし、やってみないと実際それが自分に合ってるかどうかなんて分からないもんですよね。

 

まとめ

ジヌよさらば ~かむろば村へ~
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

松田龍平のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 夜空はいつでも最高密度の青色だ
  • 舟を編む
  • 散歩する侵略者
  • 青い春
  • まほろ駅前多田便利軒
  • まほろ駅前狂騒曲
  • 泣き虫しょったんの奇跡
  • モヒカン故郷に帰る
  • IZO-以蔵-
  • ナイン・ソウルズ
  • ジヌよさらば ~かむろば村へ~
  • 恋の門
  • 御法度
  • 北のカナリアたち
  • 麦子さんと
  • 誰も守ってくれない
  • 蟹工船
  • 46億年の恋
  • 世界はときどき美しい
  • I’M FLASH!
  • 恋愛寫眞
  • 悪夢探偵
  • 悪夢探偵2
  • 伝染歌

【ドラマ】

  • 土曜ドラマ ハゲタカ
  • 歪んだ波紋
  • 同期

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました