ジョーズ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ホラー・パニック
映画「ジョーズ / JAWS」ブルーレイ発売中 60秒トレーラー

 ジョーズ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『JAWS/ジョーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『JAWS/ジョーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 ジョーズ(映画)の内容

映画『JAWS/ジョーズ』は、1975年に公開されたアメリカ映画です。この映画は、巨大ザメによる恐怖を描いた作品で、モンスター・パニック映画の先駆けとなりました。

監督は、スティーヴン・スピルバーグ。映画ファンじゃなくてもご存じの監督ではないでしょうか。そんなスピルバーグが28歳の時の作品でユニバーサルと組んだ大ヒット作です。

原作は、ピーター・ベンチリーによる小説で、1916年に、海岸や川で泳いでいた人がホホジロザメに襲撃を受けたニュージャージーサメ襲撃事件が元になっていると言われています。(ちなみにこの事件のサメは捕獲され、大きさは2.5mだったとか。)

当初、原作者のピーター・ベンチリーが脚本を手掛けたようですが、スピルバーグから「面白くない」と却下。スピルバーグは友人のカール・ゴットリーブに依頼しました。(カール・ゴットリーブは俳優でもあり、地元紙の社長ベン・メドウズ役で出演。)

その結果、映画『JAWS/ジョーズ』は、原作の大筋をなぞりながらも専門的な部分は抑えた作品となったため完成を見た原作者は激怒。「こんなのヒットしない!B級監督だ!」とスピルバーグを罵ったとか。(原作者のベンチリーは、ビーチから人食いサメのニュースを伝えるレポーター役で出演。)

しかし、B級映画どころか大ヒットとなりスティーヴン・スピルバーグの名前を全世界に浸透させる作品となりました。

 

中盤以降までサメが実際に姿を現すシーンはないのに、サメが襲ってくるような海中のサメ目線での演出はお見事。サメそのものを映していないのに映っていると認識してしまう。

前半ほぼ気配だけなのに怖い。嫌な予感からのあの迫りくる音楽でハラハラが最高潮サメに喰われる時割と長い間意識あるのやだな~続く悲鳴の絶望感。

小学校以来で久しぶりに観たけどやっぱり超面白い!スリル!一瞬も目を離せなかった、やっぱり名作。

名作!パニック映画だけどホラー要素もあり、そして笑い所もあり、流石という感じ。死亡フラグの人間がしっかり死にw、ミスリードもあり、オチまで最高でした。ビーチの人々の水着やテントの色合い、あと市長のスーツがかわいい。

 

怖い映画だと分かっていたので、今まで見ていなかったけど名作だということで見たけどやっぱり怖い!とか、あまりの怖さに、2回は見られないなど、みなさんパニック状態のようです。

音楽についてもコメントが多く、サメが近づいてくる音楽”チャーラ、チャーラ、チャラ、チャラ、チャラ、チャラ”というあまりに有名な曲は、恐怖感がさらに倍増させますね。

あらすじ

アメリカ東海岸の海辺の町・アミティの浜辺に女性の遺体が打ち上げられ、町の警察署長マーティン・ブロディが急行します。あまりにむごい遺体を目の前にし絶句するブロディ。死因はサメの襲撃のよるもの。ブロディはビーチを遊泳禁止にしようとしますが、ボーン市長や町の有力者は夏の一番の稼ぎ時とあって拒否し、被害女性の死因を船のスクリューに巻き込まれたことによるものだと決めつけます。

そして、第2の犠牲者が発生。今度は海で泳いでいた少年がサメの餌食に。その少年の母親がサメ退治に懸賞金をかけたことで噂が広まり、懸賞金目当てにした人たちがアメリカ中からアミディの海に集まり、ビーチは大騒ぎ。

そんな中、地元の漁師がイタチザメを捕獲します。市民は人食いサメが捕まったと喜びますが、ブロディが呼んだサメの専門家で海洋学者のフーパーは、人食いサメはイタチザメではないだろうと、捕獲されたイタチザメの胃の中を確認しようと提案しますが、ボーン市長は聞き入れてくれません。ブロディとフーパーは、その夜、こっそりと捕獲されたイタチザメの胃の中を確認しますが、人を食べたという痕跡はありません。

その後、夜の海に船を出した2人は、アミティの漁師の船が漂流しているのを発見。その船の底には大きな穴が開いていてホオジロザメの歯を見つけます。すると目の前に漁師の遺体が倒れてきて、サメの犠牲者を発見!

翌日、ボーン市長に、人食いザメは、まだ捕獲されていないホオジロザメなので、海岸の閉鎖を訴えますが、ボーン市長は取り合わず、海開きの実施を決めてしまいます。

海開きしたビーチには、多くの観光客が押し寄せます。その中からまたしてもサメの犠牲になる最悪の事態が発生。これを受けてボーン市長もサメ退治する必要があると考えを改め、地元の漁師・クイントを雇います。

クイントをリーダーにブロディとフーバーの3人は船に乗り人食いザメの退治のため沖に出ます。そして、目の前に巨大ホオジロザメが出現し死闘が始まります。

見どころ

スピルバーグ作品で唯一のシーン

スピルバーグの作品には、子供が傷つくシーンはほとんどありませんが、映画『JAWS/ジョーズ』には描かれていて、少年がサメに襲われます。

第2の犠牲者となる少年が襲われるシーンは、とても恐ろしく描かれています。サメの姿は見えず、ゴムボートで遊んでいた少年が襲われ、海水が血の色に染まっていきます。

恐怖の巨大人食いサメ

映画『JAWS/ジョーズ』に登場するサメは、体長が8mで重さ3トンというモンスター。これは本物ではなく、サメロボット。あだ名はブルース。時速30kmで泳げるそうです。

しかし、このブルース、撮影中に壊れてしまったそうで撮影中止になりそうだったところ、カメラをサメ目線で撮影することに。なので、少年が襲われるシーンでも、サメの姿が見えなかったように、映画の前半部分はサメの姿は映りません。サメロボットのブルースの故障によりカメラをサメ目線とし、サメの姿を映さなかったことが功を成し、より恐怖を作り出せたのでした。

スタッフ

監督:スティーヴン・スピルバーグ
原作:ピーター・ベンチリー
脚本:ピーター・ベンチリー、カール・ゴッドリーブ
音楽:ジョン・ウィリアムズ

キャスト

マーティン・ブロディ:ロイ・シャイダー
地元の警察署長。原作では41歳。元はニューヨーク市警の警官。

サム・クイント:ロバート・ショウ
地元の漁師。荒くれ者の男で鮫狩りの達人。

マット・フーパー:リチャード・ドレイファス
若い海洋学者。

エレン・ブロディ:ロレイン・ゲイリー
ブロディの妻。優柔不断気味の夫を案じる良き妻。

ボーン:マーレイ・ハミルトン
アミティ市長。

 

『JAWS/ジョーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 ジョーズ(映画)の感想

50代女性
50代女性

『ジョーズ』を観たのは小学校4年生くらいだったと思います。札幌の映画館で父と姉と3人で観ました。テレビで予告編を観た時に「人喰いザメ」と言う怖い言葉と女の人が噛まれている苦しい表情に何故かそそられるものがありました。その女の人が人食いザメの映画の始まりでした。何を思ったか浜辺で全裸になり海に入る女性。その表情が苦悶に変わり海水が真っ赤に染まる。興味を持っていたシーンが冒頭に来た。まるでサビから始まる歌の様でした。その頃は知らなかったけど、映画の主演は「人喰いザメ」とリチャード・ドレイファス。青春映画にも出ていた名優です。人喰いザメは何とキカイだそう。今ならCGですね。海水浴客が収入源の小さな町。市長は収入源を心配し海水浴を禁じないところで恐怖は広がる。被害が広がったところで、自分の面子と事態収拾の策として「鮫退治」を指示するなんて、政治家は昔も今も同じなんですね。人喰いザメ退治をする男3人が集まった。町を守りたい男、金目当ての男、理由はそれぞれだけれど目的は「人食いザメ退治」。小さな木造の船はすぐ鮫に気づかれ襲われる。金目当てのフーパーが鮫に飲み込まれるところでその口を目掛けてダイナマイトを投げ込み、フーパーと共に鮫は爆死。生き残った2人は笑いながら船の木っ端をつかみ陸へと泳いで行くところで映画はハッピーエンド(??)になった。目の前で同士が犠牲になったのに、ハッピーエンドみたいに終わるのがアメリカらしいと今になって思います。ちなみに一緒に映画を観た小学校6年生の姉は暫く海に行けなくなりました。

30代女性
30代女性

スピルバーグ監督のサメパニック映画です。この映画のおかげでサメ映画が流行ったと言っても過言ではありません。実は、サメの全体が映っている場面は少ないです。それでも、あれだけ怖かったのだからびっくりです。最初、女の子が食べられてしまうところ、その女の子の遺体についての説明台詞を聞くだけでどれだけでかいサメか、想像できます。そして、水の中から泳ぐ足とかを映す演出がすごく怖いです。水に足をつけるのが怖くなりました。ジョーズってどういう話か、見るまではわかってなかったけど、後半はジョーズとの戦いでした。ジョーズをやっつけるために海に出航するところはなかなか勇ましくてよかったです。でも、海で戦わなきゃいけないなんて、人間側が不利だなと思います。どうにか、浅瀬においこんで戦うことはできなかったのでしょうか。船長がやられる描写はかなり怖かったです。まさか、殺されてしまうなんて、思っていませんでした。やられそうになっても生き残ると思っていたからびっくりです。主人公の一人が死んでしまうこと、子供も死ぬことなど、なかなかおどろきの多い映画でこれが今からだいぶ前に作られた映画だなんてびっくりしました。さすが、スピルバーグ監督だと思いました。

40代女性
40代女性

初めて『JAWS/ジョーズ』を見た時の衝撃は忘れられません。穏やかなビーチが、恐ろしい場所へと変わるのです。ジョーズは巨大で、執拗で、想像以上に賢くて、「サメほど怖いものはない」と思ったものです。海の中では人間は無力だなと感じてしまいます。映画『JAWS/ジョーズ』の影響で、大人になってからも海に入るのは大変苦手です。地元にあんな恐ろしいサメがいるはずはないとは分かっていても、ついあの映画が頭をよぎってしまうのです。もしあんなサメが出てきたら、と思うと砂浜より向こうには行きたいとすら思いません。さらにあのBGMも、一度聞いたら忘れられないほどのインパクトがありますよね。そんなトラウマを生んだ映画なのですが、面白いのは事実です。怖い怖いと感じながらもつい何度も見てしまうのです。これまでに何度見てしまったか自分でも分からないほどです。サメが登場して人を襲うという内容の映画は決して少なくありません。数えきれないほど作られています。しかしインパクトでいえば現在でも『JAWS/ジョーズ』がダントツだと思っています。古い映画ではありますが、見た人に強烈な印象を残すのが映画『JAWS/ジョーズ』です。

40代男性
40代男性

初めて見たのは小学生の頃だったので、サメが海の中にうようよしていて、噛まれたら死ぬんだと思ったら、やたら怖くなったのを覚えています。スリラー映画、パニック映画というジャンル分けになるのかもしれませんが、名作だと思います。恐怖をあおる方法としてそうなっているのかと思っていましたが、JAWSというくらいで巨大なサメが出てくる映画なんですが、映画始まって相当長い時間姿を現しません。ただ、サメ目線のカメラワークがあり、それがまた恐怖を掻き立てるのですが、実際の撮影の時のエピソードとしては、マシーンのサメを作ったのだが、故障がとても多くて、撮影は難航し、大きく予算オーバーしてゆき、なんとかマシーンのサメの登場回数を減らすことで、何とか撮影を終わらそうという事になり、アイディアを出して、サメから見た目線を使うことにしたらしいです。結果それが緊張感を生んでいるので、けがの功名というやつでしょうか。ロイ・シャイダーやリチャード・ドレイファスなど、名優たちが出ているのもポイントです。この映画を見た年の夏はなんだか海に入るのが怖くなったくらい、見た人の心に深く刻まれた映画だと思います。時間がたった今も名作と言えると思います。

30代男性
30代男性

アメリカ東海岸に位置する海辺の田舎町アミティの浜辺に若い女性の遺体が打ち上げられたことから物語は始まり、警察署長ブロディが登場するシーンする。ブロディは、考えることができる警官で、自分が納得するまでは、どんな既成概念も認めない。「海の侵略者」を浜辺に近づけないために、アミティのビーチを封鎖しようとするが、アミティ市長の反対がある。そこには、町を経営する政治家たちとのやり取りもあり、ただの海洋アクション作品ではない一面を示唆している。そして、「海の侵略者」により、幼い子供が第2の犠牲者になる。そして、町は「海の侵略者」である巨大鮫ジョーズに賞金を懸け、アメリカ全土のハンターが集結する事態に広がってしまう。警察署長ブロディは海洋学者のフーパーの協力を得て、鮫の調査に入る。この神経質のフーバーと町の荒くれ漁師クイントと手を組み、巨大鮫狩りへと海に出る。この3人の曲者同士のやり取りは見ていて面白い。海に出て、初めは、なかなか手の内を見せ合わない3人だったが、夜の酒盛りを機に親密な関係を築いていく。そして、そこに登場するのが巨大鮫ジョーズである。こうした、舞台の盛り上がり、人間味の発展の裏に、恐怖をちらつかせるのは、異色ホラーとも言われているこの映画の醍醐味だろう。そして、何人もの協力者である海の男たちも次々と「侵略者」に食い殺されていく。その各シーンがリアルであり、恐怖心をそそっていく。クライマックスでは、頼りの綱だった、漁師クイントと海洋学者フーパーすら鮫の餌食にされてしまう所は圧巻だ。ただし、監督スピルバーグは絶対に後味の悪い映画は作らないので、最後に驚きの生存者なども用意しているところは憎い演出だと思う。

30代女性
30代女性

スピルバーグの作品であり、冒険心をくすぐる作品が多い中、人食いサメとの死闘を描いたストーリーに意外性を感じ、人がサメに食べられて死ぬという描写は強い衝撃を受けました。最初に人食いサメが出た際の犠牲となった少年の両親によりサメ退治が賞金化されたことで、人の命よりも欲に目がくらんだ人間の愚かさを感じました。また、サメが捕らえられたことにより、真相をきちんと調べないまま解決としてしまい海開きを決行してしまう様子に、危機感のなさを感じられその後再び起こったサメによる被害にようやく本格的にサメ退治に動き出した姿に恐怖と共に呆れを感じました。事件を起こしたサメを退治したことで結末を迎えていましたが、サメの脅威は海から消えたわけではなく、海に対する恐怖が続く作品に感じられました。起こった出来事を良いように考えがちな人間の悪いところが描かれた作品に感じ、何かあってからでは遅いと強く感じました。今ある生活を当たり前と思えない展開に現在のコロナウィルスに似た状況を感じられました。起こった当初はどこか軽く考えられていたことも被害が大きくになるにつれてやっと大きくなる危機感や解決したとは言い切れない残る不安感に現在に似ていると感じ、この作品によって危機感を持った生活の重要性を改めて感じさせられました。

30代男性
30代男性

サメが登場するという感じの映画と言えばやっぱりこれという感じのものです。ストーリー的にはよくある展開ではありますが、ここが大本の映画なんですから当たり前というのは当然と言ったところです。ごく普通の海水浴ができる海で、突然出てくる人食いサメというとても身近でリアルな感じがする王道のサメ映画というような感じです。ちょっとした安心感を出すような演出からの突然の恐怖やパニック演出と言った、後々の作品に影響がありそうな感じの作品感でとてもいいです。70年代に作られた映画ではありますが、こてんてきながらもしっかりと基本的な部分ができていて、古さを思わせない恐怖も十分です。CGや映像技術がまだまだなかった時代のものとはいえ、ハリボテ感を感じさせない用にしっかりと作り込んだ感じは素晴らしいです。サメに対する恐怖感の映像や演出もよく、そのサメに対してどう退治していくのかもなかなか大きな魅力だったと思います。もうちょっと話の展開を盛り上げる要素もあったらいいようにも感じる方もいるかもしれないですが、この時代なら十分でしょう。サメ映画をこれから見始める人や、サメに対する大きな興奮を味わいたい方にとっては刺激的な作品になると思います。

50代男性
50代男性

初めて見たときは小学生でした。その時の衝撃は忘れられません。特に船の底に穴が開いていて、そこから襲われた人の顔が現れるシーンは、小学生だった私のトラウマになるような経験でした。トラウマといっても、苦しむようなことではなく、そのあともテレビで放送されたりするたびに、観ずには居られなく、そのシーンになると心臓が締め付けられるような思いを何度もしたものです。その様な衝撃的なシーンもありますが、何度も見ていくうちに、この映画のいろいろな良さを感じるようになっていきました。特に登場人物一人一人が独特のキャラクターを持っており、それぞれの役割がこの映画のストーリーに大きく役立っているように感じます。この手の映画によくある、感情的になって騒ぐような登場人物ではなく、一人一人がこの映画の展開に必要で重みを加えるものとなっているのです。ストーリーは悲惨な場面も多く、悲劇的な終わり方ともいえるのですけど、最後のシーンは希望を思わせる、ある意味ほのぼのとしていて、この映画を見ている間中感じていた緊張感を一気に開放してくれます。この映画の良さは、個々に見られる衝撃的な場面、主要登場人物の絶妙な立ち位置、そして終わった後の解放感、まさに三位一体の味わいです。

 

40代男性
40代男性

一言で言えば時代を超えて語り継がれていくべき作品だということです。私が初めて勝したのはまだ小学生の頃でしたが、目を背けるほどの怖さを覚えたことを今でも記憶しています。スティーブンスピルバーグ監督といえば、誰もが知っている巨匠ですがどうしてもSF映画のイメージを持っていると思います。しかしながら、巨大なサメを人間の脅威として描き、最高のスリラー映画、ホラー映画、パニック映画として描ききっています。人間が自然に対してどれだけ無力化をこの映画を通じて描きこともできていますし、いつも楽しんでいる海水浴もそれほど安全なものではないと言うことをこの作品を通じて知ることができたのかもしれません。また、今でもこの映画のおかげでサメの怖さ、人食い鮫がどれだけ恐ろしいものかを潜在的に世界中の方々が認知していると言えるでしょう。それぐらいインパクトがある映画だったと思います。そして今でもあらゆるところで使われているバックグラウンドミュージックに関しては、誰もがこの映画で使われていたと知っているほど有名な楽曲になっています。数十年前の映画ながら、今見ても非常にスリルを感じますし、コンピューターグラフィックをフルに活用していないながらもリアルさを感じる素晴らしい作品だと思います。

50代男性
50代男性

二十一世紀に入ってCGでどのような映像も可能になった今では、この映画の映像だけで怖がることは子供でも少ないとは思います。ただ、そのような特殊技術が未熟だった時代に、サメ一匹であれだけ観客を怖がらせてラストまで惹き付け続けただけでもこの映画は傑作と言えるでしょう。「恐怖の対象が姿を現さないことによる恐怖」これはヒッチコック作品の時代から使われている、映像よりも心理に働きかける方法ですが、この映画はその手法を最も効果的に使った作品だと言えます。観る者はこの映画の主役はサメだとわかって観ているのですが、それがいつまで経っても何人人が殺されるシーンがあっても姿を現さないことに、ジレて来ると同時に恐怖を募らせていきます。この演出の素晴らしさだけでもこの映画を、今のCG映像を見慣れている人も観る価値は充分にあります。もう一つこの映画が当時斬新だった点は、「サメ目線による映像です。」サメ自身は姿を現さないのに、人を襲うサメの視線で水中を進み人に襲いかかる映像は、今でも斬新です。この二つの手法とも実は制作費が少ないことによる苦肉の策だったという監督の談話を聞きましたが、今となっては豊富な制作費でいかに精巧なサメを使ってもこのような恐怖を煽る映像にはなっていなかった気がします。

まとめ

『JAWS/ジョーズ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました