今日も嫌がらせ弁当(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『今日も嫌がらせ弁当』予告編

今日も嫌がらせ弁当(映画)の動画フルを安全に見る方法

『今日も嫌がらせ弁当』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『今日も嫌がらせ弁当』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

今日も嫌がらせ弁当(映画)の内容

映画『今日も嫌がらせ弁当』は、2019年6月に公開されました。

原作は、月間約350万アクセスを記録したブログ『ttkkの嫌がらせのためだけのお弁当ブログ』から、特に反響の大きかった弁当と日記を抜粋して出版されたエッセイを基に映画化されました。

監督・脚本は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」の塚本連平さんが務めました。

高校生の娘の反抗期を、母はキャラ弁で逆襲をするという親子の物語となっております。母・かおりは篠原涼子さんが演じており、多くの親から共感を呼ぶ「本音で生きる」新たな母親像を誕生させました。娘の双葉は芳根京子さんが演じ、若手実力派として思春期真っ只中の繊細さを見事に演じきっております。さらには、佐藤隆太さん、松井玲奈さん、佐藤寛太さんらが共演しております。

八丈島に行ったことないけど、景色も空気も人々も清々しくていい所ですね。景色や雰囲気良かったですが、ラストも感動的にまとまっていて、もらい泣きしてしまいました。

子供のために、毎朝5時から3年間毎日休まずに作り続ける親の思いがたくさん詰まっていました。しかも、毎日新ネタを考えれるなんて、信じられないですし、本当に尊敬します。

これは映像化してはダメでした。いいおっさんなのに、ブログを読んで涙腺崩壊したんだから…。もちろん映画でも号泣させてもらいました。
また、食べ物も美味しそうに描かれていて、感動もあり、休日の午後にゆっくりと観たい理想的な日本映画です。

映画を観て、大切な気持ちを思い出し、ちゃんと気持ちを込めてお弁当を作ってあげたいなと、改めて感じました。
最高の家族愛を感じることの出来る名作です。

登場人物、ストーリー、ロケーション、雰囲気、音楽などの全てが高評価で、子供は親への有難みを、子は親への感謝を感じれる作品になっております。

何よりお弁当が美味しそうですので、しっかりご飯を食べてから見ることをオススメします!

あらすじ

自然と人情が豊かな八丈島。シングルマザー・かおり(篠原涼子)と、次女・双葉(芳根京子)と二人で暮らしていました。「大きくなったら、一緒にレストランやるの」と、本当にお母さんのことが大好きだった、可愛らしい娘はどこへ行ってしまったのか…。

長女・若葉(松井玲奈)は高校を卒業後、家を出て地元のお菓子工場で働いており、双葉は反抗期に突入し、生意気な態度で何を聞いても返事すらしない有り様です。

そこで、かおりは双葉に『嫌がるキャラ弁』を作り続けて逆襲をすることにしますが、やがてお弁当は、会話のない娘への大切なメッセージへと変わっていきます。

果たして、かおりが想いの全てをこめて作ったキャラ弁、娘の高校生活3年間のフィナーレを飾る『卒業弁当』とは…?

見どころ

実話を基に映画化された本作。日々本当にこんなお弁当を作ってきたお母さんがいた、という素敵な記録になっております。

原作者・Kaori(ttkk)さんが手掛けたオリジナル「嫌がらせ弁当」は言わずもがな凄いレベルの作品ですが、映画の中で再現された「嫌がらせ弁当」の数々も素晴らしい出来栄えに仕上がっております。

あらすじには記載しておりませんが、かおりが立ち上げたブログに触発されて、お弁当作りを頑張るようになったシングルファザー・岡野信介(佐藤隆太)と、幼い息子の交流もほろりとさせられる一幕になっているので注目です。

また、全編を通して八丈島の美しい風景が作品とマッチされており、素敵な世界観が表現されております。八丈島のお店や、学校、そしてエキストラの皆さまも大勢参加して制作されたと思われており、いつか訪れてみたいな、と思わせてくれる、素敵なご当地ムービーでもあります。

スタッフ

原作:Kaori(ttkk)「今日も嫌がらせ弁当」
監督・脚本:塚本 連平
音楽:羽深 由理

キャスト

持丸かおり:篠原涼子
朝から夜中まで働くシングルマザー。料理が大好きで娘たちにキャラ弁を作りブログで紹介している。

持丸双葉:芳根京子 / 落井実結子(幼少期)
クールな次女。八丈高校の家政科に通っている。白黒ハッキリつける母にうんざりしている。

持丸若葉:松井玲奈 / 船木愛理亜(幼少期)
長女。高校を卒業して母と同じお菓子工場で働いている。一人暮らしのアパートは妹の逃げ場にもなっている。

持丸島次郎:岡田義徳
大工として一家を養っていたが、12年前に妻から頼まれた買い出しの途中で事故に遭い亡くなる。

山下達雄:佐藤寛太
双葉の幼馴染。世界をまたにかけて八丈太鼓を演奏するという野望を抱いている。

岡野信介:佐藤隆太
グラフィックデザイナー。半年ほど前に妻を病気で亡くし、新米シングルファザーとして奮闘している。かおりのブログ読者。

岡野健太郎:鳥越壮真
信介の5歳の一人息子。母が亡くなったことが理解できず、自分のわがままのせいで帰ってこないと思い込んでいる。

浩実:村上知子(森三中)
かおりが務めている居酒屋の常連客。かおりの理解者でいつも応援している。

栄子:山谷花純

美鈴:碓井玲菜

椎名:牧野真鈴

『今日も嫌がらせ弁当』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

今日も嫌がらせ弁当(映画)の感想

40代女性
40代女性

書籍が話題になってから「嫌がらせ弁当」ブログをちょいちょい覗いていて、面白いなあと思っていました。そのブログが、まさか感動の映画になるとは驚きでした。私は自分ではキャラ弁は面倒なのでやりませんが、お弁当作りはけっこう好きです。自分のためだけに作るのなら、白飯の上におかず1品をドドンと乗っけたもので充分なのですが、夫や子供のために作るときはどうしてもちまちまといろいろ入れたくなります。卵焼きも、甘いのやお醤油を入れたものなど作る相手の好みによって味を変えたり、別の容器にフルーツを入れたり。そのフルーツも、お弁当には形のよいものや皮がきれいにむけたものを入れて、自分はその残りで満足してしまいます。それはきっと、弁当には相手を思う気持ちが自然に詰め込まれていくからなのでしょう。映画もそんな日常の感じを、決して重くなりすぎず元気よく切り取っていて心が爽やかになるようでした。自分が娘の立場で見た後で、歳を重ねて母になってから見ると、また楽しめようなそんな映画です。うざがられても、文句を言われても、母は意外と平気なものなのです。それは自分もかつて同じように娘であったからで、そんな女性としての心理がすっきりと描かれていると感じました。島の美しい風景も良かったです。

 

20代女性
20代女性

私の母親は、中学3年間、高校3年間計6年間・・・毎日ではなかったけどお弁当を作ってくれた思い出も色々頭に思い浮かんでいて、そういえば私もこの子のようにいつも反抗していて母親の話なんて聞かないで無視していたことや気に食わなくて八つ当たりしていたこともよくあったなと思ったし、今では主婦として朝食や昼食を作ったりしていて母親の辛さや大変さ、そして子供の反抗する気持ちも凄く共感できたのでよかったです。ただただお母さんの大変さや娘が母親を思う気持ちそれでも反抗しちゃう娘の気持ちも切なくて映画館ですごく泣けました。物語の内容もシングルマザーの母親から反抗期の娘への愛情たっぷりの嫌がらせ弁当で、物語では母親が倒れるまではこれといった事件が起こらず、ただただ日々の毎日の嫌がらせでお弁当を作ったりするだけの平凡で当たり前ではない日常が描かれていて母親と娘の関係もよくある設定なのが凄くいいなと思います。それで何よりもすごいなと思ったのが毎日嫌がらせとしても愛情満点で美味しそうあキャラ弁を作れるなんて尊敬の一言でしかないしこんな風に愛情を表現してくれて素敵だなって私は思います。とても素晴らしい作品だったと思いました。

30代女性
30代女性

タイトルに引き込まれて観ました。八丈島に住むシングルマザーで持丸はるか(篠原涼子さん)が主演です。バリバリのキャリアウーマンの役を見ているのでシングルマザー役は何か新鮮な感じがします。そして服も地味だけど何か元の顔が良いので、何でも似合ってしまうのですね。羨ましい限りです。そして、反抗期の娘、双葉のために毎日毎日心のこもった嫌がらせのお弁当を作り始めるのですがこれがまた凄いです。朝は何時に起きてあのゲッツの弁当やボンドの弁当を作っているのでしょうか。めちゃくちゃクオリティが高く、なかなか真似出来ないですね。たまにならなんとか作れますが、毎日だと無理です。いや、ある意味凄すぎです。そのお弁当をクラスのみんなが見るので娘()は恥ずかしく、それはそうかも?でも逆に自慢出来ますね私なら。けど思春期でしかも反抗期の高校生だから流石に恥ずかしいかな?恥ずかしく思いながらもちゃんと作ってくれる母には感謝しつつ、何かほっこりと和むような愛情溢れるストーリーでした。私も思春期の娘がいますが今はまだ反抗期はないけど高校に上がって反抗期がきたら早起きして、嫌がらせ弁当を作ってみようかなと思いました。コメディ映画や感動ものいいですね。双葉役の子可愛くて演技力いいです。これから期待のある女優さんですね。頑張って欲しいです。

 

20代男性
20代男性

今日も嫌がらせ弁当の感想といたしましては、実際にあった話を元にして映画を制作しているというところにすごく面白さを感じました。こんなに非現実的なことなのに実際にあったことというのがそもそも面白いし、お弁当だけでここまでの話を作り上げるというのはすごく面白いなと思いました。ストーリーも反抗期の娘と母親という視点からお弁当を通じての会話をテーマにしているのですが、反抗期でなかなか生意気な口を聞くようになっていき無視などもされるようになったのでお弁当で嫌がらせをしてみようという母親の行動がストーリーの軸になるのですが、凝ったお弁当を卒業まで作り続けたというのは母親の信念をすごく感じます。お弁当を通じて母親と娘との会話が出来上がっているような感じがしたのでそこがすごく面白かったです。また、お弁当を通じて人間の心情を見事に描き切っている作品であり、私の反抗期を思い出すような映画になっていてすごく懐かしかったです。また、主演は篠原涼子さんなのですが、母親役が板についていて、かっこよくて凛々しい母親像を見事に完成されているなと感じました。また、役柄的にシングルマザーということでよりしっかりした母親像で憧れを感じました。

40代女性
40代女性

主演の篠原涼子さんと、次女役の芳根京子さんは、どちらも、これまでの作品を観た時に、ちょっとわざとらしい演技が多いように感じられてあまり好きではなかったので、映画を観る前は(どうしようかな…)とちょっと迷いましたが、見事に良い方向に期待を裏切られました。この2人の演技では、泣かないだろうとタカをくくっていましたが、大好きな母への想いもこみあげてきて、涙がとまらなくなってしまい困りました。私が、学校にお弁当を持って行く頃は、まだ今のように“キャラ弁”が流行っていなかったので、母の作るお弁当は、いわゆる“茶色い弁当”で、華やかな盛り付けをしてある友達の弁当を見てはうらやましく思い、母には「もっとかわいいお弁当にしてよ!」と文句ばかりを言っていましたが、自分がその年齢になってみると、どんな思いでお弁当を毎日、作ってくれていたかということがよくわかるようになりました。お弁当というのは、作ってもらっている時代や、作ってあげている時代というのは、お互い面倒なことのほうが多いのかもしれないなと思いました。それにしても、篠原涼子さんが作るキャラ弁は、どれも見事で、貞子風や、お茶漬け風から、「お皿片付けろ!」という、まさに「嫌がらせ弁当」は、私が娘ならやっぱり腹が立ちながらも期待してしまうだろうなと思いました。

30代女性
30代女性

この作品は、予告通り笑いあり涙ありの作品。この作品は、篠原涼子演じるシングルマザーかおりと、その子供の若葉と双葉のお話。双葉は高校生で反抗期で、映画を見進めるうちに私は自身の学生時代を思い出していた。高校生にもなってキャラ弁を作られる恥ずかしさ、私の母親もキャラ弁を社会人になった時でも待たされていたので双葉の気持ちはものすごくわかる。かおりはかおりで、キャラ弁は双葉の反抗期への仕返しだとしているが、作るお弁当はユーモアたっぷり。小島よしおから貞子まで、ありとあらゆるお弁当が出てくる出てくる。夜は内職をしたりと非常に忙しいのに、こんな細かいお弁当作り大変だよねと見ながら心温まってくる。見ていて一番涙腺が崩壊したシーンはオムライスについて若葉と双葉が語り合うシーン。「なんでうちは月末にオムライスが多いか知ってる?給料日前の家系にオムライスはぴったりだからだよ」この若葉の言葉で、ああそうだお母さん一人で仕事もお弁当作りも家事もやってくれてるんだとふと思い出す。それと自身の母親を重ね合わせて、いつもどれだけ感謝できていたのだろうと当たり前になりつつあった日常を思い出した。この作品は実話を書いたブログ記事が元となったそうで、この心温まる作品を映画化してくれたことに感謝。ぜひまだ見てないという方は見てほしい。

40代男性
40代男性

シングルマザーである持丸かおりが娘である双葉との闘いです。闘いと言っても殴る蹴るではなく、ただのお弁当を作るのではなく、高校生の娘には合わないキャラ弁を作ることで嫌がらせをすることです。自分はこの映画を見て思ったことは、よく3年も続いたと感心しました。お弁当を毎日作るのも大変なのに、キャラ弁とは驚きました。お昼休みに双葉の弁当箱を開けるのを皆が注目していて、自分なら恥ずかしくて見せたくないです。それでも双葉は毎回残さず食べきっていました。会話はないけど、本当に嫌だったら食べなきゃいいのに~。食べるということはそれほど関係が悪いとは思わなかった。双葉が好きな太鼓打ちの同級生に弁当を作った時は、残念でしたが、まさか彼女がいるとはびっくりしました。双葉は落ち込みました。そんな時に疲れが出て倒れてしまいました。シングルマザーで2人の娘を育てるために、いくつもの仕事をして、さらに双葉に毎日キャラ弁を作っていたので疲労がたまったのでしょう。いつも元気な姿しか見ていなかった双葉はショックを隠せなかった。入院している母親が病院から抜け出して、双葉にキャラ弁を作った。卒業式が終わって大きなキャラ弁を開けると、双葉は嬉し泣き。双葉が東京での就職が決まって、八丈島を出る時に双葉は今までの感謝の気持ちを手紙に書いた。母親は手紙ではなく実際にお別れが言いたいと言って、若葉の運転で向かった。最後に実際にお別れができて良かったです。双葉が作った弁当を食べて、母と若葉は美味しいと言ったのが印象的でした。

 

40代男性
40代男性

八丈島を舞台に母と娘の心温まるストーリー。シングルマザーのかおりは反抗期の次女、双葉に対して、コミュニケーションが取れず、ケンカが多い事から双葉の嫌がるキャラ弁を作り続ける事で対抗します。始めはケンカの発端から始まったキャラ弁が母から娘へのコミュニケーションツールに変わっていきます。双葉も「うざい」と嫌がりながらもかおりのメッセージを受け取る様に残さず食べて行く所が言葉に出さず返事をしている様な気持ちになりました。その後、かおりはブログを始めて同じシングルの岡野と知り合います。二人は恋仲では無く励まし合う仲になっていきます。双葉は3年生になると東京での就職を決意しますが、かおりが脳梗塞で倒れてしまいます。双葉は状況を諦めますが、かおりは東京に行かせます。双葉の卒業式では入院中のかおりが双葉の姉、若葉の協力の元で病院を抜け出し、お弁当を作って若葉に託します。双葉がお弁当を開けると海苔の卒業証書があって、嫌がらせ弁当を3年間残さず食べ続けた功績が綴られていました。かおりと双葉の間に挟まれている若葉の存在がとても健気に感じました。最後は双葉からの手紙を読んで送り出すかおりと若葉の姿と手を振って二人に応える双葉の家族愛に共感しました。

30代女性
30代女性

題名を聞いた時、あまり面白くなさそうかなと思いましたが、あらすじを読んで私にも子供がいるので見てみようと思いました。最初はキャラ弁作りの話がずっと続くのかなと思いましたが、お弁当を通して子供とコミュニケーションが取れるようになり少しずつ変化があり見入っていました。まだ私の子供は小さいですが、思春期になったときに、お弁当が子供と繋いでくれるのか、と思うと普段のお弁当が作りが楽しくなりそうな気がしました。キャラ弁を作ってあげたことがなかったので、子供が喜んでくれるなら作ってみたくなる話でした。お弁当作りを面倒と思っている人、子供の反抗期で困っている人が見ると、もう少しがんばってみようと思える映画です。お弁当だけではなく、反抗期の娘に対する接し方や、話し方もとても勉強になります。あまり深く聞かずにお弁当にメッセージを込める方法も新しい発見でした。出演する演者さんが少なく、狭い世界の映画だなと思いましたが、最後はとても感動し温かい気持ちになれる映画でした。ただ、キャラ弁作りについて聞いてくるシングルファーザーの家族も出てきましたが、子供がなぜお父さんに反抗してどうやって和解できたのかよくわかりませんでした。この家族について、もうすこし詳細に描いてほしいと思いました。

 

20代女性
20代女性

この作品は母親と双葉のバトルが、とにかく笑えました。母親が双葉に対して真正面からぶつかっていくところが、見ていて迫力がありました。双葉はマイペースなところが良かったです。親子がその場にいるのに、LINEで会話するのが印象的です。双葉のあまり話したくないのも、どこかわかるような気がします。反抗期は誰でもあるからこそ、とても親近感がありました。そして母親のキャラ弁のクオリティーが高くて、とても驚きました。実際に存在するものを、しっかり表現しているのがとにかくすごいなと思いました。母親も前の日の夜から考えているのが熱心に感じました。双葉の周りの子たちも毎回楽しみにしているのが面白いと思いました。双葉がお弁当のフタを開ける瞬間は、どこかハラハラドキドキしているだろうと思います。またお弁当にメッセージなどを書くようになったのがより笑えました。なかなか面と向かっては言えないような素直な気持ちを、お弁当の中で伝えようとするのが斬新だなと思いました。母親としてはいつか伝わってほしいという、切実な想いがあるような気がしました。親子の関係はなかなか難しいけど、お互いどこかでちゃんと話したいという気持ちがあると思いました。

 

まとめ

『今日も嫌がらせ弁当』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました