悼む人(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画「悼む人」予告編1

悼む人(映画)の動画フルを安全に見る方法

『悼む人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『悼む人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

悼む人(映画)の内容

映画『悼む人(いたむひと)』は、2015年2月に公開されました。

原作は、天童荒太さんの同名小説で、第140回直木賞受賞作品。2012年10月には脚本・大森寿美男さん、演出/監督・堤幸彦さんにて舞台化もされており、本作の脚本・監督も変わらず担当しております。

映画『悼む人』は、人の「生」と「死」について深く向き合っていく人々の姿を描いた作品で、主人公の坂築静人を高良健吾さんが演じ、椎名桔平さん、石田ゆり子さん、大竹しのぶさんなど豪華な実力派俳優陣が脇を固めております。

誰に愛され、誰を愛していたかを思い出し、多くの涙を呼んだ感動作です。

出演者さんの演技がとても素晴らしく、生と死、そして家族や愛についていろいろ考えさせられました。せつなくも優しい作品だと思います。

正直、私は一人の死も受け止めることなどできそうにないです。ですが、亡くなった人の為に犯人を恨まず、誰に愛され誰に感謝されていたかを問い続ける主人公に心惹かれました。

今までに見たことなく、個性溢れる映画だと思います。最後の最後まで引き寄せられました。

「悼む人」という難しいテーマに挑戦し、人間への限りない優しさを表現してくれた全てのスタッフに感謝します。出演されている俳優陣もそうそうたるメンバーで見応えがありました。

スタッフさんはもちろんですが、豪華俳優陣たちが「悼む人」という難しいテーマを見事に表現してくれていますね。

派手さは無いですが心に残る良作となっております。

あらすじ

坂築静人(高良健吾)は、事故や事件など不慮の死を遂げた人々を“悼む”ため、死者がどのように愛し愛された人生を送ってきたかを思い浮かべながら、日本全国を旅していました。

旅の途中、静人が出会ったのは、残忍な殺人や男女の愛憎がらみのゴシップ記事を得意とする週刊誌記者・蒔野抗太郎(椎名桔平)です。彼はこういった記事ばかりを書いているので、静人のような善意などを信じることができずにいました。

そんな静人の行為は、遺族をはじめ周囲の人間からはなかなか受け入れられません。警察沙汰になることや、理解してくれる人もいない中でもくもくと悼みの旅を続ける彼を黙認し、帰りを待ち続ける家族がいます。そんな家族の中にも大きな転換期が訪れました。

死とは、愛とは、生きるとはなんなのか?壮大なテーマを掲げる物語の始まりです。

見どころ

高良健吾の演技力が光る

高良さんは某雑誌の対談で「これまでの10年は、この役のための準備だった」と、語っており、デビュー10周年最初の主演作という特別な想いがあったそうです。

ただいるだけ、歩いているだけの動作でも、心から出た動き、身体から出たセリフが伝わり、高良健吾ではなく完全に坂築静人となっておりました。

素晴らしい俳優さんで、彼の演技の幅が広がった作品です。

高良に負けない豪華俳優陣

椎名桔平さん
雑誌記者・蒔野抗太郎を演じ、嫌な男の役でありながも、静人に疑問を投げかける「映画鑑賞者の代弁者」という難しい役柄にも担っておりますが、巧く演じていました。

石田ゆり子さん
清楚で透明感のある美しさに魅せられたファンの方が多い印象ですが、本作ではイメージを破壊するほどのハードなシーンが多かったでした。
ですが、清楚で透明感のある美しさは健在で、その凛とした女優魂には感動しました。

大竹しのぶさん
静人の母・巡子は自身の死に直面しながらも、息子・静人を弁護し、信じ、理解し、聖母のような役柄です。特にラストシーンは、表情だけでたくさんのものを伝えられるのかと感心させられました。素晴らしいので、注目してください。

他にも、貫地谷しほりさん、麻生祐未さん、平田満さん、戸田恵子さんなど、個々の演技力が光った作品です!

スタッフ

原作:天童 荒太「悼む人」
監督:堤 幸彦
脚本:大森 寿美男

キャスト

坂築静人:高良健吾 / 大西利空(幼少期)
ど不慮の死を遂げた人々を“悼む”ため、日本全国を旅している。

坂築巡子:大竹しのぶ
静人の母。末期がんに侵されている。

蒔野抗太郎:椎名桔平
雑誌記者。残忍な殺人や男女の愛憎がらみのゴシップ記事を得意なので、同僚からも“エグノ”と揶揄されている。

奈儀倖世:石田ゆり子
最近、刑務所から出所。夫を殺した過去を持ち、亡霊に苦しんでいる。

甲水朔也:井浦新
奈儀倖世の夫。彼女の手で殺されてしまう。

坂築美汐:貫地谷しほり
静人の妹。交際相手の高久保との間に子供を身籠る。

坂築鷹彦:平田満
静人の父。巡子と美汐を支えている。

福埜怜司:山本裕典
静人の従兄弟。鷹彦と一緒に、巡子と美汐を支えている。

沼田響子:麻生祐未
雄吉の母。息子の死に関して、息子自身に問題があったと捏造記事を書かれ、悲しと怒りを抱き続けている。

沼田雄吉:山崎一
知的障害でいじめにあって死んでしまう。

高久保英剛:生島翔
坂築美汐の交際相手(元恋人)。

高久保大剛:眞島秀和
高久保英剛の兄。

水口:甲本雅裕
奈儀倖世のバイト先の店長。

弁護士:-堂珍嘉邦
奈儀倖世の裁判で担当した弁護士。

中村:大島蓉子
癌病棟の入院患者。

蒔野の父:上條恒彦
余命僅かの命。

比田雅恵:戸田恵子
診療所の女医。

尾国理々子:秋山菜津子
蒔野の父の愛人。

海老原:佐戸井けん太
蒔野の上司。

野平清実:大後寿々花
蒔野の後輩。

 

『悼む人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

悼む人(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

大切な人を思い浮かべながら見ると、より感動が深まる映画です。というか、これを見ていると大切な人が思い浮かんでくるので、自分にとって誰が愛すべき存在なのかが分かってくると思います。テーマは死。こう聞くと重く暗い映画のように思えてくる方もいるかもしれませんが、堤幸彦監督が見事に興味深い世界観に仕上げてくれていると思いました。映し出される夕陽のシーンは絶景です。夕陽を見ていると気持ちが優しくなって、大切な人に会いたくなりますよね。映画自体がまさにそんな雰囲気だったなぁと思います。映画の中で最も目を引いたのは井浦新さんでした。独特な世界観を醸し出すのがこれほどうまい役者さんって彼の他にいるの?というほど。石田ゆり子さんとの絡みもものすごく良かったです。何というか、美しい!の一言でした。見た方によって感じ方は違うと思うので、自分はどういう印象だったか後で振り返ってみるのも面白いと思いますよ。死というのは、生きている人間なら免れることのできない壮大なテーマですよね。それらを今一度考えさせてくれる、哲学的映画だったと思います。死を受け入れることで、人生に深みが出て、一日一日を大切にするようになる。まさにそういった映画でした。

40代女性
40代女性

『悼む人』は、様々な形で亡くなられた方のお悔やみをしに、全国津々浦々回る、高良健吾さんが主役の映画です。高良さんは、一度もお会いしたことが無い人のこれまでの人生を見ることが出来、どのようにして死に至ったのか、すべて把握しているのです。ご供養される人はみな、哀しい最期をとげて亡くなっている人ばかりで、なんともこちらまで苦しくなってきます。高良健吾さんと一緒に旅にでる石田ゆり子さんも、つらい過去をもつ一人の女性。しかし、高良さんと一緒に人々と接することによって、自分も生きていていいのだと、生きる力をもらっていく、そんな映画です。最初は確かにつらいシーンも多く、観ていて苦しくもなりましたが、失恋後にこの映画を鑑賞したので、なにか自分も救われた気持ちになったことを覚えています。人間だれしも、つらく哀しい時期があります。そんな時、人は人からでしか癒してもらうことはできません。映画や本、音楽に頼ってみたとしても、人間の力には敵いません。人に話を聞いてもらって、大丈夫だよと言葉をかけてもらい、そしてまた立ち上がる勇気をいただける。『悼む人』はそれを証明してくれている映画だと思いました。何も信じられなくなったとき、生きる目標を見失ったとき、そっと励ましてくれる感慨深い作品です。

 

まとめ

『悼む人』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

高良健吾のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 人間失格 太宰治と3人の女たち
  • シン・ゴジラ
  • 月と雷
  • 南極料理人
  • ノルウェイの森
  • 軽蔑
  • ソラニン
  • カツベン!
  • ルームメイト
  • きみはいい子
  • ハゲタカ
  • フィッシュストーリー
  • 苦役列車
  • まほろ駅前狂騒曲
  • ボックス!
  • 武士の献立
  • 悼む人
  • シグナル 月曜日のルカ
  • ケンタとジュンとカヨちゃんの国
  • アンダー・ユア・ベッド
  • 千年の愉楽
  • キツツキと雨
  • 蟹工船
  • サッド ヴァケイション
  • 葬式の名人
  • 多十郎殉愛記

【ドラマ】

  • 二つの祖国
  • べっぴんさん
  • マークスの山
  • ハードナッツ!
  • 満願
  • ビート

 

石田ゆり子のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

貫地谷しほりのU-NEXT配信作品

【映画】

  • 白ゆき姫殺人事件
  • 夜のピクニック
  • アイネクライネナハトムジーク
  • ジェネラル・ルージュの凱旋
  • 悼む人
  • THE CODE/暗号
  • くちづけ
  • 僕達急行 A列車でいこう
  • ノーボーイズ,ノークライ
  • 神童
  • この道
  • 結婚
  • 夕陽のあと

【ドラマ】

  • リピート~運命を変える10か月~
  • 龍馬伝
  • 警部補 矢部謙三
  • 女くどき飯 Season1
  • 女くどき飯 Season2
  • 探偵事務所5 Another Story 2nd Season
  • 大河ドラマ 風林火山
  • おんな城主 直虎
  • 向田邦子 イノセント 三角波
  • 吉原裏同心
  • 黒薔薇 刑事課強行犯係 神木恭子
  • 黒薔薇2 刑事課強行犯係 神木恭子
  • 破天荒フェニックス
  • イヴの贈り物

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました