イントゥ・ザ・サン(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

アクション・アドベンチャー
『イントゥ・ザ・サン』日本版劇場予告編

 

イントゥ・ザ・サン(映画)の動画フルを安全に見る方法

『イントゥ・ザ・サン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『イントゥ・ザ・サン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イントゥ・ザ・サン(映画)の内容

映画『イントゥ・ザ・サン』は、2005年に日本とアメリカ合衆国で公開された、アメリカ合衆国の映画です。

原案は、日本通であることでも知られ、武闘家としても活躍している、スティーヴン・セガールさんです。

監督は、クエンティン・タランティーノ監督のプロダクションに所属するミンクさん。脚本は、スティーヴン・セガールさんが中心となり、トレヴァー・ミラーさん、ジョー・ハルピンさんが担当されました。

映画「イントゥ・ザ・サン」は、日本の東京を舞台に、日本のヤクザと中国の秘密結社の間にある事件が起こり、事件の真相へ迫っていくCIAエージェントの姿を描いた作品です。主演を演じたスティーヴン・セガールさんに加え、大沢たかおさん、豊原功補さん、栗山千明さんなどの日本人俳優も多く出演しています。

主演のセガールさんが好きな「日本」を全部突っ込んだような映画でした。

日本人が見ても、十分楽しめる作品です!

最初はよくある日本のヤクザ話かと思いましたが、最後にはセガールに完全に感情移入していました。こんなにメッタメタにやられているセガールは他では見られません。

セガールが日本語のセリフを連発し、日本の街を歩いていて、これまた新鮮です。セガールのファンとしては、とてもうれしい場面がたくさん見られました。

大沢たかおさんのヤクザ役目当てで見ました。大沢たかおVSセガールの戦いは本当に見ごたえがあって、頭から離れません!

日本の東京を舞台に、日本語で体当たりの演技をされたセガールさんに高い評価が集まりました。合気道家や武闘家としても活躍するセガールさんのアクションシーンも満載で、ファンは必見の一作です。

あらすじ

ある日の東京。不法入国する外国人追放を訴える東京都知事が大勢の前で暗殺されます。事件を調べるFBIは、CIA東京支部に働きかけ、ヤクザに詳しい諜報員に操作を依頼しました。

担当として呼ばれたのは日本で育ったトラヴィス(スティーヴン・セガール)という諜報員。トラヴィスはヤクザの世界にも詳しく、刀の使い手としても有名でした。調査が進むにつれ、この事件の黒幕が黒田(大沢たかお)というヤクザであることがわかります。

そのころ、情報を聞くために会っていたナヤコ(山口佳奈子)を本気で愛するようになったトラヴィスは、ナヤコにプロポーズします。しかし、情報屋であることが黒田にバレたナヤコは、黒田の部下によって殺されてしまいます。

黒田にナヤコを殺されたことを知ったトラヴィスは、黒田への復讐を誓い、黒田が所有する寺へ向かいます。果たして、トラヴィスの運命は…。

見どころ

スティーヴン・セガールの流ちょうな関西弁

主演のスティーヴン・セガールは、日本通であることでも知られています。実際に合気道家としても活躍しており、日本刀の扱い方は一流です。そんな強くてかっこいいセガールですが、劇中ではとても流ちょうな関西弁を話します。東京の下町で育ったはずの設定ですが…少しクスッと笑える彼の演技にご注目ください。

セガールと大沢たかおの一騎打ち

スティーヴン・セガールと大沢たかおが日本刀で切りあうアクションシーンも大きな見どころの一つです。特に、ドラマ「仁」などで優しくて笑顔の素敵なイメージが強い大沢たかおさんですが、冷酷非情な鬼気迫る悪役にギャップ萌えしてしまうこと間違いなしです!

スタッフ

監督:ミンク
脚本:トレヴァー・ミラー、スティーヴン・セガール、ジョー・ハルピン
原案:スティーヴン・セガール、ジョー・ハルピン

キャスト

トラヴィス・ハンター:スティーヴン・セガール
日本を拠点にするCIA工作員。東京の下町に生まれ育つ。東京のヤクザ事情に詳しい。ナヤコの恋人。

ショーン・マック捜査官:マシュー・デイビス
FBI新米捜査官。黒田につかまって殺されてしまう。

ブロック支部長:ウィリアム・アザートン
CIA日本支部支部長。トラヴィスの元上司で、トラヴィスとは不仲。

ナヤコ:山口 佳奈子
トラヴィスの日本での情報やであり恋人。情報屋であったことが黒田にばれ、殺されてしまう。

ジュエル捜査官:ジュリエット・マーキス
CIA捜査官。トラヴィスの弟子。

黒田:大沢 たかお
新興勢力のヤクザ。中国人マフィアと手を組んで組織を成長させてきた。冷酷非情な性格。

タケシ:大村 波彦
黒田の組織のNo.2で、黒田と行動を共にする。

不動明王:豊原 功補
ナヤコの友人で彫り師。かつて黒田に家族を殺された。

メイ・リン:ペース・ウー
華僑の大物の孫娘で、トラヴィスを尊敬している。容姿端麗。

松田:寺尾 聰
政財界の重鎮。中国人マフィアと組んで不穏な動きをする黒田を嘆き、彼らを止めるためにトラヴィスに協力する。

小島:伊藤 雅刀
黒田が敵対するヤクザ組織の幹部。トラヴィスからの協力要請を断る。

河村:本田 大輔
黒田の部下で、組織ではNo.3。

 

『イントゥ・ザ・サン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イントゥ・ザ・サン(映画)の感想

 

40代女性
40代女性

よくぞこれだけの出来事を無かったことに出来たと感心するくらい、いろんなところでいっぱい殺戮し暴れまわってくれています。日本のヤクザとCIA諜報員・FBIの捜査官ですから、一般の方が一生関わることが無いであろう裏組織が大集結といった感じで実際にこんなことが築地市場とかのごくごく身近なところで行われていたら大ごとです。CIAにFBIと海外の組織が活躍する作品ですから、舞台は日本でありながら登場人物のほとんどは外国人です。でも大丈夫、吹き替えではなくちゃんと日本語をしゃべってくれます。極道ものなので特殊な用語も多いでしょうし、何よりセリフ自体も分量が多いのにこわもての方たちが本当に頑張っているので怖いというよりも応援したくなるのです。参観日で我が子を見守っている気分、中途半端に関西弁も入っていてそこも面白いです。主人公を演じるスティーブ・セガールさん自身が親日家だからこそ実現したこの映画、もちろん喋りはともかくアクションシーンはかっこよくて素敵なおじさまです。外国人から見た日本だからこその日本人にとっては小ネタも満載で楽しく観ることが出来ました。日本人俳優も、大沢たかおさんや伊武雅刀さんなど豪華です。

50代女性
50代女性

「沈黙」シリーズで有名なスティーブン・セガール主演のアクション映画です。舞台は東京。セガール演じるトラヴィス・ハンターは東京で育った伝説のエージェントという設定なので、セガールの流ちょうな日本語を聞くことができます。ところがなぜか話す言葉が関西弁なのは、ご愛敬かもしれません。築地市場内での射撃戦や、セガールの日本刀を使った肉弾戦など、見どころは多い作品です。日本版マフィアを描いたなかにヒロインとの恋愛関係も織り込まれていて、なんともよくばりなストーリーに仕上がりました。日本人俳優・大沢たかおさん演じるヤクザ黒田の存在感が、いい意味でとても生臭いです。ギラギラとした雰囲気を持つ若きヤクザを、とても上手く表現していました。セガールのアクションに次いで、大沢さんのヤクザぶりは見るべきポイントです。一重で切れ長の冷酷な目、すかした感じで相手をあざ笑うかのような表情。大沢さんにピッタリだったと思います。セガール・大沢たかおに加えて、豊原功補さん、伊武雅刀さん、寺尾聰さん、栗山千明さんなど、共演者も実に豪華。ヒロイン役の山口佳奈子さんは残念ながらお名前を知りませんでしたが、和服の似合う楚々とした女性を演じていて好感が持てました。本格ヤクザ映画としてではなく、セガール主演の娯楽映画として見ればとても楽しめる作品だと思います。

 

50代男性
50代男性

あらすじとしては、不法滞在外国人の一掃を唱える東京都知事が何者かに暗殺されたので、アメリカのCIAが日本に詳しく東京で刀剣店も営んでいるエージェントのトラヴィス(スティーブン・セガール)に捜査を依頼し、トラヴィスは若手エージェントと捜査を始め、事件の背後にはチャイニーズ・マフィアや日本の若手のやくざが暗躍していることが解ってくるというものです。本作は日本が舞台なので、日本の高級クラブや刺青の彫師、日本の昔ながらのやくざや政治家、チャイニーズ・マフィアなど様々な現代の日本的なキャラクターが登場します。出てくる場所に関しても露店の並ぶ日本の下町や、築地の魚市場など、いろいろと日本らしさのある場所を使っています。敵役の新興勢力のボスに大沢たかお、味方になる彫師に豊原功補と、けっこうキャスティングは豪華です。外国の日本を舞台にした映画としては日本の描写は結構まともで、できるだけ日本の裏社会を描写しようとしたのが伝わってきました。セガールの関西弁がほのぼのした感じでした。それにしてもセガールは合気道アクションはもちろん、剣道や杖道も披露しますので、その器用さには感心します。栗山千明さんも出演しますが、それほど出番は多くなかったです。

 

30代男性
30代男性

ちょっと古い映画ですが、スティーブンセガール映画っぽいとても楽しめる映画でした。セガールは日本だけでなく、結構アジア映画出てますけど、独特なコミカルさが大好きです。まあちょっとチープといえばチープなんですけどね。大沢たかおの凶悪ヤクザキャラクター熱演はなかなかに素晴らしかったですね。後でクレジットを見て気づきましたが、栗山千明や寺尾聰、豊原功補が出ているんですから、日本側の出演陣は本格的演技派揃いです。セガール出演映画なので、当然のように肉弾戦あり、拳銃アクションありです。わたしは結構セガールのアクション映画が好きなので楽しめましたが、ハリウッドの本格的なアクションを見慣れている人にとってはちょっと弱そう?み見えるかもしれないです。セガール映画の魅力を伝えるのは一言では難しいですね。セガールの大阪弁?にも笑わせていただきました。毎度毎度シリアスな映画では息がつまってしまうので、こういった娯楽性の高い映画もたまに見るのはとてもおススメです。ちょっと映画途中で入る女性のヌード描写とかはいらなかったかなあとか細かいつっこみどころはありますが、独特の中毒性のある映画です。家族で楽しく見ることができました。

 

まとめ

『イントゥ・ザ・サン』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました