イニシエーションラブ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
松田翔太×前田敦子!映画『イニシエーション・ラブ』予告編

イニシエーションラブ(映画)の動画フルを安全に見る方法

イニシエーション・ラブ
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

イニシエーション・ラブ
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イニシエーションラブ(映画)の内容

ベストセラーを記録した乾くるみの小説を実写化した映画『イニシエーション・ラブ』は、2015年5月に公開されました。

原作は、最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、発表から10年以上を経て130万部を超えるベストセラーになった話題作。甘く切ない初恋物語が、最後の2行で驚愕のミステリーに変貌する「映像化不可能」と言われた異色のラブストーリーの実写化とあって、公開前から注目を集めていました。

映画は、1980年代後半のバブル期の静岡を舞台に、恋愛経験のない大学生と歯科助手の女の子との合コンでの出会いを描く「Side-A」、転勤による遠距離恋愛を経て彼らの関係が終わりを迎える「Side-B」の2部構成になっていて、「SPEC」「TRICK」シリーズなどの堤幸彦監督がメガホンを取り、主人公の男女を、松田翔太と前田敦子が快演しています。

ラスト5分で原作とは異なるエンディングを迎え、ラブロマンスからミステリーに転じる作風に意表を突かれます。

伏線、ミスリード、叙述トリックてんこ盛り。「最後の5分で全てが覆る」という興奮り文句は気にせず、ミステリーの謎解きをしてやろう!と肩ひじ張ら ずに楽しむべき作品である。

時系列のズレと整合性を巧みに利用した「バブルあるある」満載のちょっと怖いラブストーリー。バブル黎明期当時の流行ファッションやエポック的な自動車、サイケデリックな部屋のインテリアなど小道具が凝っていて感心しました。バブル期経験者だったらモスコミュールのような甘酸っぱい大人の青春がよみがえります。

原作を読んでから鑑賞したので、実写化は不可能だよなぁと思っていたら、なるほどね!!!って腹落ち。
しかも、ラストに答え合わせまでしてくれる優しさ。

ただのどんでん返し映画でなく、1980代の時代のいいところも悪いところも描かれていると思います。マユを正直性悪女と認定することができない。良くも悪くも恋愛に貪欲な女性なんだと思う。

あらすじ

<Side-A>
バブル最盛期の1980年代後半の静岡。就職活動中の大学生・鈴木(松田翔太)は、友人に合コンに誘われ、気乗りしないまま参加していました。しかし、その席で、歯科助手のマユ(前田敦子)と運命的な出会いを果たし、奥手で恋愛経験がなかった鈴木でしたが、マユと出会って変わっていきます。華やかな彼女にふさわしい男になろうと、流行りのヘアスタイルやオシャレな洋服を身にまとい、自分を磨く鈴木でしたが…。

<Side-B>
二人で過ごす甘い時間も束の間、就職した鈴木は東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて上京することになりました。それでも距離は二人の愛にとって障害にならないと、週末ごとに東京と静岡を往復する鈴木。しかし、東京本社の同僚・美弥子(木村文乃)と出会い、心が揺れ始め…。

見どころ

最後の5分

原作は、「140万人が騙された最後の2行」と言われる程のどんでん返しが話題となっていますが、映画では原作とは異なる衝撃のエンディングが待ち受けています。

最後の5分で全てが覆る・・・これまでのラブストーリーの常識を覆す、日本映画史上に残るラストシーンをお楽しみ下さい。

スタッフ

原作:乾くるみ『イニシエーション・ラブ』(文春文庫)
監督:堤幸彦
脚本:井上テテ
音楽:Gabriele Roberto

キャスト

鈴木:松田翔太
人数合わせで参加した合コンで成岡繭子と恋に落ち、付き合うようになる。マユから「たっくん」と呼ばれている。

成岡繭子:前田敦子
愛称「マユ」。合コンで知り合った鈴木と付き合うようになる。

石丸美弥子:木村文乃
鈴木と同じ課の新入女子社員。

海藤:三浦貴大
鈴木と同期入社の新入社員。

梵ちゃん:前野朋哉
海藤と同じ課の新入社員。

望月大輔:森岡龍
鈴木の友人。合コンの幹事。優子と付き合っている。

北原鉄平:矢野聖人
鈴木の友人で合コンの参加者。

大石肇:藤原季節
鈴木の友人で合コンの参加者。

優子:吉谷彩子
望月の恋人。繭子とは高校の同級生で、合コンに参加する。

ナツコ:松浦雅
合コンの参加者。

和美:八重樫琴美(Chubbiness)
合コン参加者の薬大生。

天童:池上幸平
美弥子の大学の先輩で元恋人。

ジュンコ:大西礼芳

まどか:佐藤玲

桑島課長:山西惇

静岡支店部長:木梨憲武(友情出演)

石丸詩穂:手塚理美(特別出演)
美弥子の母。

石丸広輝:片岡鶴太郎(特別出演)
美弥子の父。

イニシエーション・ラブ
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イニシエーションラブ(映画)の感想

30代男性
30代男性

最後の5分間で、皆があっと驚くというテーマのもと映画化された作品であり、1980年ぐらいの音楽が要所要所にちりばめられていてものすごくエモい気持ちになる映画でした。いま覚えているだけでも、寺尾 聰さんのルビーの指環であったり、男女七人秋物語で流されていた森川由加里さんのShowmeだったり、バブルの時代にイケイケだった方々は涙が流れるような演出が多かったです。カセットテープを流し、A面とB面を切り替えて音楽を楽しむシーン、ルビーの指輪に憧れてルビーの指輪をプレゼントするシーンなどいろいろなところに80年代のエッセンスが入っていて「あーこういうのあったな」というあるあるシーンが多かったです。映画の内容としては、松田翔太さんのクールな演技力と、前田敦子さんのかわいらしい演技力がいい塩梅でミックスされてみていて楽しかったです。サスペンスなどの怖い要素はあまりなく、淡々とストーリーが進んでいくところもこの映画のポイントかと思います。あとは、最後に一気にストーリーが急展開するのですが、そのハンドルの切り方がすごくてしびれました。原作の小説でも同じように最後の最後にどんでん返しが待っているのですが、映画のほうがより「おぉー」といったくなるストーリーだったと思います。

30代女性
30代女性

イニシエーション・ラブはすごく面白かった。原作を読んでいたので、どんな風に映像化したか気になって映画を観た。観た感想は「お見事」。見事に映像化されていた。私は原作を知っていたので、なるほど、といった感じで観ていたが、一緒に観ていた主人は途中あれこれ文句をいいながら、最後はもう度肝を抜かれていた。この映像化は凄い。このアイディアはぜひ観てほしい。そして、自分が観たら次は友達を誘って、映画を観ながら、その子の反応も見て楽しんでほしい。ニヤニヤしながら見てしまうと思う。原作と同じくストーリーも最高だったけど、出演していた前田敦子さんがすごくよかった。前田さんの演技は初めて観たけれど、こんなに上手だとは思わなかった。ちょっと間抜けに見せかけた少ししたたかな可愛い女子って感じの役で、ほぼほぼ元AKBの前田さんそのまんまの役だから、簡単に演じられるのかなと思っていた。ところが、実際はそんな簡単な役では無かったし、ちゃんと演じているのが分かって良かった。前田さんの可愛い甘えた声がなんだかすごくリアルで、耳に残る。そして最後の方は痛々しくて、ドキュメンタリーを観ているくらいの気持ちになった。ただの可愛いアイドル映画ではないので、ぜひ沢山の人に観てほしい。

 

30代女性
30代女性

原作を読んでからの視聴なので、この作品の重要評価の要となっているどんでん返しの衝撃は残念ながらかなり薄いです。しかし小説でしかなし得ないであろう叙述トリックをどうやって映像化するのだろうと不安は見事に表現されておりました。最後のどんでん返しのキャッチコピーを謳う伏線回収をするラスト5分の演出はオチをわかっていても「おぉ」と感嘆の声がもれるほどでした。ただ何度も読み直して確認したくなる小説とは違って、違和感が上手くカバーされている見事な脚本だからこそもう一度映画を見直そうという気はあまり起きませんでした。この映画はストーリー展開よりも、見所としては前田敦子さんの存在だと思います。アイドルではなく演技をする女優としての彼女を見るのは今作品が初めてでしたので期待をしていなかった分、期待以上の演技でした。また、ヒロインの役柄のイメージである清楚で可愛らしいのにどこかあざとい感じがイメージ通りでした。演技ももちろん文句なしでしたが、綺麗で可愛いのに心がざわつく最後のホラー的な印象も含めて前田さんの雰囲気がピッタリでした。また時代が平成初期というレトロな雰囲気も昭和生まれの人には懐かしいという気持ちも味わえます。

 

20代男性
20代男性

初めはよくある大学生の恋愛映画と思いきや、終盤、まさかまさかのどんでん返しが待っていました。さえない大学生の男が、好きになった女の子にアタックしていく場面では健気で心から応援したくなりました。片思いから徐々に両想いになるまではとてもピュアで、昔の純粋な頃を思いなし懐かしい気持ちに満たされて行きました。その後、大学生から社会人となりすれ違いがもどかしく感じます。最終的にそういう結末かぁ~と思っていたところに衝撃的な出来事が起こります。初めは全く理解できませんでしたが、最後の最後にすべての伏線が回収されています。ところどころ引っかかる場面があったのですが、ラストにそういうことだったのか!となり爽快な気分になりました。思わず、すぐにもう一度見返しました。ラストを見てからだと様々な伏線を探しながらストーリーを楽しむことができ、また違った見方ができました。原作を読んでいて、映像だとどのような表現をするんだろうと思っていいたところがあるのですが、そう来たか!と度肝を抜かれました。また映画の中でBGMとして名曲がたくさん使用され、より一層映画を盛り上げていました。知らないの曲もあるのですが、とてもいい曲だなと感じましたし、ストーリーとマッチしていてとてもよかったです。

20代男性
20代男性

この映画を見たときは高校生の時でしたが、今まで見た映画の中でも特に見たときの衝撃が大きかった映画でした。主演の松田翔太さんと前田敦子さんの恋愛映画で、平成初期の2人の愛を描くトレンディ要素が大きい印象でした。この映画の予告で、最後に全てひっくり返るみたいなコンセプトで宣伝されていたのですが、原作も知らないしイメージが全くつかない中で、最後にいい意味で裏切られました。元々最後にどんでん返しがあるという広告は割とネタバレなんじゃないかと思っていましたが、映画中は謎解きをする感覚でどんな場面でも注意深く見てしまいました。でもストーリーが進むにつれ、「本当に大逆転があるのか?」という疑問に駆られていたときにひっくり返ったので、度肝抜かれました。最後のエンドロールで「すげぇ」と声が漏れてしまうほど、全ての伏線が最後の10分間で明かされる感じが見終わったときの満足感をさらに増加させられました。一緒に見に行ってた人と「あの場面」「あの瞬間」が全部繋がっていたと話したことから、2時間にもおよぶ映画内で全てのシーンがとても印象的に感じました。映画館を出てから謎解きのパズルを当てはめていく他にはない魅力がありました。

 

30代女性
30代女性

映画の広告に「あなたは必ず2回観る」というキャッチフレーズがありましたが、私もまんまと2回観ることになりました。物語は、合コンで出会ったとある男女の物語です。冴えない男、たっくんが可愛い女子繭子に出会い恋に落ちていきます。最初からイチャイチャ全開です。そんなたっくんは繭子と出会い、イケメンへと変わっていきます。その後遠距離の生活を送り、たっくんの周りの環境も変わってしまったことで、2人の関係も大きく変わっていくことになるのです。映画を観ていて、たっくんの変わりように腹を立てました。本当にひどい仕打ちで、繭子に感情移入してしまい、早く別れた方がいいよと思ってしまいました。そんな繭子を演じているのが、前田敦子さん。アイドルから女優になったあと初めて彼女の演技を観たのがこの作品でした。アイドル時代トップだったのも頷ける可愛さです。遠距離になってしまったあとの繭子の切ない感じもすごく良かったです。話はどんどん進んでいき、ラスト5分、全てを裏切られることになります。話の点と点が繋がって線になり、理解出来たものの、そしたらあの場面は?と色々と気になる箇所が出てきてしまい、結局2回観ることになりました。最後まで純粋な気持ちで観てください。本当に面白い映画です。

30代女性
30代女性

あなたは必ず二回観る、というコピーがなかなか意味深でキャッチーです。しかし、必ずみんな、二回観るわけです。やられましたね。ギラギラした松田翔太と、映画女優というイメージをなんとか確立したい前田敦子が共演します。前田敦子の評価は割れるのではないでしょうか。残念ながらあまり良いとおもえないシーンも散見されました。小説そのものは、ラストに仕掛けられた大・どんでん返しが大評判となって、出版部数130万部を超えるベストセラー作品ですので、既読のかたも多いはず。原作とは少し異なる結末を迎えるので、それは好みがあると思います。1980年代のおわりが舞台ですがもちろん若いかたも楽しめます。静岡の片田舎で、恋愛経験のない大学生とその恋人との日々を姿を描く「Side-A」、冴えない大学生が就職したのち、恋人を置いて上京し、別の女性との心揺れる日々を描く「Side-B」。ふたつの物語が、不思議な、不可解な時間軸のなかで進行します。ラストでいろいろな伏線がいっぺんに回収されるので、そこがやはり見所です。そこ以外は、ちょっぴり退屈に感じられるところもあります。しかし、松田翔太のキラリとした目の力はやっぱりいいですね。

30代女性
30代女性

よく見る宣伝画像では前田敦子さんと松田翔太さんしか映っていませんが、なかなか松田翔太さんが出てこなくて、代わりに知らない小太りの役者さん(森田甘路さん)がずっと出ていたので、「松田翔太はいつ出てくるの?」と思いました。Side-A、Side-Bの2部構成になっていて、松田翔太さんは後半のSide-Bからの出演でした。Side-Aでは、前田敦子さん演じるマユと森田甘路さん演じる鈴木がお付き合いを始めるのですが、失礼ながら、「マユはなんでこんな小太りの冴えない男と付き合っているんだ?何か裏があるんじゃないか?」と思ったのですが、ラストを観ると「なるほどな」となりました。ラスト5分で全てがつながります。観終わったらあと、もう一度見返すと、初回では気が付かなかった色々な小ネタが分かって、2度面白いと思います。堤幸彦監督作品だとコメディ要素を期待してしまうかもしれませんが、コメディ要素はあまりない作品になっているものの、そこはさすが堤監督。一筋縄ではいかない作品を撮られるな、と思いました。1980年代後半が舞台の作品なので、この年代に青春時代をすごした方にとっては、音楽やファッションも楽しめると思います。

 

20代女性
20代女性

「イニシエーション・ラブ」は、小説を読んだことがあったため、どんな仕上がりの映画となっているのか、ワクワクしながら観賞しました。小説を読んだことがない人はもちろんですが、原作を知っている人でも楽しめるような作品になっていたと思います。ストーリーの肝となっているトリックを上手く組み込み、「そうきたか」と作者を騙す手法が用いられていて、どんでん返し好きにはたまりません。結末を知っていても、つい釘付けになって観てしまいました。また、主演の松田翔太さんと前田敦子さんの演技も見事でした。松田翔太さんの存在は、ストーリーの軸となる重要な役を担っているだけに、読者を騙す上で重要なポジションとなっています。また、ストーリーの衝撃を引き立てるような前田敦子さんの表情の作り方は、映画が終わった後でも強い余韻を残しています。緻密に練られた構成は鳥肌もので、「そういう意味だったのか」と、終わった後はもう一度最初から見返したくなること間違いなしです。一回目は深く考えずに見ていた前半部分も、二回目には見方が変わってきて、とても面白いです。ミステリー好き、ラブストーリー好き、どちらでも楽しめる邦画の名作だと感じました。

 

20代女性
20代女性

乾くるみさんの小説「イニシエーション・ラブ」を実写化した映画。恋愛経験の少ない鈴木は友人に誘われて参加した合コンで歯科助手のマユと出会い、鈴木はマユの虜になってしまいます。そこから鈴木はマユに似合う男になるため、スタイルや髪型など、マユの好みに合わせようと懸命に努力する。努力の甲斐あって、その後も2人は順調に交際を続けていく。一見、若い男女の甘酸っぱい恋愛を描いた純愛ラブストーリーを見ているのかと思いきや、映画のサブタイトルにある通り、最後の5分で全てが覆ります。今まで見ていたものが全て繋がる大どんでん返しに衝撃を受けます。間違いなく、引っかかります。前田敦子さん演じるマユのあざとい小悪魔のような可愛さや、ふと見える腹黒い一面に見ている側も振り回されます。さらに相手役には、人気実力派俳優の松田翔太さんを起用し、物語のきっかけとなるかなり難しい役柄を見事に演じ切っています。そして、鈴木を誘惑し、2人の間をかき乱す美弥子役を演じるのは木村文乃さん。とにかく美弥子の色気や美しさに圧倒されます。この3人の演技力にぜひ注目していただきたいです。「あなたは必ず2回観る」とありますが、これは間違いなく2回観ます。このトリックを見破ってみてください。

 

まとめ

イニシエーション・ラブ
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました