いなくなれ群青(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー

 

横浜流星『いなくなれ、群青』本予告編

いなくなれ群青の動画フルを安全に見る方法

『いなくなれ、群青』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『いなくなれ、群青』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

いなくなれ群青の内容

映画『いなくなれ、群青』は、2019年9月6日に公開されています。この映画の原作は2014年9月に刊行された河野裕さんによる小説で「階段島」シリーズの第1作となっています。

原作の小説は「捨てられた」人物が行き着く謎の孤島「階段島」を舞台に展開する青春ミステリ小説「階段島」シリーズの第1作にあたり、主人公の男子高校生・七草と幼馴染の真辺由宇との何故か有り得ない再会を契機に繰り広げられるストーリーの発端を描いています。

 

この作品は、少し抽象的に見た方が理解しやすいです。その為には細かい事には目を瞑る事をお勧めします。
原作である小説に忠実なのでかなりセリフが早口です。
監督は余り原作を理解してないのか強弱がつけられないようなので、難解な映画になっていますが、良く考えれば伝えたい事は伝わるようにしてあります。

近隣の映画館では公開しておらず、ちょっと遠出をして見に行きましたが、2回目も見たくなる映画でした。同じ映画を複数回も見たのは初めてです。
原作本の内容は、2冊目の真ん中あたりまで読み終わっておれば理解できるかとおもいます。
やはり、賛否分かれる内容ではありますが、原作小説を読んでいれば理解しやすいと思います。

若手人気俳優起用の青春映画なので低評価、という事であまり期待はしていなかったのですが、観始めてすぐにこれが人によっては特別な作品だという事がわかりました。
完璧な位秀麗な絵とそこに漂う何かが解放されない独自の空気感に魅了される作品です。

出演者がみんなイケメン・綺麗。監督の撮り方が素晴らしい。だから良作になっちゃった。

なかなか難しい作品のようで、視聴の際は原作小説での予習したほうが理解がしやすいです。

しかし、描かれる世界観や映像は素晴らいという評も多数ありました。

あらすじ

階段島。その島は魔女が支配し、何かを失った人が何かを見つけるまで生活をし続ける島でした。

高校生の七草はある日、この島の住人となってしまいます。いつ、どこで、どうしてこの島にやって来ることになったのかは七草本人もわかりません。

階段島では人が生きていける最低限の生活が保障されています。なぜか学校もあり、学生寮もあります。戸惑う七草ですが、高校生活を開始します。クラスには無口な女子の掘、ゲームマニアの佐々岡、クラス委員長の水谷などがいました。

そんな七草の前に昔の同級生・真辺由宇が転校生としてやってくるのです。直情的な発言をするタイプの真辺は、自分の今置かれている状況に不満を隠しません。

そして、階段島の掟である自分のなくしたもの、魔女の正体や島の秘密などを解き明かしていくと宣言するのです。しかし、島で浮き上がります。彼女の性格を昔から承知の七草は、彼女と島の人々の間に入ってフォローし続けるのです。

しかし真辺の言動や行動は、それまでどこか受動的であったものの調和のあった島の生活を、乱しています。

そんな中で、島の壁に誰かが書いた魔女へのメッセージを込めた落書きが発見されます。音楽祭が始まる中で真辺は落書き事件、魔女の正体探しを独り進めていくのです。

見どころ

映画『いなくなれ、群青』の見どころは、ロケ地である南伊豆のすばらしく綺麗な映像と音楽が醸し出す空気感がストーリーや舞台設定にマッチし、不思議な世界観を見事に表現しています。「階段島」にまつわる謎も見る者の興味を引きつけてくれています。

主なロケ地として伊豆半島にある石廊埼灯台や南伊豆町にある旧三浜小学校などがあります。特に旧三浜小学校は既に廃校となっていますが、ロケ地として貸し出されるようです。

スタッフ

監督:柳明菜
脚本:高野水登
音楽:神前暁

キャスト

七草:横浜流星
平穏な生活を望む悲観主義者

真辺由宇:飯豊まりえ
誰よりも真っすぐで、正しく、凛々しい少女

堀:矢作穂香
人と話すのが極端に苦手な、おとなしい女子

佐々岡:松岡広大
七草の友人でゲームミュージックがないと落ち着かない

水谷:松本妃代
眼鏡が似合う優等生の学級委員長

豊川:中村里帆
心にトラウマを抱えるヴァイオリニスト

ナド:黒羽麻璃央
七草が唯一心通わせる友人であり孤高の文学青年

トクメ先生:伊藤ゆみ
七草や真辺が通う学校の担任

時任:片山萌美
階段島の郵便局員

野中:君沢ユウキ
階段島のタクシー運転手

ハル:岩井拳士朗
七草が住む三月荘の管理人

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

いなくなれ群青の感想

40代女性
40代女性

不思議な世界観の物語です。いつの間にかそこにいて暮らしている、物語の世界だとよくある設定だったりしますがそれを映像でもうまく説明できていてすばらしいです。あの山とかすごい、どこで撮影したのでしょう。原作のある作品のようですが、きっとそれをうまく現実化している気がします。階段島とはいったい何なのか魔女は誰でどういった目的からこの島を作り出したのか、様々な謎が降りかかってくるもののそれが解決されないままに終わるのにはびっくりしました。ファンタジーの世界をなぜと問うてはいけないのでしょうか。もしかしたら原作だとすでに分かっている設定かも、読んでみたくなります。自分自身の内面と格闘していく、思春期ならではの状態だと思います。過去の青春時代を思い出せました。キャストは横浜流星さんと飯豊まりえさんです。特に横浜流星さんは大好き、静かで特別な空間に彼の透明な美しさがピッタリです。彼をしっかりと味わえるだけでも役得なのかもしれません。哲学的な内容なので彼を好きでその世界観を理解できる中高生には分かりづらい内容な気もします。美しい映像と静かで謎めいた雰囲気は、青春時代を懐かしみながら大人が見るのが正解かもしれません。

 

40代女性
40代女性

しょっぱなから、目が覚めたら全然知らない場所にいて、知り合いも誰もいないという恐怖にゾクっとさせられました。その上、生活する上では何も不都合がないからと、徐々に当たり前のようにその環境に馴染んでいくところがまた怖いと思いました。携帯も繋がらず、外部の情報もなかなか入ってこない閉鎖的な空間では、真辺のように目立ったことをすると叩かれてしまうし、人の個性も死んでしまっているような気がします。でも、そこに日本人の右にならえ的な多数決思想が現れているのかも知れません。七草は、心にモヤモヤした気持ちがあるけれど、真辺のように堂々と手を挙げないで、ちょっと離れたところから静観しているところは少しずるい気がしました。真辺に対する想いも宙ぶらりんなままだし、彼にあまり生気を感じられないのは、喜怒哀楽をほとんど見せないからかなと思いました。でも、それがまたミステリアスな雰囲気を倍増させていて、横浜流星さんの魅力全開でした。全体的に学園ものでもミステリーでもラブストーリーでもない、とにかく枠にはめにくい不思議な世界観です。見ている側としては、全ての謎に対して白黒つけたい真辺を応援したくなりますが、そこをふわっと流されるモヤモヤ感が逆に癖になります。

20代男性
20代男性

映画「いなくなれ、群青」のオススメな点は日常の中で繰り広げられる非日常な物語であるということです。物語のベースとしては階段島と呼ばれる島での高校生の学生生活なのですが、なぜか映画のヒロインは島に来た途端にその日常に抗おうとします。またその理由が物語の進行ともに徐々に明らかになってゆき、真相は物語の後半にならないとわからないため、映画を見ている時にどんな結末になるのかをずっと考えさせられるためずっと楽しく映画を見ることができました。またヒロインが日常に抗おうとして他の人がそれを止めようとしているため、青春時代の揺れる心などをうまく表せている物語だなと思いました。さらに、映画の結末が物語開始時には想定もしていなかったようなあっ、と驚かせられる印象的な結末だったので映画を見終えた後の爽快感がかなりありました。日常の中の非日常を描いている青春物語であり、物語の構成も今までになかったSF系の物語であったため、映画を見た時に新しいなと思ったと同時に青春時代の甘酸っぱい感情に懐かしく思う物語でした。物語の進みが複雑でなく話が理解しやすい反面話の深さもあるため、物語の満足感が高く、もう一度見たいと思えるような作品です。

50代女性
50代女性

捨てられた者たちの島・階段島での話です。幻想的で美しい景色の中、横浜流星くん演じる・悲観主義の七草は、島での生活も悪くないと思っています。悲観主義で何も期待していなければ、何があっても安心して生活していられるという気持ち、なんとなくわかるのです。私も悲観主義なのかもしれません。そんなところに、七草の幼なじみ・飯豊まりえさん演じる真辺が階段島にやってきます。島の現実を受け入れられずに、謎を解いて島から出ようとします。真辺は理想主義で、七草とは正反対です。2人の関係は不思議です。単純な恋とは違う、そこにあるのは何なのでしょうか。島を管理しているのは魔女で、その魔女に手紙を書くことはできて、返事も来ます。そして、自分がなくしたものは何なのか思い出したときに、島から出ることができると言われています。階段島シリーズは6冊のシリーズです。「いなくなれ群青」はその最初の一冊です。シリーズを最後まで読んでから映画を見た私は、映画では明かされていない秘密も知っているため、先に映画を観たかったなと思いました。純粋な感想を持てない気がしました。心が洗われるような背筋がすっと伸びるような映画です。青い空と海と雲と、本当に美しい景色、言葉では言えないくらいです。

 

40代女性
40代女性

『いなくなれ、群青』を観に行ったきっかけは、横浜流星くんが主役だから、というミーハーな理由からでした。スクリーンの中の流星くんは全然笑顔を見せず、独特な雰囲気につつまれていました。ストーリーも、オープニングから神秘的で儚げな世界観をもち、画面にどんどん引き込まれていきました。いかにも原作が小説だと分かるようなセリフや言い回しだったり、少し普通の学園ものには無い内容や展開だったことを覚えています。この映画で一番輝いていたのは、ヒロイン役の飯豊まりえちゃんです。彼女の存在をあまり知らずにいたのですが、この映画をきっかけに、私はファンになりました。正義感が強く、何事にも真っ直ぐで、透明感のあるピュアな女子高生役がハマっていて、横浜流星くんよりも彼女に釘付けの2時間でした。この真辺の役は、飯豊まりえちゃんにしか出来ない役だったと思います。『チア男子!!』を観た後の『いなくなれ、群青』だったので、流星くんの役のふり幅のすごさも感じられる映画でした。爽やかな大学生から、悲観主義者の高校生まで、いま旬の彼だからこそ、ファンの方は楽しめる作品になっていると思います。エンディングを歌うのは、小林武史さんプロデュースで有名なSalyuさん。澄んだ歌声に吸い込まれそうな、素晴らしいエンディングテーマでした。自分の気持ちに迷いが生じた時や悩んだ時に、ぜひ観てほしい映画です。

40代男性
40代男性

今や大人気若手俳優として活躍している横浜流星君と飯豊まりえさんとで実写化ということで注目した映画でした。非常に切なくて悲しい物語でしたが、本当に最初から最後まで魅了されました。非常に奥が深くて、また青春時代の雰囲気が良く出ていたので、観ているこちらまで何故か懐かしい感じのした映画でもありました。また、舞台が何故か階段島と言うことで、非常に不気味で意味深な感じがしましたが、実はその階段島にいるからこそ意味があったことを最後には解ったので余計に納得したものがありました。その為、何故この階段島にいる人達はみんな記憶を無くしているのかも理解出来たので謎が解けたので良かったです。映画を観ていながらずっと疑問を抱えていたので本当にスッキリとしました。ただ、あと特に印象的だったのは七草と真辺ちゃんの女の子同士の対立が口論と良くなっていたので観ていて圧倒されました。お互いに一歩も譲らないところが良く出ていたので非常に女の子の気の強さが現れていたように思えました。小説とはまた違った面白さがあったので本当に観て良かったと思いました。少し暗いイメージがこのいなくなれ、群青にはありましたが、終わってみれば、何故か明るい気持ちになりました。

50代女性
50代女性

横浜流星さんが、イケメンでほんとにカッコいいと思いました。自然体の演技がとても良くて、透明感がものすごかったと思いました。彼の持っている独特の空気感が、とても魅力的で目が離せなくなりました。飯豊まりえさんが、清楚でとてもきれいだと思いました。熱演していて良かったと思いました。駆け引きや思わせ振りな展開がなくて、純愛がとても良かったと思いました。光の使い方が上手くて、とても美しい映像だと思いました。見終わった後、ものすごく感動したとか、とても悲しかったとかいうわけではないのですが、涙が流れてしまいました。心に響いてくる説明できない何かが、あったからだと思いました。見てほんとに良かったです。全体が、まるで詩のような雰囲気がある美しい作品だと思いました。派手なわけではないし、分かりやすいストーリーでもないのですが、胸がギューっと締め付けられるような感じがして大切な人を思い浮かべたり、自分が守りたいと思っている大事なもののことを考える映画だと思いました。とても現実からかけ離れているような雰囲気で、はじめは不思議な感覚があるのですが、高校生の青春が丁寧に描かれていてどんどん映画の世界観に引き込まれてしまいました。

まとめ

『いなくなれ、群青』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

飯豊まりえのU-NEXT配信作品

【映画】

  • 祈りの幕が下りる時
  • 暗黒女子
  • きょうのキラ君
  • シライサン
  • 惡の華
  • いなくなれ、群青
  • トラさん~僕が猫になったワケ~
  • 劇場版シティーハンター <新宿プライベート・アイズ>(声の出演)
  • 名探偵ピカチュウ(声の出演・吹き替え)

【ドラマ】

  • 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~
  • サイン 法医学者 柚木貴志の事件
  • マジで航海してます。
  • マジで航海してます。~ Second Season ~
  • 家政夫のミタゾノ
  • ドクターY ~外科医・加地秀樹~(2017)

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました