インザヒーロー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『イン・ザ・ヒーロー』予告編

インザヒーロー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『イン・ザ・ヒーロー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『イン・ザ・ヒーロー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

インザヒーロー(映画)の内容

映画『イン・ザ・ヒーロー』は、2014年9月に公開されました。

顔出しで映画デビューを夢見るベテランスーツアクターと、ハリウッド進出を目指す新人俳優が共に夢を叶えるまでの苦悩を描いた物語です。普段はなかなか表舞台に出ることのないスタントマンたちにスポットを当てた作品となっています。

主人公の、歴25年ベテランスーツアクター・本城役を唐沢寿明さんが演じ、新人俳優役は福士蒼汰さんが演じています。

 

下積み時代に唐沢さん本人もスーツアクターとしてお仕事をしていたなんて知らなかった!とてもハマり役でした。仕事に命を懸ける姿に感動した。

スーツアクターがどうスタントをしているかというのは普段なかなか知れないので新鮮だった。本当は顔を出して演技する俳優を目指していたとしても、自分の続けてきた仕事に誇りや情熱をもって向き合う姿がカッコイイ。

熱い男のドラマ。唐沢寿明さんの長回しのアクションシーンは圧巻でした。素晴らしい。新人俳優役の福士くんも仮面ライダー出身の俳優さんだから、ヒーローものやアクション好きにはたまらない映画。

あまり話題にはなっていなかった映画ですが、すごく感動しました。もっと評価されてもいい作品だと思う。唐沢寿明がとにかくカッコイイ。

あらすじ

憧れのアクション俳優ブルース・リーのように、顔出しで映画に出演することを夢見る主人公・本城渉(唐沢寿明)は、スタント歴25年のベテランスーツアクターです。本城自身が代表を務める「下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)」に所属する海野吾郎(寺島進)、大芝美咲(黒谷友香)などの仲間と共に、戦隊モノ(ドラゴンフォー)のスーツ役を演じています。

ある日、数年ぶりとなる顔出し出演のチャンスが本城のもとに巡ってきますが、ハリウッド俳優を目指す若手俳優・一ノ瀬リョウにその座をあえなく奪われてしまいます。

裏方であるスーツアクターの仕事やアクションの演技を甘く見ていた一ノ瀬ですが、撮影のアクションシーンでミスを犯し自分の実力の低さを露呈させてしまいます。一ノ瀬は自分の悪態を認め、本城にアクションの指導を願い出ます。

そんなある日、本城のもとにハリウッドのアクション映画からオファーが届きますが、その役は命の危険が伴う過激なスタントでした。仲間や家族の心配する声を振り切って、自分の夢のため、誰かのヒーローになるために本城は出演の覚悟を決めます。

見どころ

激しいアクションシーン

『イン・ザ・ヒーロー』は、日本映画史上で初めてスーツアクターという職業に焦点を当てた作品です。主演の唐沢寿明さんや寺島進さんはご自身もスーツアクターの経験がある俳優さんです。劇中では激しいアクションシーンを披露しており、実際に経験を積んできた唐沢さんだからできる役だなと感じます。

スタッフ

監督:武正晴
脚本:水野敬也、李鳳宇

キャスト

唐沢寿明(本城渉)
スーツアクター歴25年のベテラン。「下落合ヒーローアクションクラブ(HAC)」の代表も務める。戦隊モノの『神龍戦士ドラゴンフォー』ではメインのレッドを担当している。

福士蒼汰(一ノ瀬リョウ)
若手人気俳優。スタントマンの仕事を軽視していたが、実際にスーツアクターの演技を目にしてそのレベルの違いに圧倒される。

黒谷友香(大芝美咲)
HACのメンバーで、ドラゴンフォーではブルー担当。関西弁で少しきつめの性格。

寺島進(海野吾郎)
HACメンバーで、小柄な体格のためドラゴンフォーではピンク担当。

日向丈(森田真澄)
HACのメンバーで、ドラゴンフォーではグリーン担当。筋肉質でガタイが良い。

草野イニ(真鍋満)
HACのメンバーで、ドラゴンフォーではボーナック星人・チャッピー担当。

小出恵介(門脇利雄)
一ノ瀬のマネージャー。

和久井映見(元村凛子)
本城の元妻。危険な仕事をする本城のことを、離婚した後も少し気にかけている。

杉咲花(元村歩)
本城の娘で、一ノ瀬のファン。母・凛子と共に暮らしている。

及川光博(西尾俊久)
元村凛子のお見合いの相手。

加藤雅也(石橋隆生)
一ノ瀬がオーディションを受けるハリウッド映画『ラストブレイド』のプロデューサー。

松方弘樹(松方弘樹)
本人役で、本城sの知り合いとして出演。

 

『イン・ザ・ヒーロー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

インザヒーロー(映画)の感想

30代女性
30代女性

スーツアクターの話なので、戦隊もの好きの私にとっては興味津々でした。あのかっこいい見た目の中はこんな風になっているんだ…!と衝撃を受けた部分もあります。唐沢寿明さんと福士蒼汰さんのコンビなので、演技力は抜群です。お二人とも仮面ライダー出演経験ありなんですよね。だからこそより映画にリアルな感じが出ていたのだと思います。ノリは全体的に昭和チックではありますが、決してサムイということはないので楽しみながら見ていくことができます。むしろ、昭和のノリが新鮮で、これかなりおもしろいかもと思ったシーンも多々ありました。アクションシーンもしっかりしていたので、そちらにもびっくり。もっと内面的な所にフォーカスを当てるのかなと思っていましたが、やはりスーツアクター=多彩なアクションが求められる仕事なのだということを実感しました。皆努力して鍛え上げているんですよね。イン・ザ・ヒーローを見てから、スーツアクターを見る目が変わりました。やっぱりプロの仕事に妥協は許されないのだ!ということをひしひしと実感しました。これからも戦隊ものを見る時は、この映画のことを思い出すと思います。お子さんと一緒に見ても楽しめる内容だと思いますよ。

50代男性
50代男性

アクション映画ファン、特撮ヒーロー物ファン必見。特撮・アクション映画を支え、顔出しすることの無い、まさに縁の下の力持ち・スタントマン(スーツアクター)と、表舞台には出なくとも映画作りを陰で支えている人たちの物語。主要キャストの実際のキャリアが実に面白く、この作品を盛り上げているのが特徴です。ブルース・リーが大好きで俳優を志し、下積み時代に『仮面ライダースーパー1』のスタントを担当、実際にスーツアクターの経験を持つ唐沢寿明が劇中の戦隊ヒーロー「ドラゴンフォー」のドラゴンレッドを演じているため、その心情など描写が妙にリアルで説得力抜群。男性なのに紅一点のドラゴンピンク役を演じている寺島進も、売れっ子俳優になる前、女性役スーツアクターのリアルガチ経験者。そして『仮面ライダーフォーゼ』の主役・フォーゼ/如月弦太朗を演じた福士蒼汰がキャスティングされているのも見どころですね。これまたハマリ役です。映画ラストまでスクリーンにくぎ付け。何といってもクライマックスの100人斬りのシーンは圧巻!!どこか『蒲田行進曲』にも似た展開に、号泣必至かと。本作を通じて、アクション映画に限らず表舞台に立つ人たちばかりではない、その裏方でその作品を支えている美術さんとか照明さんetc真の立役者が居ることに改めて気付かされますね。余談ですが、エンドロールでは唐沢寿明や寺島進の下積み時代、スーツアクターだった頃の姿が観れますので、こちらもお見逃しなく!!

30代女性
30代女性

最初は、子供用のヒーローものを見てしまったと勘違いし、うっかり観るのをやめようとした作品です。その後、ちゃんと主役の唐沢寿明さんが演じる本城渉が登場して安心しました。本城は、アクションプロダクションの代表をし、仕事に対する姿勢が真面目で、誰からも信頼されていて好感がもてました。たまにヒーローを愛し過ぎるため溢れ出す正義感は、熱すぎてダサく観ているこっちまで恥ずかしくなるほどです。そんな彼に久しぶりの顔出しオファーがやってきました。元嫁にも連絡してしまうほど、大喜びする所にとても可愛らしく思いました。しかし、まさかのイケメン若手俳優の一ノ瀬にコネで役を取られてしまいます。取られたと知っても、一ノ瀬にアクションの指導を頼まれると、受け入れる本城の大人な対応になんとも切なくなります。それに比べて、一ノ瀬の好感度の低さです。サポートする仕事仲間をスタントマン呼ばわり、大切に作った小道具はいい加減に扱う、仕事を大きい小さいとしか見てなく、本城から奪った仕事を小さいちっぽけな仕事と認識し最低な俳優です。そんな一ノ瀬もハリウッドへの思いから、仕事に対する姿勢の変化に繋がります。アクションは個人競技ではないチームプレイなんだという本城の言葉に、一ノ瀬がチームの大切さ、裏方の大変さを知る様子が心温まりました。こんな裏で頑張ってる人がいることを、私自身も知れて良かったです。どんなに危ないアクションでも求められれば、全力に演じる本城に周りの人たちが本気で心配し、それでも突き進む本城がとてもかっこよかったです。夢には近道はない、努力の積み重ねで危険なアクションをやり切る本城に奇跡を観ているような映画でした。

30代男性
30代男性

アクション作品や特撮作品で、スタントマン的役割を担うスーツアクターに焦点を当てているという点がとても興味深い映画ですね。スーツアクターの活躍ぶりを私たちはいろんな作品を通して目の当たりにしている訳ですが、ヒーロースーツや着ぐるみで姿が隠されているばかりに、その存在を認知できないでいます。創作とは言え、そんな裏側を窺い知ることができるという点で、この映画を見ているとワクワクすることができました。また主人公本城渉を演じている唐沢寿明さんのガチのアクションシーンの数々も大きな見どころと言えると思います。CGやスローモーションのような小細工は使わず、体を張って挑んだ危険も大きいアクションシーンの数々。この映画の制作時点で唐沢寿明さんは既に50代と決して若くなかったはずですが、東映アクションクラブ出身の俳優さんだけに、アクションシーンにかける情熱やこだわりが、画面を通していてもひしひしと伝わってきました。正直なところ、ストーリー自体は全体的に平凡かつ散漫な印象は免れないのですが、後半部分の唐沢寿明さんのガチなアクションが、それをはるかに凌駕する魅力を放っています。とにかく気迫に満ちたアクションシーンを見て欲しい、そんな映画でした。

 

40代女性
40代女性

いくつになっても変わらない、唐沢寿明さんのアクションシーンの数々が見られる作品です。それにしても、スーツアクターって縁の下の力持ち的な役割を愛し頑張っている真のヒーローといった感じで思っていたので、顔出し出演のオファーに大喜びする姿には正直抵抗がありました。分かる人が見れば彼だからこそのキレの良さや立ち回りの優雅さが分かる、そういった方がいい気がします。結局は本城の思惑と違って顔を出すのは若手俳優の一ノ瀬リュウ、やっぱり若手には敵わないとがっくり肩を落とす姿には中年男性の悲哀が感じられて悲しかったです。でも体力は落ちていても経験やカンは一度養われたらなかなか失われることは無いもの、結局は若いものには負けない強さを持っているんだよ・中年だってすごいんだというメッセージが込められています。だからこそその年代の方に観てほしい作品です。それにしても片や仮面ライダーを演じた福士蒼汰君です。一方の唐沢寿明さんも下積みの時代に仮面ライダーや戦隊もので実際にスーツアクターを務めていた経験があるそうで、それぞれに感慨深いものがあるのではと思いました。だからこそ、二人ともキレが良くて本当に上手です。特に唐沢さんの頑張りに拍手です。

 

50代女性
50代女性

ベテラン俳優である本城と別れた妻が、仲が良いのも好感を持つことが出来ました。本城に数年ぶりに顔を出せる役が来た時に元妻と一緒に喜んでいる姿が、とても良かったです。しかし、そんなに喜んだ役だったのに若手の俳優にその役を奪われてしまった時が、なんだか自分のことのように悲しい気分になりました。そんな本城が、役を奪った若手の俳優にアクションを教えてくれと言われてそれを引き受ける姿が凄いなと思いました。本城を演じる唐沢さんの演技が上手く、唐沢さんがスーツアクターの俳優さんに見えて来ました。リュウは子供番組だからとバカにして真面目に指導を受けなかったために、相手の役者に怪我をさせてしまいます。そこから真面目にアクションに取り組むようになったリュウの姿勢が良かったです。リュウを演じた福士さんの若々しい演技が好感を持つことが出来ました。俳優さんの大変さをこの映画を見ていると感じることが出来て感動出来ました。本城が危険な役のオファーを受けた時に、元の妻からも反対されながらもその役を演じることを決めたシーンは感動的でした。唐沢さんは、本当にスーツアクターとしての経歴があるので役を演じているというよりは本物感がありました。

 

まとめ

『イン・ザ・ヒーロー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました