イキガミ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
イキガミ(プレビュー)

イキガミ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『イキガミ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『イキガミ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イキガミ(映画)の内容

映画『イキガミ』は、間瀬元朗のコミックを映画化し、2008年9月に公開されました。

2005年に「週刊ヤングサンデー」で連載開始以来、衝撃的な設定や世界観で大反響を呼んだ同名漫画の1巻から1話と3巻から2話分を中心に、脚本は原作の間瀬元朗自身も参加し、1年以上かけて執筆されたそうです。

イキガミ配達人役の松田翔太を主演として、政府発行の死亡予告証、通称「逝紙(イキガミ)」を受け取った3人の若者と、彼らを取り巻く人々が残された24時間をさまざまな思いで生きる姿を描いています。共演には塚本高史、成海璃子、山田孝之ら実力派若手キャストが集結し、死を意識した極限状態の人々がみせる、壮絶な生命の輝きが観る者の胸を打つ感動作となっています。

いきなり明日死ぬことを宣告されたら・・・生きることが当たり前と思って日々過ごしている人には、自分にとって生きるとはなんなのか考えるいい機会になると思います。

ひとの想いは、紙切れじゃ伝えられない。
人生を生きるために、今、必死に生きないといけない・・・と思わせて頂いた映画でした。

意外に泣ける内容だったので、驚き。

生きることについて、とても考えさせられる映画だった。

イキガミが届くいくつかの人物に焦点が当たるのですが、どれもがウルっとくる結末で、とてもハートフルなストーリーです。

あらすじ

「国家繁栄維持法」により、国民が生命価値を高めることで社会の生産性が向上し、国家繁栄に繋がるとして、全国民は子供の頃に体内に特殊なカプセルを埋め込まれ、18歳から24歳の若者のうち1000人に1人の割合で、自動的に死を迎えることが定められています。

厚生保健省の職員である藤本賢吾(松田翔太)は、政府より発行される死亡予告証、通称「逝紙(イキガミ)」を次の死亡者に配達する仕事をしていました。それを受け取った者は24時間以内に死ぬ・・・そんな藤本が今回イキガミを配ったのは、メジャーデビューを果たした元ストリートミュージシャンの田辺翼(金井勇太)、息子に届いたイキガミを選挙に利用しようとする保守系女性議員を母に持つ滝沢直樹(佐野和真)、そして事故で失明した最愛の妹のために角膜移植を決断する青年、飯塚さとし(山田孝之)。

やがて藤本はそんな彼らの最期の24時間の輝きを目の当たりにしたことで、様々な迷いや葛藤が渦巻いていく…。

見どころ

それぞれの愛

映画『イキガミ』は、架空の社会の設定やストーリー自体が見どころなのですが、本作には三つのエピソードがそれぞれラストまで描かれています。最愛の息子を失うシングルマザーとその息子の友人、国家議員の母と引きこもりの息子、全盲の少女と兄・・・イキガミを通して、それぞれの愛の形が浮き彫りになり、観る人にとっても「人生」や「生き方」を考えるきっかけになると思います。

スタッフ

原作 : 間瀬元朗
ディレクター・監督 : 瀧本智行
脚本 : 八津弘幸、佐々木章光、瀧本智行
主題歌 : PhilHarmoUniQue「みちしるべ」

キャスト

藤本賢吾:松田翔太
逝紙(イキガミ)配達人となった新人公務員。国繁制度に疑問を呈しつつ仕事を全うしている。

島田:劇団ひとり
藤本と同期の新人公務員。かつて国繁制度で恋人を亡くし、新人研修中に猛烈に批判したところ「退廃思想家」として拘束され、ナノカプセルを打ち込まれた。

石井課長:笹野高史
藤本の上司。

鴨井洋介:浅利陽介
イキガミが届いた若者。同級生の下山から陰惨ないじめを受け続けており、体中に傷痕や痣、火傷の痕がある。イキガミ到着と同時に、下山への復讐を決行する。

下山:鈴之助
鴨井の同級生。下山自身は遊び半分のつもりで、鴨井にいじめを繰り返していた。

森尾秀和:塚本高史
ストリートミュージシャン。メンバーの翼と共にメジャーデビューを目指していたが、デビューしたのは翼のみ。失意の中、産業廃棄物処理場でのバイトに明け暮れる。

田辺翼:金井勇太
メジャーデビューを果たすも、音楽性も性格も合わない達彦とコンビを組まされていた。そんな時にイキガミが届く。

田辺美奈子:りりィ
翼の母。翼を女手1つ育ててきたシングルマザー。

達彦:山崎裕太
翼とのコンビでデビューした人気歌手。翼を自分の引き立て役としか思っていない。

滝沢和子:風吹ジュン
滝沢直樹の母で国会議員。再選を目指していて、自分の再選のためにイキガミが届いた直樹を利用しようとする。

滝沢直樹:佐野和真
和子の息子。長らく引きこもり生活を送っていて、首吊り自殺を図っていたところへイキガミが届く。

滝沢信利:塩見三省
和子の夫で直樹の父。和子の秘書兼主夫として、政治活動に邁進する和子を公私両面で支援する。

飯塚さくら:成海璃子
幼少時の事故が原因で全盲となった少女。両親は幼少時に亡くなっており、兄・さとしと児童養護施設で育った。

近藤医師:井川遥
さくらの主治医。

飯塚さとし:山田孝之
さくらの兄。振り込め詐欺などの違法行為で生計を立てているが、さくらの前ではエリートビジネスマンを装っている。イキガミが届き、さくらへの角膜提供を決意する。

『イキガミ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

イキガミ(映画)の感想

 

20代男性
20代男性

『イキガミ』は2008年の9月に公開しました。私はこの作品の原作漫画も読んでいて『週刊ヤングサンデー』にて2005年9号から不定期で連載されていました。主演が松田翔太さんで、他にも塚本高史さんや山田孝之さんや柄本明さんや劇団ひとりさんなどとても豪華な俳優さんが出演されていて、その中でも山田孝之さんは昔から好きでこの作品に出演されていたのでとても嬉しかったです。山田孝之さんは演技がとても魅力的で、かっこいいので男の憧れです。劇団ひとりさんは芸人ですが、演技がとても上手で驚きました。原作漫画も読んでいてとても面白かったのですが、実写化は原作漫画を忠実に再現していて驚きました。国の法律により、1000人に1人の確率で18歳から24歳までの若者が死んでしまうという衝撃的な内容の物語です。この作品は少しホラー感があり怖いシーンなどもありますが、命の大切さや家族の大切さなどとても大事なことを感じ、学ぶことができます。普通に幸せに暮らせることのありがたさを改めて感じました。人間はいつ死ぬか分からないので、毎日に感謝しながら後悔しないように全力で生きようとこの作品を観て思いました。ぜひおすすめする映画です。

 

10代男性
10代男性

僕は高校生の頃、学校の授業でイキガミを見ました。最初見始めたときはこれはとても恐ろしい内容の話なのではと感じました。しかし、どんどん見進めていくうちに確かに恐ろしさもあるけれどそれ以上に切なさや感動を覚えさせられました。どの登場人物もそれぞれまったく違う悩みや人生を持っていてイキガミという死の宣告に対し、それぞれどんな行動をするのかどんな感情を抱くのかなど目が離せませんでした。そして彼らのとった行動は私の涙腺を刺激するようなものばかりで、死ぬとわかっていながらも「まだ死ぬな」、「やっとこれからなのに」といった感情をもってしまいました。また自分にもしイキガミが届いたらどんな感じになるんだろうとも考えました。そしてこの映画が一番伝えたいことはやはり命の尊さだと思います。命が大切というのは当たり前なのですが、当たり前過ぎてかえって意識する機会が少ないことだと思います。この映画はもうすぐ死ぬことを余儀なくされた人間の絶望する姿やこれまでの自分の行動に後悔する姿を描くことでそのことを改めて私たちに伝え、いつ終わりを迎えるかわからない人生、命だからこそ1日1日を大切に過ごそうと呼びかけてくれているのではないかなと感じました。

 

30代男性
30代男性

国家の繁栄のためには18歳から24歳までの若者を犠牲にしてもいいのかという、究極的な問いかけには考えさせられるでしょう。「イキガミ」と呼ばれて恐れられている死亡予告書を運ぶ、主人公・藤本賢吾役の松田翔太の無表情に圧倒されます。初めてのイキガミ配達にも戸惑うことなく、家族への事前通知や注意事項の伝達にも無駄がありません。高級レストランで何でも好きな料理を注文できる「特典」や、遺族に支払われる高額な給付金などお役所仕事への皮肉もたっぷりです。上司からは対象者への個人的な介入を止められている藤本が、2人目の滝沢直樹にイキガミを配達した時に取った思わぬ行動に驚かされます。序盤ではルーティンワークを淡々とこなしていくサイボーグのような藤本の横顔に、これ以降は少しずつ人間らしい迷いが芽生え始めていくのを見逃さないでください。3人目の対象者でもあり物語を締めくくる重要な役割も担っている、飯塚さとし役を演じている山田孝之がいい味を出していますよ。振り込め詐欺グループのメンバーに加担する善悪の感覚が欠如した人間ですが、視力を失った妹を支える心優しい一面もあって見放せません。暴力的なさとしに似合わず可憐な妹に扮しているのは成海璃子ですが、彼女の名前・さくらにもさりげなくラストへの伏線が込められていました。

 

30代男性
30代男性

政府が発行する死亡予告証“イキガミ”を受け取ると24時間後に死んでしまうという特殊な設定を利用したオムニバスストーリー。設定に無理があるという意見も多くありますが、個人的には、細かい設定の粗さよりも描かれていること・伝えたいことを優先したいですね。イキガミを受け取った人間が、残された24時間をそれぞれ大切に生きていく姿は涙無くしては鑑賞できません。自分がもしイキガミを受け取ったら、自分は一体どうやって過ごすのか・・・。そうやって投影しながら見てみると、普段は大したことのない人生だと思っていた自分の人生がとても輝かしいもので、失いたくないものがたくさんあるということに気づかされます。限られた時間の中で死を受け入れ、人生の最後が迫る瞬間を精一杯に生きようとする登場人物たちの姿は、死よりもむしろ生の大切さを強調している。イキガミというタイトルから、なんとなく怖い映画を想像していたんですがイメージしていたものとはだいぶ違いました。ま、設定上、国家が国民の命を管理している状態であり、そういう恐ろしさみたいなものが主たるテーマではあるので、怖い映画といえば怖い映画ですし、重さや暗さは当然感じられるんですが、そこには明確に救いがあって、命の尊さを再認識させてくれる物語に仕上げてくれています。同じ設定なら、全く救いのないサスペンス調にも味付けできたと思いますしね。

 

30代男性
30代男性

政府が24時間後の死亡を予告する「逝紙(イキガミ)」を出す世界で、その配達人の観点から、死亡が予告された3人の若者の行動を見守るような映画でした。設定自体は、ショートショートの神様星新一の作品に登場しそうだとも思いましたが、ショートショートと違ってしっかりと肉付けのなされた作品に仕上がっています。また「逝紙」の対象がいずれも若者であるために死なせるのがもったいないなと想う一方、戦時中の召集令状である「赤紙」も連想しましたね。「赤紙」を受け取った当時の家族も、こんな心境だったのだろうかと想像したりしました。ストーリー自体は、24時間後の死を宣告された境遇の異なる若者たちが、突然の死に恐怖し、やがて残された時間に何をするべきなのか真剣に考え、実行に移してゆく感動のエピソードになっています。とりわけ家族との絆に関わるシーンなど、涙腺を刺激されました。一方で、主人公で「逝紙配達人」を務める藤本賢吾は、避けられない死の運命に翻弄される人々を見る中で、この政府の政策に疑問を抱くようになります。もっとも、彼はこんな特殊な仕事をしていたために世の中のおかしさに気づいたのでしょうが、映画の中の世界の人の大半は、政府の方針に何の疑問も抱かずに受け入れているわけで、洗脳されることの恐ろしさも伝わってきました。いろいろと考えさせられる映画ですね。

30代女性
30代女性

見終わった後、すっきりする映画というより、虚しく、実際にこんなことが起きたとき、自分はどう対応するだろうかと、考えさせられる映画だと思います。人はいつまで生きるかわかりません。でも24時間後に死ぬと分かったら何をするでしょうか。私なら、家族と過ごす24時間にすると思います。24時間後に死ぬと通達を受けたとき、どういう行動に出るかは、その人次第だと思いますが、出来れば来てほしくないですよね。寿命がわかるから、その人生を大切に過ごせるとは限りません。自暴自棄になり、人を殺めるかもしれないし、死ぬのが怖くて、先に自殺する人もいるかもしれません。これは、ノンフィクションと思える映画ですが、実際に日本で政府がこの指示を出したら、と思うと、とても怖いですよね。逝紙を渡す人も、受け取る人もどちらも政府の指示ですが、断りたいですよね。自分の命を人に決められたくないですよね。人はいつ死ぬかわからない。けれど、先が見えないから、今を大切に生きることができると思います。この映画を見て、賛否両論あると思いますが、私は見て良かったと思います。現実とは違うと思えることで、非現実を味わえ、素直に面白い映画だと思えることが出来たからです。

20代女性
20代女性

とにかくキャストが豪華です。山田孝之と松田翔太の演技が好きなのでこの映画を見てみることにしました。二人とも役にハマっていて、時間が経つにつれ、どんどんストーリーに引き込まれていきます。一人一人のストーリーに感動させれます。とくに山田孝之の話には必見です。ちょい役として出演していたコードブルーでおなじみの浅利陽介もなかなか良かったです。ランダムに選ばれた人間が死んでいくというのは、理不尽で残酷だなと思いました。もし明日急に死ぬと伝えられたら、自分はその時どうするのかなとすごく考えさせられました。こんな世界だったら自分は今みたいに普通に生活できないだろうなと、今生きている世界に自分が居れて幸せだなと思いました。さらに、主題歌の「みちしるべ」は、この作品にすごく合っていて、映画鑑賞後も頭から離れないくらいです。『イキガミ』は、原作の実写化に成功した作品だと思います。泣けるシーンも多くあり、観る価値は確実にあります。今生きられていることに感謝し、毎日を大切に過ごしていかなければいけないなと強く思わされます。若い人には少し重たすぎる内容になっているもで、とくに大人の男女にオススメしたい作品です。

30代女性
30代女性

まずストーリーの構成や設定が非常に独創的で細かく丁寧に作られていました。子供のころの予防接種で将来イキガミをもらう人は決まっていて、あるタイミングでいきなりイキガミを渡される、その人は24時間後には必ず死に至るという何とも言えない設定です。そのイキガミを渡された人の最後の24時間をいくつか描いた映画でした。この設定で、人が自分の死に直面したとき何を感じ、どう最後まで生きるのか、それを見せられました。でもイキガミをもらうまではみんなどこか他人事で、いざイキガミをもらうととたんにもがきだします。それは現代のリアルな人間もそうなるのだろうと思わされました。イキガミのルールなんて人道的にはあってはならないものだと思いますが、イキガミをもらった人は徐々にその死を受け入れて「どう死ぬのか」に向かっていきます。現代に置き換えたら戦争と一緒だと思いました。私が一番心に残っているのは山田孝之さんが演じた兄妹の話でした。目が見えない妹のためにイキガミをもらった兄(山田孝之)が死ぬ自分の網膜を妹にあげました。最後まで妹のために気丈にふるまっていたお兄さんが最後の最後に「死にたくねぇよ…」と崩れ落ちる姿に涙が止まりませんでした。本当の声を聞いたと思いました。何とも言えず、やりきれず、死について考えさせられる映画ですが、見てよかったと心から思っています。見たのは10年以上も前ですが、今でも心に残っている作品です。

 

30代女性
30代女性

この作品の題名からすると、最初はなにかの神様についての話なのかと思いましたが、この題名が”死の瞬間を宣告する紙”を意味しているということに先ずは驚きました。内容としては、結局は人が死ぬ話なので、観ていて辛くなるようなハードな話も多い印象でしたが、そのようなストーリーの中で、”もしも自分がまだまだ先だろうと思っていた死というものが間近に迫っていると知ったら、どのように残りの時間を生きるべきか”ということについて考えさせられるような場面も多く、ポジティブに生きるための手段としてこの映画を見ることが生活に役立つだろうと考えました。実際に、作品の中では、そのようなことについて考えて、それまでの人生を悔やむ人が多いというような描写もあります。その後に自暴自棄になる人もいれば、やり残したことをやり遂げて、誰かの役に立てるように努力する人もいるというストーリーが描かれている部分もあり、それぞれの人間ドラマを客観的に見ることができるので、自分だったらどのように行動するかということを、それぞれのキャラクターと照らし合わせて観ることができ、そのような仮定の状況を想像しやすくしてくれるところが、この作品の面白さだと考えます。

 

まとめ

『イキガミ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました