怒り(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『怒り』映画オリジナル予告編

怒り(映画)の動画フルを安全に見る方法

『怒り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『怒り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

怒り(映画)の内容

2016年9月に公開された映画『怒り』は、吉田修一原作のミステリー小説を映画化したものです。

監督を務めたのは、日本アカデミー賞をはじめ、日本国内の映画賞を総ナメにした映画『悪人』に続き2度目の吉田作品を手掛けた李相日監督。6年ぶりにタッグを組んだ吉田修一×李相日の元で、主演の渡辺謙を始め、妻夫木聡、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、宮崎あおいや広瀬すずなど、今では日本映画界トップクラスの俳優たちが出演しています。

本作は、1年前に起きた未解決事件を巡り、千葉、東京、沖縄という3つの場所で、それぞれ謎の男の出現により巻き起こるドラマが描かれています。しかし、その3つの物語は決して交わる事はなく、それぞれが一篇のドラマとして成立するほどなのですが、単なる群像劇ではなく、「人が人を愛すること」「信じること」の根拠について、いかに不確かで脆弱なものであるかということを、それぞれのストーリーの中で感じさせられます。

そんな『怒り』は、日本アカデミー賞では最多となる11部門で優秀賞を受賞し、興行収入16億円超の大ヒットとなった、2016年を代表する超話題作です。

 

本気の演技を見た気がする。全員のパンチがありすぎる。
もちろんいい意味で。こんな作品滅多にないんじゃないかな。

喜び、怒り、哀しみ、2時間越えの長尺を感じさせないテンポの良さ。何より出演者全員の演技が素晴らしい。

色んな怒りの中で自分に一番響いたのは、信頼していた人を疑い裏切ってしまった自分を許せない怒り。
後悔だけに留まらない。それを表現していた宮崎あおいの演技が、一番刺さったかな。

演技、音楽、ストーリー、全てにおいて圧倒されました。
怒りって、面と向きあうことがあまりない感情だからなのか、凄く重く、深く考えてしまうのかもしれないです。

あらすじ

東京・八王子で起こった残忍な夫婦殺人事件。犯人は現場に「怒」という血文字を残し、顔を整形して逃亡していました。あれから1年が経過した今も、行方が分からないでいました。

千葉の漁港で暮らす洋平(渡辺謙)は、家出して風俗店で働いていた娘の愛子(宮崎あおい)を連れ戻し、愛子はやがて漁港に突然現れた田代(松山ケンイチ)に惹かれ、結婚を意識するようになります。

東京で大手企業に勤めるゲイの優馬(妻夫木聡)は、新宿のサウナで直人(綾野 剛)と出会い、意気投合した二人は同棲を始めます。

親の事情で沖縄に転校してきた女子高生・泉(広瀬すず)は、無人島でバックパッカーの田中(森山未來)という男に遭遇します。

それぞれの物語の中に登場してくる前歴不詳の3人の男の中に、あの殺人犯がいるのでしょうか?

見どころ

圧倒的な演技は本気の役作りにあり

本作の見どころは、何といっても豪華キャスト人の圧倒的な演技力。妥協を許さないことで有名な李相日監督の指導の元、出演者はそれぞれ役作りに余念がなかったようです。

例えば、ゲイ役の妻夫木聡さんと綾野剛さんは、役作りの為に撮影中の2週間にわたり、実際に同居生活をしていたそうです。妻夫木さんにおいては、撮影前から新宿二丁目のゲイバーやクラブに通うなどして、よりリアリティのある演技に注力していたようです。

また、槙愛子役を演じた宮崎あおいさんは、体重を7キロ増量して撮影に臨んだそうです。その理由は、原作の設定が〝ぽっちゃりした体型〟だったからだそうですが、太りにくい体質のあおいさんは、かなり苦労したそうで、結局目標体重までは増やせなかったそうです。

そして、バックパッカー役の森山未來さんは、クランクインの数日前から無人島で過ごし、役になり切って撮影に臨みました。

名演技の裏には絶え間ない努力が潜んでいるのですね。

スタッフ

監督/脚本:李相日
原作:吉田修一
音楽:坂本龍一
主題曲:「許し」坂本龍一 feat. 2CELLOS

キャスト

千葉編

槙 洋平:渡辺謙
漁港で働く武骨で不器用な男。娘のことを気に病んでいる。

槙 愛子:宮崎あおい
洋平の娘。純粋で無邪気。他の子と少し違う。家出して風俗店で働いていたところを父親に連れ戻される。田代との結婚を決意する。

田代 哲也:松山ケンイチ
洋平の漁協に現れた前歴不詳の男。

明日香:池脇千鶴
洋平の姪。

東京編

藤田 優馬:妻夫木聡
東京で暮らすエリートサラリーマン。ゲイ。

大西 直人:綾野剛
新宿のサウナで優馬と出会った前歴不詳の男。優馬と同棲する。

藤田 貴子:原日出子
余命少ない優馬の母。

薫:高畑充希
直人の過去を知る女性。

沖縄編

田中 信吾:森山未來
バックパッカーの途中で泉と出会う。民宿の手伝いをする。

小宮山 泉:広瀬すず
母と共に沖縄に移住してきた高校生。

知念 辰哉:佐久本宝
泉に恋心を抱く同級生。

泉の母親:粟田麗

 

『怒り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

怒り(映画)の感想

20代女性
20代女性

「逃走中の犯人は誰なのか」をテーマに話が進みます。三つの舞台が交互に流れてくるのですが、どの物語も後半はずっと胸が苦しかったです。それぞれのシーンに容疑者と疑われる人物がいるのですが、私は最後まで分かりませんでした。「この人が犯人では?」と思っていた人物が外れたのです。何より演技派が揃っていて、一人ひとりに感情移入してしまいました。キャストがこのメンバーじゃなかったら、こんなに壮大で心を揺さぶられる作品にはならなかったと思います。特に私が引きずったのは妻夫木さんです。私自身、大切な人を信用できず手放してしまった過去があるので、最後の涙はとても辛かったです。「自分がこうだったら…」と立場を自分に置き換えて映画を見る事ってあまりないのですが、怒りという映画では全ての人物に自分自身を投影してしまいました。142分という長さでしたが、引き込まれ過ぎて短く感じます。また、沖縄のシーンは景色がとても綺麗でした。重いストーリーなので感動している場合ではないのですが、同じ日本とは思えないほど美しい海、砂浜で旅行に行きたくなりました。この作品を見て「胸糞悪くなった」と言っている人も多いですが、見て良かったと心から思える映画でした。

20代女性
20代女性

俳優さんたちの演技力に驚かされました。そして逃亡犯候補の3人の顔がすごく似ているし、全員すごく怪しいし、誰が犯人なのか最後までわからなくてドキドキしました。妻夫木さん演じる藤田と綾野剛演じる大西の出会いがすごくて、私は妻夫木さんは本当にゲイなのかと疑ってしまうほどでした。そして2人の奇妙な同居生活もどうなっていくのかわくわくしました。宮崎さん演じる愛子は少し発達障害のあるような感じで、みんなから少し気味悪がられている松山さん演じる田代にお弁当を作っていたりすごく優しくて、たくさんの人にだまされて傷つけられていたような愛子だったから、田代は犯人ではなくて幸せになってほしいと思いました。だけど報道を見て少し似ていることと突然この街に来たことで疑ってしまう気持ちもあってその葛藤や後悔がすごく良く描かれていました。そして一番すごいと思ったのは広瀬さん演じる小宮山のレイプのシーン。本当に助けて!という心の叫びと、絶望を表情から感じて涙が出てきました。母親のことでいろいろあってこの町に着て、こんなひどい目にあって、こんな壮絶な人生の女の子を本当に鳥肌がたつくらいリアルに演じられていたと思います。そして犯人がわかって、その犯人のひどい発言にまた涙がとまりませんでした。終始すごく暗くて重たい話だったけど面白かったです。

30代女性
30代女性

小説家吉田修一さんの作品はどれも大好きで、怒りが映画になると聞いたときは嬉しくてたまりませんでした。配役を見たときに、槙役が渡辺謙さんでその娘が宮崎あおいさんってちょっと美しくしすぎでは?と思ったのですが、さすがは名俳優。見事に作品の世界を壊さない演技を見せてくれました。それに、宮崎あおいさんはこの役を演じるために7キロほど太ったのだとか。確かに映画の中ではちょっとふっくらした…?という印象を受けました。それでも可愛らしさが抜群に残っているのは、作品中もどこか憎めない愛子そのものでした。私が最も注目したのは妻夫木聡さんと綾野剛さんのカップル。こんなサービスシーンが見れるなんて!と女性ファンなら涙を流して喜ぶような場面がたっぷりでした。2人のイチャイチャする様子や、やりとりがとにかく美しくて…。でも、男性が見ても十分楽しめるし、複雑な心理描写が見事に描かれているので共感しながら見ていくこともできると思います。物語はミステリー作品で、事件の犯人は一体誰?というものなのですが、犯人に関しては途中でだんだんと分かってきます。これは犯人当てをしながら見る映画ではなく、愛する人を最後まで信じ切れるか、自分を信じて前に進むことができるかを問う作品。多くの人の胸に突き刺さる映画だと思います。

 

30代女性
30代女性

犯人がわかっていても、何度でも見返したくなる作品です。行方不明の指名手配犯が全国にニュースになったのを皮切りに、それまで各々の場所、見知らぬ土地で信頼関係を築いてきた人々の生活が一変し始め、疑いが疑いを生む、ミステリー要素もありながら重圧なヒューマンドラマを織り込んだ作品です。それぞれ身元不明の人物のその土地への溶け込み方、経歴などが「あるある」と思わせてくれて、映画でありフィクションであるとわかっていながらも現実に近い感覚を覚える作品となります。そんな経歴の持ち主、確かに家の近くにもいるような、という見終わった後に一種の戦慄を感じさせてくれる作品でもあります。イケメン俳優の妻夫木聡さんと綾野剛さんの役柄、演技もファンとしては大変貴重な作品で何度も見直してしまう一つの要因だとも言えます。とても危険なニオイを感じとれます。真犯人は結局「こいつだったのか!」というのが徐々になんとなく予想がつくようでつかない、ヤキモキする場面もあり、ミステリーの代表作として大変楽しめます。周りにいる人々の、それぞれの思念、疑惑が交錯して、こうも人間関係とは脆いものかと改めて感じさせられる作品となっています。

30代女性
30代女性

人間の闇がリアルに描かれた作品です。昔観た「悪人」が凄まじく強烈だった話を友人にしていたら、「怒り」もやばい。ということで鑑賞したのですが、まさか同じ原作者×監督タッグの作品だったとは知らずに鑑賞しています。こういう人間の闇の部分と殺人鬼を題材にした物語は数知れずありますが、ここまで深く印象に残るものを作るって、李相日監督ってやっぱり凄いですね。”闇”というのは、自分とは違う何かを信じる事ができない人の弱さ。他人であったり、出来事であったり。自分以外を手放しで信じる事ができない人の心の危うさ。揺れ。それらを3つのストーリーを平行して訴えています。悪人もそうでしたが、やはり俳優陣の熱量が凄い。妻夫木聡と綾野剛のBLシーンばかり話題になっていましたが、森山未來、松山ケンイチのストーリーも物凄く奥深いものでした。宮崎あおいや広瀬すずも体当たりの演技で、心にズシンと重たくのしかかってきます。それぞれの土地で、新しい縁で繋がった正体不明の男は、殺人鬼かもしれない…。そんな恐怖で関わる人々は右往左往します。素性の知らない相手を信じる事が出来ず、自分を守ることばかり考えてしまう。犯罪自体は本人(過去、病歴、関わってきた社会との関係性など)の問題。でもそれを特定することに躍起になり、少しでも疑われる要素があれば、全員で指を差し非難し罵倒し、犯罪者扱いをする現代社会を鋭く切っているようです。指を差すコチラ側への「怒り」なのでしょうか。重たいテーマで、観終わった後に希望がないかもしれません。それでも自分を考察するきっかけにはなるかもしれない秀逸な作品です。

40代女性
40代女性

李相日という監督作品、私もこれまで知りませんでしたが作品のもともとは吉田修一氏の原作を映画化しているそうです。この作品は見ようか迷いましたが、ミステリー小説が好きなので選びました。ミステリーと言ってもサスペンスもの、ホラーものに近くおすすめできるとしたら、ミステリーサスペンス好きに向いている。キャストはあの渡辺謙さん。他森山未來さん、松山ケンイチさんという、過去の主演作品でもミステリアスな印象を与える俳優陣を中心にしていますが、他にも若手俳優がたくさんでており、多くの登場人物の印象は強かったです。映画のタイトルにある、怒とは、解決されていない殺人現場に残されていた血文字の一字をとっている。殺人事件を取り巻くものの一種のヒューマンドラマ化されていて次々と登場人物が出てくるので頭の回転がついていかないということも。映像の撮り方などは賛否あると思えます。見る価値はあったかどうかというと、小説で済むなら本で満足できる範囲かなという感じです。ミステリー向きのキャストでよく見える、よくみせているという印象ですが、森山未来さん、松山ケンイチさんらの実力派俳優が揃っているのでそこは見応えがありました。

50代女性
50代女性

犯人は一体この中の誰なのか、みんな怪しくてなかなか分かりませんでした。それが明かされるまでの過程に緊迫感があります。それと併せて、登場人物たちの複雑でヒリつくような心情に引き込まれました。洋平の、愛子を心配し愛する気持ちは、父親ならではの微笑ましさとはまた別の、何とも苦しい気持ちで胸を突かれます。直人と優馬の秘めなければならない、激しさを感じる愛が切ないです。辰哉の恋の甘酸っぱさが怒りへと変わった時、悲しいことになってしまい、これは本当に残念でした。愛しているからこそ、どうしても疑ってしまう気持ちを消せない。そんなざわざわもやもやする状況がどんな展開を見せるのか、最後まで心を揺さぶられます。全てが分かった後、未来に向けて希望を見いだそうとする者、安堵と後悔と、改めて深い愛情があふれ出てきたと思われる者。それぞれの感情が深く鋭く刺さります。犯人は何に対して怒りを感じていたのでしょうか。それは何も関係ない人に向けなければならないものだったのか。犯人の本当の心がはっきりと表れずにもやもやが残りますが、分かったとしてもおそらくは理解できないと思います。つらいことを経験した人が、これからは幸せな人生を歩んで行くことを願わずにはいられません。

40代女性
40代女性

東京と千葉と更には沖縄、3つの街を舞台に壮大なるストーリーです。人には言えない秘密を抱える人は多い、何か隠していることがあると知った時にどれだけ相手を信じ続けることが出来るのでしょうか。怪しい人物は3人でもこの物語の犯人はたった1人、どうストーリーが展開していくのか最後までハラハラドキドキしながら楽しめました。主人公は広瀬すずさん、可愛らしいだけでなくこんなにも演技が上手いとは思いませんでした。可愛らしい人なら世の中にたくさんいますしモデルの道もあるのです。女優として大成しているのは当然と納得できたのです。素晴らしいからこそ米兵に襲われるシーンは観ていられなかったです。でもこういった現実は確かにあるはず、性関係の犯罪だからこそ誰にも言えず表ざたにされていない事件もたくさん存在するでしょう。観光の楽園として名高い沖縄のまたもう一つの現実です。綾野剛さんと妻夫木聡さんのゲイカップルも正にそうとしか見えず、豪華なキャスト陣で皆さん上手だったです。本当にあった事件がもとになっているそうですが、だからこそ救われないです。ハッピーエンドの作品がいい、深すぎて疲れました。犯人が分かって良かったねで終わる方がいいです。

30代女性
30代女性

終始ハラハラがおさまらない映画でした。じっくり見れば見るほど、誰もが犯人に思えてくるような、実は誰も犯人ではないような、気持ちがかき乱される映画です。殺人事件を犯す犯人であっても、その後ろにはその犯人を産んだ親がいて、大切な家族、恋人、信じる人たちがいるということを改めて強く感じさせられた映画でした。信じることの怖さと強さ、裏切られた時の悲しみと虚しさ、そして怒り。どろどした人間臭い感情が詰まった映画です。そしてこの映画は隅々までキャストの演技が圧巻です。難しい心情を見事に演じきっています。この映画には元となった実在する事件がありますが、映画を見た瞬間、実際の事件の犯人の顔がすぐに思い浮かぶほどビジュアル的にも緻密に描かれているので驚きを超えて、実際の犯人が映画の中に現れているような恐怖心を覚えました。個人的に一番心が痛んだのは、広瀬すずが演じた少女がこの先も永遠に深い傷を負い続けなければならない点です。ラストシーンをみていて、「怒り」のタイトルがもっともふさわしい描写だと感じました。誰もが誰かに対して怒りをもっており、その負のエネルギーは消して昇華されることのないまさに「負」であることを感じ、悲しく思い気持ちになる映画でしたが、人間として知っておかなければいけない要素がつまった映画でした。

30代女性
30代女性

この映画はかなり有名な俳優さんが出演していて、気になっている作品でした。内容としてはサスペンス調で、最後まで犯人だったり怪しい人物が多数いたりと引き込まれます。いったい誰が犯人なのか、実際誰が犯人でもおかしくない内容でした。その中でも1番引き込まれたのは、綾野剛さんと妻夫木聡さんのカップルでした。この2人がカップルを演じるとのことは、以前映画の告知で聞いていたので驚きはしませんでしたが、そのリアルさと普通のカップルの様なリアルさにかなり驚きました。流石俳優さんと簡単に言えない様なリアルさがありました。その後聞いたお話で、リアルさを出すために1時期同居していたとのことだったので、2人の俳優魂はすごいなと思いました。他にも出演者の中で凄いと思ったのは、広瀬すずさんです。それまで結構清純派な映画やドラマでした拝見したことがなかったので、この映画での体当たりな演技はかなり驚きました。そしてそのシーンもかなりリアルで目を逸らしたくなる瞬間でした。それでもこの映画の話の進むのには必要なのだろうと、きちんと見ましたがなかなかエグかったです。また映画で久々に見たな、と思ったのは宮崎あおいさんでした。いつも可愛らしい演技ばかり見ていたので、この映画での配役は少し驚きました。少しイメージとかけ離れていたので、それがまた味を出していて素敵でした。なかなか面白い映画でした。

 

まとめ

『怒り』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

渡辺謙のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 怒り
  • インセプション
  • 名探偵ピカチュウ
  • 舟を編む
  • ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
  • バットマン ビギンズ
  • 硫黄島からの手紙
  • 映画 それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星(声の出演)
  • 追憶の森
  • GODZILLA ゴジラ
  • ラスト サムライ
  • 明日の記憶
  • 溺れる魚
  • 新 仁義なき戦い/謀殺
  • 陽はまた昇る
  • 海と毒薬
  • 北の零年
  • はやぶさ 遥かなる帰還
  • シャンハイ
  • 幕末純情伝
  • ベル・カント とらわれのアリア

【ドラマ】

  • 石の繭 殺人分析班
  • しあわせの記憶
  • 大河ドラマ 北条時宗 総集編

高畑充希のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 忘却のサチコ
  • ドラマスペシャル「忘却のサチコ」
  • メゾン・ド・ポリス
  • 煙霞-Gold Rush-
  • 忘却のサチコ 新春スペシャル

【アニメ】(声の出演)

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました