一命(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
『一命』予告編

一命(映画)の動画フルを安全に見る方法

『一命』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『一命』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

一命(映画)の内容

映画『一命』は、2011年10月に公開されました。

原作は、日本の時代小説家・滝口康彦さんによる「異聞浪人記」と、小林正樹監督作の『切腹』です。

監督は『十三人の刺客』など、時代劇にも定評のある三池崇史さんが務め、2011年カンヌ国際映画祭 [コンペティション部門]出品されるのを皮切りに、世界41カ国にて公開されました。

映画「一命」は、武家社会の不条理に一命を賭して立ち向かう侍の姿が描かれており、主演を市川海老蔵さんが、他に瑛太さん、満島ひかりさん、竹中直人さん、青木崇高さん、笹野高史さん、中村梅雀さん、役所広司さんと豪華面々が集結しております。

海老蔵さんの気迫みなぎった表情にすばらしい役者だと感じました。ここまでの眼力を持った役者さんは、あまりいないと思います。最高のキャスティングでした。

静かで緊張感のある作品で、時代劇を見る度によくぞ自分まで命を繋いでくださったとご先祖様に感謝の気持ちがわきます。

時代劇の人気がなくなり、少なくなってしまったジャンルに一石を投じた作品だと思います。途中何度か涙し、とても楽しめました。

オリジナル作品である「切腹」も観ましたが、新旧どちらも名作で、甲乙付け難いです。今作では海老蔵さんの殺陣が素晴らしく、孫と見つめる眼差しが温かくて…。非常に良い映画でした。

キャスティングに評価が集まっておりますが、その中でも歌舞伎役者の海老蔵さんの演技力と眼力を絶賛する声が多くありました。

途中、観ていて心臓が痛くなる描写がありますが、演者さんの見事な演技あってこその感覚になりますので、目を反らさずに観ていただきたいです。

あらすじ

戦国の世は終わり、平和が訪れたかのようにみえた江戸時代の始め。仕事も家もなくして生活に困った浪人たちの間で“狂言切腹”が流行しております。

狂言切腹とは、裕福な大名屋敷に押しかけ「庭先で切腹をさせてほしい」と願い出ると、屋敷側は面倒を避けたいので金銭を与えて帰らせるという、都合の良いゆすりのことでした。

そんなある日、名門・井伊家の門前に一人の侍が切腹を願い出てきました。名は、求女(読み:もとめ / 役:瑛太)。井伊家の三人の家臣はどう対処すべきか話し合い、狂言切腹だと見極めます。二度と井伊家にこのような者が訪れないように斎藤(役所広司)に進言し、切腹を受け入れることにしました。

求女は武士の命である刀を売って、竹光に変えていたのでした。竹光では腹を切れず、何度も腹を刺し苦しみ続けます。そこで、井伊家の家臣による介錯を持って生涯を終えました。

帰ってこない求女を待ち続ける美穂(満島ひかり)と半四郎(市川海老蔵)。そして求女と美穂の子。子は病を患っており、求女を待っている間に亡くなってしまい、直後に求女の死体が帰ってきたのでした。半四郎は井伊家の使いを追いかけて、求女の最後の様子を聞き出します。その間に美穂は求女の竹光で自害するのでありました。

この悲惨な状況を目の当たりにした半四郎は、井伊家へ復讐に向かうでした…

見どころ

本作に出演する全キャストの演技は素晴らしいものばかりですが、特に称賛を贈りたい二名に注目して頂きたいです。

千々岩求女(ちぢいわ もとめ):瑛太
これほどまでに痛みを感じさせる切腹シーンは、今まで見たことがありません。本来であれば短刀で腹を切り、介錯人が首を斬るというのが基本ですが、渡されたのは竹光(たけみつ)と呼ばれる、竹を刀身に見せかけて作った、形ばかりの刀です。

刀ですらない竹光では簡単に腹に刺さるわけもなく、何度も何度も半狂乱の状態で、自分の腹を刺し続けるのです。瑛太さんの迫真の演技が光っていました。少し長い気もしますが、瑛太さん演じる求女の切ない存在を表すには必要な時間だったのかもしれませんね。

また、このシーンで瑛太さんは三池監督に「畳の上で腹を切らなくては駄目でしょうか?」と、質問をしたそうです。結果、瑛太さんが時代劇をやるうえでの新しい表現を見出したところでもあります。今までの型にはまっていない衝撃のシーンに注目です。

美穂(みほ):満島ひかり
求女の亡骸を見て泣き崩れるシーンが印象的です。求女の懐から、持ち帰って美穂と食べようと思っていたであろう饅頭が出てきます。求女も腹を空かしているが美穂に食べさせたかった。また、自らが死んでしまうことなんて考えてもいなかったと考えると涙が止まりません。

また、美穂は血だらけの饅頭を見て求女に「おいしい」と言いながら食べます。体を病んでいた彼女だから食欲もないし、一口では食べきれないので、無理やり詰め込んでいるの演技は天晴でした。

満島ひかりさんだから見れる演技でしょうね。すごい女優さんで、お見事です!

スタッフ

原作:滝口 康彦「異聞浪人記」
監督:三池 崇史
脚本:山岸 きくみ
音楽:坂本 龍一

キャスト

津雲半四郎(つくも はんしろう):市川海老蔵
求女の義父である、美穂の育ての親。井伊家に乗り込み、求女同様に切腹のため玄関先を貸して欲しいと申し出る。

千々岩求女(ちぢいわ もとめ):瑛太
美穂との間に子を授かるも、その子が病に臥せてしまい、医者に見せるために必要な三両を求めて、井伊家で狂言切腹に及ぶ。

美穂(みほ):満島ひかり
半四郎の娘。金持ちの商人からの求婚を断り続け、求女と結婚し子を授かる。幼いころからの病が悪化し続けている。

斎藤勧解由(さいとう かげゆ):役所広司
井伊家・家老。武士の面目を重んじる人物で、狂言切腹に及んで求女に、武士に二言があってはならないと切腹を言いつける。

沢潟彦九郎(おもだか ひこくろう):青木崇高
松崎隼人正(まつざき はやとのしょう):新井浩文
川辺右馬助(かわべ うまのすけ):波岡一喜
井伊家の家臣。求女の切腹の申し出にどう対処するべきか話し合い、流行りの狂言切腹だと見極める。

千々岩甚内(ちぢいわ じんない):中村梅雀
求女の父。半四郎とは同じ藩に仕える武士だった。

田尻(たじり):竹中直人

佐々木(ささき):天野義久

和尚(おしょう):大門伍朗

井伊掃部頭直孝(いいかもんのかみなおたか):平岳大

宗祐(そうすけ):笹野高史

一命(映画)の感想

30代男性
30代男性

三池崇史監督作品ということで拝見いたしました。見終わってしばらく、切腹シーンが脳裏から離れませんでした。すごい描写です。さすが三池崇史監督といったところでしょうか。原作は原作でとてもよい作品でしたが、こちらもとてもよいリメイクに仕上がっています。例えば落とした卵をすするシーンなどで見ている人に映画の世界観を想像させやすくするような感情移入させやすくするような工夫がなされていると思いました。時代の移り変わりの中で没落し、困窮にあえぐ人々が丁寧に描かれていますが、これはこの時代に限ったことではなくて、今の時代にも見えないところで苦しんでいる方々がたくさんいます。はるか未来にいるわたしですが、現在の社会が抱えている課題をも考えさせられる作品でした。瑛太さんの演技が個人的にはとてもよかった。苦しい苦しい心のうちが辛いほど伝わってくるようでした。真島ひかりさん、竹中直人さんも個人的にとても印象に残りました。真島ひかりさんは特にどの作品で見ても懐の深い演技と表情があるなあと感心させられます。海老蔵さんはちょっと歌舞伎っぽく見えてしまったかな。個人的なフィルターもあるでしょうが。見てよかった!良作です。

50代女性
50代女性

仲代達也主演「切腹」のリメイク作品です。リメイクである以上、どうしてもオリジナル作品と比較をしてしまうのですが、オリジナル作品の重厚感たっぷりの出来栄えと比較すると、本作はもう少し控えめで抑えた演出となっているように感じました。往年の時代劇というと、殺陣のシーンでは血しぶきが派手に飛んだり、腕が飛んで行ったりとやや過激なシーンも多く、観ているとドキドキが止まらないものも多いので苦手だと感じる方も多いと思うのですが、本作では殺陣や切腹のシーンも血だらけになることがないので安心です。時代の変化でしょうか。主演の市川海老蔵さん、主演を支える共演者の瑛太さん、役所広司さんの演技もさすがのものがあります。ここは、オリジナル作品と比べても遜色ない出来だと思います。少し欲を言えば、武士社会の不条理や理不尽さに対する地位の低い物の感情についてもう少し深く話の中で描かれていれば良かったかなとは思いました。昔のお侍さんは自分の意思を表現する方法が限られていたと思うので、しかも、上や社会に物申すとなると命がけ、家族にも非が及ぶ可能性が高いと厳しい事この上ないので、そこら辺の心情を理解できる部分があればもっと良かったかなと思いました。

 

まとめ

『一命』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました