一週間フレンズ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
「一週間フレンズ。」予告編

一週間フレンズの動画フルを安全に見る方法

『一週間フレンズ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『一週間フレンズ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

一週間フレンズの内容

映画『一週間フレンズ。』は、2017年2月に公開されました。

原作は、「月刊ガンガンJOKER」で連載された葉月抹茶のコミックです。累計100万部を記録するほどの人気作で、アニメも放送されました。

何度忘れられても、君が好き。

主人公の高校生・長谷祐樹(山﨑賢人)は、クラスメイトの藤宮香織(川口春奈)に一目惚れをしました。彼女と仲良くなりたいと思い近づく祐樹ですが、香織は必死で拒みます。香織は、月曜日になると友達との記憶を無くしてしまう記憶障害があったのでした。ひたむきで切ない学園青春ラブストーリーです。

主演は、川口春奈さんと山崎賢人さんです。今をときめく人気若手俳優のW主演に話題になりました。川口春奈さんは2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」で重要人物を務めており、その演技力は高い評価をうけています。山崎賢人さん演じる祐樹は、どこか抜けていモテるタイプではありません。クールで二枚目な役柄が多い山崎賢人さんの、新たな顔が観られます。

主演のふたりがさわやかで、泣ける映画。川口春奈さんのナチュラルな演技が良かった。青春っていいね。

もどかしく感るシーンが多かったので、切ない結末かなと思ったら、ラスト10分の展開に感動!こういう映画は、疲れた時にふと観ると癒されます。

設定に無理を感じるものの、ラストは十分に感動しました。川口春奈さんが可愛かったな。山崎賢人さんの周囲の人達が優しくて良かった。

ありがちな設定だけど、単純な恋愛ストーリーではなく、鑑賞後には温かい気持ちになれた。最後のセリフがなんとも絶妙!物語のその先を想像してしまう。

男女問わず「川口春奈さんが可愛かった!」との声が多かったです。今では観られそうにない(?)制服姿や、祐樹に嫉妬する姿などが、ナチュラルな川口春奈さんにハマっているのではないでしょうか。また、意外性のあるエンディングに驚きが多く、いい意味で予想を裏切られるようです。果たして、どんな結末なのでしょうか?

あらすじ

高校生の長谷祐樹(山﨑賢人)は春休みの図書館で、床に落ちている貸し出しカードを拾います。カードに書かれた「藤宮香織」という名前の美しさに、思わずカードの匂いを嗅ぐ祐樹。そこを落とし主の、藤宮香織(川口春奈)に見られてしまいます。香織は嫌な顔で祐樹からカードを奪い、その場を立ち去ります。

図書館からの帰りの電車で、祐樹は本を持ったまま居眠りをしていました。下車駅に気づき、慌ててドアに向かう祐樹ですが、座席に本を忘れます。それに気づいた渡してくれたのが、偶然その場にいた香織でした。
それが、祐樹と香織との出会いです。

新学期を迎え、高校2年生になった祐樹は、新しくなったクラスで香織を見つけます。友達もいなさそうで、孤立している香織。祐樹は香織と仲良くなりたくて、「友達になってください」と伝えますが「無理」と断られます。その後も、なんとか香織に近づこうとする祐樹ですが、香織は拒み続けます。理由は、香織は「1週間で友達との記憶を無くしてしまう」という健忘症だったのです。祐樹は、香織の事情をクラスの担任から聞き、ショックを受けるのでした。

それでも祐樹は香織のそばにいたいと思い、記憶がリセットされるたびに、香織に会いに行きます。そして、香織に交換日記をしようと伝えます。頑なに拒んでいた香織ですが、やがて交換日記はスタートしました。交換日記を通じて、二人の距離は少しずつ縮まっていきます。香織は、裕樹と裕樹の友達との交流もあり、少しずつ友達のことを記憶できるようになっていくのでした。

そんなある日、香織の過去を知る転校生・九条一(上杉柊平)が現れたことをきっかけに、香織は再び記憶を失ってしまうのです。一は、香織の記憶障害の鍵を握っているのでした。

見どころ

「愛され男子」山崎賢人さんに胸キュン!

主人公の長谷祐樹は、明るく前向き、まっすぐで一途。誰からも愛される天真爛漫キャラです。
祐樹を演じる山崎賢人さんは、前作の「四月は君の嘘」でもM気質のある高校生男子の役を演じていましたが、本作はさらにM気質を増しています。健気に香織を追いかける姿に、大人でも胸キュンするのではないでしょうか。無邪気でかわいい笑顔に癒されます!

周囲の人たちの優しさに涙!

香織と祐樹をはじめとする、登場人物が優しい映画です。祐樹の親友や、幼馴染、担任の先生、香織の両親。それぞれが、それぞれの立場で相手のことを思いやっています姿が、この作品の温かみを作っています。観終わった後は、ほっこりと優しい気持ちに浸れるのではないでしょうか。

 

原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」
監督・岩崎太郎
脚本:泉澤陽子
主題歌:スキマスイッチ「奏」

キャスト

長谷祐樹:山崎賢人
主人公。まっすぐで天真爛漫。ひたむきに香織を想い続ける純粋な高校生。

藤宮香織:川口春奈
ヒロイン。最初は祐樹に冷たいが、徐々に心を開いていく。

桐生将吾:松尾太陽
祐樹の親友。祐樹を支えるクールなイケメン。

九条一:上杉柊平
香織の中学時代のクラスメイト。香織の過去を知る。

山岸沙希:高橋春織
祐樹の幼馴染。祐樹に密かな想いを寄せる。明るく健気な女の子。

 

『一週間フレンズ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

一週間フレンズの感想

20代女性
20代女性

私が大好きな映画のひとつです。原作、アニメ共に全てチェックしていたので、もちろん映画も見ました。ついに映画されると知った時は嬉しかったです。メインキャストに抜擢されたのが山﨑賢人とが川口春奈と知った時は意外すぎて驚いたのですが、良い意味で期待を裏切られました。また、映画ならではかもしれませんがすっと話に入っていきやすいような構成だったと思いました。きっと現実にはありえないような物語かもしれませんが、川口春奈演じる藤宮香織さんに想いを寄せる主人公、山﨑賢人演じる長谷祐樹くんの健気な切ない想いが2人の交換日記の中にぎゅっと詰め込まれていたように思えました。予告ムービーでは『何度でも何度でもあなたを思い出す』という言葉がありましたが、映画本編を見るとその言葉が嬉しくも切なく、悲しい言葉のように感じました。でもその言葉にはとても温かさがあって、何度消えてしまっても決して離れることはない、長谷くんと藤宮さんの絆のように思うことが出来ました。また、主題歌がスキマスイッチの『奏』なのにも注目してほしいです。アニメ版ではこの曲のアレンジver(藤宮さんの声優さんが歌っていたもの)が使用されていましたが、まさにこの曲こそが作品のイメージのようなものでもあったので、映画でも引き続き使用され、しかもそれがスキマスイッチ本人が歌うものというのがとてもアツいポイントで良かったです。

20代女性
20代女性

一週間で記憶がなくなってしまう香織に対してひたすらひたむきに友達になりたいと、冷たくあしらわれても何度も何度もめげずに向かい合おうとする祐樹の姿に心打たれました。あんなに冷たくされても、出会った時のことが忘れられず香織のことをただひたむきに想う努力はすごいと思いました。また、一週間で記憶がなくなるから誰も傷つけたくないと、冷たくしてしまう香織の立場も考えるととても辛い気持ちになりました。しかしながら、その香織の理由を知ってもそれでも何度も友達になればいいと交換ノートを書こうと提案する祐樹の優しさや思いやり、これに香織の閉ざされていた心が次第に開いていったんだと思います。祐樹と出会えていなければ、香織は誰とも友達になれずにずっと一人殻に閉じこもって高校生活を送っていたんだろうと考えると、祐樹との出会いは特別なものだったのではないかと思います。最後に、せっかく二人がお互いに信頼が生まれ始めていたころに転校生として香織の元カレが現れてしまい、その頃の嫌な記憶とともに元カレへの恋心を思い出し元カレと香織が復縁してしまったことを知った祐樹がとても切なく見ていて涙が止まりませんでした。本当は香織のことをまだ好きで諦めたくない気持ちがあるのに、香織の幸せを第一に願って自分は身を引く覚悟をしたこと、祐樹は本当に香織が好きだったんだなぁと、好きだからこそあえて自分は身を引こうとしたところ、祐樹の優しさがとても溢れていて切なかったです。

 

40代女性
40代女性

記憶喪失ものって結構ポピュラーですが、学校に普通に行けているというパターンは珍しいです。学校側にはどういった説明をしているのでしょうか。義務教育の中学生までならともかく、ごく普通の高校に通えている時点で違和感がたっぷりあるのです。それに、お友達たくさんに囲まれているのが好きなタイプもいれば一人でいるのがいいという高校生もいます。クラスメートになったからといって全員の名前を覚えていない子もけっこういたりするわけで、一週間で忘れてしまうというならそれが嫌なのであれば日記帳など記録を付けるべきだと思います。まず最初の設定からついていけずでした。次第に明らかになる記憶障害を起こすに陥った理由も軽い、ちょっと精神的に弱すぎる子です。こういったことは普通にありそう、もっとえげつない状況でも頑張って生きている子がたくさんいる中で甘いとしか思えません。主役は山崎賢人さんと川口春奈さん、爽やかな二人で、ファンの人は嬉しいでしょう。山崎さん側が香織のことを気にかけているのは、きっといい子だからというだけでなく可愛らしい彼女のことを憎からず思っているからでしょう。なのに恋愛関係になるわけでもなくあくまで友達でハッピーエンド、ちょっと肩透かしを受けました。

 

20代女性
20代女性

主題歌がスキマスイッチの奏という曲でしたが、その曲が雰囲気にぴったりな少し切ない青春恋愛映画でした。主題歌が本当に映画に合っていて、ラストで曲が流れたときには心が満たされてとても感動しました。原作の漫画が人気なのは知っていましたが私は読んだことがなかったので、漫画の再現度などはわかりませんが、原作を知らなくても楽しめました。山﨑賢人さんが長谷祐樹役を演じていましたが、山﨑さんは今までクールで大人っぽいカッコいい役を演じていることが多い印象だったので、この映画の役は雰囲気が全く違っていて驚きました。でも、記憶障害を患っている同級生の藤宮香織に、何度忘れられてもめげずに思いを伝え続けるピュアな役もとても自然に演じられていて良かったです。何度忘れられても明るく振舞い香織を支える健気な祐樹の姿にはとても胸を打たれて、ずっと応援するような気持ちで映画を見ていました。祐樹の思いは報われてほしいけれど、香織の障害もあるしどんなラストになるのだろうと気になって見ていましたが、とても救われるラストで温かい気持ちで最後まで見ることが出来たのもよかったです。キュンキュンするような恋愛映画とは少し違いますが、見ていてほっこりする癒される映画でした。

20代女性
20代女性

一週間で記憶をなくしてしまう香織に、しつこく友達になりたいという祐樹に私はやめておいたらいいのにと思ってしまいました。どんなにこちらがアプローチをしても、次の月曜日にはまた他人のように接されてしまうなんて本当に悲しいと思います。香織も他人にいきなり友達のように踏み込まれるのが怖かったり、申し訳なく思うからもうかかわりを絶っていたのだろうと思います。それでも、交換日記をしようとしたりかかわりを持たせようとする祐樹の熱意はすごかったし、だんだんと香織もかかわりをもつことが悪いことではないのだとわかってきているのが良かったです。毎週月曜日、朝に交換日記を読んで学校に行くことがきっと香織にとってすごく楽しいことになっていたと思うし、覚えてくれていることに祐樹もうれしくなっていたと思います。そしてこの映画の中で一番すごいと思ったのは、祐樹が知っている香織の秘密を友達の誰にも言わなかったことです。そして友達の聞いたりせずに何かあることは察して優しく振舞うところが本当にすごいと思いました。きっと祐樹ははじめのことしか思い出さない香織の姿を見たとき、悔しくて悲しくてつらかっただろうと思います。だけど何も言わず身をひくところもイケメンだと思いました。そして卒業式のシーンは感動して涙が止まりませんでした。

 

30代男性
30代男性

この映画は、私にとってトラウマのような映画です。映画を見た後に、友人とつまらなかったと散々言っていたんですが、それを横で聞いていた女子高生(?)の女の子がトコトコトコーっと寄ってきて・・・「設定が甘いぃ?この病気はこういうことじゃないぃ?そんなことどーだっていいんだよ!みんなさ、山崎賢人くんに何度も何度も告られたいんだよ!めっちゃキラキラした恋している目で「友達になってください!」って照れながら言われたいんだよ!それを疑似体験しにしてんの!ちょっと他の男が気になっちゃったりしても、ずっと私のこと好きでいてほしいし、見守ってほしいの!それをさあ、あんたら大人がさあ、なに勝手なこと言っちゃってくれちゃってんの!?あのさ、これ映画なの。フィクションなの!少女マンガが原作なの!少女のための漫画がげ・ん・さ・く!なの!女の子の欲求満たさないで誰の欲求満たすのよ!ねえ!おじさんとかおばさんのための映画じゃないの!ていうかさ、予告編見たらわかるよね!?ポスター見てみ?ねえ、誰向けの映画だと思う!?あんた達のための映画じゃないってわかるでしょ!こ・れ・は、私たちのための映画なの!私たちが見るために作られた映画を勝手に見といてなに自分の価値観押し付けちゃってくれちゃってんのよ!バカ!わかったら黙って帰れ!じじい!●ね!」と恐ろしい剣幕で説教されました。なにが言いたいかというと、この映画は女の子のための映画であり、女の子が妄想に耽るためのものであり、それは聖域でもある。そこに何かを言うのは野暮だってことです。

50代女性
50代女性

山崎賢人さんが長谷祐樹を熱演していて、とても良かったと思いました。優しくて真っ直ぐで好青年でぴったりだと思いました。どんなに断られても、絶対にあきらめずに友達になろうと、頑張る姿に感動しました。川口春奈さんが、とても可愛くて藤宮香織を自然体で演じていてとても良かったと思いました。自分と友達になりたいと言う祐樹の、ストレートな気持ちに対してだんだんと心を開いていって、友達になり最後には恋人関係になるかどうかの微妙な心の揺れを、とても上手く演じていたと思いました。スキマスイッチの曲が映画にあっていて、とても良かったです。1週間で記憶を失ってしまう友人がいたら、まわりの人たちはどんな風に接していけばいいんだろうと、考えながら見いってしまいました。大好きな友達が自分のことを全く覚えていなかったらショックで、いくら病気のせいだと頭ではわかっていても、自分だったらつらくて悲しくて、気持ちが参ってしまって接し方がわからなくなってしまうのではないかと思いました。2人の青春そのものの純粋さがとても素敵で、思いが上手く伝わらないもどかしさに涙が出てしまいました。最後まで、友達という部分を大切にして、それを守っていくのがすごく良かったです。

40代女性
40代女性

映画「一週間フレンズ。」は人気コミックを川口春奈、山崎賢人主演で、実写化した作品です。川口演じる藤宮香織は1週間しか記憶が持たない障害を抱えていて、毎週記憶がリセットされる度に山崎演じる祐樹は「友達になって欲しい」と想いを伝え続けるといったピュアな恋愛モノです。コミック原作のキャラを違和感なく演じることが出来るのは、やはり美男美女だからだろうなと正直思いましたね。ですが青春モノである反面、記憶障害を抱える故に悩む少女を川口春奈がリアルに演じていました。この作品を見て川口春奈は可愛いだけではなく、演技が自然で上手い役者だと思いましたし、要所要所で流れるスキマスイッチの曲が凄く良かったです。そして山崎賢人は多くのコミック原作の実写化に出演しているのも納得のイケメンでした。交換日記のくだりも初々しいし、このアイテムを使用して距離を縮めていく所に胸がキュンキュンしました。10代の若い子向けの作品だと言えますが、20代、30代の女性が見ても青春時代を思い出して楽しむことが出来ます。あと設定的にコミックはともかく実写化は難しいのでは?と思ったのですが、無理のない展開となっていていい意味で予想を裏切られました。

30代女性
30代女性

原作漫画が大好きで、映画化を聞いてぜひ観たい!と思っていました!!あることがきっかけで、記憶が1週間しかもたなくなってしまった主人公藤宮さんを川口春奈さんが演じています。毎週月曜日になると記憶がリセットされてしまう…そんな恐怖を抱えながら日々過ごすことを想像すると胸が苦しくなります。藤宮さんも、1週間しか記憶が持たないんだから、と自分から友達を作ることを諦め人を避けるようになります。そんな藤宮さんに密かに憧れていたのが山崎賢人さん演じる長谷くん。どこか陰のある藤宮さんに意を決して声をかけ、伝えた言葉は『友達になってください』。藤宮さんの不安をとことん受け止める長谷くんの寛容さ。簡単には拭いきれない藤宮さんの不安。青春だからこその不安定さがそこにはあって、2人の関係性が、2人の想いが、どんな風に変化していくのかが見所です!個人的な感想ですが、あまり大きな盛り上がり・盛り下がり?がある作品というよりは、日々の中での心の揺れ動きを丁寧に表現しているように感じました。こんなに一生懸命に人のことを想ったり、想われたりするのってステキだなぁ…と、ほっこりした気持ちになれる作品です。ぜひタイトルの1週間フレンズの意味を、ぜひ最後まで観て感じて欲しいです!!!

40代女性
40代女性

特殊な設定により、こうしたら川口春奈さん演じる香織が生きやすくなるんじゃないか?とお節介な気持ちになりますが、それはそれと置いといて恋愛ドラマとして楽しむ方がいいと思います。記憶うんぬんよりこれだけ綺麗な香織はどちらにせよ高嶺の花的な近寄りがたい存在なわけですが、山﨑賢人さん演じる祐樹はそんなことお構いなく友達になろうとしてくれます。そのしつこさがまるで子犬のようで、拒み切れない可愛さがあるのです。山﨑賢人さんが元々持ち合わせているピュアさが祐樹とうまくマッチしています。ふわっと懐に入ってくる感じです。とはいえ、祐樹は香織のことを好きになってしまっているので「友達」で本当にいいのか?と思いますし、なかなか進展しないところが、とてももどかしいです。だんだん、香織の過去があきらかになり、病気の理由もわかると香織に感情移入できるようになります。パラパラ漫画のシーンが特に祐樹の良さがでていました。そして、それに気づいた香織に「はやく祐樹のところに行って」という気持ちになりました。祐樹の前向きさがとても逞しく感じます。高校生の時に祐樹みたいな優しい人に出会いたかったなと懐かしく青春を振り返ることのできる作品です。

 

まとめ

『一週間フレンズ。』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました