星ガ丘ワンダーランド(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
映画『星ガ丘ワンダーランド』予告

星ガ丘ワンダーランド(映画)の動画フルを安全に見る方法

『星ガ丘ワンダーランド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『星ガ丘ワンダーランド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

星ガ丘ワンダーランド(映画)の内容

映画『星ガ丘ワンダーランド』は、2016年3月に公開されました。

本作は、資生堂やGoogleシリーズなど数多くのCMやMVを手掛けた、日本が世界に誇るクリエイター・柳沢翔さんが初監督に挑みました。タッグを組んだのは、その独自の撮影方法から斬新な映像を生み出して注目されている今村圭佑さんです。

そんな本作のキャストを中村倫也さん、新井浩文さん、佐々木希さん、菅田将暉さん、木村佳乃さん、松重豊さん、市原隼人さん、杏さんと全員が主役を飾れる実力派俳優と勢いのある若手俳優が顔を揃えました。

予告編で期待が高まって鑑賞しましたが、ストーリーとゆっくりとしたテンポのバランスがよく、感情移入させられてしまいました。期待以上に良かったです。

映像が本当に素晴らしく、素人目で見ても才能が溢れていると感じました。それに音楽も非常に良く、世界観の素晴らしい作品だと思います。

名のある役者さんたちがそろい踏みした本作は、普通の感情を持った登場人物たち。個人的には久しぶりに良い映画を観たという感想です。

中村倫也さんの魅力が映像に収められた作品。喜怒哀楽の表情をみせる倫也さん、そして手負いの痛々しい倫也さんなど色んな彼が見られました。また、温かさ、葛藤、寂しさが混ざり合って、心に染みました。

あらすじ

幸せだと思っていた家族の暮らしは、ある雪の日に終わりを告げました。父・藤二(松重豊)と口論の末に、母・爽子(木村佳乃)は車から一人で降り、温人に片方の手袋を渡して「必ず取りにいくから」と伝えて、家族の前から去っていきまいした。

20年後。母は手袋を取りに戻ってくることはありませんでした。現在は「星ガ丘駅」の駅員として働いている温人(中村倫也)。星ガ丘には「星ガ丘ワンダーランド」という遊園地があり、温人も幼いころに家族と一緒に訪れたことがある思い出の場所です。

その遊園地が閉園するというニュースが流れて間もなく、その遊園地で温人の母が自殺したという訃報が届きます。この20年間で母に何があったのか?母の死をきっかけに、義理の姉弟の存在を知り、真相を探るために疎遠だった兄・哲人(新井浩文)を訪ねます。

四人の男女の過去が明かされ、それぞれ止まっていた時間が動きだそうとしていました…。

見どころ

素材を生かした技術

とても静かな再生の物語でした。それを表現する上で一番良かった点は、映像技術の美しさだと思います。本作が初監督のCMクリエイターとして活躍する柳沢さんの『画』の美しさは流石でした。

星ガ丘駅の駅舎として使用された小湊鉄道の月崎駅。最も映える素材の一つである駅を、しっかりと生かしきったのは見事であり、線路に板を敷いてタップダンスを踊るおじさんや、駅でひなたぼっこをする猫など、素晴らしい演出でしっかりと映えておりました。

温人が好印象

中村倫也さんが演じる主人公・温人が非常に人間らしくて良かったと思います。雄哉(菅田将暉)や仁吾(市原隼人)に対して、因縁に近い形で喧嘩を売って、母親への独占欲が爆発して、兄・哲人(新井浩文)への懐疑心を募らせます。

この不条理で説明のつかない幼児性は、視聴者のミスリードを誘う一方で、温人が本来持っている優しさとのコントラストも引き出していました。未完成の人間が持つ生々しさみたいなものが、中村倫也さんの演技からは伝わってきました。

また、温人のことを下の名前で呼ぶ同僚の駅員さんも、非情に印象的です。不器用だけど、いつも温人のことを思いやり、こんな先輩が欲しいと思える方です。本作は人物の個性を読みにくい作品ではありますが、この同僚の方は心が温かくなる素敵なキャラだったと思います。

スタッフ

監督:柳沢翔
脚本:前田浩子 / 柳沢翔
撮影:今村圭佑
音楽:渡邊崇
プロデュース:前田浩子
プロデューサー:平体雄二

キャスト

瀬生温人(せお はると):中村倫也
幼いころに母が出ていき、今は星ガ丘駅の駅員として働く。

瀬生哲人(せお てつと):新井浩文
温人の兄。父の死後、瀬生電工を継ぎ、温人とは疎遠になった。

瀬生藤二(せお とうじ):松重豊
温人と哲人の父。爽子が出て行ったあと、一人で子供たちを育てた。

清川爽子(きよかわ さわこ):木村佳乃
温人と哲人の母。ある事情で二人を残して家を出る。その後、再婚相手の連れ子・七海と再婚後に出来た子・雄哉の母になる。

清川七海(きよかわ ななみ):佐々木希
爽子は継母であるが、本当の親子、家族になることを願いながら生きてきた。

清川雄哉(きよかわ ゆうや):菅田将暉
七海の弟で、爽子の実子。突然の母の死に感情を抑えることができない。

楠仁吾(くすのき じんご):市原隼人
ゴミ集積所で働いており、温人が心を許す友人。

大林津奈子(おおばやし つなこ):杏
中尾刑事(なかお):嶋田久作
爽子が亡くなった事件を担当する刑事。

『星ガ丘ワンダーランド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

星ガ丘ワンダーランド(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

瀬生温人(中村倫也さん)は何も考えずに直ぐ、思ったことを口にしてしまうタイプ、相手の立場になって、物事を考えることができない。だから、時には人を傷付けてしまう。正反対の性格である父と兄・哲人(新井浩文さん)は、言いたいことがあっても飲み込んでしまうタイプ。観覧車の階段から落ちた温人が怪我した時、激しく母を叱責することに至った父の思いとそれを分かっている兄。これらが絡み合い、父と兄と温人は、疎遠になってしまったのだろう。母親のことを「大嫌いだった。」と苦しそうに言いながら、観覧車にお母さんの好きだった赤いイルミネーションを点灯し、「見せたかったなぁ。」と一言,呟く兄・哲人。温人のお母さんへひそかに好意を寄せている父の姿に、この人がお母さんだったならと願っていたが、実際、一緒に暮らしたら本当の娘ではない、本当の家族ではないという思いが消えない清川七海(佐々木希さん)。母親の借金を温人のせいだと勘違いして温人を全力でボコボコにする七海の弟・雄哉(菅田将暉さん)。それぞれの立場で感じる母への思いに切なくなり、胸が痛い。温人の母(木村佳乃さん)は、観覧車の階段から落ちそうになった少年のことを「温人。」と言って助け、事故死してしまう。そのことで温人が母の愛に気付き、やっと心が救われたラストに号泣した。

 

30代男性
30代男性

物語は、とある寂れた遊園地から始まります。かつて多くの人々でにぎわい、笑顔で溢れていた遊園地・星ガ丘ワンダーランド。しかし今では閉演し、かつては賑わっていた近場の寂れた駅の落し物預り所で働く主人公の温人は、持ち主の元へと返る当てのない落とし物から、どんな人が持ち主なのかと想像しては勝手な似顔絵を描く事を日課し、自分の人生を諦めていた登場人物として登場します。幼い頃に母親に捨てられ、惰性的に過ごしていた人生の彼の心が、ある日届いた唐突な母親の訃報により、今まで人と関わらないで生きていこうとしていた彼が、己の人生に向き合っていくと、心の再生をテーマにした映画ともいえます。家族と心が離れ、母親に対して恨みを抱くのではなく、ただ失望し、諦めていた彼が、母親の死と言う現実を見て、かつての母親の想い出と向き合い、かつて見向きもしなかった過去を直視し、生き直していく人生の見詰め直しがテーマとなっており、諦めていた人生を母の死で向き合おう事を選ぶ、そんな主人公の向き合う事の重さが、この映画の見どころともなりました。辛く、自分は捨てられたと感じていた筈なのに、母親の真意を知り、諦めていた己の人生は、愛に満ちていたと知る、映画を通して描かれていく姿は、母親と息子の愛に満ちた作品とも言えます。

 

30代女性
30代女性

母の死の真相に迫るミステリーでありながら、どこか懐かしく温かい気持ちになる不思議な映画でした。中村倫也さんの唯一無二の存在感が際立っていて、派手な主人公ではないものの幼さと切なさを感じる表情に惹き込まれました。主人公の温人を取り囲む他の俳優さん達も実力派揃いでさすがでした。妻を想う父親役の松重豊さんの大きな背中がとても悲しく無力に感じられ胸にグッときました。七海役の佐々木希さんが普段のイメージとは違いしっかりと女優さんの顔をしていて印象に残る演技でした。薄いメイクの佐々木希さんがとても綺麗で見惚れてしまいました。母が去った当時の周りの感情がこどもの温人には想像できていなかったんだなと兄・哲人の言葉から感じとることができました。幼い温人には当たり前のように感じましたが、こどもの時に見ていた景色が大人になってから見ると違って見えることはあるよなと共感できました。映像も音楽も主役の中村倫也さんも含めて全体的に柔らかく儚げな映像は美しくて素敵でした。謎が解けていくにつれて温かい気持ちになる展開は後味も良くていいなと思いました。庶民的な遊園地が舞台なのもストーリーが身近に感じられて良かったと思います。

30代男性
30代男性

数多くの人気CMを担当し海外からも注目されているクリエイター柳沢翔の映画監督デビュー作品となっており注目しる作品です。星ガ丘駅の落とし物案内所で働く温人を主軸にした物語となっており、そんな温人は幼い頃に母に捨てられるという悲しい過去をもっていました。案内所に持ち込まれる落とし物を見ながらこの持ち主はどんな人なのかと想像しながら似顔絵を描き、この落とし物はなぜここにきてどのように愛されていたのか想像している姿はまるで、幼い頃に捨てられた自分の事を重ねているのかと自分は感じました。そんな日々を過ごす温人に母が自殺したとの急報が入ります、その知らせをきっかけにありふれた日常が徐々に変化していく姿がとても印象的です。主人公の温人役を中村倫也が演じており、優しい雰囲気がとてもしっくりくるのでとてもはまり役だな~という印象を受けました。そして義理の妹役に佐々木希、温人を捨てた母親役を木村佳乃が演じるなど、どの俳優も演技派で素晴らしい演技を見せてくれます。ほっこりしながらもどこか切ないような気持ちになる映画で、気が付いた涙を流してしまうようなシーンも多数あり、涙を流してスッキリした時などにおススメかもしれません。

 

30代男性
30代男性

映画タイトルの「星ガ丘ワンダーランド」とは、閉園を迎えようとする小さな遊園地の名前です。私の地元でも、子供時代に両親に遊びに連れて行ってもらった遊園地の多くが次々に閉鎖されていきましたから、幼少時に家族との思い出がある遊園地というだけで、主人公にかなり感情移入することができましたね。ただし、この映画で描かれているのは、かなり複雑な家庭環境の家族の物語ですから、一筋縄ではいきません。中村倫也さん演じる主人公の瀬生温人が、かつて自分を捨てて去って行った母親の死をきっかけに、思い出の遊園地を舞台として、母親のかつての別れや死の真相を探りつつ、感傷に浸るといった印象の強い映画でした。ミステリーにファンタジーの要素が混じったような、とても不思議な感覚の作品ですね。全編に渡って静かな雰囲気が淡々と続くのが印象的でした。主人公が働いている駅も、無人駅になってもおかしくないような寂れた駅なのに、主人公はそこで落とし物係として働いているのですから、その設定自体が、ファンタジーじみた、とても不思議さに満ちています。ストーリー自体は、親の身勝手で不幸な目にあった子の物語なのに、それを懐かしさと優しさに満ちた思い出でオブラートに包み込んでしまった、そんな映画です。

 

まとめ

『星ガ丘ワンダーランド』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました