ひとよ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
佐藤健の無精ヒゲ姿…『ひとよ』本予告

ひとよ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ひとよ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ひとよ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ひとよ(映画)の内容

映画『ひとよ』は、2019年11月に公開されました。

原作は、劇作家・桑原裕子さんが主宰する劇団KAKUTAの代表作で、2011年に初演した舞台作品。ある一夜に子どもの未来を思って父を殺した母と、それによって人生が大きく狂ってしまった3兄妹を描いています。

監督は、2013年「凶悪」、2018年「孤狼の血」などを手掛けた白石和彌さん。本作のプロデューサー・長谷川晴彦さんが『ひとよ』の舞台を見て、魂を撃ち抜かれてしまい白石監督に声を掛け製作することになったそうです。

3兄妹の次男に佐藤健さん、長男に鈴木亮平さん、末っ子役に松岡茉優さんが扮し、父を殺した母親を田中裕子さんが演じています。そのほか、佐々木蔵之介さん、筒井真理子さん、音尾琢真さんなど、さらにチンピラ役で千鳥の大悟さんも出演しています。

 

白石監督作品は、どんなアイドル的存在の人でも最低のクズに仕上げてしまう凄さがある。主役の周りを実力ある役者が固めたお陰で、本気にさせられたのかもしれない。

登場人物の誰の目線でもない映像は極めて客観的に且つ冷徹に撮られ切り貼りされている印象で、ドキュメンタリードラマのような雰囲気。

田中裕子さん、お見事でした。佐々木蔵之介さんのあんな表情も初めて観ました。音尾琢磨さんもいいし、良いキャスティングでした。

過酷な運命を背負う家族の物語で、根底に母を想う愛が感じられ、最後に見える希望にホッとします。

 

あらすじ

あるどしゃぶりの雨降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはる(田中裕子)は、3人の子供たちを守るため愛した夫を殺害し、子供たちとの15年後の再会を誓って家を後にしました。

事件以来、残された次男・雄二(佐藤健)、長男・大樹(鈴木亮平)、長女・園子(松岡茉優)の3兄妹、心に傷を抱えたまま成長します。抗うことのできなかった別れ道から、時間が止まってしまった家族。そんな一家に、母・こはるが帰ってきます。

15年前、母の切なる決断と、残された子どもたち。皆が願った将来とは違ってしまった今、再会を果たした彼らがたどりつく先は…。

見どころ

汚い佐藤健

本作では、無精ひげを生やした、今までみたことないくらい汚い佐藤健さんの姿が見られます。佐藤健さん演じる次男・雄二は、3兄妹の中で唯一地元を離れ、東京でうだつの上がらないフリーライターとして働く青年。

眉間には深くしわが刻まれ、やさぐれた態度で、テレビドラマで見るイケメン医師役の佐藤健さんとは一味違います。

血の繋がった家族

本作は、白石和彌監督が初めて血の繋がった家族を描いた作品です。これまでの白石監督作は、事情を抱えた立場の近い他人同士という疑似家族のようなものを描いていましたが、本作では、稲村家の血の繋がった家族を描いています。

白石監督が不安に感じたのは、長男が鈴木亮平、次男が佐藤健、末っ子が松岡茉優という3兄妹が、兄妹に見えるだろうかということ。しかし、撮影が始まってすぐに鈴木亮平さん演じる大樹と松岡茉優さん演じる園子が父親の墓参りをするシーンを撮って「兄妹に見える!」と確信したそうです。

そんな3人の俳優たちがどのように兄妹を演じているのかは見どころとなっています。

グレーヘア

本作の配役が決まったのは、田中裕子さんが最初です。理由は、白石監督が田中裕子さんの出演を熱望し、田中裕子さんがいなければ企画自体中止するつもりだったと言うほど。

オファーを受けた田中裕子さんは、役作りのため半年ほど他の仕事を入れず、グレーヘアを作り上げました。グレーヘアは、田中裕子さんからの提案だったそうです。

そんな田中裕子さんの髪型も演技も役への情熱も全てが見どころです。

スタッフ

原作:桑原裕子「ひとよ」
監督:白石和彌
脚本:髙橋泉
音楽:大間々昴

キャスト

稲村雄二:佐藤健
稲村家の次男。東京で働くフリーライター。

稲村大:鈴木亮平
稲村家の長男。電気屋で働く。既婚者。

稲村園子:松岡茉優
稲村家の長女で末っ子。美容師を諦めて、スナックで働く。

丸井進:音尾琢真
こはるの甥。稲丸タクシーの社長。

柴田弓:筒井真理子
稲丸タクシーの事務員。

歌川要一:浅利陽介
雄二の同級生。稲丸タクシー所属の運転手。

牛久真貴:韓英恵
雄二の同級生。稲丸タクシー所属の女性運転手。

稲村二三子:MEGUMI
大樹の妻。現在は別居中。

友國淳也:大悟(千鳥)
稲丸タクシーに乗り合わせるチンピラ。

堂下道生: 佐々木蔵之介
稲丸タクシー所属の新人運転手。17歳の息子を持つ父親。

稲村雄一:井上肇
稲村3兄妹の父親。

稲村こはる:田中裕子
稲村3兄妹の母親。15年ぶりに子供たちとの再会を果たす。

 

ひとよ(映画)の感想

50代女性
50代女性

2004年、5月の雨の降る夜。母(田中裕子)は、子供たちを守るために夫をその手にかけました。父の暴力と暴言に曝された子供たちの悪夢の日々は終わりを告げましたが…その先にあったのは「殺人犯の子」と呼ばれる、もう一つの地獄だったのです。そして15年の月日が流れ、兄妹の前に母が還ってきました。バイオレンス映画では定評のある白石和彌が描いたのは、いろいろな思いを拗らせた家族の再生の物語でした。還ってきた母を温かく迎えようとする周囲の人々とは違い、子供たちは複雑な思いを隠せません。長男の大樹(鈴木亮平)は結婚した時に妻に母のことを告げていませんでした。そのため、今になって諍いが起こり、別居してしまうのです。次男の雄二(佐藤健)は子供の頃から小説家になりたかったのですが、フリーライターとして糊口をしのぐ日々です。事件を起こした母をどうしても許すことができず、戻ってきた母親に素直になれません。末娘の園子(松岡茉優)は、事件のことがもとでいじめられ、幼い頃からの夢だった美容師を諦めて、地元のスナックで働いて毎晩泥酔してクダをまいていました。それでも、母が父を殺したのは自分たちを守るためだったのだと信じていたのです。
三者三様の思いが絡み合い、老いた母との距離の取り方の難しさ、そして、やはり追いかけてくるように忘れさせてくれない事件の闇が重たくのしかかります。
地方の寂れた小さな町の中で滓のようにたまっていくその複雑な人間関係は…ある日弾けて、一つの事件が起こりました。それはまるで花火のように家族を巻き込み、一度粉々にしてから再生するという不思議な作用をもたらしたのです。
そのプロセスは流石に白石和彌監督らしいなぁ、という個性の強い描き方でしたが。この作品に参加した音尾琢真さんや佐々木蔵之介さんといったバイプレーヤーさんたちがそのシーンごとに素晴らしい色を添えて、母と子供たちを浮かび上がらせてくれる、不思議な映画です。何があっても、生きていかなければならない。いろんな重荷を背負いながらも戻ってきた母を見る子供たちの目は、これから少しずつ変わっていくのだろうなぁ、と思わせる余韻に溢れた素敵なラストシーンでした。

30代女性
30代女性

こどもに暴力をふるう父を母が殺してしまうという重いテーマなのになぜか温かい気持ちになってしまう深い映画でした。愛情の表現の仕方は人それぞれですが、ほとんどの人は親から受け継がれていくもののような気がします。親の愛情表現が不器用だとこどもの愛情表現も不器用で、お互いに分かり合うのに時間がかかるのかもしれません。どうにかこの家族をもっと違う道に進めさせてあげる方法はなかったのか悲しくなりますが、ラストは間違いも犯して遠回りもしたけれど彼らなりに進んで行こうという気持ちが感じられて彼らの背中を優しく見守ってあげるような感覚になりました。あの夜を共有した家族同士にかお互いを救えないような家族の絆みたいなものがあるような気がしました。母親役を演じた田中裕子さんはさすがでした。多くは語らないのに深い愛情と不器用さが滲み出ていて観ていて切なくなりました。兄弟たちを演じた佐藤健さん、松岡茉優さん、鈴木亮平さんもみんなそれぞれの個性がうまく表現されていて3人とも素敵でした。特に次男を演じていた佐藤健さんはラブストーリーの時のイケメンキャラとは全然違う役柄でしたが、しっかり役にハマっていて役者としての魅力を感じました。

50代男性
50代男性

『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌監督の映画で、田中裕子さんが母親役、長男・大樹は鈴木亮平、次男・雄二は佐藤健、長女・園子は松岡茉優さんが演じています。ストーリーは、十五年前のある夜に、家族に暴力をふるう夫をタクシー運転手のこはる(田中裕子)がタクシーで撥ねて殺害し、その後、こはるは三人の子供に、これからは自由で何にでもなれる、と言って警察に出頭しに行きますが、残された家族はそれからは周囲から白い目で見られたり、嫌がらせをされたりしています。地元で暮らす長男は妻に母親の事を言えずに離婚寸前で、次男は東京でライターをしていて、長女は美容師になろうと専門学校に行きましたが、母親の事でいろいろと言われたため、退学して地元のスナックで働いているという展開です。そこに刑務所を出所してから様々な土地で働いて、数年経ったこはるが帰りますが、みなどう接していいか解らず、戸惑うところが実際にありそうなところでした。母親に対して屈折した思いを持ち続ける次男が大きな転回点を作りますが、演じる佐藤健さんはこれまでと違い、複雑な役を上手く演じていました。また、長女役の松岡茉優さんのやさぐれながらも素直な性格の演じ方もよかったです。そしてなんと言ってもこはるを演じる田中裕子さんの自然体な演技は存在感がありすごかったです。バイオレンスな映画が多い白石監督ですが、今回は暴力の被害者のその後を描いた映画です。

 

20代女性
20代女性

この映画は家族というは、やっぱり大切で必要な存在だと改めて感じました。母親は暴力を振るう父親を殺してしまったけど、それは子供たちを守るための手段だったんだと思うと胸が痛かったです。そしてタクシーに母親のことをいたずらで落書きされていたのも、とても切なかったです。子供たちはひたすら冷静に淡々と、文字を消していたのが強いなと思いました。周りは母親のことや家族のことを変に見ているかもしれないけど、やっぱり家族の絆はあるんだと感じました。また大樹は妻に母親のことを隠していたのも見ていて辛かったです。妻がそのことを知った時に、隠していたことを悲しく思っていたのもわかるなと思いました。ちゃんと言ってほしかったという気持ちになるのがリアルに感じました。そのことで大樹自身も、精神的に不安定になっていくのが思わず胸が詰まるような思いでした。さらに雄二も母親の件を記事にしていたのが驚きました。家族のことを記事にしてまとめていて、どんな想いだったのか考えると切なくなりました。それでも雄二は兄や母親のことを、全力で守っていたのが印象的です。どんなに酷いことを言われても、家族は家族でちゃんと想い合っているのが良かったです。

20代女性
20代女性

私は、映画『ひとよ』を観て「子どもたちが抱える気持ち」と「壊れた家族が再生する過程」が特に魅力的だと思いました。まず、子どもたちが抱える気持ちについてです。この映画では、犯罪者の母親を持つ三人の子どもたちのところに、15年ぶりに母親が現れたことから物語が始まります。子どもたちは、犯罪者の子どもとして苦しんだ過去を持っており、それぞれ母親に対して憎しみなど様々な感情を持っています。子どもたちと母親とのやり取りから、子どもたちがどれほど辛い目に遭っていたか、母親に対して強い気持ちを持っているかが痛いほど伝わってきて、胸が苦しくなりました。次に、壊れた家族が再生する過程についてです。母親が犯罪を起こしたことにより、子どもたちの気持ちはすれ違い、家族はバラバラになっていました。しかし、母親が戻ってきたことで子どもたちは家族としてお互いに向き合い始めます。それぞれ傷つき傷つけあいながらも、正面から気持ちをぶつけていくことで次第に子どもたちと母親は家族としての絆を取り戻していきます。時間や気持ちがすべて元には戻らなくても、家族としてやり直そうと決意を決めた母親と子どもたちの強さに、感動を覚えながら観ていました。

 

まとめ

『ひとよ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

鈴木亮平のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

 

松岡茉優のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • コウノドリ(2015)
  • コウノドリ(2017)
  • 愛のむきだし 最長版THE TV-SHOW
  • 水族館ガール
  • 限界集落株式会社
  • 恋の三陸 列車コンで行こう!

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました