人のセックスを笑うな(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
人のセックスを笑うな
19歳の美術学校生のみるめ(松山ケンイチ)。 ある日、絵のモデルを20才年上の講師ユリ(永作博美)に頼まれ、その自由奔放な魅力に、吸い込まれるように恋におちた。友人の堂本(忍成修吾)に問いただされ、みるめは彼女との仲をうれしそうに告白するが、いつもつるんでいる仲間のえんちゃん(蒼井優)の顔は曇ったままだった。 初...

人のセックスを笑うな(映画)の動画フルを安全に見る方法

『人のセックスを笑うな』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『人のセックスを笑うな』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人のセックスを笑うな(映画)の内容

映画『人のセックスを笑うな』は、2008年1月に公開されました。

原作は、山崎ナオコーラさんの小説でデビュー作。第41回文藝賞を受賞し、第132回芥川龍之介賞の候補作にも選ばれた。過激な題名とは裏腹に、純粋な恋愛ドラマで、19歳の男性と39歳の女性という年の離れた男女の恋愛模様が描かれています。

20歳年上の女性に恋をした19歳の純情な青年には、当時22歳だった松山ケンイチさんが扮し、当時37歳だった永作博美さんが年上の女性を、そのほか、蒼井優さん、忍成修吾さん、温水洋一さんなどが共演しています。

 

好き嫌いで分かれる作品だと思いますが、僕はとても好きです。
まったりとした独特なテンポ、個性的なカメラワーク、間の抜けた音楽。そしてじんわりとした面白さ。ハッキリ言って、ストーリーが面白いわけじゃなく、登場人物に引き込まれます。

全体的に自然体な雰囲気。永作さん演じるユリが魅力的で生き方に惚れた。20代くらいの恋愛と違ってシンプルでストレートで濃い想いが良い。

タイトルが何だかもっとドロドロとした恋愛映画を予想していたけど、何てことはない爽やかな映画だった。のどかな風景、ゆっくり進むストーリー。

とにかく自然体な2人が素敵ですごく良い!あまりに自然すぎて、ドキュメンタリーを見ているみたい。

 

あらすじ

美術大学に通う19歳・みるめ(松山ケンイチ)は、ある出会いから39歳の視覚デザイン科のリトグラフ研究室の非常勤講師・ユリ(永作博美)と恋に落ちます。

同級生の堂本(忍成修吾)に問いただされ、みるめは彼女との仲をうれしそうに告白しますが、いつも一緒にいる仲間のえんちゃん(蒼井優)は、ショックを受けます。

ある日、リトグラフの授業が休講になったことを心配したみるめは、ユリの住所を大学の事務局でこっそりメモして行ってみることに。

そこはカメラ工房となっていて、温厚そうな男性が出てきて家の中へ案内されます。その男性と2人お茶を飲んでいると、ユリも来て一緒にお茶を飲みます。客が来店したため男性が席を立つと、ユリはその男性は旦那だと笑って言います。

見どころ

ナチュラルな2人

松山ケンイチさん演じるみるめと、永作博美さん演じるユリの関係がとても自然体でリアルな雰囲気で良かったという声が多くありました。

松山ケンイチさん曰く、カメラの前でみるめを演じていたことが現実なのかなと思うくらい自然にできたようで、ユリに恋愛感情を持ったそうです。自分に近い役だったと話していて、思わず出身地の青森弁を話してしまったほど自然になってしまっています。

永作さんも、みるめの服を脱がすシーンでは、思わずアドリブを言ってしまったようで、そんな2人だからこそ、自然体でリアルな芝居が出来上がったのでしょう。

タイトル

『人のセックスを笑うな』というタイトルのため、ロケ地から撮影を断られることもあったようです。しかし、本作はポルノ映画ではなく、恋愛映画。

なぜ、このタイトルが付いたかというと、原作者の山崎ナオコーラさんが、本屋に行った時、同性愛者の本が置いてある棚の前に、クスクスッと笑っている人がいて、その時に思いついたからだそうです。

本作は、切なさ100パーセントの恋愛映画ですので、お間違えなく。

スタッフ

原作:山崎ナオコーラ
監督:井口奈己
脚本:本調有香、井口奈己

キャスト

みるめ:松山ケンイチ
19歳の美大生。ユリに惹かれて交際する。

ユリ:永作博美
39歳の非常勤講師。どちらかと言うと破天荒な性格。

えんちゃん:蒼井優
みるめの同級生。みるめが好き。

堂本:忍成修吾
みるめの同級生。えんちゃんに気がある。

山田先生:温水洋一
美術学校の人の良い先生。

猪熊さん:あがた森魚
古ぼけたカメラ工房の主で、ユリの旦那。

じいちゃん:三代目桂春團治
みるめのじいちゃん。

冴えない美大生役 :白珠イチゴ

生徒:市川実和子

画家:藤田陽子

画家:MariMari

【そのほか】
木下実香、佐藤ただすけ、饗場詩野、中谷竜、井上千里、高瀬尚也、ニューマリオネット

 

『人のセックスを笑うな』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

人のセックスを笑うな(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

タイトルにインパクトがありますが、映画の中にはいい意味でそこまでのインパクトはありません。のんびりと進むこの映画の空気感がとても好きでした。それを退屈と捉える人もいるかもしれませんが、この空気感がわたしには心地よく何度も観たくなる映画です。このゆったりとした時間の流れこそ青春と思えます。大人になるとなかなかこのゆったりとした無意味な時間を過ごせなくなるので、映画の中の彼らを羨ましくさえ思います。芸大生のゆるい松山ケンイチさんも可愛いけれど、とにかく永作博美さんが全てにおいて最高すぎます。あんな人が身近にいたら好きにならずにはいられません。めがねにエプロン姿に適当に結んだ髪がなんともいえない色っぽさも演出しています。でも蒼井優さんもとてもいいです。永作博美さんと蒼井優さんという女優2人のナチュラルな可愛さを堪能するだけでもこの映画には価値があります。アドリブの演技も多いとかで、役者さんたちが笑っているシーンがとても自然で印象に残ります。音楽も映像も役者さんたちももう全部が可愛い映画です。タイトルにインパクトがあるので人にオススメするには勇気がいるかと思いますが、わたしは胸を張ってオススメの映画だと言えます。

 

40代女性
40代女性

この映画を鑑賞するまでは、永作博美に対して、“ヘルシーな人”というイメージでした。童顔でお茶目な部分があって、でもたまに出演するバラエティ番組で垣間見せる、役者ではない素の本人のパーソナティーとしては、サバサバしている方なのかなと印象を受けていたので。(女優さんなので、テレビで完全に素を見せているとは思っていませんが。)センセーショナルなタイトルからエロ要素満載だと期待して観る方には、期待はずれかもしれません。しかし、自由奔放で芸術肌のユリを演じる永作博美からは、そこはかとない色気を感じるのです。みるめを演じる松山ケンイチに関してもそう言えるかもしれません。どちらかというと素朴な方という印象でしたが、ユリを見つめるみるめの目が「えっろ!」とつぶやきたくなってしまうほどです。19歳と39歳という歳の差は、親子でもあり得るのですが、この2人だからこそ、そこに違和感はありません。蒼井優演じるえんちゃんの切なさもあいまって、これは新しいカタチの青春映画なんじゃないかな、と感じました。恋というのは、こうも人の心の大部分を支配してしまうもの。原作小説読後に映画を拝見しましたが、キャストの演技によって、ユリとみるめは、私の頭の中で思い描いていた人物よりもさらに魅力的な人として、この物語の中で生きていました。

 

30代男性
30代男性

賛否が分かれる作品かと思いますが、個人的にはとても好きな内容でした。タイトルとあらすじを見て映画を見に行ったのでかなりドロドロとした感じの映画なのかな~と思って見に行ったのですが、意外とそうでもなく爽やかさすら感じるところもありました。内容的には20歳ほど年上の講師に学生が恋をしてしまうのですが、実はその講師は人妻だったりとま~色々とあるわけです。演じている俳優陣がとても豪華なんです。当時はまだ20代の大学生約で松山ケンイチは恋愛に奥手で童貞の設定なんですが、その役がかなりはまっていてこういう友達いたなーって思わず共感してしまうシーンが何度もありました。そしてなんといっても39歳の講師役を演じる永作博美さんがいくつになって綺麗なまんまですよね~これで40歳なんて本当に信じられない!可愛いらしいだけでなくやっぱり色気もある永作さん、こんな講師の先生がいたら誰でも惚れちゃいますよ。今まで殆ど恋愛をしていなかったこの主人公、経験がないからこそ純愛で嘘がないそんなところに少し胸を打たれることが何度ありました。そしてそんな純粋さに心を惹かれていく永作博美が演じる講師ユリ、2人の関係はどうなったら正解なんだろうか、そう思わせる作品でした。

60代男性
60代男性

本当に不思議な映画でした。ハッピーエンドになるわけでもなく、青年の虚しさみたいなものが、画面に満ちています。12年ぐらい前に観た作品で、本音を言うと「人のセックスを笑うな」の題に惹かれて観た映画です。トラックを運転して、山の中で靴も履いていないような永作さんに出会うわけですから、さぞかしエロチックかと思えば、かなり文学作品的に脚色されていて、真面目なんです。松山ケンイチさんの出身は東北ですが、どこかその雰囲気が作品にも反映していて、時代の流れに少し遅れているようなイメージです。その彼が20歳ぐらい離れた永作さんに恋をしますが、どことなく寂しさのようなものがあって、心に響いてきます。にしても、永作さんは実際にも年齢はかなり上ですが、あの可愛さは役柄の天真爛漫さみたいなものと合致して、すごく魅力的でした。性行為そのものはエロさというより、監督の持っている美学のようなもので作られて行くので、不思議な美しさがあります。そして、彼らの日常は何か時代の圧迫感みたいなものがあって、幾分倦怠感もあるが、私はかなり制作された時代の匂いを感じることができました。叶わない恋を松山さんは全身で演じているので、記憶に残る作品です。

40代女性
40代女性

最後の最後は、ちょっとモヤモヤっ~とさせられますが、それでもみるめの初々しさとユリちゃんの悪女っぷりに心が躍ってしまい、この二人のやり取りの方が記憶に残りました。現在ユリちゃんとちょうど同じ年頃になった私ですが(最初に作品を鑑賞したのは10年くらい前)、彼女のように男性に対して奔放には振る舞えません。羨ましい(苦笑)。だからこそつい、みるめの目線で作品を観てしまいます。ユリちゃんのルックスがすこぶるキュートなので、20歳ほどの年の差は感じさせないし、初心なみるめに対してあんな態度を取られたら、絶対に好きになるどころかハマってしまうよね…とものすごーく共感しました。一方で、女性が見ても胸がキュンとしたり、とてもリアルに描出されたラブシーンに非常に好感が持てます。特に”し終わった”際に、みるめとユリちゃんがはにかむ様子はこちらまで赤面してしまうほど。ラブシーンを描くなら、ただ激しい性行為の模様ではなく、こんなラブラブな光景を見たいと多くの女性が思っているのではないでしょうか。女性の井口監督だからこその演出かもしれません。純愛とはちょっと違いますがこんな恋愛もいいなぁ、若い年下の男の人とこんな関係になってみたかったなと思ってしまう作品でした。

30代女性
30代女性

タイトルからして濃厚シーンが多そうですが、全くそんなことはありません。大学生がだいぶ年上の女性に恋する映画です。どこのシーンを切り取っても写真として成立しそうな綺麗な映像、ポップな感じで物語は進みます。でもその中に流れているのは、生きる事の痛さみたいなものです。若いみるめ(松山ケンイチ)や、えんちゃん(蒼井優)にとってその痛さは、恋すること。好きな人に胸焦がすと言えば聞こえがいいですが、それは過ぎ去ってみればです。その途中は悶えるような苦しさがあるのです。みるめより20歳以上年上のユリ(永作博美)は、どこか芯がなく投げやりに見えます。これもまた痛さを感じます。私がこの作品を何回も見てしまうのは、役者さん全員が輝いているからです。特に永作博美です。永作博美、髪をひとつ結びにしてストッキングの上から靴下を履いてます。でもかわいいのです。大体同じ服を着ています。でも魅力的なのです。永作博美ショーと言っても過言ではないかもしれません。まあこれだけかわいかったら大学生は夢中になってしまうかもしれません。しかし蒼井優もかわいい。ニット帽に髪を全部入れちゃってて恋が叶わずふて腐れててもかわいい。えんちゃんにしとけよ、そう呟いた方は沢山いるのではないでしょうか。松山ケンイチは恋の若い苦悩がこちらに伝わってくるようでした。好きな人から着信のない携帯なんかいらない、胸が痛くなります。奇抜なストーリー展開はありません。ただある人々のある期間を切り取ったムービーをこっそり観ているそんな感じがして、私はこの人々を覗き見したくてまた観てしまうのです。題名で敬遠せずぜひ観て頂きたい映画です。

 

50代女性
50代女性

永作博美さんをきれいだと思ったことがなかったのに、すごく魅力的できれいだと思った作品。その頃だったと思うのですが、ダウンタウンのまっちゃんが永作博美さんが「すごくいい!!」って言ってらして、失礼ですが、私はいつもどこが?と思っていました。でもこの映画観たときに「なるほど、その通りだ!!」と思い、まさに目からうろこでした。女盛りの39歳大人の女性ユリに若い19歳の大学生みるめがどっぷりはまっていくストーリー。その揺れ動く青くさい学生を松山ケンイチさんが好演しています。またその松山ケンイチさんのことが好きな女の子えんちゃん、蒼井 優さんも青春していて可愛らしくいい感じです。永作博美さんと蒼井 優さんの熟れた女と初々しい女の子の対比がおもしろかったです。ほとんど主役のユリとみるめのやりとり中心で進んでいきますが、青春ってこんな感じかなって思いました。20歳ぐらいの男の子って年上の女性に憧れるってよく聞くから、現実にありそうだし、それに青春ってなんか小っ恥ずかしいというか、観ていてなんともいえない気持ちになる映画でした。年齢関係なく、こういう時期っていいよなって思えました。日本映画ではこういう映画はほんとに少ないと思うので、ぜひ観てほしい作品です。

30代男性
30代男性

思春期学生の恋心や複雑な心境を表現した本作は、会話のやりとりがドラマというよりも自然な学校生活の一幕をそのまま映像に切り出したかのようなリアリティを強く感じます。登場人物達のはしゃぎ方や落ち込み方、交流の1つ1つ、仲でも何か不安になる時に居てもたってもいられず駆けつけようとする、心が沈んだ時に自分から連絡手段を絶とうとする等の極端とも言えるみるめの行動は、あの体験をしたらこうなるのも仕方ないと説得力のある行動として共感できるように感じます。リトグラフ講師のユリが、モデルとしてみるめを誘う所から始まる関係は美術肌の人とだけでは言い表せない奔放な行動に思え、みるめが魅了されていく様や関係が深まる度に表に出て来る事実に直面した時の思い悩みが、青春とだけでは片付けられないどこか後ろめたさやほろ苦さを感じられます。一方で友人のえんちゃんの、みるめを気にしては居るけれども強く行動に移れないもどかしさには、本当はもっと違う行動を起こしたいのにままならない想いが伝わってきます。それぞれの人に色々な形のロマンスがあり、それを決して笑う事なんてできない。そんな思いが最初から最後まで余すことなく詰め込まれた、数々のロマンスが降り混ざった映画でした。

30代女性
30代女性

主演松山ケンイチ演じるみるめくんと、永作博美演じるゆりちゃんの恋愛を描いている物語ですが、ゆりちゃんは既婚女性でみるめくんが通う美術学校の教師という立場です。不倫で教師と生徒の恋愛なので禁断の関係なのですが、まったくそんな雰囲気をだしていないゆるく軽く楽しめながら観れる物語です。それは、永作博美演じるゆりちゃんが自由で常識にとらわれない自分の気持ちに忠実なキャラクターなので観ている側も自然に引き込まれていきました。みるめくんの友達の蒼井優演じるえんちゃんはみるめくんに想いをよせていて、ゆりちゃんとの関係を知ってしまったときから心をかき乱されて感情が表にでまくってるところがとてもかわいらしい女の子でした。この映画は女性が魅力的な映画で、心が自由な女性や感情を素直に出せる女性が際立ち観ていて気持ちがよくなります。特に日本の不倫がテーマになっている映画の中ではこの作品は珍しく、女性が弱くかわいそうな立場でないところが好感が持てました。映画のシーンもロングショットで映すシーンも多く、そのときの川沿いの景色や田園の景色が美しくて見応えありました。永作博美が朝帰りにたばこをふかせながら聞くラジオの曲がしばらく頭から離れなくなります。

30代女性
30代女性

インパクトのあるタイトルで、一度見ると忘れられません。小説が原作ですが、著者は山崎ナオコーラさん。デビュー作でした。音楽がとても好きでした。HAKASE-SUNが手がけていて、フィッシュマンズはこの映画がきっかけで知りました。エンディングもフィッシュマンズの曲のカバーでした。挿入歌も印象に残るシンプルなメロディで、作中で蒼井優も口ずさんでいました。軽やかなピアノの曲が多く、映画の雰囲気にとても合っていると思います。主演は松山ケンイチで、美大生です。みるめ、という変わった名前です。もう1人の主演は永作博美で、美術大学の講師です。ユリちゃんと呼ばれています。みるめは、ユリちゃんとお付き合いをしているつもりでしたが、ユリちゃんは既婚者でした。悪いことをしている意識はユリちゃんにはないみたいでした。みるめと付き合い始めたのも、「だって触ってみたかったんだもーん」の一言で説明がつくみたいです。対してみるめは、苦しくて仕方がない様子です。理屈で考えれば、世間的に良くないことをしているという意識はありますが、好きという気持ちは変えられません。年上の女性の余裕と、大学生の男の子の切ない思いが描かれています。みるめの友人としての蒼井優や忍成修吾との関係も面白かったです。

 

まとめ

『人のセックスを笑うな』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました