歴史秘話ヒストリアの見逃し無料動画配信と再放送情報6/17織田信長|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『歴史秘話ヒストリア』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『歴史秘話ヒストリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『歴史秘話ヒストリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『歴史秘話ヒストリア』の番組内容

歴史。それは、絶え間なく流れる大きな川。その中のキラキラした1滴を「秘話」と呼ぶ…。平成21(2009)年4月から放送の「歴史秘話ヒストリア」。古代・戦国・幕末から近現代までバラエティー豊かな、驚きの、楽しい、そして感動する”歴史秘話”を届ける。

引用元:NHK

『歴史秘話ヒストリア』6/17の番組内容

「ノブナガ万華鏡 英雄とその時代」
戦国の英雄・織田信長。近年の研究で、そのイメージが変化しつつある。英雄はどう描かれてきたのか。歴史番組はもちろん、大河ドラマの秘蔵映像なども駆使し、変遷を探る。さらに信長像の変化で業績が見直されようとしている斎藤道三・三好長慶・明智光秀もご紹介。信長の言葉「是非に及ばず」のウラにあった思いに迫る高橋英樹さんの熱いトークや、有名シミュレーションゲームの製作秘話にも注目!みんな大好き織田信長の決定版。

引用元:NHK

『歴史秘話ヒストリア』6/17の出演者

【キャスター】渡邊佐和子

『歴史秘話ヒストリア』6/17の放送日時と再放送情報

【放送日時】

NHK総合 2020年6月17日(水) 午後10:30~午後11:15(45分)

【再放送日時】

NHK総合 2020年7月7日(火) 午後3:08~午後3:55

 

『歴史秘話ヒストリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『歴史秘話ヒストリア』6/17の感想

40代女性
40代女性

歴史学科卒業です。最新の説の紹介は嬉しいことです。より客観的に見ることができます。子供の頃見た役所広司さんの信長から記憶に残っています。最近では海老蔵さんの第六天魔王が素敵でした。多くのネタ本は江戸時代の講談や読物なので歴史史料ともいえない代物。娯楽として消費し楽しみ分にはいいと思いますが(歴史好きの裾野が広がるので)、歴史の真実に迫りたいというのも本音です。地道な作業ですが、ひとつひとつの史料を精査し、読み落としはないか、当時の文脈としての解釈はこれでいいのか、史料自体の信憑性はどのくらい確かか、と気の遠くなるほどの作業の果てに、論は築かれます。興味深いのはそうやって見えてきた世界が山彦のように小説や映画やドラマに反映されていくこと。この番組での、歴代の信長の紹介のように、情報は常にアップデートされていきます。昔の名演も当時では斬新な解釈を基にしてなされたもの。芸術は最新のものが最高とは限りません。しかし歴史学は多くの研究者が過去のデータを常に精査し、最新の史料を調査し、研究者同士で点検しあって現在があります。最新の説とは正確には「現時点でもっとも正確な説」なのです。だから史料に基づいた「新しい信長像」が描かれている事をとても嬉しく拝見しました。

40代男性
40代男性

大河ドラマ「麒麟が来る」でも重要なキャラとして登場する織田信長のことが最近好きで、この番組も楽しみにしていました。信長といえばホトトギスの件でも残虐な人物として知られていましたが、最近は評価が変わっているので、新たな一面を知れたと思います。そして、今までのイメージが作られたのが江戸時代ということで、平和な世をつくろうろしていた、徳川家康の策略かなと思いました。信長と家康は、お互いに信頼しあっていたとか、家康が実は本能寺の変に関わっていたとか諸説あるので、二人の関係性は複雑なんだろうと思いました。豊臣秀吉にしても、本能寺の変の黒幕説があるので、こちらも微妙なので、信長のイメージに関わっているのかもしれないと思いました。信長は戦で家臣が亡くなった時に涙を流して悲しんだとか、実は優しい人だったんだなと思いました。そして、番組では触れられていませんでしたが、安土城で灯篭でナイトショー的なことを行ったりしていて、実にエンターテインメントな人だったみたいです。天下統一直前まで行ったのに、信頼度ナンバー1の明智光秀に謀反を起こされたときは、どういう気持ちだったのかなと思いました。そして、信長が良君だった場合はの光秀の動機が気になりました。

40代女性
40代女性

今までの信長像は「魔王」「極悪非道」という感じでしたが、実際には違ったということが研究で進んでいるということに驚きました。比叡山延暦寺の焼き討ちも僧侶たちを説得するために1年も待ったということだったので、必要に迫られて行ったことだったのかもしれません。女性や子供まで殺害をしたということでしたが、そこには大きな理由があったということも今まで知らないことでした。新しい信長像が見えてきて、興味深かったです。大河ドラマでも様々な俳優さんが織田信長を演じてきましたが、今回の「麒麟が来る」の染谷さんはそれまでの信長のイメージとは違う感じがします。ご本人もヒストリアにメッセージを出していましたが、この織田信長はピュアな人で心優しい面があるんだと思います。織田信長がかなり気性の激しい人で手に負えない、短期、癇癪持ちというイメージは後世の人々が作った部分というのも大きいようです。本当の信長ってどんな人だったんだろうか、とこの番組を見て感じました。信長公記やルイスフロイスの日本史を読んでいくと織田信長の人柄は多少分かってきますが、それでもまだまだ研究の要素はあるんじゃないかなと思いました。かなり興味深い番組でした。

40代女性
40代女性

戦国武将で必ず社会の教科書の出てくる織田信長のイメージは、「鳴かぬなら殺してしまえホトトギス」というような強い武将で、魔王のような存在だった。という印象が誰にでもあったと思う。でも、この番組では、それを覆すかのように、決してそうではなかったということを、信長公記によって説明している。信長は、「是非に及ばず」と明智光秀との戦いをこれを運命と受け入れて死を覚悟したそうだけど、絶対自分は負けない(死なない)と思わせた強い武将であっても、本当は受け入れる素直な心がある人だったんだなと思った。高橋秀樹は、信長役を喜怒哀楽のはっきりした演技をされていたが、実は、そうではなかったらしい。天下とは日本全体を自分の領土にしてしまうことを想像してしまうけど、実際は、自分の住む京の都から五畿内と言う狭い範囲だけのことだったそうな。意外にも謙虚な人だったんだなとびっくりしました。こうやって歴史を動かし新しい改革をしてきたから現代に引き継がれているわけだけど、平成から令和になった今の日本、一体誰が歴史上の人物になるのだろうと思わず考えてしまった。大阪という狭い範囲で考えたら、このご時世、吉村知事なんか適任じゃないかと思う。いや、元知事の橋下徹さんも十分歴史上の人物になり得る人ではないか?その時代に生きていた人でしか分からない本人達の姿というのを、後世にどうやって残すべきか、それが今の私達の使命だと思う。信長公記を書いた大田牛一さんには、感謝の言葉しかない。

20代女性
20代女性

以前放送された織田信長の新解釈の回を中心に再構成したイメージを抱きました。ただ、その回よりも一歩踏み込んで、今の「革命者」とか「暴君」という信長のイメージがどうやってできあがったのか、信長自身が残した資料から信長のどんな一面が明らかになったのかが掘り下げられていました。時代によって人々が抱く信長像に違いがあることにスポットが当てられていて、興味深かったです。大河ドラマで実際に織田信長を演じてこられた俳優さんによる、信長の解釈が聞けたのは新しかったです。よく小説なんかで「人の一面だけで判断するのは興ざめだ~」というのを目にしますが、見終わった感想は本当にそれ。限られた資料から戦国武将を一人の人間としてキャラクター化していくという新しい試みは、戦国時代を舞台にした創作物が溢れる現代社会の中で夢とロマンに満ちたものだと思いました。実際にゲーム中の戦国武将の能力や見た目が研究の進歩に応じて変化していたのは面白かったです。身近にあるようで現代とはかけ離れた世界観を楽しませてくれる戦国時代ですが、現代人と同じような感情と葛藤を抱いて乱世を生き抜いていたのだとすれば、さらに愛おしさが増していくはずです。

 

50代男性
50代男性

歴史上の人物というと今まで小説やテレビドラマで植え付けられた人物上の性格などという物に実は、いろいろな発見や関わった他の人の文章などの書物により別の一面があるということを紹介する番組です。信長というと今まで野望に満ちた人物やこれまでの常識を覆すような考えで変革を起こそうとしていたというイメージが強いのですが、実は、主君に対し忠実な人でとても真面目であったという一面があったということを裏付ける物が見つかったもしくは、世の中の想像とは別にこういう人物であったというのが意外性があると思います。こういう人物でなければみんなが受け入れないというのを視点を変えて紹介していることが面白いと思います。ただただ英雄というのが映画や小説上で物語として作られた偶像であるということを番組として紹介しています。自分たちがその英雄が生きた時代を同じように生きているわけではないので英雄がそうであったとは分からないわけで実際信長の人物を人を淘汰するような行動を起こしていたら現実として生き残れるだろうかもしくは、時代に切り捨てられるだけというのも現実かなと考えさせられる物で世の中の流れに逆らって野望を達成しようとすると本当は、生き残れないのだろうと思いました。視点を変える面白さというのがよく分かりました。

 

まとめ

『歴史秘話ヒストリア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました