ひまわりと子犬の7日間(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
『ひまわりと子犬の7日間』予告編

ひまわりと子犬の7日間(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ひまわりと子犬の7日間』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ひまわりと子犬の7日間』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ひまわりと子犬の7日間(映画)の内容

映画『ひまわりと子犬の7日間』は、2013年3月に公開されました。

本作は、2007年に宮崎県の保健所で起こった犬と人間の奇跡の実話で、原案は宮崎県で、「いのちのはうす保護家」という犬猫保護施設運営している山下由美さんのブログ「動物たちの未来のために」が全国で話題になり、2008年に書籍化された「奇跡の母子犬」。

監督は、20年にわたり、山田洋次監督作の共同脚本・助監督をつとめてきた平松恵美子監督。本作が平松監督にとって劇場監督デビュー作となり、飼い主のいない犬が置かれている状況を真っ直ぐに描き、心に残る、新たな感動作を誕生させました。

母犬・ひまわりの心を開こうと奮闘する主人公には、堺雅人さんが扮し、堺雅人さん演じる彰司の幼馴染の獣医役に中谷美紀さん、そのほか吉行和子さんや夏八木勲さん、小林稔侍さんなど実力派俳優たちが集結。さらに映画初出演となったオードリー若林さんも出演しています。

 

殺処分される直前の母犬と子犬を救うために自宅に親子を引き取る保健所の職員の姿に涙が溢れ出て止まらなかった。
保健所等の殺処分の実態を知らせ、動物の命の大切さを教えるため子供たちに見せるべき映画だと思った。

オープニングの母犬が捨てられるダイジェスト映像が涙を誘う出来で素晴らしかった。

堺雅人がやっぱり素晴らしい!さらに他の俳優陣もひけをとらない。そして、犬の演技にやられた。

全編、涙なしでは見られない。命とは何かを考え直させる奥深い作品。今まで観た映画の中でもベスト3に入る大傑作です。

 

あらすじ

2007年宮崎。働いていた動物園が閉鎖し、保健所に勤める神崎彰司(堺雅人)は、一緒に飼育係をしていた妻を亡くし、シングルファーザーとして2人の子どもを育てています。神崎は犬の殺処分の7日間を勝手に延ばしていると上司から叱られ、そんな仕事を娘が知って会話も途切れてしまいます。

ある日、神崎は、命懸けで子犬3匹を守ろうとする母犬と出会います。その犬は、老夫婦に可愛がってもらっていましたが、夫婦が去り、孤独な中で子犬を生み育てていました。

神崎は、犬の母子を守ろうと、殺処分の前日に母犬に”ひまわり”と名付け、引き取ることにします。

見どころ

女優犬

本作の主役ともいうべき、ひまわりを演じた女優犬イチの演技がスゴイと好評です。

子犬を子犬を守るために気を張っている様子も伝わり、凛々しい目の表情も豊かです。本作のドックトレーナーの宮忠臣さんは、警察犬の訓練を行う訓練士を経て、本格的なドッグトレーナーになった方で、1983年「南極物語」でタロ・ジロの訓練を行ったのを機に「ハチ公物語」「マリリンの逢いたい」「犬と私の10の約束」など数多くの動物映画数々の犬映画に関わってきました。

そんな宮さんが、今作に限っては一度は断ったというほど高度な演技が求められました。しかし、イチは見事に演じきっています。オスカー女優並みとの噂もあるほど。そんなイチの演技は必見です。

オードリー若林が絶賛!

本作で、堺雅人さん演じる主人公の後輩・佐々木一也役に扮したのはオードリーの若林正恭さん。最近では、番組司会をしているイメージが多く、演技している印象はあまりなく、映画出演は本作のみ。

「仕事にやる気のない青年を探している」とオファーがあり、それならできるかなと出演したようです。演技なのか、演技じゃないのか…。そんな演技が大絶賛されています。

ちなみに、若林さんはこの役で、第37回日本アカデミー賞話題賞俳優部門を受賞しました。

宮崎弁

本作は、宮崎県が舞台とあって、主演の堺雅人さんも中谷美紀さんも宮崎弁を喋っています。中谷美紀さんは方言の先生について練習したそうですが、堺雅人さんはなんと、練習無し!それもそのはず、堺雅人さんは宮崎県出身だったんです。宮崎県の中学では吹奏楽部に、高校時代には演劇部に所属していたとか。

そんな宮崎県出身の堺雅人さんは、中谷美紀さんの宮崎弁に厳しく、監督がOKを出しても、堺雅人さんからNGが。そんな宮崎弁に注目です。

スタッフ

原案:山下由美「奇跡の母子犬」
監督・脚本:平松恵美子
音楽:寺嶋民哉
主題歌:「花」 ソナーポケット

キャスト

神崎彰司:堺雅人
宮崎県東部保健所職員。元動物園飼育員。

ひまわり(母犬):イチ(柴犬)
飼い主夫妻との別れなどの不運が重なり野良犬となって3匹の子犬を生む。

五十嵐美久:中谷美紀
五十嵐ペットクリニック獣医師。

佐々木一也:若林正恭(オードリー)
保健所の若手の腰掛け職員。神崎からカズと呼ばれている。

桜井:小林稔侍
保健所所長で彰司の上司。

安岡:でんでん
保健所のベテラン職員。

神崎里美:近藤里沙
彰司の娘・小学5年生。

神崎冬樹:藤本哉汰
彰司の息子・小学1年生。

神崎琴江:吉行和子
彰司の母。

神崎千夏(故人):檀れい
彰司の妻。5年前に交通事故により亡くなった。

プリン(ラブラドールレトリバー)とココア(黒い小型犬)
彰司の家で飼われている犬。

長友孝雄:夏八木勲
ひまわりの飼い主。

長友光子:草村礼子
孝雄の妻。

松永議員:左時枝
市議会職員。

病院に居た男:ひっくん
病院にいたイケメンな男。

【そのほか】
仁科克基、北山雅康、那須佐代子、松島海斗、上野譲治、花田有未

 

『ひまわりと子犬の7日間』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ひまわりと子犬の7日間(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

保健所で動物を保護する仕事をしながら、2人の子供を育てる父親を堺雅人が演じています。妻は他界し、子供は女の子と男の子。2人とも小学生です。堺雅人の出身地でもある宮崎県が舞台で、ロケも行われたそうです。中谷美紀や吉行和子の宮崎弁の響きがよかったと、エッセイで言及されていました。動物の保護という仕事は、動物舎の清掃や、動物の健康管理、もらい手を探すということを中心に描かれていました。そして殺処分。子供たちに、殺処分のことだけは話すことが出来ず、のちに知ることになる娘から反感をくらいます。それでももらい手がつかなかった犬を家でも飼っていて、犬が好きで、とても優しいお父さんです。のちにひまわりと名付けられる犬は、3匹の赤ちゃんを産んだ母親犬です。凶暴な性格で、人を傷付ける可能性があるため、保健所で引き取ることになります。なぜ、ひまわりが人を傷つけるような行動をとってしまうのか。この辺りの事情は、映画の冒頭で描かれます。とても悲しいことですが、似たようなケースは今の日本ではたくさん起こっているような気がします。ただ、その事情を人は理解することはできません。堺雅人はひまわりと動物舎で生活を共にすることで、傷付いた気待ちに気付き、心の交流が生まれます。宮崎の自然も美しいですし、沢山の可愛い犬を見ることができます。

50代男性
50代男性

舞台は宮崎県、実話です。ある農家の老夫婦が、ある子犬を不幸がありながらも成長させ、幸せに暮らしていました。ところが、おばあちゃんが亡くなり、おじいちゃんは老人ホームへ連れていかれました。そして、子犬はみなしごとなり、野良犬になってしまいました。一方、主人公 神崎彰司(演 堺雅人)も、大変不幸な境遇であり、今は保健所に勤務していましたが、仕事場では、彼の動物愛で、殺処分を勝手に延長して上司に怒られるという職員生活を送っていました。そんなある日、野良犬となり母なった元・子犬とその子犬3匹(1匹は後、亡くなった)が捕獲され、神崎のもとにやってきました。そして彼の娘さんが命を懇願する。ここから母犬たちと神崎との命のやり取りです。殺処分までの期限は7日間です。神崎は、母犬が人に育てられていたことに気づき、彼の娘が、母犬を「ひまわり」と名づけました。母犬は、神崎の懸命な愛情に昔の幸せだったときを思い出し、神崎になつき、殺処分寸前で、母犬たちを引き取り、再び幸せな日々を取り戻しました。保健所職員を演じる堺雅人さんの犬への愛情が泣けます。現在は時代も変わって動物愛護法が出来て、ワンちゃんネコちゃんたちは大分護られているようになってよかったと思います。ほんと心にずーと残る映画です。

50代女性
50代女性

日本は殺処分される犬や猫がまだまだたくさんいます。私は小さい頃からペットを飼っています。動物が大好き故にこのような現実から目を背けて生きてきました。この映画を観て殺処分を減らすために私に何か出来ることはないか?と考えるようになりました。人間が野良犬、野良猫をつくるのです。人間が力を合わせればこのような可哀想な犬猫を無くすことは可能です。しかし、人に可愛がられ育った犬でも飼い主と別れ、辛い思いをすれば狂暴になるのですね。赤ちゃんを抱えていれば尚更ですね。犬には事情がわからず、ただおじいさんを探し歩いているだけなのでしょう。信じられる唯一の存在を。ひまわりが幸せになれて本当に良かったです。辛い思いをした分まで幸せになって欲しいです。動物を飼うのは本当に大変です。時間も取られますしお金もかかります。でも、そんなこと気にならないほどの心の癒しを与えてくれます。そして、やがて老いて死んで行きます。動物の一生を見守るというのは相当な覚悟と愛情が必要です。殺処分を無くすためには、責任ある飼い主を増やすしか方法はありません。また、ひまわりのように老夫婦に飼われたり、独り暮らしの人に飼われているペットの把握と万一の時の預け先、里親などを決めておくことも必要だと感じました。

 

50代男性
50代男性

映画の内容としては宮崎県の保健所で働く神崎彰司という男性とその家族が保健所に引き取られてきた犬の親子とのかかわりを描いた物語です。保健所は市民の理解があってこそ動物たちは保護する事ができる施設です。映画ではわずか1週間で誰かに引き取ってもらわないと処分されてしまう運命にある犬たちでした。神崎には妻を突然、交通事故で失う悲しい過去があった事もあり命の尊さを人一倍感じている男性で、神崎の担当する動物のエサ代がかかりすぎる事から神崎が動物たちに許されたぎりぎりの時まで飼い主も見つけていこうとする姿が映画で描かれています。神崎の動物への想いがよく伝わってきてとても共感できます、
映画では母犬であるクローズアップされています。保健所はあくまで公益のため存在します。動物をいつまでも保護しておく余裕はありません。なのでどこかで動物たちを処理しないといけなくなります。神崎は子犬を守ろうとするために時として攻撃的になる母犬をなつかせる事にとても苦労します。市民に引き取ってもらう以上、安全性が確保されないといけません。市民に危害が加わる恐れがある犬では保健所としては市民の飼い犬にはできません。残念ながらなかなか母犬が人に心を開こうとしてくれません。映画の最大の見どころは子犬だけを助けて処分を通達された母犬に神崎が会いに行く場面でしょう。人間と犬との生死を掛けた最後の想いそして奇跡を願う神崎の気持ちが画面から見る事ができます。

 

30代女性
30代女性

保健所での捨てられたペットの殺処分がテーマになっていますが、暗い内容ではなく綺麗にできているのでこどもと観るにはいいと思います。現実はこんなに綺麗なお話にはまとまらないと思いますが、こどもがペットの殺処分について知る為にはこれくらいが刺激が少なくていいのかもと思います。考えるきっかけ作りとして観れば心に訴えかけるものがありとても良い映画でした。主役の堺雅人さんのいかにも人の良さそうな顔が悲しいシーンでは余計にグッときます。あんなに穏やかな笑顔の優しい人にあんな仕事させてはいけないなという気持ちになります。ただただ感動するのとは違うペットを無責任に扱う人々への怒りも混ざりとても複雑な気持ちが湧いてきます。命を育てることとはどういう事なのかこの映画を観てこども達にも知ってもらいたいです。そしてこの映画をきっかけに少しずつペットショップというものが本当に必要かどうか改めて考えて欲しいです。犬たちは演技という概念はないでしょうが、スクリーンに映る犬たちの瞳はとても印象的で胸に響きました。いつかこの映画が日本は昔こんな事してたの?と思われるような世界に変わっていくことを願ってたくさんの人に観て欲しい映画です。

60代女性
60代女性

保健所という所に焦点を当てた平松恵美子監督の社会に向ける鋭い投げかけに、命を預かるという責任、命の重さに改めて考えさせられました。実話に基づいた映画だけに、保健所に課された苦しく重い仕事、どうすることも出来ない複雑な気持ちがひしひしと伝わってきました。手に付けられない狂暴な犬に強い母性を汲み取った神崎彰司の信じる気持ち、懸命な泊まり込み、噛みつかれるも噛みつくのに躊躇した犬を察し、この犬の波乱な人生の声なき声を聞く事が出来、次第に彰司と犬との間に「心の友達」という穏やかな空気が流れていった奇跡に感動しました。「こいつは好きで野良犬になったんじゃない。人間がこいつを野良犬にしてしまった」という神崎彰司の言葉胸に刺さりました。思春期の娘に自分の仕事を伝える事に悩む姿、母犬達を救って欲しいと嘆願する娘の姿、神崎彰司演じる堺雅人さんの繊細で慈しむ演技とても輝いていました。ひまわりと名前を付けたことで、母犬達にも新たな幸せな人生が始まっていくことにほっとすると同時に保健所に入れられる犬は名前はないんすらなかったんだと思うと切なく苦しい現実に胸が張り裂けそうでした。ベテラン職員安岡が若手職員一也を親のような気持ちで厳しく温かく接し指導するでんでんさんの演技、今風の投げやりの態度の一也演じる若林正恭さんの演技、世代の違う二人の心地良いテンポとても良かったです。優しい登場人物で作られた映画を通し愛の尊さ大事さを改めて認識しました。観終わった後、優しい気持ちになりました。

 

まとめ

『ひまわりと子犬の7日間』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました