引っ越し大名(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

歴史時代劇
映画『引っ越し大名!』予告90秒 8月30日(金)荷造り開始!

引っ越し大名(映画)の動画フルを安全に見る方法

『引っ越し大名!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『引っ越し大名!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

引っ越し大名(映画)の内容

映画『引っ越し大名!』は、2019年8月30日に公開されています。この映画は原作が2016年5月に発行された小説『引っ越し大名三千里』で映像化された作品です。

江戸時代は、約270年続いた太平の世の中ですが、幕末の段階で271あった藩は、幕府によって領主が民衆とその土地に根付かないように移封を命じるという、いわゆる「鉢植え政策」が特に江戸幕府初期には採られていました。

移封にかかる経費は甚大なもので、命じる幕府はこの政策によって大名の財力も削ろうとしていました。

最初はイケメン集めただけのダメ映画かなと思ってたけれども
だんだん引き込まれて面白かった。
最後は涙したり所々大笑いしたりで良作でした。

似ていると思っていましたが、やはり脚本は「超高速~」の土橋氏でした。監督も同じ犬童氏のコンビで安定感があります。

江戸時代のライト時代劇を一つのジャンルとして確立したと思います。

その後「武士の献立」や「利息でござる」など武士の生活を描いた映画が数々出てきましたが、やはり本家にはかなわないと思います。やっぱり着想が面白いよな~。

普通の引っ越しでも大変なのに、国替えとなると膨大な手間と費用が必要なんだなあ。

自分が思う一番大事な部分はちゃんと描かれていたように思います。
なので、そこそこ良い評価にしておきました。

しかし、主役の星野さんは時代劇が似合わないと思います。

笑いながら最後まで楽しく観れました良作です。

高橋一生さんがはまり役で、時代劇における新境地を開いた気がします。高畑充希さんも時代劇にうまくはまってました。

最近は、「利息でござる」「武士の献立」「超高速参勤交代」などコメディタッチの笑える時代劇が増え、今作品も歴史が苦手な方でも楽しく鑑賞できる時代劇エンターテインメントというジャンルということでおおむね好評でした。ただ主演の星野源さんが時代劇に起用したのは何故?という声もちらほらありました。

あらすじ

時は江戸時代前期。姫路藩主の松平直矩は、幕府から豊後国(現在の大分県)日田藩への国替えを命じられます。姫路藩はこれまでの度重なる国替えで藩の財政事情は苦しいというのに、さらに減封まで言い渡されてしまいます。さらに悪いことは続き、国替えを担当していた引っ越し奉行が国替えの激務がたたって亡くなってしまうのです。

そこで直矩は後任の引っ越し奉行に、窓際部署である書庫番の片桐春之介を指名します。彼は人と接するのが苦手で、いつも書庫にこもって書物を読んでばかりいたため、周囲から「かたつむり」とあだ名されていた人物です。いつも書物を読んでばかりいるのだから、国替えの知識もあるだろうといういたって単純な理由から、春之介が引っ越し奉行に任命されるのです。

しかし、当然国替えの経験などない春之介は何をどこから手をつけて良いか分からず悩んだ挙句、前任の引っ越し奉行の娘である於蘭に助けを求めます。そうして春之介は仲間の協力や於蘭の厳しい引っ越し指導を受けて、国替えの準備を進めていきます。

見どころ

映画『引っ越し大名!』の見どころは、これだけのコメディ時代劇ながら史実を盛り込んでいるという事です。

例えば国替えを命じられる大名・松平直矩は史実でも生涯で七度もの国替えを命じられ、その結果最終的に藩が抱えた借金は莫大なものになってしまい「リアル引っ越し大名」と呼ばれます。またこの松平直矩が美少年好きの男色家(若い美少年が好きな男性)であったことや、松平家が幕府である徳川家から受け継いだ家宝である槍である「御手杵(おてぎね)」は史実のものです。

これらは歴史ファンにとってはたまらない所だと思います。

スタッフ

監督:犬童一心
脚本:土橋章宏
音楽:上野耕路

キャスト

片桐春之介(かたぎり はるのすけ):星野源
姫路藩書庫番だったが引越し奉行に任命される。鷹村源右衛門とは幼馴染。

鷹村源右衛門(たかむら げんえもん):高橋一生
姫路藩御刀番。武芸が強い春之介の幼馴染。誰も敬遠する引越し奉行の職に、困った挙句春之介を推薦する。

於蘭(おらん):高畑充希
前の引越し奉行・板倉重蔵の娘。

松平直矩(まつだいら なおのり):及川光博
越前松平家に連なる御親藩(譜代大名)である姫路藩の藩主。幕府から何度も国替えを命じられたことで「引越し大名」とあだ名された。

山里一郎太(やまざと いちろうた):小澤征悦
姫路藩士。勉強熱心なため書庫番の春之介とも親密。

中西監物(なかにし かんもつ):濱田岳
姫路藩の勘定頭。佐島の部下。春之介の姿勢に共感し、鷹村と共に引越しの協力をする。

藤原修蔵(ふじわら しゅうぞう):西村まさ彦
姫路藩次席家老。本村と共に春之介を引越し奉行に任命する一方、その裏で失敗を画策する。

本村三右衛門(もとむら さんえもん):松重豊
姫路藩国家老。藤原と共に春之介を引越し奉行に任命する。

仲田小兵衛(なかた こへえ):山内圭哉
姫路藩江戸留守居役。

佐島竜五郎(さじま たつごろう):正名僕蔵
姫路藩勘定奉行。藩の重役。引越しには非協力的。

高橋四郎(たかはし しろう):飯尾和樹(ずん)
姫路藩士。藩の減封の影響を受けて解雇対象になる。

田中衆三郎(たなか しゅうざぶろう):和田聰宏
春之介たちが藩の引っ越しの準備を進める中、不穏な動きを見せる隠密の頭。

和泉屋 新吉(いずみや しんきち):岡山天音
廻船問屋の若旦那。

波津(はつ):富田靖子
春之介の母。

 

『引っ越し大名!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

引っ越し大名(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

時代劇なのに時代劇らしくない。現代社会に生きる私たちにもあてはめて見ることができる映画である。テーマはタイトル通り「引っ越し」だが、そもそも規模が大きく「城ごと」引っ越さなければいけない。予算もわずか、人数は総勢1万人という考えただけでも不可能だと逃げ出したくなる…。その指揮を任されたのが、はたまた昔からその言葉があったのであろうか「引きこもり侍」の片桐春之介。演じるのは星野源さん。悲壮感漂う頼りなさそうな風貌がとてもぴったりだが、コミカルなシーンは思わず笑ってしまう。その春之介が引っ越しを進めていく中で、高畑充希さん演じる於蘭や、高橋一生さん演じる幼馴染・鷹村源右衛門らと共に様々な人間関係にまきこまれ、立ち向かい、成長していく姿が痛快だ。もし今自分が、春之介のようにパワハラ上司から突然大役を任されたら(しかも拒否したら切腹!)映画のように人生の修羅場をくぐり抜けられるだろうか。いろいろなサービスやITが発達した現代でも、身近にいる人を大切にする気持ちや、手を取り合って生きていくことが、人生の糧になる。そして仲間は何があっても見捨てない。春之介のような人がトップに立つ社会はきっと暖かく未来も明るいのではないか。そんなことを改めて思い出させてくれる映画である。

30代女性
30代女性

星野源演じる片桐春之助が、予算のない藩を丸ごと引っ越すための責任者、「引っ越し大名」となり周りの人々と奮闘するお話です。本筋の引っ越しにまつわるエピソードは史実に基づいているという事で、今では考えられないような超アナログ引っ越しに驚かされることばかりでした。また藩を存続させるため、自分の家族を守るためとはいえ、何かを守るためには何かを切り捨てなくてはいけないのが世の常…優しく気弱な片桐にとって、苦しすぎる選択を迫られる場面が度々待ち受けていますが、「全員を幸せにしたい」という誠実な信念に胸を打たれる場面もあり、幾度も感動しました。現代でも片桐の様な、頭が良くかつ人の幸せを第一に考えられる人間が第一線に立てる社会だったらよかったな、としみじみ感じてしまいました。また超高速!参勤交代を手掛けた土橋章宏脚本らしく、キャスト同心の掛け合いがとにかく笑えます。特に片桐と高橋一生演じる幼馴染鷹村との掛け合いは、笑い無くして観る事が出来ません。高畑充希や濱田岳、西村正彦といった演技派俳優が脇を固めているのも良い味を出していると思います。どの場面も飽きることなく楽しめます。映画館で観たのですが、館内でも度々笑いが起こるほどでした。全体的に優しい人達のお話で、グロテスクな内容なども全くないので、子供のいる家族や友人同士でも気兼ねなく見る事が出来ると思います。本格派の時代劇を求めている人にはお勧めできませんが、疲れた時に笑いが欲しい、ほっこりしたい、星野源に癒されたいというテンションで観るには最高の作品だと思います!

20代女性
20代女性

歴史物が苦手なのですが、この作品はコメディの部分が多く見受けられたので見ることができました。最初の方で片桐が「む、無理です」「やめ、やめてください」と明らかに人と接していないのが分かるような引きこもりであった様子が面白くて、この時代にもこんな人がいたのかと変な目線で見ていました。途中歌われる歌も面白くて、本当に歌いながらやっていたのであれば楽しいんだろうなと思いました。戦争の為にトレーニングをしているわけではないので、武士たちも気楽だったのではないかと思いますし、そんなに気を重くしていない様子も見られました。また、リストラで武士から百姓に落ちてもらった人々を迎えに行った時に、「これだけの田畑を耕して、百姓として国を守っていきたい」と何人かが武士に戻らずに刀だけ片桐に渡して、国替えに応じた展開にうるっと来てしまいました。もちろん武士に戻って新たな国に行った方もいますが、亡くなった方の石碑と百姓のままの方の刀を合わせて姫路藩の全員の引越しが完了したというラストがとてもよかったです。テンポよく見ることが出来たので全然苦ではありませんでした。楽しく見られる歴史物の作品だと思います。星野源さんがかわいく見られるのでおすすめです。

30代女性
30代女性

星野源は引越しの指揮を取るように命じられた書庫版の役で、国替えの知識もなく困っていたけど、みんなで協力していて、見ていてほっこりしました。星野源さんは、大人しそうな顔をしているけど、どこか人好きな顔をしていて、なんか魅力があるなあと思います。こういういろいろ苦労させられる役がよく似合うなと思いました。他にも高橋一生さんも出ているし、いいキャストばかりでおもしろかったです。今も昔も引っ越しは大変だなあと思いました。いや、昔の方が上の言うことは絶対だから大変なのかもしれません。引越しを命じられた当主は及川光博さんで、茶器を集めたりしてるのが、すごく似合ってるなあと思いました。引っ越しばかり命じられる、そういう追い詰め方もあるのねって感じです。たしかに金がかかることですしね。引越しに際して、本や茶器を捨てなきゃいけないのはかわいそうでした。茶器とかすごい苦労して集めただろうし、本を燃やすのって、罪悪感があります。いろんな時代劇がありますが、引越しという身近なテーマで見やすかったです。当主がどういう立場の人だったのかとか、全然知らなくてよくわからないところもあったので、ちょっと日本史を勉強してからまた見たいなと思いました。

 

30代女性
30代女性

映画が公開されるという情報を得た時からずっと見たかった作品です。その理由のひとつが豪華絢爛な出演キャスト!主演が星野源さんということが魅力のひとつでもありますが、ヒロインには実力は女優の高畑充希さんに主人公の友人役として高橋一生さん!他にもアドリブ演技で出演陣を沸かせる浜田岳さんに名俳優の松重豊さんなどその他にも魅力的な俳優さん達が沢山出演されています。キャストだけ見てもすごくワクワクする作品です。時代劇ものの作品はどうも古臭くて難しい気がしていつも嫌煙していたのですが、今回は舞台が姫路城というではありませんか!今をときめく俳優人に自分の身近にある姫路城が舞台の映画という事で時代劇作品ですが、すごく興味が湧きました。出演陣が歌を歌いながら歩いていくシーンやお侍さん方が歌を歌いながら鍛えるシーンなど見ている視聴者を飽きさせない工夫をされていたのが印象的でした。また、実際に引越し大名が実在したという事に衝撃を受けました!車も電車もない時代に姫路から九州まで総出で歩いていくという壮大な引越しのスケールに驚きましたし、本当に昔の人たちはこうして引っ越しを行なっていたのかと感慨深かったです。ただの映画としてだけでなく歴史の勉強にもなる作品だと思いました。

 

50代男性
50代男性

犬童一心監督作品である「のぼうの城」が実はかなり好きなので、それなりに期待しながら鑑賞しました。ただし、見る前に不安材料がいくつかありました。一つには「星野源さんが、あまり好きではない」ということ。もう一つは「高畑充希さんの顔が、かなり苦手である」ということ。この、ある意味大きすぎる障壁を乗り越えてでも、犬童一心監督ならば私を面白がらせてくれるだろうと勝手に期待していましたが、今回に関しては裏切られました。グダグダした展開、リアリティを無視した演出などに見る気力がどんどん加速度的に失われていきました。これは途中で離脱してもやむを得ないと思いながらも見続けていると、不思議なことにその緩さにだんだんと慣れていきました。これは私の頭を固くしていた「時代劇はこうあるべき」という固定観念を捨てることで楽しめる映画なのだと、途中でやっと理解出来ました。それからは星野源さんの髪型も、鮮やかすぎる画面の色彩も気にならなくなりました。現代に生きる私のような普通のサラリーマンの悲哀もオーバーラップさせた、実はなかなかに奥が深い映画なのだとラスト近くになって判明した時は、少しながら涙さえこぼれました。最後まで見て良かったです。

20代女性
20代女性

星野源がちょんまげ姿になるの!?という興味と、ビジュアルに惹かれ鑑賞しました。普段から映画をあまり観ない私でも、ストーリーのテンポがよく、時間があっという間に感じる映画です。まさにビジュアルのまま、愉快で楽しい時代劇もの!…ではなく、1人1人の人間性も魅力的に描いた、味わい深い映画でした。主演の星野源が演じる片桐役は、序盤は「面倒なことはあまりしたくない」「人と極力関わりたくない」というオタクな性格から、後半につれて人に囲まれていき、リーダーになっていく様は、共感と誰でも親の気分になります。星野源は困り顔が似合うからでしょうか。片桐を心から応援したくなります。そして、片桐のひたむきさが、人々を少しずつ動かしていくのですが、その一致団結がなんと楽しいこと!観たらわかります、参加したら絶対楽しそうと思いました笑。また、人間離れした行動をするシーンや、高橋一生が演じる陽気で、豪快で、憎めない友人の鷹村が、話に良いパンチを効かせています。常にコメディー満載ですが、心苦しいシーンもしっかりあり、観ていて飽きません。苦渋の選択による、武士のプライドが揺れ動く場面では、ピリッとした雰囲気の中、小澤征悦・ピエール瀧の演技が絶妙です。その際の天気が長く続く雨のようですが、その雨も良い演出をしていて、見所です。

40代女性
40代女性

星野源さん主演「引っ越し大名!」は、引きこもりに近いほど本ばかり読んでいる青年星野源さん演じる片桐春之介が、ひょんなことから引っ越し奉行に任命され、国替えという一大プロジェクトに挑戦するというストーリー。かたつむりというあだ名がつくほど、のんびりでマイペースな春之介ではあるが、上司にしたら絶対に人がついてくる!そんな信頼感とかっこよさがあり、映画の最後には素敵な奥様まで射止めてしまいます。そんな春之介を縁の下で支え、助ける高畑充希さん演じる於蘭は、強さと優しさを兼ね備えた女性なら憧れにしたい素敵な女性。星野さんと年がだいぶ離れているけど、高畑さんが年上女房のような感じさえしてしまうほど素敵なご関係で微笑ましかったです。幼馴染役には大好きな俳優さん、高橋一生さん演じる鷹村源右衛門は、これまで一生さんが演じられた役とはかけ離れた感じの、とってもぶっちゃけた明るい役で(笑)、でもそれを見事に好演されていてさすが演技派の役者さんだなと感じました。また晴之介と鷹村の関係がとても温かくいいなとおもいました。最高の俳優陣で、爽快感のある感動と共に、いいテンポでエンディングが迎えられるそんな素敵なヒューマンドラマです。

 

50代女性
50代女性

星野源さんが、引っ越し奉行を命じられてしまった気弱な藩士、片桐春之介をとてもいい味を出して熱演していて良かったと思いました。星野さんは、完璧で出来る男というよりも、こういうダメなところのほうが多い、ちょっと冴えない役がすごく似合うと思います。本ばかり読んでいて、人付き合いが苦手で人と普通に話せないため、つけられたあだ名がかたつむり。最初はダメダメなんだけれどいろいろ工夫して、悪戦苦闘しながら書物で得た知識で機転をきかせていく、春之介という人物像がとても魅力的でした。高橋一生さんが、春之介の幼なじみの鷹村をさすがの演技力で見事に演じていたと思いました。チャラくて強気で春之介と正反対で存在感が際立っていたと思いました。殺陣もキレキレでうまいと思いました。高畑充希さんが、とても可愛かったです。子連れで出戻りの於蘭をイキイキと演じていて、とても良かったと思いました。最初は春之介を邪険にするのですが、人柄に心を許していって協力してくれるところが良かったです。引っ越しにはお金がかかるため、他の者にも言い渡すのですが春之介が大切な蔵書の大半を火にくべて燃やしたところは、どれだけ辛かっただろうと思うと切なくなりました。

 

40代女性
40代女性

引っ越し大名というタイトルで気がついておくべきだった。なんとかホテルとか、この手の作品はあるものの、だいたい知名度の高い作品が多い中で当作品の評価は微妙なところ。この作品はいわゆるコメディ映画として作れられている。設定こそ真面目で国から遠方への配置換えを命じられた姫路藩士の引っ越しドダバタ劇ですが、キャストは話題の星野源、高橋一生ら出演による男性社会中心で視覚的な面白みは少なかったですね。財政もひんぱくしているなかで、遠方への引っ越しを命じられたという一種のいじめ問題への対処方法という話です。キーワードになる男は、星野源演じる無粋な男。いつも書物を読みふけり人との交流も消極的だったこの男に白羽の矢が当たってしまう。彼が選ばれたわけは読書を好むのであれば博学で知恵があるだろうというだけで。サムライの星野源さんの顔はユースケサンタマリアさんに見えてしまうので、完全なコメディ作品としてなら受け入れられます。お金を使わずにいかにして引っ越しを成し遂げるか、それは映画でのお楽しみです。この作品はテーマこそ時代劇ですがキャストだけを見ると完全にコメディ映画、女性の華がないので富田靖子さんが唯一の華の存在でした。

 

まとめ

『引っ越し大名!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

高橋一生のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 3月のライオン 前編
  • 3月のライオン 後編
  • 空飛ぶタイヤ
  • THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY
  • 九月の恋と出会うまで
  • ロマンスドール
  • わたしに運命の恋なんてありえないって思ってた
  • マリッジリング
  • ラブ・マイ・ライフ
  • 恋愛寫眞

【ドラマ】

  • 民王 番外編 秘書貝原と6人の怪しい客
  • 民王スピンオフ~恋する総裁選~
  • 僕らは奇跡でできている
  • ヒトリシズカ
  • おんな城主 直虎
  • グ・ラ・メ!~総理の料理番~
  • みかづき
  • だから荒野

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました