ファイナルファンタジーXIV光のお父さん(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
【公式】『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』6.21(金)公開/本編映像

ファイナルファンタジーXIV光のお父さん(映画)の動画フルを安全に見る方法

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ファイナルファンタジーXIV光のお父さん(映画)の内容

映画『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』は、2019年6月に公開されました。

原作は、ゲーム好きの青年であるハンドルネーム・マイディーさんによるブログ「一撃確殺SS日記」にて連載していた『光のお父さん』というタイトルの日記です。累計300万アクセスを超える人気を誇り、書籍化、テレビ映画化を経て、本作の映画作品になりました。

監督の野口照夫さんと、脚本の吹原幸太さんをはじめ、主要スタッフは概ねドラマ版と同一で制作されました。

本作の物語は、仕事一筋だった父が急に仕事を辞め、息子はその心境を聞き出すためにオンラインゲームの世界へと招待します。息子ということは伏せて、父親の攻略を仲間たちとサポートしていく。そして、攻略終盤のボスを倒したときに正体を明かす…。数か月にわたる壮大な【光のお父さん計画】ゲームを通じて親子の溝がなくなっていく様が描かれております。

キャストは、光のお父さん計画の発起人である主人公を坂口健太郎さん、父親を吉田鋼太郎さん。他に、佐藤隆太さんや、財前直見さん、山田純大さんなどベテラン俳優をはじめ、佐久間由衣さん、山本舞香さん、前原滉さん、今泉佑唯さん、野々村はなのさんなどこれからが期待な新人俳優さんが出演しております。

テレビドラマでの親子、千葉雄大さんと大杉漣さんを超える親子像は無理だろうと思ってましたが、映画版の坂口健太郎さんと吉田鋼太郎さんは勝るとも劣らず、素晴らしかったです。また、映画版のみで加筆されたキャラ・妹役の山本舞香さんが良い味を出してました。

映画という限られた時間の中で、しっかりと上手く纏められた作品だと思います。エンディングのGLAYの曲も良く、最後まで楽しく見れて、涙腺が緩んだ映画作品は久しぶりでした。

ウチは兄がいたので、死んだ親父と3人でファミコンを遊んだことを思い出しました。本作を見て、親父が生きてたら一緒にFF14をやってたのかな?と思います。最近、話をめっきりしなくなった息子と、こういった形での会話も良いなとも思いました。

ファイナルファンタジーという作品は知ってますが、ゲーム自体をやらないので、ゲームの画面を見る機会がありません。物語の中でプレイ映像が流れてましたが、怪物(?)の迫力が凄いですね。こんな大きな敵に、みんなで一丸となって戦う。戦略を練ったりしながら、友情を築いていける現代は凄いなと思いました。

あらすじ

アキオ(坂口健太郎)は、単身赴任中で仕事一筋の父(吉田鋼太郎)のことを何も知りません。元々、父は無口であったため、父子の関係に溝が出来てしまいました。

ある日、昇進直前の父が突然会社を辞めてしまいました。なぜ辞めてしまったのか本音を知りたいアキオは、FF14の世界の仲間たちに相談し、正体を明かさずにオンラインゲームの世界で交流をする「光のお父さん計画」を思いつきます。

もともとはゲーム好きだった父に、退職祝いと称して、ゲーム一式をプレゼントしました。アキオはゲーム内仲間たちの協力のもと、計画を進めていきます。さまざまな壁はあったものの、成長していく父。そして、最終決戦を金曜日の夜9時に設定し、その日を待つばかりとなりました。

しかし、この時のアキオは思いもしませんでした。父が持つ誰にも告げることのなかった秘密のことを…。

見どころ

制作までの流れ

本作の原作となるマイディーさんのブログ『光のお父さん』。この掲載が残り数回となったころに書籍化の話が続々と舞い込んできました。

しかし、架空のゲームや他のゲーム作品に設定だけ転用しようとしていたり、FF14のことを理解していない業界人が多く、自身のブログに対してのリスペクトに欠ける提案ばかり…マイディーさん自身が憂鬱になってしまったそうです。

そんな彼の元に、ゲーム業界で働く「ぴぃさん」という方がやってきます。もともと映画業界にいた経緯もあり、大きな夢を叶えるために『光のお父さん』のテレビドラマ化の企画を立てさせてほしいと、マイディーさん自身に懇願してきたそうです。

ぴぃさんの熱意に心を打たれたマイディーさんは、ぴぃさん自らがFF14のプレイヤーとなって、最終到達点である最強のボスを倒すことを条件に提案を受け入れました。

これを基に、本当にFF14という作品が大好きな人が制作した作品となり、ゲームファンの心を勝ち取ったと言えます。また、一切の矛盾が生じない物語が完成しました。

ゲーム映像

テレビドラマ版でもそうでしたが、本作でも使われているゲーム内の映像は、実際のゲームプレイを撮影されております。しかも、原作者であるマイディーさんの全面協力のもとです。

オンラインゲームというのは、新機能が追加されていきます。テレビ版が撮影されたのは本作公開の2年前となっており、日々進化しているFF14でも新たな機能が登場しておりました。そのおかげで表現の幅は大きく広がっており、非常に細かな表現も劇中で見せてくれます。

また、FFの生みの親であるスクウェア・エニックスが専用サーバーを用意するなど全面協力をしたことも話題となりました。これも、マイディーさんのファイナルファンタジー愛が1mmも曲がることがなかった結果となっており、素晴らしい映画作品が出来上がりました。

スタッフ

原作:マイディー「一撃確殺 SS日記」
監督:野口照夫 / 山本清史(エオルゼアパート)
脚本:吹原幸太
音楽:森英治
主題歌:GLAY「COLORS」

キャスト

岩本アキオ:坂口健太郎
ゲーム好きで真面目な会社員。接し方のわからない父との会話をするため、オンラインゲームの世界へと招待する。

岩本暁:吉田鋼太郎
仕事一筋で、次期社長とも目されていたが、急に仕事を辞めてしまい、息子の薦めで60歳を過ぎてからゲームにハマる。

岩本由紀子:財前直見
アキオの母親。仕事一筋の旦那を支え続けてきた理解ある女性。

岩本美樹:山本舞香
本作のオリジナルキャラで、アキオの妹。

井出里美:佐久間由衣
アキオと会社で働く女性。アキオに好意を抱いており、仲良くなるためにゲームを始める。

片岡:今泉佑唯
小笠原:野々村はなの
二人とも里美の同僚で、里美とアキオの恋の行く末を見守っている。

賢介:前原滉
美樹と結婚を前提に付き合っている彼氏。売れないお笑い芸人。

中島秀隆:和田正人
アキオが務める会社のクライアントである風味園の担当社員。

吉井晋太郎:佐藤隆太
アキオの先輩社員。後輩思いの面倒見が良い男。

三原健一郎:山田純大
アキオの上司。

マイディー(声):南條愛乃
アキオが操るゲームのキャラクター。

あるちゃん(声):寿美菜子
きりんちゃん(声):悠木碧
ゲームのキャラクター。アキオの計画をサポートする家族のような仲間たち。

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ファイナルファンタジーXIV光のお父さん(映画)の感想

30代女性
30代女性

ヨーロッパからのフライトの飛行機の中で見ました。私は子供の頃にゲームを買ってもらえず、特別興味を持つことがないまま、そのまま大人になってしまったので、正直ファイナルファンタジーのゲームで遊んでいるユーザー向けの映画なのかなと抵抗感がありました。しかし、結論から言うと、とてもテンポが良く、泣き、笑い、気付いたら終始引き込まれていました。大人になってからギクシャクしてしまった親子関係、現実では面と向かうと話ができないけど、オンラインの中では本音で会話ができる。現在はそういった関係の方々は多いのではないでしょうか。最近はインターネットの悪い面ばかりが取り上げられているけど、正しく使えば本当に素敵なツールなのでしょうね。ゲームの中での2人のやりとりと現実世界のギャップに笑ってしまいました。そしてその二つの世界の切り替えのテンポがいいですね。それにしてもゲームの映像は本当にすごいです。オンラインゲームで遊んだことはなかったけど、実際にお父さんが頑張っている姿を見て、一緒に遊んでいる気になりました。コミュニケーションのきっかけにもなりそうだし、そろそろ定年を迎えるお父さんを誘って今度一緒にやってみようかな。

30代女性
30代女性

父と息子、月日を重ね少しずつ離れる心。そんなある日、父の突然の退職。いまさら父と過ごす時間が増えてもどう接していいのかわからない。子どもの頃、父とに一緒に夢中でゲームで遊んだ思い出。あの頃のようになれたら…。今作はオンラインゲーム作品ファイナルファンタジーⅩⅣのプレイヤーによるブログが原作で2017年にはテレビドラマ化もされた人気作品である。ゲーム好きなら誰でも思い出の中にあるはずだ。子どもの頃に親に買ってもらったゲーム、そこから生まれた家族とのコミュニケーション。ゲームの世界ではどちらも同じ光の戦士となって時には教え、教わりながら同じ目標に向かって進んでいく。その関係が嬉しくて少し誇らしかったこと。ドラマ版からキャストは変更されているが、さらりとしていながらも時に笑えるような演技で魅せてくれる。主人公がぎくしゃくした関係の父にオンラインゲームを薦めてからも家庭内のできごと、会社での立場、同僚の女子との関係など日常は少しずつ変化していくが、あくまで父と息子の関係を中心にストーリーが進み、全体の色彩もおしゃれでとても見やすい。ドラマ版と共通した部分として作中で実際のゲーム画面のシーンに切り替わり、キャラクターも魅力的に演技をしてくれるのだが、原作をプレイしたことがなくてもゲームが好きならその粋な演出に思わずテンションが上がってしまう。長く過ごした家族との関係に対する共感、ゲーム特有のわくわくする気持ちで楽しく鑑賞しながらも、家族が築いてきたものを大切に描いたクライマックスは気持ちがひしひしと伝わってくる、見やすいながらも心に響く作品。

 

30代女性
30代女性

すごくいいお話しでした。親子の間に溝が出来てしまい、親の気持ちが分からない息子。オンラインゲームを通して、今まで知らなかった、お父さんの新たな一面や気づかなかった親心などが描かれています。親はいつでも子供の事を見守っているんですね。
お父さんもゲームを通じて感じることがたくさんあったのではと思います。何と言っても凄かったのがゲームの世界観がリアルに感じられ映像!すごく迫力があって、これは見た人にしか分からない素晴らしさです!そして、お父さんのお茶目な一面も面白かったです。コントローラーに向かって話しかけたり、お父さんのキャラではないミスマッチなアバターの動きなど、何とも言えない面白さ。お父さんの喜んでいる感じが伝わってきてすごく可愛らしくも思えました。後半で、真実を明かすシーンは一番の感動するシーンかもしれません。ゲームに興味がなかったりやらない人でも楽しく観られる作品だと思います。
笑いもあり、感動もあり、ぜひ一度は観て頂きたい作品です。お父さんと息子の関係が気になるのですが、仲間方達の協力的な姿も素晴らしいと思いました。オンライン上の仲間とはいえ、お父さんとの仲をとりもつ為に親身になって極力してあげる姿はすごく見どころです。

 

50代女性
50代女性

地味なタイトルとは裏腹に、ファイナルファンタジーという美しいゲームの世界を通して描かれる親子の再生を、笑いあり感動ありで描いた作品です。私はゲームをやったことがありませんが、この映画を見た後は一度プレイしてみたいなと思うほど出てくる映像やキャラクターが魅力的でした。父と息子の性格とプレイするキャラクターも上手くリンクしていて、顔を合わせればギクシャクしてしまうもどかしさも、素性を隠したゲームの中では気持ちを正直に出せたりお互い協力して戦えたりします。これって結構あるあるなのかもしれませんね。無口な父親と父に対してどうふるまっていいのか分からない息子を吉田鋼太郎と坂口健太郎が息の合った演技でとても上手く表現していました。父親が何故か一人だけ関西弁なのですが、無口な父親の内に隠されているチャーミングさがそのことで引き出されてるように感じました。この映画は元々ブログ『一撃確殺SS日記』として人気を博していたものを書籍化、その後ドラマ化され映画化に至ったという経緯と劇中に出てくるマイディーはこの作品の原作者だということもあり、そのことでよりリアル感を出せているのだと思います。見終わった後には穏やかな気持ちになれる、老若男女問わず楽しめる映画です。

 

まとめ

『劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました