光り合う生命2(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ドキュメンタリー
映画『光り合う生命。ー心に寄り添う。2ー』予告編

光り合う生命2(映画)の動画フルを安全に見る方法

『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

 

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

 

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

光り合う生命2(映画)の内容

映画『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』は、2019年8月に公開されました。

カナダ国際映画祭の長編ドキュメンタリー部門において優秀賞受賞をはじめ、海外で数々の受賞を誇る『心に寄り添う。』の第2弾作品として、幸福の科学が「生きるとは?」をテーマに制作しました。

シニア世代の四人の人生を振り返りながらテーマを追っていく内容となっており、前作同様に、幸福の科学の創始者・大川隆法さんの原案と企画を、奥津貴之さんが監督を務めて映像化されました。そして映像の様子を、女優の希島凛さんと渡辺優凛さんがナビゲートしております。

学生がシニアから学び、シニアは学生の夢を後押しする。本作に出てくるシニアの方々からパワーを感じ、心が温かくなりました。

日本のドキュメンタリーとして、今までになかった映画だと思います。

ドキュメンタリー映画は退屈なイメージでしたが、この作品は全然退屈することもなくとても楽しめました。自分の人生を振り返って、これからどう生きるかを考えさせてくれる良質な作品でした。

実家の85歳になる母と話がしたくなりました。老いとは自然にくるものだと漠然に考えておりましたが、今日も生かされているんだと思って、ちゃんとしなければいけないなと思いました。

あらすじ

これからの超高齢化社会において『若者とお年寄りはお互いの心に寄り添えるのか?』ということをテーマにしたドキュメンタリー映画。

2019年1月、幸福の科学の教育機関・ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ、通称:HSUで特別授業が行われ「生きるとは」をテーマに、人生経験豊かな四人のシニア世代が講師として招かれました。

ある者は筋肉が動かなくなる病を患いながらも、外国人に日本語を教える夢を追った体験を、またある者は戦争を乗り越えた後もさまざまな苦難を抱えながら生きてきた話をしました。

世代を超えた心のふれあいを通して、年長者たちは未来に対する希望を、若者たちは人生の大切な知恵を学んでいきます。観るひとの心に響く感動作が、ここに誕生しました。

見どころ

50代から90代のシニア世代の方々と、10代から20代前半の学生たちが交流して生き方を感じ合う、あまりに光が強いドキュメンタリー映画となっております。

人生の中で、これほど涙を流した映画は他にないと断言できるほど、涙が止まらない作品でした。その背景は、なんと言ってもシニア世代の方々の『徳』に助けられていることですね。

若い方だけでの取材する・されるだけでしたら、PR動画レベルで終わってしまっていたことかと思いますが、シニア世代のそれぞれの人生物語が本作の中で、芸術性を加えてくれた気がします。

病気の体験であったり、亡くなった家族も登場されたりと『生老病死』のテーマが、川のごとく流れていた作品でした。また、音楽も心に染み入ります。

スタッフ

監督:奥津貴之
企画:大川隆法
総合プロデューサー:濱田勇作
プロデューサー:橋詰太奉
音楽:水澤有一
撮影:山田浩範
編集:田葉井健二
主題歌:篠原紗英

キャスト

希島凛
ドキメンタリーのナビゲーター役。

渡辺 優凛
ナビゲートの補佐役。

平野 邦男
1947年生まれの写真家。自身の人生経験から「自分の人生は、自分で設計してつくり上げるもの」という考えを披露する。

竹尾あけみ
1954年生まれの事業家。徳島の阿波踊り「幸福の科学連」の連長として徳島県の地域興しに貢献する。

朝邉 泰子
1954年生まれ、日本語教師。若いころ20歳台で重症筋無力症を患いながらも、50歳で病気を克服し日本語教師になり世界で活躍する。

藤田喜美子
1923年生まれ。6年まえの90歳の時に幸福の科学に入会し、学び続けることで若さを取り戻し、卓球を始め体を使うことでさらに生き抜く喜びを得てゆく。

まとめ

『光り合う生命。-心に寄り添う。2-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年8月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました