又吉直樹のヘウレーカ7/8深海生物の見逃し無料動画配信と再放送情報|Youtube/Dailymotion/Pandora/Miomio/9tsuよりオススメ

NHK

『又吉直樹のヘウレーカ!』の見逃し動画フルを安全に見る方法

『又吉直樹のヘウレーカ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『又吉直樹のヘウレーカ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『又吉直樹のヘウレーカ!』の番組内容

お笑い芸人で作家の又吉直樹が、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜むフシギを見つけ出しひも解く教養バラエティ!
「ヘウレーカ」とは“わかった”“発見した”という意味で古代ギリシャの科学者、アルキメデスが「アルキメデスの原理」を発見したときに、嬉しさのあまり裸で「ヘウレーカ!」(古代語の εuρηκα)と叫びながら街中を走った、という故事にちなんでいます。自然科学や社会科学など、様々な分野の研究者と語らい、又吉の文学的感性はもう爆発寸前!?

引用元:NHK

『又吉直樹のヘウレーカ!』7/8の番組内容

 「深海は“巣ごもり生物”の楽園!?」
地球の海の95%以上を占める「深海」は、光が届かず、膨大な水圧がかかり、エサも極端に少ない過酷な世界。そこで暮らす生物を見るとアニメに登場するキャラクターの様な異形の姿をしている。近年、水族館の経営をV字回復させることにも貢献しているという、その奇妙な外見には過酷な環境で生きる為の数々の驚くべき機能が隠されている。深海生物の知られざる生態をひもときながら、極限世界での究極の巣ごもり術を学ぶ!

引用元:NHK

『又吉直樹のヘウレーカ!』7/8の出演者

【司会】又吉直樹

【解説】北里大学海洋生命科学部 准教授…三宅裕志

【ゲスト】東京大学大学院准教授…鈴木庸平

【語り】吉村崇

『又吉直樹のヘウレーカ!』7/8の放送日時と再放送情報

【放送日時】

Eテレ 2020年7月8日(水) 午後10:00~午後10:45(45分)

【再放送日時】

Eテレ 2020年7月10日(金) 午前0:00~午前0:45(45分)

『又吉直樹のヘウレーカ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

『又吉直樹のヘウレーカ!』7/8の感想

 

40代女性
40代女性

“深海生物”はお好きですか?最近じわじわと人気が出ていますが、“キモかわいい”や“ざんねん”などと言われることが多く、どことなくマニアックなイメージがありませんか?確かに不思議な見た目ではあるのですが、我が家では子供が大好きで、沼津港深海水族館へも足を運んだことがあります。しかも意外にも美味しい食材です。そんな深海生物に焦点を当てつつ、ここのところ私達が余儀なくされている“巣ごもり”と関連づけるとは、さすが又吉さんの出演されるユニークな番組だなと思いました。深海といっても定義は水深200メートル以下なので、なんと海の体積の95%は深海なのです。それにも関わらずまだ深海の2%しか調査していないというのですから、神秘そのものです。深海生物の、一見すると奇妙と思える外見、例えば口が異常に大きいなどの特徴は、実は過酷な環境を生き抜く知恵なのです。寒く、暗く、圧力も高く、餌も少ない環境では餌に出会うことがとても難しく、繁殖の相手にすら滅多に出会えないのです。だからこその不思議な生態の数々。私達が深海生物から学ぶ事は、目の前の事にただひたすらに一生懸命であれということ。そして自分が生きるのに良いと思った環境であれば、敢えて他の生物と違う道を選ぶのも一つの手段だということではないでしょうか。また、深海の更に下にある地底には地球上の生物の半数近くが存在しており、何千年も動かずに独自の生態系を築いていることが近年わかってきました。今まさに、生命誕生のメカニズム解明や生活に活用できる科学技術の研究が進んでいるそうです。多くの生物が集う、海の表層や地上で暮らす生き方もあれば、過酷ではあるけれども安定した、深海や地底で殆ど動かずに存在し続ける生き方もあります。普段はあまり目を向けない深海や地底を想像してみることで、さまざまな生き方があってよいし、その方がむしろ自然なのではないかと感じました。

30代男性
30代男性

深海には私たち人間の目から見ると奇妙な形態をした生物が多くて、近年関心が高まっていますね。各地の水族館では深海生物の飼育展示に力が注がれていますし、沼津港深海水族館のような深海生物専門を謳う水族館まで登場したのだから驚きです。私は個人的には生物マニアを自認しているのですが、メンダコやダイオウグソクムシのような、見ようによってはかなり不気味な姿をした生物が、世間一般から人気を集めることになるとは、昔は想像もできませんでした。そんな深海生物の不思議な生態や、過酷な環境に適応したびっくりする機能について番組では紹介されていましたが、深海生物を“巣ごもり生物”と喩えているのは上手いなと思いました。実際、深海は海面から離れているために光が届かない暗闇の世界ですし、そんな場所に留まって、明るい浅い海に出てこないことを巣ごもり行為と呼ぶのはだいたい当たっているように思えます。もっとも、深海は強烈な水圧に耐えなければならない環境ですし、餌も非常に乏しいですから、巣ごもりでも生きてゆくのはかなり大変な世界です。司会の又吉直樹が挑戦した、生きたヌタウナギを刺激して粘液を出させる実験は、深海生物を特集した番組ではいわば定番のコーナーでしたが、それ以外に実際の深海で撮影された鮮明かつ奇妙な深海生物たちの生き生きとした姿を映像として見ることができたのは嬉しかったです。

40代女性
40代女性

北里大学の三宅先生はクラゲの専門家を迎えて深海の生き物について紹介してくれます。深海の生き物が大人気だそうで巣ごもり生活のヒントをくれるのは興味深いですよね。ヌタウナギの水槽をかき混ぜると白い糸みたいな物が出てきて気持ち悪いですが、敵への攻撃としては相手を動けなくさせて最強ですね、この繊維を使って洋服を開発中って凄いな。深海は生物にとって過酷な環境で食べ物も少ないから生物も少ないのかたお思ったら生き物は沢山いるんですね。チョウチンアンコウは目の前に来た生物を必ず食べるように口が大きい、目の前の仕事はちゃんとやるという教えなんですね。オスがめちゃくちゃ小さくてビックリです、しかも血管までくっついて依存するって怖いわ、でお究極のヒモ生活って笑えました。コウモリダコは競争率が低い所を選んで生きている、逃げるが勝ちって良い言葉だと思います。サメハダホズキイカと言う透明なイカ、色を出すにもエネルギーがいるって初めて知りました、目は色を付けなきゃいけなくて下に発光器が付いてるのが良く出来てますよね。オウムガイは5億年前から絶滅せずに生きてきたって凄いですよね、他にも色々な生物を紹介してくれて本当に種類が多いんだなって思いました。デメニギスは伝説の深海魚らしいです、透明な頭部の中に緑の目が埋め込まれていて餌の影探す為に上を向いていて、餌が前にくると目も前に動くって面白いです。高田馬場で深海魚が食べられるってレアですよね、オオグソクムシの素揚げってそのままは無理だ、美味しいみたいで良かったですね。ヌタウナギは照焼風だけど姿がそのままだし噛み切れないのは辛いね、あと値段が高いね。深海のオアシスと呼ばれる熱水噴出孔は300度もあるそうです、海底火山の噴火口なんですね、生き物が沢山いますね。スケーリーフットは足を覆う鱗に鉄が含まれている世界唯一の生物って凄い物見てますよね、光を当てると電気ができる物質も見つかって凄いです。噴火口の岩の中にも微生物が生息しているのが分かったのは凄い発見なんですね。深海の生き物はじっとしていることが多いから巣ごもり生活も悪くはないよって臨機応変に生活しましょうって事ですね。

 

40代女性
40代女性

今は、全世界の人間が新型コロナウイルスの影響で、ステイホームなど、外出の自粛を行なっていることから、究極の“巣ごもり生活”をしている深海生物に目をつけた特集というのは、センスが良いなと思いました。最初に、紹介されたのは、ヌタウナギで、見た目は名前の通りのウナギに似ていますが、似ているのは見た目だけで、敵が近づくと、身を守るためにヌルヌルした物質を出すそうで、大好きなウナギとは別物と聞いても、気持ち悪くなってしまいました。深海は、人間から捕獲されることがなく安全なのかなと思っていたら、光が届かず、エサも少ないそうで、深海魚は厳しい環境で生きているというのは初耳でした。次に、チョウチンアンコウが紹介されていましたが、オスはメスに比べて極端に小さく、メスにひっついているだけという、金魚のフンか、ヒモのような存在というのは、面白かったです。もし、これが人間界なら、間違いなくモテない男だなと思いました。また、マリンスノーと呼ばれているプランクトンの死骸ばかり食べている、コウモリダコという深海魚も初めて見ましたが、海で生活していながら、生きた魚を食べられないというのは気の毒な気がしました。深海には、外敵が少ないのと同時に、エサも少ないということで、やはり生きやすい場所ではなさそうなので、私が魚になるとしたら、人間に食べられるのを覚悟で、浅い海で生きる魚のほうが良いかなと想像しながら楽しみました。

50代女性
50代女性

まず、深海生物は水族館にもいて、馴染みがあるのですが、今回番組で紹介されていた生物は知らない生物も多く、深海層にいる理由もあって、興味深かったです。それから、どの生物も生きるのに必死で、それなりの大きな口があったり、暗いけど、敵から見つからないようにしていたり、その生物なりの特徴と生きるための知恵もあって、生きていくことの大変さを知りました。また、最初に紹介されたヌタウナギのように攻撃されると、白いネバネバした液が出るので、それを服に使えないかという取り組みもあるそうで、実現するといいなと思いました。それに深海は競争が少ないというのも植物と同じで、深海はニッチなところなのだと思いました。深海生物は潜らないと研究できないため、まだまだ知られていないことが多いのではないかと思いました。また、エネルギーを消費するのを節約するために動かない生物も多く、人間からしたら捕まえやすいのではないかと思いました。番組で紹介された生物で特にデメニギスが目が上に付いているというのが面白かったです。また、メンダコが人気No.1生物になっているそうですが、普通のタコよりも体がぺちゃんこなのが、不思議だと思いました。

50代女性
50代女性

エサも光量も乏しく、水圧は高く、気温は低く、一般的にはとても住みずらいと考えられている深海。そんな過酷な環境で生き延びる生物たちを詳しく知ることができる、とても有意義な番組でした。番組は深海の代表的な生物が生息する深度ごとに取り上げられ、写真や動画を見ながら、専門家がその生態を紹介していきます。チョウチンアンコウやアンモナイトやシーラカンスのような有名な深海生物の他、ネバネバのゼリー状の物質を出すヌタウナギや身体の一部が透けているイカ類など、驚く生態をもつ生物の紹介もありました。また深海生物の多くは、地上の生物である人間から見ると異様と思えるデザインをしていますが、それらにも機能的な意味があるのだと知り、進化の巧みさにも感心しました。番組後半では、海底火山の高熱水噴出孔周辺におびただしい数の深海生物が生息していることや、深海の下の地底の岩の中にも微生物による生態系が存在することなど、驚くようなお話も飛び出します。深海という過酷な場所で、じっと耐え忍ぶことを選び、生きながらえている深海生物たち。極力動かずに厳しい環境下に引きこもることで種を存続させてきた彼らには、むしろステイホーム的生活の方が自然なのだと知り、目から鱗が落ちました。こうして何億年も存続している深海生物を手本にすれば、現代人は昨今の自粛期間並みにやや行動を抑制すべきなのかもしれない、そう思わせる内容でした。

 

まとめ

『又吉直樹のヘウレーカ!』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました