ヘルタースケルター(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

サスペンス・ミステリー
『へルタースケルター』予告編

ヘルタースケルター(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ヘルタースケルター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ヘルタースケルター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヘルタースケルター(映画)の内容

2012年7月14日に公開された映画『ヘルタースケルター』は、第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した岡崎京子のコミックを、写真家・蜷川実花の監督第2作として実写映画化されたものです。

R15+指定であるこの作品のキャッチフレーズは〝見たいものを、見せてあげる〟というだけあって、冒頭からセクシーなシーンを強調した大人の映画になっています。

主演は、「別に・・・。」発言以来5年ぶりの銀幕復帰となったお騒がせ女優の沢尻エリカ。身体のほとんどの部分を整形し、誰もが羨む美貌とスタイルを手にしたトップモデル・りりこが、欲望と背徳に満ちあふれた芸能界でさまざまな事件を引き起こしていく様を描いた衝撃的なストーリーの主役を演じます。沢尻エリカは「この作品で、これまでの全てが必然だったと証明してみせる」と、意気込みは熱く、原作になくてはならないヌードを堂々と披露しています。

あまりに役にのめり込んでしまったためか、沢尻エリカはクランクアップ後に体調を崩し、本作のPR活動を欠席した日もあったそうですが、全国204スクリーンで公開された本作の動員数は、初日の2日間で約17万5千人となり、映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第4位となる記録を打ち出すヒット作となりました。

 

蜷川監督の独特の美意識を根底に置いたビジュアルのインパクトの強さ。沢尻さんの体を張った演技及び彼女を取り巻く何とも贅沢な男優陣の確かな演技と寺島しのぶさんを筆頭にした安定した役者さんたちの佇まいがとても良かった。

引き込まれた。
たぶん私は、蜷川美花が描く女性が好きだと思う。

豪華キャストに加え、蜷川実花独特の世界観であると思われるリリ子の部屋を始めとした、ケバくて悪趣味寸前のところで留まっている美しいセットの数々。
この当時の日本の全ての「粋」?というか…、あらゆる最先端を集めて制作された映画だと思います。

まさに蜷川実花さん監督作品。
色が華やかで見てて本当にキレイ!

あらすじ

人並み外れた美貌とスタイルで、芸能界の頂点に君臨するトップモデル・りりこ(沢尻エリカ)。誰もがその存在に憧れ、羨み、女子がなりたい顔No.1と言われる程のカリスマモデルだったのですが、りりこには誰にも言えない秘密がありました。それは、彼女の美しさの全ては作られたもの・・・全身整形によって実現していた美貌だったのです。

やがて、整形手術の後遺症がりりこの身体を蝕み始め、美容クリニックの隠された犯罪を追う者たちの影がちらつき始めます。それから、結婚するはずだった御曹司の恋人は別の女と婚約し、嫉妬に狂うりりこ。さらに、生まれ持った美しさで将来を期待されている新人モデル・吉川こずえ(水原希子)の出現に焦りを見せます。

究極の美の崩壊と、頂点から転落する恐怖に追い詰められ、現実と悪夢の狭間をさまよい苦しむりりこは、疾走の果てに、芸能界のみならず、世の中を騒然とさせる事件を引き起こし・・・。

見どころ

豪華スターが集結

もうスクリーンで新作を見る事はないかもしれない沢尻エリカさんや新井浩文さんの出演作であることで今でも話題になっていますが、日本を代表する映画女優の寺島しのぶさん、桃井かおりさんや原田美枝子さんなどの大御所が重要な役どころを演じているのは見どころです。さらに、綾野剛、水原希子、鈴木杏などの若手注目株が集結し、愛と欲望にあふれたスキャンダラスなストーリーをどのように演じるのか、期待は高まります。

写真家ならではのビジュアルセンス

監督は、映画監督の父を持ち、初監督作『さくらん』がベルリン国際映画祭に正式出品された経歴を持つ写真家の蜷川実花さん。その後も、映画監督として数々の映画やアーティストのPVなどを手掛けているだけあって、スクリーンにはそのビジュアルセンスが光る蜷川ワールドが広がっています。

スタッフ

監督:蜷川実花
原作:岡崎京子
脚本:金子ありさ
テーマソング:浜崎あゆみ「evolution」(avex trax)
エンディングテーマ:AA=「The Klock」(SPEEDSTAR RECORDS)
挿入歌:戸川純「蛹化の女」

キャスト

りりこ(本名:比留駒 春子):沢尻エリカ
年齢や経歴の全てが謎に包まれた芸能界きってのカリスマトップモデル。全身整形によって手に入れた美貌だということを秘密にしている。

麻田誠:大森南朋
りりこの隠された正体に近づいていく検事。滅多なことには動じない飄々とした人。

羽田美知子:寺島しのぶ
りりこのマネージャー。公私共にりりこに翻弄されていて、彼女の身勝手に振り回されている。

奥村伸一:綾野剛
美知子の彼氏。駆け出しのカメラマンで、次第にりりこに惹かれていく。

吉川こずえ:水原希子
生まれたままの美しさを持つ後輩のモデル。

沢鍋錦ニ:新井浩文
メイク担当。おかま。りりこの秘密を知る一人。

保須田久美:鈴木杏
検察庁事務官。

南部貴男:窪塚洋介(友情出演)
南部ホールディングスの御曹司。りりこと結婚秒読みだったはずだが、りりことはうわべだけの関係で、政治家の娘と婚約する。

和智久子:原田美枝子
美容クリニック「麻布プラチナクリニック」院長。

多田寛子:桃井かおり
りりこの所属事務所社長。りりこの秘密をプロデュースした張本人。夫は他界し、自身も元モデル。

 

 

『ヘルタースケルター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヘルタースケルター(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

あの衝撃的な漫画が実写化となることを知り、公開前からどのような作品となるのだろうか。原作にあるあのシーンはどう再現されるのだろうかなどと想像し公開日を今か今かと楽しみにしておりましたが公開日に作品を見ましたが私の想像を遥かに超えた冒頭からかなりの衝撃作でした。何と行っても主人公を演じる沢尻エリカさんと監督を務めた蜷川実花さんが作り出す彩り豊かな世界観がインパンクとを与え、独特な雰囲気を醸し出し見る人を蜷川ワールドに引き込む。本当の自分とはと模索し続ける主人公と主人公を陰ながら支える人たちのおりなす物語であるが、ある日を境に主人公は作られた美にどんどんとハマってゆき次第に酔いしれ、最後には破滅の道へと落ちて行ってしまう。作られたものや世界、価値観によって得られるものは多かれ少なかれの主人公であったと思うが、やはり失ったものの方が大きく、計り知れないのではないだろうかと感じてしまった。人間は栄光、功績などを失ったときにどう立ち向うのか、失った栄光や功績を拾い集め追い続けるのか、はたまた新たな幸せを手に入れために違う道に進むべく奮闘するのかなど見ていていろいろなことを考えさせられる作品である。

20代女性
20代女性

高校の時に友達と観に行ったのですがすこし気まずい雰囲気が劇場に流れたのを覚えています。蜷川美香さんワールドで背景とかがとても綺麗で感動しました。全身整形している役で沢尻エリカさんが抜擢されることはすごく納得がいきましたしいろんな演技が様になっていて、沢尻さんの女優魂を感じました。元から沢尻さんが好きだったし、演じていたリリコがとても好きでロック画面とかすべてリリコに変えていた記憶があります。今見てもやっぱりリリコが一番の憧れの存在だなと思います。本当かわかりませんが女優さんって多少なりとも体を売って仕事をしているんだなと感心しました。リリコが表紙を飾っている雑誌が何冊も並んでいるのをみて、実際ある雑誌が協力しているのをみて全部欲しいし飾りたいなと思いました。新人女優が出てきて人気がそっちに向くのはつらいなと思ったり、実際に夜道を襲ったりしたらすごく怖いなと思いました。一番怖いなって思ったのはやっぱり薬物です。この映画でたくさんの薬物が出てきて壊れていく人の姿を実際観ましたが、怖いなって思ったし絶対はまってはいけないものだなと思いました。リリコの赤を基調とした部屋に住んでみたいなとずっと思っています。

30代女性
30代女性

原作漫画の大ファンだったので、主演が沢尻エリカさんだと知った時は「まさしくりりこ様!」と歓声をあげたほどです。彼女以外にりりこを演じられる人はいないのではないか、むしろ映画の後に漫画が出たの!?とすら思えるほどぴったりの役でした。りりこは強く見える反面、実はコンプレックスだらけのとっても弱い女性です。りりこは商品。本当の自分って何?ともがき苦しむ姿が見事に伝わってきました。沢尻さんの他にも、ぴったり!と思った役を演じた人がいます。それは、マネージャー役の寺島しのぶさんです。原作だともう少し若い女性のイメージだったのですが、そういったことは全く気にしなくなるくらい寺島さんはオドオドしたマネージャーの役を演じていました。恋人とイチャイチャする姿も、あ~、こういう女性いるよね~と思わせてくれるから見ていて引き込まれます。寺島さんは気の強い女性のイメージでしたが、こういう役も見事に演じ切るからより一層好きになりました。この映画は美しさを追い求めて一体どこに行けばいいのか分からなくなっている女性や、周りの声を聞き続けるうちに自分が無くなるように感じている人たち皆に絶対見ておいてほしい映画です。本当の美しさとは、強さとは何かについて深く考えることができると思います。

40代女性
40代女性

『ヘルタースケルター』最高でした。なにが良いかというと、なんといっても主演沢尻エリカさんの演技です。あまりにも役にハマりすぎていてびっくりしました。これって沢尻エリカさんの話なの?と思わせるほどの演技力でした。演技も素晴らしかったのですが、やはり沢尻エリカさん美しかったです。主人公の内面のドロドロを垣間見せるようなシーンも、沢尻エリカさんの美しさによって嫌な気分になりすぎず、観ることができたと思います。また、蜷川実花さんの演出も良かったです。華やかでありながら、影のある世界観によく合っていたのではないでしょうか。色鮮やかなシーンが、印象的に記憶に残っています。原作の岡崎京子さんのマンガも好きなのですが、映画にはまた別の魅力がありました。原作マンガの方は主人公の闇がすごくて苦しそうで、読んでいて時々つらくなるような場面もありました。一方で、映画版のヘルタースケルターは、マンガよりはポップな感じで、ちょっと離れたところから客観的に楽しめるような感じがありました。おそらく蜷川さんによふ華やかな演出の力だと思います。沢尻エリカさんが本当にぶっ飛んだ演技で良かったし、彼女の魅力が炸裂した作品でした。ファンでなくても必見です。

40代女性
40代女性

蜷川実花さんの世界観全開です。ビビットなカラーで目を惹くし、好きな人は一気にはまるでしょう。主人公は沢尻エリカさん、なんだかんだあって今は芸能活動どころではありませんが映像で観る彼女はとても美しいです。いつか麻薬の魅力に打ち勝って姿を現していただきたいです。眼球と爪と耳とアソコ以外はすべて作り物という謎のファッションモデルりりこ、沢尻さんが演じてこそです。中途半端な女優が演じても「まだまだ整形すべきところはあるでしょう」とツッコミを入れたくなって完全には入り込めないのです。彼女は正に完璧です。でも美しさは永遠では無し、あの世界三大美女の一人である小野小町だって老けていく自分を嘆きました。ただ彼女の場合は美にとらわれていたというよりも愛がほしかったのではないでしょうか。これだけ美しければ皆が見た目に惹かれて集まってきます。本当の自分を愛してくれる人が欲しい、現実の沢尻エリカさんの気持ちも代弁しているようです。性的なシーンも含めて映像美がすごい、ただ赤色が過ぎてずっと見ているのは疲れます。大画面というよりもテレビで見るくらいがちょうどよいのかもしれません。まさか彼女が脱いでいるとは、顔だけでなくスタイルも抜群です。

 

30代女性
30代女性

ちょうど沢尻エリカが逮捕された時期にずっと気になっていたこともあり見ましたが、ここまでとはいかずとも沢尻エリカ自身が現実もこの映画に近しい形で過ごされていたのではと感じられたのでよりリアルで見ごたえがありました。整形やドラッグに溺れる姿もやはり美しく、みていて不快な思いがしない映画でした。ドラッグや整形など意外と身近だからこそ改めてリスクがあるものだと認識することが重要だと考えさせられ、また、親や保護者に該当する人の存在がいかに大事か考えさせられました。その中でも誰かのせいにしてひねくれたりする姿は多くなく、自分でどうにかしようともがく姿は応援したくなる気持すら湧きました。どんどん崩れていく姿をだれも助けてはくれず、助けを求めることもできずドラッグや整形に溺れたきっかけを振り返ることもできないまま日々を過ごす姿が切なく、ドラッグや整形とまでいかずともみんな、アニメやアイドル、小説やスポーツなどなにかに依存し、社会に属し必死に生きていて自分の存在価値を探し、必死に「自分」という存在を確立、認めてもらおうと自分含め必死に生きているのだと感じさせられる映画でした。

40代女性
40代女性

とにかく一言で言って「蜷川実花」の世界です。1コマ1コマが画になる色とりどりの絶妙感、または不思議な美の世界で沢尻エリカが演じる「リリコ」がブラッシュアップされている映画になります。綺麗で華やかでいる事は女性の永遠のテーマですね…。だけど一生続く事はなかなか難しいと言うその思惑を感じ取った映画です。リリコもとにかく綺麗で強気だけど、誰かに頼って行かないと生きていけない繊細な面を持っているキャラクターです。華やかな世界には必ず何かがあるって感じですね。またリリコのマネージャー役の寺島しのぶですが、本人じゃないとできないだろうみごとな好演をしています。りりこの育ての親の桃井かおりもピッタリな役です。ストーリーも結構楽しいですが、合間に流れてくる90年代の様子(浜崎あゆみのBGMやら雑誌やら渋谷がとても熱い時期だった頃)を見て、私もちょうどその世代だったのでとても気分が懐かしく感じつつも盛り上がりました!ラストも「え!?」っと思う程意外な感じがしてビックリしました。同世代にももちろん、所々にエロス的な箇所もありますが、美しく変えてしまう蜷川実花の独特な世界感が好きな方にも是非お勧めしたい映画です。

 

40代女性
40代女性

沢尻エリカの復帰作にして、センセーショナルな内容が話題になった作品。2012年の作品ですが、騒動後に改めて見ると、主人公りりこと沢尻エリカ本人が重なって、彼女はどんな気持ちで演じていたのだろうと気にならずにはいられません。監督である蜷川実花が作り出す極彩色の世界は、沢尻エリカ本人が見ていた景色のようにも感じられます。映画としては賛否両論ありますが、沢尻エリカの美しさには目を見張るものがあります。全身整形という設定を納得させるだけの容姿、りりこが抱える狂気・幼さを見事に表現していて、この役をこのタイミングで演じることが出来たのは彼女だけだっただろうと確信できます。また、桃井かおりや寺島しのぶといった実力派俳優陣が脇を固める中印象的だったのが、水原希子の存在感です。りりこを脅かす存在として登場する彼女もまた、水原希子本人であるかのように自然体でした。華やかな表舞台の裏で行われる足のひっぱり合い、美しさが衰えることへの恐怖。光が強いほど影は濃くなると言いますが、まさにその通りだと感じずにはいられません。映画を楽しむというより、沢尻エリカを知る、アート作品を見る気持ちでご覧になることをおすすめします。

 

20代女性
20代女性

まず何よりも画が綺麗なのですが、それに屈しない美しさの沢尻エリカ演じるリリコのお陰で、観た後は目が癒される事間違いないです。蜷川美花監督の世界観が好きな方で、まだこの映画を見た事がない人には是非観てほしい作品。「元のままのもんは目ん玉と耳とアソコぐらい。あとは全部作りもんさ。」中々のパワーワードですが、全身サイボーグで完璧な美しさを手に入れても、どこか悲しげに虚しく儚い姿のリリコを見て沢山の事を感じて頂きたいです。数年前と比べて美容整形をしている人が増えてきたと同時に、外見で悩み苦しむ人も増えた現代社会。自分で自分を認められず苦しんでいる人でも、いつかは必ず楽に生きれるようになる。と最後は感じられる作品だと思いました。そしてリリコという女性は一種の被害者なのです。美しくい続けなければならない、完璧でなければならない。そんな他者からのプレッシャーに何度も苦しまされているのですから。人生で八方塞がりになる事、全てが嫌になる事は誰しもが経験するはず。それでも最終的に挫けずに居られたのは、どんな状況でも“素で話せる人”が居たからではないでしょうか。作中のリリコも、全身サイボーグとなる前に姿によく似た妹と会った時は心が安らいでるように見えました。メッセージ性が強い作品なので一度観た人でも、何度でも何かを感じられる作品です。

20代女性
20代女性

全身整形の主人公「りりこ」役は沢尻エリカ以外に適役はいないのではないかと思うくらいの仕上がり。それは見た目の美しさはもちろん演技からも女優魂が伝わる。それは他のキャストにもいえることで全員が出演者としてのプライドを持ってのぞんている作品と感じます。原作より年齢を上げたという「羽田美智子」役の寺島しのぶさん。最初は恋人役の「奥村伸一」と歳が離れすぎているのではないかと思ったが年齢を上げたことで作り上げられた「羽田美智子」にも注目してもらいたい。私はこの選択は正解だったと思います。個人的には水原希子がとにかく可愛い!登場シーンと沢尻エリカとの撮影のシーンに注目してみてもらいたい。そして、監督蜷川実花作り出すカラフルで色鮮やかな世界はヘルタースケルターの世界そのもの。どんどん世界観に惹き込まれていく作品。「りりこ」の七変化のように変わるヘアメイク、ファッション、演出、背景など…ストーリー、豪華なキャスト陣ももちろん!視覚、聴覚など感じるもの全てで楽しんでもらえる作品なので、監督の適役も蜷川実花以外いないのではないかと思う。さすが構成に7年かけただけある。絶対にリメイクして欲しくはない作品のひとつです。色々な方面から注目して楽しんでもらえたら。

 

まとめ

『ヘルタースケルター』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

大森南朋のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 龍馬伝
  • サイン 法医学者 柚木貴志の事件
  • LINK
  • 土曜ドラマ ハゲタカ
  • 長い長い殺人
  • プリズナー

寺島しのぶのU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 龍馬伝
  • 下町ロケット
  • 向田邦子 イノセント 隣りの女
  • ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち
  • 春、バーニーズで

鈴木杏のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • 相棒 season17
  • 相棒 season14
  • 吉祥天女
  • 相棒 season11
  • 相棒 season16
  • 相棒 season15
  • レッスンズ
  • 金曜時代劇 蝉しぐれ
  • 土曜ドラマ 遥かなる絆
本ページの情報は2020年6月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました