ヒロイン失格(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ラブストーリー・ラブコメ
映画『ヒロイン失格』予告編

ヒロイン失格の動画フルを安全に見る方法

『ヒロイン失格』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ヒロイン失格』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヒロイン失格の内容

映画『ヒロイン失格』は2015年に公開されました。マーガレットで連載されていた人気同名漫画を豪華キャストで映画化した作品です。ヒロイン役を桐谷美玲さんが務め、山崎賢人さん、坂口健太郎さんと恋に発展していく三角関係の物語になっています。

ニュースキャスターのお仕事などもされていた桐谷美玲さんですが、原作の大ファンということもあり、捨て身の変顔やコメディシーン、さらに坊主姿まで披露したことが話題になりました。

◎本作品の口コミでは、そんな桐谷さんの演技を評価する声も多かったです。

桐谷美玲さんのころころ変わる表情が良かった。この役にぴったりだと思った。マンガは読んだことないけど面白かった!

 

桐谷美玲ちゃんの顔芸が凄い!(笑)

ときめきシーンももちろんありますが、コメディ感が強くて楽しい映画だった。山崎賢人と坂口健太郎がどちらもかっこいい!

◎原作マンガ『ヒロイン失格』は、全10巻で140万部を超える人気作品です。原作のファンも多く、実写映画と原作を比較する口コミも多いです。

 

 

原作のギャグをそのまま忠実に再現しているところが良かった。くだらない部分もあるけど、とにかく明るくて笑えるラブコメ

マンガを読んでいたので見てみました。少し物足りなさも感じたけど、キャストも豪華だし面白かった。

王道なキュンキュンシーン満載の漫画というよりも、結構ギャグ要素も多いラブコメなので、その点が実写化しても再現されていて嬉しい!という意見がたくさんありましたね。

『幼馴染にずっと思いを寄せるヒロインと、突然現れるイケメンとの三角関係』という、ざっくりとした内容的にはよくあるラブコメのストーリーですね。この作品は、ヒロインの妄想シーンや回想シーンにちょっとしたギャグやパロディが盛り込まれていて、くすっと笑えるラブコメディとなっています。桐谷美玲さんがコメディシーンを振り切って演じていて結構面白いです。

あらすじ

◎王道ヒロインを夢見る女子高生・ハトリ(桐谷美玲)

主人公・松崎はとり(ハトリ/桐谷美玲)は、同じ高校に通う寺坂利太(リタ/山崎賢人)にずっと片思いをしていました。彼女の描くラブストーリーの中では、リタがヒーロー、ハトリがヒロイン。

ハトリの片思いの相手・リタ(山崎賢人)

人見知りで協調性はゼロ、1人が好きなくせに寂しがりな性格。でもその雰囲気がクールに見えて母性本能をくすぐるのか、校内で女子からモテる憧れの存在です。

ハトリの恋心のきっかけ

ハトリがリタを好きになったのは、小学生の頃でした。

リタの母親が家出してしまい、そのことをクラスの男子からバカにされて頭に来たリタは暴力を振るおうとします。そこで「そんなのほっときな!」とハトリが止めに入ります。そのことがきっかけで、内気なリタを守ってあげたい!と思うようになり、好きな気持ちへと変わりました。

告白はしていないけど自信満々!

ハトリにとっての理想のラブストーリーは、『主人公が真実の愛に気付くまで女の子からは告白しない。』というもの。片思いを続ける幼馴染・リタからの愛の告白を今か今かと待ち続けています。

リタが地味な女子の彼氏に!?

クラスの地味な女子・安達(我妻三輪子)がヤンキーに絡まれていると、リタは間に割って入りヤンキーを追っ払います。「私なんかといるとイメージが悪くなるから気にしないでと」いう安達に対し、「人の目なんてどうでもいい」と飾らない言葉をかけるリタ。その言葉をきっかけに安達はリタに惹かれます

ハトリは、リタと安達がいい雰囲気だと友達に言われますが、自分のヒーローであるリタがあんな地味な子を好きになるわけないと自信たっぷり答えます。しかし!リタと安達は付き合うことに。

『安達は王道ヒロイン、ハトリはヒロイン失格』

安達はきちんと告白をしてヒロインの座を自分の力で勝ち取った王道ヒロイン。となればハトリはヒロイン失格ということに。

美男子・弘光からの猛アタック

落ち込んでいるハトリの前に突如現れたイケメン・弘光くん(坂口健太郎)。彼の強引ながらも積極的な言葉に思わずドキドキしてしまうハトリは、リタへの強い気持ちがありながらも心が揺れ動きます。

自分以外の女の子を見ているリタと、自分を好きになってくれた弘光。ヒロイン失格のハトリはどちらを選ぶのか?

◎ストーリーだけでなく、度々出てくるコメディシーンにくすっと笑ってしまう愉快なラブコメです!

見どころ

映画『ヒロイン失格』の見どころは、鑑賞した人のコメントにも多かった「コメディシーン」。桐谷美玲さんが結構体を張っています!原作マンガのワンシーンをそのまま再現したかのような笑える場面に注目です。変顔だけでなく坊主頭も披露しているのにはびっくりですね。

スタッフ

監督:英勉(はなぶさつとむ)
脚本:吉田恵里香
原作:幸田もも子

キャスト

桐谷美玲(松崎はとり 役)
幼馴染のリタにずっと片思いをしている女子高生。明るく前向きな性格。自分がリタと結ばれるヒロインだという自信がある。

山崎賢人(寺坂利太 役)
人見知りで少し内気な性格。周りの女子からは憧れの存在だが、社交的な性格でないこともあり、あまり関心はない。はとりとは仲良さげに明るく話す。

坂口健太郎(弘光廣祐 役)
学校一のモテ男。恋に本気にならない性格で、はとりにも面白半分でちょっかいを出すが、次第にはとりの魅力に気付き始める。

我妻三輪子(安達未帆 役)
眼鏡におかっぱ頭で、クラスで目立たない地味な性格の女の子。とあるきっかけでリタと付き合うことに。

福田彩乃(中島杏子 役)
はとりの親友。冷静沈着な性格で、いつもはとりの相談に乗ってくれる頼れる存在。

高橋メアリージュン(恵美 役)
弘光の元家庭教師。彼のことを振った身であるがまだ自分に気があると思っている。

『ヒロイン失格』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヒロイン失格の感想

40代女性
40代女性

漫画を読む前に映画を見たので、キャスティングも違和感なく楽しむことができました。一番の見どころは弘光廣祐役の坂口健太郎くんです。本当にかっこいいので、こんなにかっこいい人に迫られたらすぐに好きになってしまいそうです。ただのラブストーリーではなく少女漫画が原作になっているので、ところどころ漫画的な表現があり、それも楽しいです。桐谷美玲さんが演じた松崎はとりもの表情や外見が変わっていくのもおもしろかったです。山崎賢人くんが演じた寺坂利太は、いまいち感情を読むことができないキャラクターだったので、なぜそういう行動をとるのか不思議に思うことが何点かありました。漫画の方ではもっと丁寧に描写されているのかもしれませんが、映画ではそのあたりの描写があまりなかったので、なぜそちらへ行ったのか、なぜこちらへ戻ってきたのか、納得できない部分はありました。「ヒロイン失格」ということで、松崎はとりが主人公なので、寺坂利太の感情表現をあえて控えめにしたのかもしれませんが、観客の心に訴えかけるならば、寺坂利太の感情をもっと表現したほうが良かったです。ライバルである弘光廣祐には感情移入することができたので、寺坂利太の感情を丁寧に扱わなかったのはもったいなかったと思います。

 

40代女性
40代女性

大好きな漫画の実写化でどうかと思っていましたが、ものすごく面白かった。美男美女の胸キュン青春ストーリーだけかと思いきや、コメディータッチでユーモア溢れる作品で良かったです。寺坂利太(山﨑賢人)弘光廣祐(坂口健太郎)はイケメンで見てて目の保養だし、松崎はとり(桐谷美玲)は美しいのに変顔や坊主姿になったり違うい一面も見れ、コメディ色強めでほんわかして好感が持てました。(ビックリでしたが)女子は基本的に妄想好きで共感する部分もあり身近に感じる事も多々あります。告白されてどう返事しようなんてよく考えていますよね。羨ましくも華やかな男性陣に囲まれて妬ましい。(笑)そしてはとりになるという妄想をしながら見る事ができるという妄想。(笑)鶏が先か、卵が先か説。好きになる人か、好きになってくれる人か。人それぞれですよね~。基本好きになる人がいいですけどね。そんなストーリーの中に胸キュンポイントがありすぎてありすぎて妄想~。はとりが泣くシーンでは自分の胸も苦しくなったりします。妄想か現実か。利太(山﨑)と弘光(坂口)揺れるはとり(桐谷)はどっちのヒロインになるの?てか私はどっちのヒロインを選ぶの?なんて妄想の連続で恋愛ホルモン出っ放しでした。楽しかったです。

40代女性
40代女性

ヒロインの性格が悪すぎ、というかそういうブラックな面を多少なりとも皆が持っているでしょうがそれを前面に出した映画を出してしまってはいけないでしょう。それにしても、子供の頃は両親から「可愛い可愛い」と溺愛されていて天狗になってしまう面はありますが、世間の風にさらされる中で現実を知っていくはずです。いまだに考え方が幼いママのはとりにあきれ果ててしまいました。桐谷美玲ちゃんは可愛いですが、だからこそこんな役は引き受けるべきでは無いのです。女子たちの批判の声を受けるだけ、自分勝手な姿は現実ではともかく心の中の声まで赤裸々に表される映像の世界だと男たちにもあきれられるはずです。恋されるのは山崎賢人さん、かっこいいのですがこのドラマだとあまり存在感がありません。どうやら顔のかっこよさだけを目当てに好きだ嫌いだとわいわい騒がれているからのよう、幼馴染なのであればもっと精神面でこんなところが良いというエピソードがありそうなものですがまったくありません。ずっと近くにいながら選ばれなかったのはそんな心を読んでいたから、そのことを思い知るべきなのです。ムカムカとして楽しめるお話とは言えませんでした。少女漫画が原作というのはなるほどです。

20代女性
20代女性

桐谷さん演じるはとりちゃんに最初はイライラすることも多かったのですが、恋愛によってコロコロ変わる表情が女の子らしくて最後の方には可愛いと思えました。時には可愛らしい顔、時には変顔、桐谷美玲さんの表現のバリエーションの広さに感服しました。片想いをしたことがある人なら共感できるような気持ちもあって応援したくなります。また、彼女の脳内で繰り広げられる妄想はとても面白く思わずクスッとしてしまうものばかりでした。山崎賢人さん演じる利太くんと坂口健太郎さん演じる廣祐くんどちらを選ぶのかも最後までドキドキでした。自分を好きな人か自分が好きな人かという選択は難しいです。どっちも優しくてイケメンで、2人の行動にははとりちゃんだけじゃなく、見ている私達もキュンキュンさせてくれました。現実世界でもこんなにかっこいい男性に会いたいものです。最後の雪の中の告白のシーンは視覚的にも気持ち的にも美しくて良かったです。漫画をこの映画を見た後に読んだのですがわりと配役もピッタリで、原作から入った人も楽しめるのではないかと思いました。主題歌の「トリセツ」も恋愛をする女の子にピッタリの可愛らしい曲で、この映画によくあっていると感じました。

30代女性
30代女性

ザ日本の恋愛漫画という感じです。映画を観終わった後は自分が主人公になったらどちらの男性に惹かれるか…など考えてしまいました。とにかく2人のヒーローがカッコいい!これに尽きると思います。タイプの違う2人に求められることなど漫画の世界でしかないかもしれませんが、この映画を見ることで自分も擬似体験しているような感覚にもなれました。山崎賢人さんは恋愛漫画の実写映画にもはや欠かせない俳優さんですし、坂口健太郎さんのキラキラ王子様感もさすがという感じです。素直になれないヒロインに対して若干イライラもやもやしてしまいますが、劇中のテンポも良く、一気に見てしまいました。高校時代にこのような恋愛ができたら、毎日楽しかっただろうなと思います。恋愛を通して傷つくこと、誰かを傷つかせてしまうことがあるということも、もしかしたら大人になりつつある高校時代の恋愛を通して学んでいくのかもしれません。また、メインキャスト3人を囲む俳優さん女優さんも個性派が勢揃いしており、コメディ要素もたっぷりです。ヒロインが桐谷美玲のように美人で可愛いからこそ、迎えられるエンディングなのかもしれませんが、イケメン俳優と映画を通して恋愛したい、キュンキュンしたい人にはおすすめの映画です。

20代女性
20代女性

桐谷美玲のキャラ設定が面白いです。可愛い王道ヒロインの時もあれば変顔をしたりキャラが崩壊したり、ほんとに色んな表情の桐谷美玲が観られるところも魅力の1つです。恋に悩める女の子の心情も共感するものが多かったです。山崎賢人、坂口健太郎といったイケメン俳優が出てくるのも見どころです。2人のタイプが違い、それぞれに魅力がありその中で揺れ動いてしまう女心の描写も凄かったです。桐谷美玲と山崎賢人がくっつくんだろうなぁと予想はしながらも、うまくいかないんじゃないか、坂口健太郎とくっつくのか、この状況からどうやって挽回するんだろう?と見ながら色んな予想をしていくのも楽しかったです。桐谷美玲が山崎賢人のことを一途に思い続ける姿、夏休みに我慢を重ね、花火大会に行けた時のあの嬉しそうな笑顔はとても印象的でした。クライマックスで2人がお互いを思い合っている、必要としていることが分かり2人が照れ臭そうにしながらも想いを伝えるところは1番好きなシーンです。お互い素直になれないもどかしさもありながら、嬉しさ、喜びは全面に溢れ出ていてとてもほっこりしました。最後の2人の幸せそうな笑顔は映画の中でとても特別なシーンでした。

30代女性
30代女性

もともと原作マンガファンだったのですが、映画を観てもがっかりすることなくかなり楽しめました。というか、原作通りのキャラすぎてキャストがぴったりすぎる!と驚いたほどです。やっぱり一番は桐谷美玲ちゃん。マンガ通りのコミカルな演技がすごくて、変顔もここまでやっていいの!?というほど全力でやっていたと思います。そしてイケメン男子の寺坂は山崎賢人さん、弘光は坂口健太郎さんというのも本当に合っていました。二人を観ているだけで満足しちゃう映画だったと思います。また、個人的には福田彩乃さん演じる中島も好感度が高かったです。演技すごくうまいんだなぁと感心しました。よく原作がすごいから映画になるとがっかりという声も聞きますが、ヒロイン失格に関してはその心配なしです。むしろ原作大好きという人にこそ観て欲しい映画だと思っています。こんなヒロインもありだよね、いや、こんなヒロインだからこそ愛せるよねという所がたくさんで、観ていて勇気が湧いてくる映画でした。恋愛を頑張ろうとして引っ込み思案になっている人は絶対観るべき映画です。ヒロインじゃなくたっていい、恋する乙女はいつだって全力なんだからそれでいい!そう思える素晴らしい作品でした。

 

30代女性
30代女性

美人で本当にかわいい桐谷美玲ちゃんのコメディアンヌっぷりや、本当お見事!あっぱれ。自称ヒロイン…自分でヒロインと思っちゃってる女子のかわいらしさがすごく出てました!そもそも”自称”です。設定から面白いです。桐谷美玲ちゃんのお宝な変顔がたっくさんみれます。「がーん」とか、「ぬわぁにー」とか、これはイメージですが…こんな感じの心の声を、時には低い声とすごいガン飛ばした顔とかしながら、やっちゃうのが面白いしかわいいし、笑っちゃいます。変だけど、きらっきらのかわいい変顔なんです。そしていつも横にいる友達が、これまたいい味だしてて、2人のやりとりが自然でいい。ものまねのタレント福田彩乃なんですが、彼女のことを「愚かなる中島よー」とかいって、いつも困ったりすると「なかしまー」って泣きつくヒロイン。コミカル!!友達の苗字呼び、結構はまります。したの名前でなく、苗字の呼び捨てですよ!ヒロイン面白いです。で、この面白かわいヒロインを、ヒロインたらしめてる2人のイケメンが、山崎賢人と坂口健太郎。かっこいい2人が登場です。自分が好きな人と、自分を好きな人。三角関係ですね!ありきたりといえばありきたりな恋愛模様でしょう。でもなにかが違う…。
先に言うと、自分を好きでいてくれる坂口健太郎が演じた弘光くんが最高にかっこいいんです。どんどん好きになりますよ。強引な登場だけど、優しいし、とにかく素敵。自分なら迷わず弘光くんに走りだしたい。主人公がどちらを選ぶのか、笑えて、でもちゃんと泣けたり切なくなったりする場面もいっぱいです。何回でも見たくなる作品です!
あと、ところどころちょい役で六角精児に、中尾彬に、なんとアナウンサーの枡さんまても、出てくる!ギャグ的要員も、ばっちりです!

 

20代女性
20代女性

桐谷美玲さん演じるはとりと、山崎賢人さん演じる利太、坂口健太郎さん演じる弘光の三角関係が見どころの一つです。はとりは、幼なじみの利太のヒロインは自分だけと鷹を括っていたところに大どんでん返しが起こることから物語が始まります。いつでも自分のものになると思っていたところの出来事で初回から面白い展開になります。この映画をみていると、恋愛をするって辛いけど楽しいなと思えます。好きな人を追いかけた方が幸せになれるのか、それとも自分のことを好きでいてくれる人を好きになる方が幸せになれるのかと考えさせられる部分が多くあります。みんないろんな気持ちを抱えながら恋愛をしているんだなと恋愛について前向きになれると思います。そして、キャストがみんな個性的であるのも特徴です。とくに話題となったのは、桐谷美玲さん演じるはとりの坊主姿だと思います。ストーリー展開の振り幅が大きいので飽きずに楽しんでみることができます。恋愛の要素がほとんどではありますが、時々家族や友達とのあったかいエピソードもあるので楽しいなと思えます。ストーリー展開が下手ではありますが、ヒロインの恋が実るといいなと応援したくなってしまうような映画です。

 

20代女性
20代女性

「幼馴染みと結ばれる」という少女漫画の王道ルートをいく作品かと思いきや、まさかのそのフラグが始まりで折られてしまったので驚かされました。見る前は「ヒロインが桐谷美玲さんだし、きっとモテモテの女の子がいろんな男性に言い寄られるストーリーだ」と思っていたので、まさか振られる立場なんてと新しい展開だと思いました。逆にそこが新鮮で良いですし、他のイケメンに言い寄られているのに好きな気持ちをなかなか曲げないヒロインに「格好良いな」と思いました。失恋した後って新しい恋をすぐしたくなったり、優しくされたいからと優しくしてくれた人を選んでしまう人が多いのに、強い気持ちを持ち続けられるのって素敵です。自分ならあっさり新しい人に行きそうだけどなと思いながらも、今後どちらを選ぶのかドキドキしながら見守っていました。少女漫画が原作なのでそれならではの女の子がときめきそうなシーンも多いですし、男性陣もイケメンなので「自分だったらどっちを選ぶ?」と乙女ゲーム感覚で見れました。友人と見に行ったのですが、映画館で思わず大声で叫んでしまいそうな胸キュンシーンが多くて、何度でも見たくなりました。桐谷美玲さんの立ち位置になりたい!そう思ってしまう作品です。

 

まとめ

『ヒロイン失格』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました