閉鎖病棟(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ

 

『閉鎖病棟―それぞれの朝―』予告編

閉鎖病棟の動画フルを安全に見る方法

『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

閉鎖病棟の内容

映画『閉鎖病棟-それぞれの朝-』は、2019年11月1日に公開開始されています。この映画の原作は1994年4月に刊行された、精神科医で作家の帚木蓬生さんの山本周五郎賞受賞小説を映画化したものです。

精神病院という日常取り上げられない重厚な題材ながら、丸善お茶の水店が掲示した「感動のあまりむせび泣きました…」というPOPが共感を呼び、累計90万部を超えるベストセラーのなりました。

とある精神科病棟で、重く苦しい過去や事件を背負いながらも、明るく生きようとする患者達と、物語途中で起こる殺人事件やその意外な結末を描写しており、人間味溢れた重厚な群像ドラマとなっています。

 

多かれ少なかれ人がもつ様々な事情の中、生きていく日常が赤裸々に描かれ、精神病棟という厳しい風当たりの中でも必死に生きていこうとする姿に、思わず何かを考えさせられる。

冒頭からインパクト強めのシーンで驚きました。
そして鶴瓶さんの演技に引き込まれます。それに引っ張られるように小松菜奈さんの演技にも引き込まれた印象です。
綾野剛さんの演技もなかなか良かったです。

余り期待していませんでしたが、小松 菜奈さんの演技がとても良かった。大袈裟過ぎず、とても感情移入できる演技でした。

見る観客に必要以上に考えさせない手法なので、物語に集中できる点がよかった。笑福亭鶴瓶さんの容姿は少し違和感をおぼえたが、演技そのものは、よかったです。

感動しました。鶴瓶さんの役がよかった。
あと、何度もあるレイプシーンは女性として悲しすぎた。
医療者としては精神科の閉鎖病棟で本当は患者の行動が管理されているべきなのにそうでは無いという違和感を感じました。でも感動できたので見てよかった。

精神病患者を扱う事による世の中の偏見の助長するというような批判や実際の閉鎖病棟ではないというような声もありましたが、俳優陣の熱演により物語自体は感動をしたという声が多数ありました。

あらすじ

重い金属の扉が開く音がして、一人の男が執行部屋に入ってきました。周囲には刑務官たち。そして教誨師である僧侶が向き合ったその男は、梶木秀丸といいます。

その男は、妻と母、そしてもう一人を殺して死刑囚となり、まさに死刑執行の瞬間を迎えたのでした。足元の扉が開き滞りなく死刑執行となった、と誰もが思った瞬間でした。男の足指がぴくりと動き、息を吹き返してしまいます。男は「生還してしまった」のです。

こうした経緯で再度死刑を執行することをためらう検察上層部によって、彼は密かに精神病棟に強制入院させられることになったのでした。

見どころ

映画『閉鎖病棟-それぞれの朝-』の見どころは、やはりキャストの素晴らしい演技力でしょう。主演である笑福亭鶴瓶さんや小松菜奈さん、綾野剛さんはもちろんのこと病棟に入院して患者役の木野花さんや綾田俊樹さん、大谷医師である高橋和也さん、井波看護師長の小林聡美さん、凶悪を極めた重宗を渋川清彦さん、それぞれの熱演で役柄の個性の強さが組み合わさったり、反作用することで映像の中に凄いリアリティが生まれていました。

スタッフ

監督:平山秀幸
脚本:平山秀幸
音楽:安川午朗

キャスト

梶木秀丸:笑福亭鶴瓶
妻と母、そしてもう一人を殺し死刑になるが、生きながらえた元死刑囚。

塚本中弥(チュウさん):綾野剛
幻聴に苦しむ元サラリーマン。

島崎由紀:小松菜奈
義父によるDV(ドメスティックバイオレンス)で心を閉ざしてしまった少女。

丸井昭八:坂東龍汰
病棟の患者。話すことが苦手。しかしカメラを常時持ち歩きコミュニケーションに使用している。

キモ姉:平岩紙
病棟の患者。感情の起伏が激しくすぐ他人に悪態をついてしまう。

ムラカミ:綾田俊樹
病棟の患者。穏やかな老人だが、毎日の習慣が新聞の死亡広告を書き写し。

ダビンチ:森下能幸
病棟の患者。鏡を見ながら自分の髪をかきむしり、ショックがあると泣きわめいてしまう。

ハカセ:水澤紳吾
病棟の患者。医師であるため薬を飲むのを黙って拒否する。病院の周辺で薬草を探している。

テッポー:駒木根隆介
病棟の患者。フーさんと共に行動をする。

フーさん:大窪人衛
病棟の患者。赤と白のバンダナを持ち歩き手旗信号をする。

オフデちゃん:北村早樹子
病棟の患者。水を一度に何回も飲んでしまう。

塚本富子:根岸季衣
チュウさんの母

酒井弁護士:ベンガル
秀丸の裁判を親身に担当する心優しき弁護士。

大谷:高橋和也
病棟の医師。

石田サナエ:木野花
病棟の患者。外泊を許可され楽しんでおり皆から羨ましがられている。

重宗:渋川清彦
病棟の患者。狂暴な男で、周囲の患者たちからはその怖さ故、遠巻きにされている。

井波:小林聡美
看護師長。病院での多忙な日々の中、患者たちを温かく見守る。

 

登録時にもらえる600ポイントで
今すぐ見れます!

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

閉鎖病棟の感想

40代女性
40代女性

たまたま入った映画館でたまたま時間が合ったから鑑賞することになりました。そのため、原作の小説は読んでいないし、下調べゼロで作品に触れることになったのですが、冒頭の死刑囚の死刑執行から始まったところにものすごくインパクトを感じ、作品のストーリーに引き込まれていきました。死刑囚の秀丸が死刑執行に失敗し、二度目の死刑執行はできないことから入院することになった長野の精神科病棟では、いろんな症状の患者がいて見た目は普通でもそれぞれ症状を起こすスイッチを持っており、「ああ、確かに精神病を患った人ってこんな感じだよねー」と昔ボランティアで訪れた病棟を思い出しました。映画の病棟に入院している患者の多くに家族や近しい人との間に辛い思い出をもち、それらを何年も何十年も抱えて生きていて、私たち一般人は目まぐるしく過ぎ去る時のなかで辛かった出来事を忘れていきますが、スクリーンの彼らは点としてその場面から逃れられず何年も苦しんでいることに同情とやるせない気持ちでいっぱいになりました。中学生の由紀が家庭の事情で精神科を訪れ家に帰りたくない一心で入院を希望するが、連れ戻そうとする義父と帰ってきてほしくない母親の間で耐えきれない苦しみを強いられ未成年の由紀には逃げることもできず見ていてとても苦しくなりました。彼女は秀丸とチュウさんに出会ったから救われました。殺人を犯したとしても暴れることがあったとしてもそれぞれ事情があり突発的で、私たち一般人にも起こり得ること、事件や事故を起こしてしまうことは普通の生活との背中合わせであることを思い知るような映画でした。

 

20代女性
20代女性

私はもともと小松菜奈さんが好きなのと医療系の大学で勉強しており、精神科領域の話に興味があったので視聴しました。この映画を見ると、実際に私が精神科病棟に実習に行ったことを思い出しました。ほとんどの人が精神疾患や精神科病棟と聞くと、「怖いなあ」「関わりたくないなあ」と感じてしまうかもしれません。しかし、実際に患者さんにでている症状だけに注目するのではなく、なぜ今の症状が出るに至ったのかについて深く考える必要があると改めて思いました。この映画に出てくる由紀のように実の親からDVを受けている子どもは日本にまだまだたくさんいると思うし、自分が精神疾患になってしまうことだって可能性はあります。このような事実から目を背けず、私も日々生活していかなければならないなと思いました。人それぞれが不安や悲しみを抱えながら懸命に生きている姿が描かれたこの作品は、切なくもありながら自分の生き方や過ごし方も見直すきっかけとなるなんとも言えない気持ちになる映画でした。正直、この映画はみていて気持ちが少し重くなってしまうような映画でした。しかし、そのストーリーをより深く心の刻ませてくれるような白身の演技をしているキャストの方々は本当にすごいなと思いました。

 

20代女性
20代女性

タイトルが閉鎖病棟というだけあり、重い内容でした。閉鎖病棟を鑑賞するまでは、精神科病院にはどういう患者さんが入院しているのか、どういう病院なのか知りませんでした。しかし、この映画を通して一面ではありますが理解することができました。精神科病院に入院する患者には様々な過去や事情がありますが、映画では家族から見捨てられたり家族を失ったりした背景が描かれています。事情は様々ですが、社会から大事にされず見捨てられて、愛に飢えているという共通点を感じました。重い過去を背負いながらも生きる希望や楽しみを見出し、懸命に生きる人々の姿に胸が打たれました。しかし、病院内でも由紀が暴力を受ける場面は、同じ女性としても観ていて辛かったです。そして、こうした暴力は映画だけではなく現代でも起きているのだと思い、現代社会に蔓延る問題についても考えさせられました。病院内で殺人事件が起きますが、その原因が優しくも残酷でとても切なくなりました。出演者が皆演技が上手だったので、ストレスなく話に集中して観ることができたことや、映画の内容も良く高評価でした。しかし、2時間ほどの放映時間なので難しいかもしれませんが、内容の重さに対して掘り下げが少し浅かったように思います。内容も出演者もとても良かったので勿体ないと感じました。

40代女性
40代女性

死刑になるはずだったのに、死んでしまうはずが失敗して生き永らえたというと運が良いこととは一概に言えないようです。法的には死んでいるという状態で何にも縛られない自由さは不幸でしか無いのです。笑福亭鶴瓶さんが見事に演じきっています。バラエティの姿を見ていると別人にしか思えない、この映画にかける気迫が伝わってきて感動しました。綾野剛さんや小松菜奈さんもいい、今までの出演作とかけ離れた役は戸惑いもありましたが次第に役者さんそのものではなくその役を一人の人間として受け入れどんどん世界に入り込んでいけました。きっと彼らもイメージを破壊したいと考えて受けた役、見事です。フィクションの世界とは言っても、きっと同じように日本で普通に生きていけない方は多数いるでしょう。なぜこのような状態となったか、丁寧に描かれているからこそもしかしたら自分たちだってそちらの側になるかもしれないと怖さを感じるのです。同じ思いを持っているからこそまるで家族のような関係になるのは当然のこと、人は一人で生まれてきて一人で死んでいく、でもだからと言って一人ぽっちでは生きていけないというのを改めて思わせられました。明るく楽しいお話ではありませんが、見ておきたい映画です。

 

30代女性
30代女性

たくさんの人が出てきましたが、それぞれの人生が垣間見れる感じでした。舞台の病棟が古くて、なんか閉塞感があり、お話に合っているなと思いました。閉鎖病棟と言いながらら、閉鎖病棟ではないような気もしましたが、まあそれはそれでいいです。いろいろつらいことが合った人同士、話したくないことを聞くことはなく、でもそれぞれなんかあるもの同士、寄り添えるというか、楽しくしようみたいなのがいいなと思いました。みんなで出かけるところが好きな場面です。なんか、思ったより重い話で、私はのれなかったです。はっきりいってあんまり好きな展開の話ではないです。今まで、性的虐待を受けていた子もいる施設で、乱暴な男がいることもおかしいと思うし、実際は放し飼いみたいなこともないと思うし、邦画とか小説とか何かというと、ああいう事件を、入れがちで、あれがあれば重くなるでしょうみたいなのも好きではありません。結局そういう話か、と思ってしまいました。でも、鶴瓶さんの役どころは、なんかあったかい感じがして、頼り甲斐がある感じでしたし、由紀役の人もうまかったと思います。綾野剛さんも、飄飄としてるけど、急に暴れたり、難しい役をしているなと思いました。話の展開より、役者さんの演技を見る作品かなと思います。

30代男性
30代男性

タイトルの通り精神疾患を患った人々(一部を除く)の療養生活を描いた作品。病名は明言されていないけれど、同じ病院でも様々な症状を持っている人物が登場する。主人公のようにあるていど薬物療法で症状をコントロールできている者ももちろんいる。精神科病院は我々が普段通うような内科や整形とは異なった側面があり、普段関係をもつことはほとんどない。そのような世界を映画と言う媒体で疑似体験できることも本作品の魅力のひとつだと思う。また先にのべた通り同じ病棟でもいろんな人がいる。ただただ純粋なものもいれば悪意に満ちた人物もいるし、社会的に居場所をなくした、いわゆる社会的入院と言う形でやむを得ず生活しているものもいる。「精神科病棟」と聞くとなんだか特殊な印象をもつ人もいるかもしれない。昔のような牢獄のような場所を思い浮かべる人もいるだろう。しかしそうではなくそこは我々が暮らす世界とそれほど変わらない世界で生活しているのだ、ということを教えてくれる。その上で精神を病むとはどう言うことか、そして閉鎖病棟に入院することはどう言うことか、ということを意識して鑑賞するとより楽しめると思う。観賞後に例えば「17才のカルテ」など同じようなジャンルの作品を楽しむのもいいだろう。

 

20代女性
20代女性

なかなか強烈な描写も多く、刺激的なところも多いけれども、何となくいい感じのお話で収まっていき、最後にはほっこりと何となく前向きな気持ちになることができるような作品だと思います。閉鎖病棟という特殊な舞台ゆえに、なかなかの強烈な個性をもったキャラクターが多くいて、それもあまり見ることがない感じがしたので、新鮮なこともあっておもしろく感じました。そして、特に綾野剛さんの演技がすさまじく、普段は温厚なキャラクターなのにも関わらず、刺激をきっかけとして発作のようなものを起こしてしまうところは見ていられなくらいのすさまじさがあってさすがだなと思いました。ところどころ整合性がとれないようなところもありますが、そんなことが気にならないくらい、綾野さんをはじめとした俳優さんたちの演技はすごかったです。そして、小松奈々さんも精神科の患者さんとして出演されているのですが、入院中の服装だから、かなりダサいのにも関わらず、本当に美しくて驚きました。こんな格好でもかわいい人だったらかわいいんだなと思いました。ストーリー的にも前向きな気持ちになることができるような作品なので、まず何となくいろんな人に見てみてほしいと思いました。

 

50代男性
50代男性

出来る限り映画を見るときは事前情報を入れないようにしています。なのでこの映画も勝手に「病院を舞台にしたホラー映画」なのだろうと思っていました。笑福亭鶴瓶さんがジャック・ニコルソンばりに、斧か何かを持って、廃病院を肝試しで訪れた若者たちに襲い掛かるというような。まずは閉鎖病棟が精神病院のことなのだと分かり、自分の予想がずれていたことに気付かされました。原作者の帚木蓬生さんは実際の精神科の開業医とのことらしいので、病院内のことが物凄くリアル、リアル過ぎました。見ていて気分がどんより重くなるほどでした。何か、炭酸飲料で脳を一回洗いたい衝動に駆られるほどに。でも、言うほど「閉鎖」はされていないことは少し気になりました。映画はある事件が起こることから動き出します。現実世界に居場所のない、生きることに不器用すぎる人たちが、最後に集まる場所、そこでの悲劇。胸が締め付けられます。死刑制度とか家族とか、仲間とか死とか、見終わった後は喫茶店で一人濃いめのコーヒーを飲みながらゆっくりと考えてみたくなるような、そんな映画です。出演者の方々の熱演にも頭が下がる思いでいっぱいです。特に笑福亭鶴瓶さんの才能には驚きました。

50代女性
50代女性

笑福亭鶴瓶演じる秀丸が家族を殺し、その死刑執行シーンから始まることが、まず衝撃でした。死刑執行が失敗し、下半身付随となった中年男性が収容された「閉鎖病棟」・・・この世に存在することを隠される人々が暮らす病院。綾野剛演じる「チュウ」の目を通して描かれる院内の様子は、いびつながらも淡々と平和に見える。それは、それぞれの症状が発現したときにサポートする看護師や医師の存在あってのことと思う。チュウ自身も幻聴に悩まされる精神疾患者であり、他の入院患者の言動や発作から起こる事件をきっかけにフラッシュバックを起こすなど、「平和に見える」が「緊張に満ちた日々」。静かに密やかに起こる患者それぞれの事件・・・DV、レイプ、家族からの拒絶、妄想の中の実在しない家族を信じる幸せ、病院からの脱走、そして誰かを守るために秀丸が犯す殺人。それぞれのエピソードに、孤独となんとも言えないやり切れなさを次から次へと突きつけられるようだった。平和な仲良し家族は幻想でしかないのかもしれないと思うほどに。院内でレイプされDVのフラッシュバックに苦しむ由紀を助けるため男を殺し、「殺人の再犯」として逮捕された秀丸。その秀丸を救いたいと動き始めるチュウは退院し、次第に一般社会に適応していく。そして、秀丸の裁判の席で「故郷」のような閉鎖病棟の看護師と事件後に行方不明になった由紀と再会する。このエンディングに唯一の希望はあったが、閉鎖病棟の患者とその家族への偏見はなくならない、どんな事情があろうと犯した罪も決してなかったことにはならないと言う「事実」が、重く重く心に居座ったのだった。

20代女性
20代女性

この映画はそれぞれがいろんな事情を抱えているのが、とても切なかったです。病院に入院しているといろんな人たちと出会って、そこで助け合ったりするのが心にグッときました。病院に来る理由はもちろん年齢や性別など違ったとしても、思い合ったりするところが印象的です。みんな辛い経験があるからこそ、ちゃんとわかってあげられるのが良かったです。突然人格が変わって奇声をあげたり、ちょっとしたことでメンタルが崩壊しそうになるのは見ていて胸が痛くなりました。でもみんな自分と必死に闘っている感じが伝わってきました。また病院で働いている医師や看護師も、懸命に患者たちを支えているところがすごいなと思いました。患者が暴れたりしても全力で止めたり、体を張っているところはかっこよかったです。さらに秀丸と塚本と由紀と昭八で外に出かけて、みんなでいるところは素敵だなと思いました。4人の仲の良さやお互いを信頼しているのが、とても強く感じました。写真を撮っていたところは現実を忘れそうなくらい、みんないい表情をしていました。塚本が病院から去る時に、昭八がその写真を渡していて二人が抱き合っていたのは、思わず胸が熱くなって感動しました。

 

まとめ

『閉鎖病棟-それぞれの朝-』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

登録時にもらえる600ポイントで今すぐ見れます。

U-NEXTで今すぐ動画を見る

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

 

綾野剛のU-NEXT配信作品

【映画】

  • 怒り
  • 64-ロクヨン-前編
  • 64-ロクヨン-後編
  • 日本で一番悪い奴ら
  • ヘルタースケルター
  • ルパン三世
  • 白ゆき姫殺人事件
  • 新宿スワン
  • 新宿スワンII
  • S-最後の警官- 奪還 RECOVERY OF OUR FUTURE
  • 夏の終り
  • ピース オブ ケイク
  • 武曲 MUKOKU
  • 闇金ウシジマくん ザ・ファイナル
  • 天空の蜂
  • るろうに剣心
  • 楽園
  • シュアリー・サムデイ
  • 奈緒子
  • KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV(声の出演)

【ドラマ】

  • コウノドリ
  • コウノドリ(2017)
  • S-最後の警官-
  • リップヴァンウィンクルの花嫁 【serial edition】
  • 闇金ウシジマくん Season2
  • 闇金ウシジマくん Season3
  • 下町ロケット
  • 愛のむきだし 最長版THE TV-SHOW
  • イヌゴエ
  • ロング・グッドバイ

 

本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました