ハードロマンチッカー(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ハードロマンチッカー』予告編

ハードロマンチッカー(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ハードロマンチッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ハードロマンチッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハードロマンチッカー(映画)の内容

映画『ハードロマンチッカー』は、2011年に公開されました。

原作は、CMディレクターのグ・スーヨンさんによる半自伝的小説。本作は、グ・スーヨンさんの小説家デビュー作で、長編映画3作目となった作品です。

高校を中退したフリーター青年グーが、暴力とセックスがはびこる世界でたくましく生きていく姿を描いた、心にも突き刺さるようなバイオレンスシーンと刹那的な青春ドラマです。

主人公の在日韓国人・グーを松田翔太さん、グーの後輩の高校生役を柄本時生さんと永山絢斗さんが演じています。そのほか、芦名星さん、真木よう子さん、金子ノブアキさん、中村獅童さん、渡部篤郎さんなどが出演しています。

 

配役が素晴らしくて面白かった。ただの暴力映画かと思ったら、物語もしっかりしてて見応えありました。暴力の連載、閉塞感に息が詰まるけど、ギリギリの中を生きてる感じがイイ。

バイオレンスが溢れている。喧嘩、乱闘、リンチ、事故など結構血が多い。松田翔太の端正なマスクに金髪が似合っていて、低い声でカッコよさがにじみ出ていた。

松田翔太の役は、愛なんて知らねーって殴り、蹴り、バット振り回しての毎日。独りで種蒔いて、独りで暴れて、独りで倒れて、画に描いたような見事な墓穴の掘り方。冷めた狂気が潔くて共感が持てた。

主人公は強くてクールだけど、人間味あふれてちょっと古臭いような、奥深い感じだった。単なる喧嘩ものっていうのとは違って、見終わって考えてしまう。

あらすじ

閉塞感に包まれた下関のディープタウンの在日韓国人でフリーターのグー(松田翔太)は、街を歩けば幼いころからの顔なじみのヤクザ・庄司(真木蔵人)に危険な物を無理やり渡されたり、刑事の藤田(渡部篤郎)に絡まれたり、同世代の人達と顔見知りになりながら、そのどれにも所属さず、一匹狼として生きていました。

そんなある日、グーは日本人の後輩の辰(永山絢斗)が、恋人を朝鮮高校の生徒たちにリンチされた報復として暴行した主犯格であるキム・チョンギ(遠藤雄弥)の自宅に押し入り、彼の祖母を殺害したことを知ります。

警察が動き出している中、グーは辰に貸した金を取り立てるため、情報収集し、なりゆきで若い在日朝鮮人グループのリーダーで危険な男のパク・ヨンオの弟(落合モトキ)を辰の友人という理由で痛めつけてしまい、グーは本名を語らず、暴走族リーダー、金子(川野直輝)の名前を騙り、金を取り立てます。

グーは北九州市で謎の男・高木(中村獅童)が経営している店で働きますが、すでに下関ではパク・ヨンオ(遠藤要)と金子のグループが彼を狙っていました。

ある日、後輩の辰とマサル(柄本時生)が敵対関係にある高校生の家に殴りこみ、それを聞いたグーは、事件の真相を求めて奔走します。

見どころ

ケンカシーン

本作では、ケンカシーンがたくさんあり、松田翔太さん演じるグーの敵対するパクたちがたむろする店・いも屋での対決シーンでは、アクション練習の時から時間をオーバーするほど念入りに練習したそうです。鉄パイプで殴り、血だらけになってしまう姿はリアルで衝撃的なシーンとなっています。

実際の撮影では、なかなかカットの声がかからず、永遠に殴られるというある意味ドキュメンタリーのような撮影方法で、殴るふりではごまかせない部分は、実際に殴っている場面も。痛々しいバイオレンスシーンは、目をそむけたくなるほど痛さが伝わる映像になっています。

金髪の松田翔太

松田翔太さん演じたグーは、人肌恋しくて、優しさに飢えていて、仲間にはすごく優しい人間で、本当は星空を見て夢を語るような青年。しかし、住んでいる場所がら、そんなことはさせてくれず、周りで勝手に物事が起きてしまい、巻き込まれていきます。

そんなグーの髪型を金髪に決めたのはもちろんグ・スーヨン監督。松田翔太さんが原作を読んでイメージしたのは金髪のグーと違いボサボサ頭で野性的な雰囲気だったとか。しかし、監督のイメージするグーに近づきたいと、金髪+細身のパンツ+ロングコートというインパクトのあるカッコイイ姿になったそうです。

スタッフ

監督・原作:グ・スーヨン
音楽:和田薫
主題歌:黒夢「13 new ache」
挿入歌:東京スカパラダイスオーケストラ「Lonesome Eddy」

キャスト

グー:松田翔太
高校中退のフリーターで在日韓国人2世。

マサル:柄本時生
グーの後輩の高校生。辰といつも行動を共にする。グーを裏切る。

中村みえ子:小野ゆり子
日本人の清楚な女子高生。実際は集団売春に参加していた。

ナツコ:芦名星
高木のクラブにいた女性従業員。

辰:永山絢斗
グーの後輩の高校生。グーを慕う。

安田:渡部豪太
タカシグループ。トルエン中毒。

タカシ:金子ノブアキ
グーの友人。

金子:川野直輝
在日韓国人で暴走族ヘッド。

パク・ヨンオ:遠藤要
在日朝鮮人グループのリーダー。朝鮮高校時代はボクシング部のチャンピオン。

パク・ヨンオの弟:落合モトキ
在日朝鮮人グループ。小心者。マサルや辰とも交流がある。

イー・パッキ:石垣佑磨
在日朝鮮人。タカシグループで郷野組の組員見習い。

カン・テファン:裴ジョンミョン
在日朝鮮人。タカシグループで郷野組の組員見習い。

キム・チョンギ:遠藤雄弥
朝鮮高校の高校生。暴力的。

高木:中村獅童
北九州の小倉で店を経営している実業家。実は伊藤組の幹部。

マスター:趙珉和
グーがバイトするバーのマスター。

藤田:渡部篤郎
グーを監視する刑事。

庄司:真木蔵人
郷野組の組員。

マサ:渡辺大
郷野組の組員で、庄司の舎弟。

姐さん:真木よう子
庄司を殺害する。

赤井ユキ:友田彩也香

マサルの彼女:栗林里莉

若頭:白竜

グーの祖母:淡路恵子

 

『ハードロマンチッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハードロマンチッカー(映画)の感想

 

30代女性
30代女性

主演の俳優が好きなのでビデオを借りて映画を観ましたが、思っていたよりも過激な内容なので驚きました。私は関東で生まれ育っているので、日本国内でも他の地域のことはあまり詳しくは知らないため、舞台となる地域では本当にこのようなことがあるのだろうかと見ていて不思議な気分になり、カルチャーショックを受けたような感じがしました。内容としては、”心温まるヤンキードラマ”のようなものを想像していましたが、逆に若者達の間で裏切りもあるような重い話があるという印象を受けました。しかしながら、主人公となる少年の”グー”という呼び名が監督と深い関係がある等の重要な話が最後に明かされることで、映画を見終える際には、なぜこのような映画ができたのかについて納得できることや、家族愛のような心温まる話もあるので、見応えのある映画だと思いました。乱闘シーンが多くあることから、アクション映画の要素も強く、見ていて爽快感があると考える人も多いのではないかと思いました。男女間の恋愛がうまく進まないことに対する悩みを主題として取り上げているところもあるので、切ないような気分になるシーンもあり、多くの人が共感できるのではないかと考えました。綺麗事ばかりの作り話ではなく、ドキュメンタリーの要素もある映画なので、観ていて救いようがないと感じるような描写もありましたが、多くの若者はそれらを乗り越えて生きていて、その中にはその後に大きな成功を成し遂げた人物がいるということが描かれているので、この映画には希望をもって未来へ向けて生きることが大切だというメッセージが込められているのではないかと考えました。

 

まとめ

『ハードロマンチッカー』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました