ハードコア(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
映画『ハード・コア』11/23公開 予告編

ハードコアの動画フルを安全に見る方法

『ハード・コア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

< U-NEXT 人気の理由 >
・200,000本以上の日本最大級の配信本数!毎月2,000本以上更新
・ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
・見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
・最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
・「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
・電子コミックや電子書籍も楽しめる!
・雑誌が80誌以上読み放題!
・無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
・ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心!
・テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
・ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
・無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

< U-NEXT 利用者の声 >

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

『ハード・コア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハードコアの内容

映画『ハード・コア』は、2018年10月に公開されました。

原作は、狩撫 麻礼(かりぶ まれい)さんと いましろ たかしさん の『ハード・コア 平成地獄ブラザーズ』です

『山田孝之のカンヌ映画祭』『映画山田孝之3D』など、山田孝之シリーズでお馴染み山田孝之さんと山下敦弘監督がタッグを組み、2人の愛読書でもあった本作を実写映画化しました。

『ハード・コア』は原作を知らなくても、世界観がすんなり入ってきてオリジナルストーリーを見ているようです。

原作を読んでいなくても置いて行かれない感覚の作品となっております。以前にもタッグを組んでいる監督の山下さん×山田さん、また山田さん×佐藤さん×荒川さん同士の信頼関係があるからこそ思い切った映画になったと思われます。

予告とか見た感じ、もっとふざけた感じかなって思ったら、良い意味で裏切られて楽しめました。

社会の裏側をコメディタッチで描くという作品はなかなかお目にかかれない。

一番印象に残ったのは、佐藤健の冷酷極まりない表情でした。
よくぞ、えげつないシーンにも挑んだものだと感心しました。

「型にはめて映画を観るな」そんな作り手たちの声が聞こえて来るようで、ここまで自由に物語が展開していくのに感動さえ覚えました。

山田 孝之さん×佐藤 健さん×荒川 良々(よしよし)さんの豪華共演作品となっています。山田 孝之と佐藤 健との兄弟が面白く、本物の兄弟に見えてきます。記者会見でも2人のラブラブトークがあったように、普段の彼らの関係性良いからだと思われます。

また、荒川さんはまさにはまり役。ロボットのロボオとのやりとりが笑えた。とのお声も多数ありました。

あらすじ

『刀』とプリントされた上着の男、打算的な世の中が大嫌いで、信念を曲げることが出来ず、世間に馴染めずにいた右近(山田 孝之)は1人でBarにやってきます。周りのことなど関係なく騒ぎ散らす若者たちにイライラしていました。この若者たちへの行動を「バカみたい…」と独り言を呟きながら、右近の隣で飲んでいたOL風の女性(松 たか子)が若者たちに誘われるままキスを躊躇することなく受け入れてしまったことが原因で、ついに右近の堪忍袋の緒が切れます。若者に激しい頭突きを繰り出しました。

気付いらたらカウンターで寝ていた右近。目を覚ました右近の目の前にいたのは、一流商社のエリートサラリーマンでは弟の左近(佐藤 健)でした。
彼もまた、自身の肩書を目的に近寄ってくる軽い女など、打算的な社会に嫌気がさしていました。

そんな右近の仕事はというと、金城 銀次郎(首くくり栲象)という活動家と、その番頭である水沼(康 すおん)のもとで、埋蔵金を掘りあてるという日雇いのバイトでした。
そこには同じく世間からはみ出した、精神薄弱気味の牛山(荒川 良々)もいました。右近にとって唯一心を許せる友達です。

ある日、そんな彼らの日々が一変する出来事が起きます。牛山が住んでいる廃工場で、古びた謎のロボットを発見したのです。右近は突然の状況を把握できませんでしたが、ロボットの胸を開け修理をしてみます。すると、ロボット動き出しひとりで歩き、意思を持っているようでした。自分たちに寄り添うロボットに次第に親しみを覚え「ロボオ」と命名して友情関係を深めていきます。

右近のもとを訪れた左近は、ロボオと初めての対面です。人工知能の知識もある左近が、ロボオは現代科学の水準を遥かに凌駕する高性能であることを突き止めます。

「ロボオの人工知能を使って、埋蔵金を発掘することなんて簡単だ!」と主張する左近に言われ、山奥へと向かった3人と1体。そこで、ロボオの能力を使い100憶は超えるであろう埋蔵金を見つけてしまいました!

左近が握る埋蔵金の行方、悲しい牛山の過去、右近の水沼の娘・多恵子(石橋けい)との禁断の恋、金城の失踪。この腐れきった世の中で、ジレンマを抱えながら生きる彼らの運命は何処へ向かうのか……。

見どころ

カメレオン俳優の本領発揮

主人公の右近を演じる山田孝之さんの自然体での演技はドキュメンタリーかと錯覚してしまいます。ハードボイルド右近、必見です!

狩撫麻礼に捧ぐ

本作への期待を寄せていた原作の作者・狩撫 麻礼(かりぶ まれい)さんは映画の完成を前に亡くなってしまいました。本作のラストで「狩撫麻礼に捧ぐ」というテロップが刻まれており、とても印象的です。是非、皆さんも見てください。

スタッフ

原作:狩撫 麻礼・いましろ たかし「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」
監督:山下 敦弘
脚本:向井 康介

キャスト

権藤 右近:山田 孝之
打算的な世の中が大嫌いで、信念を曲げることが出来ず、世間に馴染めずにいる。金城の唱える理想に共感し、その資金獲得のための埋蔵金発掘に励む。

権藤 左近:佐藤 健
右近の弟。一流商社のエリートサラリーマンで端技術にも詳しく、ロボオが現れた際は、その知識を活かして推測と分析をする。

牛山:荒川 良々
精神薄弱気味の右近の唯一の友達。右近とともに埋蔵金の発掘をしている。

金城 銀次郎:首くくり栲象
世直しを説き結社を組織し、活動資金のため古文書を元に埋蔵金の発掘をさせている。

水沼:康すおん
金城が主催する結社の番頭役。

水沼 多恵子:石橋けい
水沼の自宅に立ち寄った右近に目をつけ、彼の元を度々訪れるようになる。

 

『ハード・コア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハードコアの感想

40代女性
40代女性

ぶっ飛んだ楽しい映画でした。豪華かつナゾなキャスティングで「兄」山田孝之さん、「弟」佐藤健さん、「兄の友達」荒川良良さんと「ロボオ」。並んでいるだけですでにだいぶオカシイ…。真面目な兄。弟に、ちゃんとやっているのか、なんて心配してるいい兄。でも埋蔵金?掘ってなんか怪しいちっちゃい団体に入ってる。エリートな弟、意外にアウトローでエロい、でも兄思いな奴。いろいろ心配になってくる「兄の友人」だが実は彼には秘密が…。そして「ロボオ」こいつが一体何なのか?が、この作品の縦糸となっていきます。奇妙な光景を大真面目に積み重ね作品が進行していきます。いかがわしさ満載の発掘隊、幼児の心と発情期の身体を持て余す青年の笑えないけど共感できる行動、純粋すぎて騙されて利用されても、思い切ることができない誠実さ。ご大層なことを他人には言っても、その陰でうまい汁を吸おうとする俗物。そんなどん詰まり感の彼等の日常に謎のモノがやってきます。とっさに付けた名前はロボオ。ちなみに私が一番ウケたシーンはここです!(兄のアパート)弟「…………兄貴、…そいつはなんだ?」兄「ロボオだ。」「…………、ずいぶん個性的な友達持ってんだな……。」この間横には荒川良良さんが口を半開きのまま地蔵のように静止しているんです。絵的に凄い光景です。ストーリーも楽しいのですが、場面場面がなんとも楽しいんです。言葉ではうまく伝えられないので、ぜひ見ることをお勧めします。

 

50代女性
50代女性

社会の底辺でこだわりと生きにくさを持って堂々と這いつくばる男たち2人を見事に描いた映画です。さすが山下監督だと感じており話が深刻になりすぎず、かといってカルトな方向に行き過ぎることもなく、見る人淡々と積み重ねられていくシュールな展開に終始ニヤニヤ笑いを浮かべながら、この不可思議で切ない男たちとロボットの友情にじっくり心を寄せることができるのだがとても不思議な内容の映画です。最初は、不思議な展開でありまるで嘘のような現実の映画だと思いましたが、現実が思わぬ方向に展開して行くのが楽しめました。山田孝之と佐藤健が兄弟役を演じておりこの二人の好演により映画が面白くなっていました。徳川の埋蔵金まで絡んで来て、予想外の展開が次々と起こりますがそれがシュールとは感じられてもなぜか受け入られてしまう面白さがありました。荒川さんのくせのある演技がインパクトがあり、彼の演技が印象にの頃ました。最初から最後まで独特の世界観が展開されており、目が離せなくなりました。最近ではこんな独特の世界観を描いた映画は少なくなっているので、この作品は数少ない作品の一つになっていると思います。見終わった後に大満足出来たそんな映画でした。

50代女性
50代女性

右近に、人情味というのか真っすぐな心のキレイさを感じました。世間と離れた怪しげな場所で生きるしかない仲間同士、心を寄せ合う様子が可笑しみを含めつつ温かいです。そこにロボオが加わって、人間味が出てくるのが面白かったですね。人間のように振舞って、周りにそう思わせる姿が爆笑です。牛山の純粋さも印象的で、本人は気付いているのか分からない生きにくさがちょっと悲しい気持ちになりました。家族にも理解されないのはつらいはずですが、暗さを感じないし、どこかかわいらしい。牛山はとてもいい人で、大切にされるべきですよ。彼を守る右近がいて本当に良かったです。ふたりは心の繋がりのある家族のように見えました。左近がロボオに目をつけて利用しようとしたあたりから、ハラハラする流れになって、サスペンス風味に。右近の熱い思いの恋は全く切なすぎです。悲しい時に寄り添ってもらえない場面に、見ているこちらも心が冷えます。右近たちが追い詰められて、これは残念な涙の結末となるのかと思いきや、意外で驚き、最後に笑いました。左近の安否も分かって、これもびっくりですが、心底ホッとしましたね。見終わって、楽しさと晴れやかな感動に包まれる素敵な作品です。

50代男性
50代男性

ハード・コアは、2018年に公開された日本の映画です。山田孝之さんや佐藤健さん、松たか子さんなど大物俳優が演じてくれていることで話題になりました。廃工場で謎のロボットが見つかることで、運命が狂っていくという興味深い作品でした。あらすじは、右近と牛山が、薬品工場の廃墟でロボオというロボットを見つけます。右近の弟の左近は、ロボオが優秀なロボットであることに気づきます。右近と牛山はロボオのことを仲間だと思い、悪用はしません。しかし、左近はロボオに埋蔵金を発掘させて、チャイニーズマフィアと交渉し、金に換えます。その留守中に、右近と牛山はトラブルに巻き込まれて南国へ行くハメになります。この映画は、出てくるキャストがミステリアスだと思いました。右近と左近という性格が対照的な兄弟や、掴み所のない男の牛山、その他にもロボットのロボオなどが登場してどのキャラクターも個性豊かで楽しく見られる映画でした。全般的に、少し笑える小ネタが散りばめられていて飽きることなく見ることができました。島に、SMのボンテージルックは見ていて面白かったです。大人たちの不器用さも伝わって、少し悲壮感もあり、複雑な思いで視聴しました。

40代女性
40代女性

元々は原作は古く、こうして映画化されても彼らの思想の古さは感じにくい映像と撮影の仕方だと思いました。ハードコアは主演俳優に山田孝之さんが出演。彼のファンとしてはあまりにも小汚い格好で底辺の仕事についていても見てしまう作品でした。真逆の立場であるサラリーマンの仲間の感情であるとか、そういう差も微妙にしか演出していないと思いました。底辺で生きる男たちの世界での面白い話題を描いているのですが、とにかく絵が汚いもののなぜかコミカルで男臭いファンタジー溢れた内容です。どこが見どころか?埋蔵金の発見と友情、ここが見どことのポイントだと思いました。とにかく監督が山田さんに惚れているんだろうなっと思ってしまう撮り方。独特の話し方とか、内気な演技とか、芝居くさいところは昔から変わっていないような印象も与えてくれたのです。彼らは結構暗い人生と思いますが、そこをコミカルに明るさを出して作っているので楽しめました。山田さんのファンであれば、彼は相変わらず見た目が良いので目の保養に一度は見てみても損ではありません。男たちの社会的立場とかもあまり深く考えずに、気楽にこの作品を見るべきでしょう。ただし年齢制限があるので要注意。

 

まとめ

『ハード・コア』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

荒川良々のU-NEXT配信作品

【映画】

【ドラマ】

  • リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~
  • あまちゃん
  • 天使と悪魔 ~未解決事件匿名交渉課~
  • 重版出来!
  • フルーツ宅配便
  • 猫弁~死体の身代金~
  • ドラマスペシャル アガサ・クリスティ『予告殺人』
  • 妻と飛んだ特攻兵
  • 木皿泉劇場“道草”

康すおんのU-NEXT配信作品

【映画】

  • ハード・コア
  • 武曲 MUKOKU
  • もらとりあむタマ子
  • リアリズムの宿
  • 松ヶ根乱射事件
  • ひと夏のファンタジア
  • キャッチボール屋

石橋けいのU-NEXT配信作品

【映画】

  • ハード・コア
  • 天空の蜂
  • At the terrace テラスにて
  • ミツコ感覚
  • スプリング、ハズ、カム

【ドラマ】

  • かなたの子
本ページの情報は2020年5月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました