ヒミツの花園(ドラマ)の無料動画フル配信|1話から最終回まで全話イッキ見

国内ドラマ

ヒミツの花園(ドラマ)の動画フルを安全に見る方法

『ヒミツの花園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ヒミツの花園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヒミツの花園(ドラマ)の内容

ドラマ『ヒミツの花園』は、2007年1月から関西テレビの企画・制作によりフジテレビ系列で放送された連続テレビドラマです。

イケメン4兄弟と不器用な女性編集者の不思議な絆を描いたハートフルコメディ。主演は、2003年「スカイハイ」で注目を浴びた当時28歳だった釈由美子さん。イケメン4兄弟には、堺雅人さん、池田鉄洋さん、要潤さんと、当時16歳だった本郷奏多さんが扮しています。

そのほか、真矢みきさん、寺島進さん、田中哲司さん、大東俊介さんなど豪華キャストが共演しています。

 

派手な仕掛けがあるわけではないけど、とても良質なドラマ。キャスト陣が素晴らしい。今もメインで出演する人達ばかりだし。貴重なドラマだと思う。

安室ちゃんの主題歌が最高だった。愛らしい4兄弟の会話も面白い。しゃぶしゃぶの食べ方が印象的だった。

本郷奏多は可愛いし、寺島さんのキャラも良いし真矢みきさんも良いし。続編あったら見たい!

少女漫画のようなストーリーで面白かった。コメディタッチなのも好みだし、釈由美子さんの舌ったらずなところは愛嬌があった。

最近よく取り上げられるドラマトピックが全部詰まってて地味に深い作品だと思う。主題歌も良いし。ベストオブ堺雅人って感じ。

あらすじ

ファッション誌の編集者・月山夏世(釈由美子)は、頼まれると断れない性格で、何かと損な役回りになる自分に悩み、辞表を出そうと考えますが、ファッション雑誌の事実上廃止が決まり、少女漫画編集部に転属することに。

そして、月山は、転属先のコミック編集部・編集長の田丸慎一(田中哲司)から、人気漫画家・花園ゆり子を担当するよう告げられます。

月山が、花園に挨拶するため花園が暮らす高級高層マンションに向かうと、強面の男で他誌の編集者の田中一郎(寺島進)に玄関先で迎えられます。自宅兼アトリエであるマンションの一室に入ると、オタクでワガママな修(池田鉄洋)と、イケメンだけど女性にだらしない智(要潤)と、小生意気で性格を一瞬で見抜く陽(本郷奏多)と、内向的で寡黙な航(堺雅人)といった男ばかり。

月山はアシスタントたちだと思ったのですが、4人で花園ゆり子として活動している4兄弟でした。しかも花園ゆりこが男だということは秘密にするように言われます。

こうして、辞表を出すタイミングを失った新米担当編集者・月山と「花園ゆり子」こと片岡四兄弟の交流がはじまります。

見どころ

本作は、ハートフル・コメディなので、笑える場面や、パロディなんかも使われています。その辺も見どころではありますが、一番の見どころはタイトルにもある通り”ヒミツ”。

1話では、釈由美子さん演じる月山が担当する超人気漫画家・花園ゆり子が4兄弟だったという秘密がバラされますが、その他にも秘密があります。

堺雅人さん演じる航が漫画のドラマ化の話を頑なに受け入れないことや、池田鉄洋さん演じる修が「あのこと」という意味深な言葉を発したり…。4兄弟の間にある重大な秘密の謎が明かされるのはドラマの終盤となっています。

スタッフ

脚本:永田優子
音楽:仲西匡
主題歌:安室奈美恵「Baby Don’t Cry」

キャスト

月山 夏世:釈由美子/幼少期:磯野光沙
主人公のヒロイン。28歳。真面目でドジで要領が悪く、天然で鈍感でお調子者。

川村 亮子:真矢みき
もう一人のヒロイン。38歳。月山の元上司。

片岡 航:堺雅人/小学生時代:小越勇輝/高校生時代:真山明大
4兄弟の長男。33歳。漫画では背景を担当。性格は内向的で寡黙。

片岡 修:池田鉄洋/小学生時代:上妻成吾
4兄弟の二男。30歳。ネーム及び執筆担当。ワガママでいい加減だけど、やるときはやる男。

片岡 智:要潤/幼少期:室岡優吾
4兄弟の三男。27歳。マネージャー兼アシスタント担当。常識人でまとめ役。

片岡 陽:本郷奏多
4兄弟の四男。18歳。漫画ではストーリー担当。洞察力が鋭く性格を一瞬で見抜く。

田中 一郎:寺島進
ちゃーみーのライバル誌のベテラン編集員で花園ゆり子担当。

田丸 慎一:田中哲司
コミック編集部編集長。口うるさい威圧的な上司。

畑中 権三:岸博之
コミック編集部部員。

三浦 タカシ:大東俊介
コミック編集部部員。夏世の同僚。

横山:横山あきお
一般誌編集部員。

美那絵:滝沢沙織
小料理屋”みなえ”のママ。修の片思いの相手。

龍二:神保悟志
美那絵の死んだ夫の同僚。刑事。

立川 拓実:山本裕典
みすずの彼氏。陽の高校の同窓生。

杉本 みすず:松岡璃奈子
美大生。航にアプローチしますが断られる。

里中 潤一郎:井田國彦
航の美大の同級生。

片岡 亮:山本圭
故人。4兄弟の父親。

【ゲスト出演】
(第2話)

漫画喫茶の女子高生:郡司あやの

(第3話)
映画館の女子高生:西村紗也香、西村麻理香(toutou)

(第6話)
花園町町会長:阿南健治
副社長夫人:大島蓉子

(第7話)
国際テレビのドラマプロデューサー:光石研

(第10話)
亮子の見合い相手:橋本啓輝
横山の妻:喜多道枝

 

『ヒミツの花園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ヒミツの花園(ドラマ)の感想

30代女性
30代女性

移動したてで勝手でわからない漫画編集者が女性漫画家の正体である4人兄弟達に振り回されるコメディというわかりやすい大筋で気軽に楽しめました。しかし単なる1話完結系コメディではなく、兄弟の「秘密」の伏線もあり、他にもサブキャラ達のそれぞれの背景と伏線が真実に繋がっており、わかりやすい導入からの複雑さも楽しめる流れとなっていますので非常によく出来た脚本でした。個人的に話が面白くなってきたのは釈由美子さんと堺さんと要さんの三角関係が始まり出してからラブコメ要素が強まり話の展開にドキドキワクワクできました。ですので少女漫画がまさに好きという方にはオススメです。そしてシリアスな空気や恋愛要素も色々ありますが、寺島進さんと真矢みきさんのシーンになるといつだって笑えますので毎話明るい気持ちで視聴できます。特に真矢みきさんの演技は周りの演者達を笑かすにかかっているんじゃないかってくらいにと笑えます。ちなみにこのドラマで堺雅人さんと本郷奏多さんを知りました。実際に同じくそうだという人は多いと思います。堺さんの優しいイメージや物腰柔らかな演技はこのドラマのイメージが強かったからだと思いますが、まさにハマり役でしたのでこのあとの役にも影響が残ってしまったであろうことはむしろ納得です。

 

20代女性
20代女性

放映されていた当時は陽を演じる本郷奏多くんが好きで見ていて、夏世が4人に振り回されるのがおもしろいと思いながらも、大変そうだなという印象のドラマでした。ただ私も夏世と同世代になってくると、見方が変わったなと思います。特にずばぬけていることがあるわけではないけど、周りとそんなに大きく変わらないはずなのに、なぜかうまくいかない。「私の人生、このままでいいの?」と周りがどんどん結婚していくとふと考えたりもします。結婚願望がめちゃくちゃ強いわけではないけど、将来のことが不安になったり…。やっぱり自分が同じような境遇になるとドラマに対しても感じ方も変わるのだなと思いました。年の離れた弟である陽が生意気ながらもやっぱりかわいくて癒されました。兄弟だって容姿も性格も違うし、それぞれ違うコンプレックスを抱えているのだなと思いました。私も4人兄弟ですが、兄弟それぞれ違います。仲はいいのですが、やはり両親がいるからこその部分もあるので、特に航は親代わりもしないといけなくて、苦悩が多かっただろうなと思います。夏世を巡っての恋愛模様もみんな不器用で、ヤキモキさせられました。このドラマをみて私も人とのつながりをもっと大切にし、今よりも少しだけ幸せになりたいなと思いました。

 

30代女性
30代女性

個性豊かな4人兄弟が見ていて面白かったです。堺雅人、池田鉄洋、要潤、本郷奏多。池田鉄洋は個性豊かを超えて濃いくらいです。長男の堺は33歳、末っ子の本郷は18歳で、高校を中退しています。兄弟4人で少女漫画家の花園ゆり子として作品を発表しています。堺が背景、池田が執筆、要がマネージャー、本郷がストーリーという形で分担しています。少女漫画家のイメージを守るために、男性であることは公にはヒミツとなっています。釈由美子が担当として異動となるところから物語は始まります。兄弟の個性がほんとに豊かです。堺は穏やかで物静かで、でも長男として兄弟を守っています。池田はわりと明るく、女性に惚れっぽいです。出てくるとにぎやかなシーンになります。要は女癖が悪いですね。でもその恋愛経験が作品作りに活かされてもいます。本郷はクールです。モデルのスカウトを断ったり、好きだと言ってくれる女の子を冷たく振ったりします。それでも兄たちには心を許していて、慕う様子が見られます。それぞれに思うところがあり、そこを兄弟に指摘されるとケンカにもなりますが、人としても家族としても、少しずつ成長する物語でもあります。釈由美子と兄弟との関わり方も、見ていて面白かったです。

 

30代女性
30代女性

一番好きなドラマです。釈由美子が冴えなくて男っ気なし、仕事への情熱も特にないのになぜか常に仕事に追われ損な役どころです。上司に真矢みきが出演していますがこれがコミカルで笑える役でした。花園ゆりこという大御所の少女漫画家が実は片岡家男4兄弟で特に次男がオタクでフィギュアマニア、ワガママで面白かったです。かたや、長男の堺雅人や三男の要潤が色気のない釈由美子を取り合う場面がすべて微妙な感じで恋心かそうじゃないのか、という感じが逆にドキドキして良かったです。漫画がテーマなのか どの登場人物もガツガツしていない草食系で恋愛命というよりはお仕事、片岡家の生計とがけっぷちな主人公の人生についてという感じで恋愛を特に欲していない人にも楽しんで観られるドラマだと思います。四男の本郷奏多がミステリアスで兄弟たちが大事におもっているところが伝わってきてホロリときました。けれど、四男は別にかまってほしくないっていう心境もよくわかるし、両親がいなくても必死に自分たちの力でやってきた、というのがよくわかる作品の内容でした。けれどやっぱり4兄弟の個性が強く、ひとりひとり魅力があるので観ていて飽きなかったです。主人公が一番地味なような気も。けれど応援したくなる素直な役どころでした。

 

20代女性
20代女性

私は、ドラマ『ヒミツの花園』を観て、「恋と仕事に奮闘する主人公の姿」と「異なる個性を持つ四兄弟」が特に魅力的だと思いました。まず、恋と仕事に奮闘する主人公の姿についてです。この作品では、28歳の女性編集者の主人公と、主人公が担当することになった漫画家の四兄弟との日々が描かれます。主人公は、30歳を前にしても結婚できる気配がないことに焦りを募らせており、仕事では個性的な漫画家の四兄弟に振り回されていきます。主人公が、恋も仕事も一筋縄ではいかない日々の中で幸せを掴み取るため懸命に努力を重ねる姿がコミカルで可愛らしく、どこか親近感を抱きながら観ていました。次に、異なる個性を持つ四兄弟についてです。主人公が担当する漫画家の四兄弟は、口数が少ない人物もいれば社交的で明るい人物もいたりと、それぞれ性格もバラバラで個性が溢れています。それぞれの人物の個性が的確に分かりやすく表現されていて、兄弟の中でそれぞれ異なる魅力を比べて楽しみながら観ていました。また、四兄弟がそれぞれの性格を活かし、漫画を作るという一つの目標に向かって進んでいく様子から、兄弟の仲の良さが伝わってきて、微笑ましく思いながら観ていました。

30代女性
30代女性

花園ゆり子って何者なのっていうことが問題じゃなくって、人は、高級マンションに住んでて、地位も名誉もあるのに、大なり小なりコンプレックスを抱えているってことを学べるドラマだと個人的に思いました。ラブコメディーだから、最後は恋が実るのだけど、片岡家っていう4兄弟と、主人公の月山ちゃんとのストーリー展開も見物でした。今でいうなら、きゅんですって言いたくなるくらい末っ子の陽くんの甘い声や仕草も魅力で、干物女子なら酔いしれると思います。次男坊の修さんのキャラクターもツッコミどころ満載で、いい意味での箸休めになりました。兄弟間でのドキドキする恋い模様もあるから、婚活するアラサー向きでもあると思いますし、編集の仕事や漫画家としての仕事もストーリーに組み込まれているから、女性の転職だったり、生き方だったり、社会面でも考えさせられたドラマでした。もちろん、兄弟の話だけど、姉妹に置き換えることもできるし、常に一緒で、ひとつ屋根の下にいると、助かることもあるけど、干渉される煩わしさとかもあって、一人っ子の悩みもそれなりにあるのだろうけれど、兄弟や姉妹がいて、人生損したくないなら、一度は見てほしいドラマです。

20代女性
20代女性

月山夏代はファッション誌の編集者として働いていましたが、雑誌の休刊が決まってしまった事から少女漫画編集部に異動が決まります。担当漫画家は花園ゆり子という売れっ子の漫画家なのですが、実態は4兄弟で分担して漫画を作り上げていたのでした。当初は夏代に対して冷たく接する4兄弟でしたが、夏代のひたむきさに心を打たれるシーンがとても素敵でした。何よりも末っ子の陽と長男である航は物語が進むにつれて、夏代への態度が軟化していく過程が心躍りました。例えば陽は自分の出生に関する事で悩んでいた際に夏代の家に逃げ込んできます。行き場を失った陽が当てにした先が夏代の元だと考えると、陽は夏代の優しさに甘える事が出来ていたのだと考える事が出来て胸が温かくなりました。また、航は自分たちの漫画をドラマ化するかどうかで激しく夏代と揉めてしまいます。しかし、最終的にドラマ化の話を断っている夏代に対して「信頼していない訳ではない」と優しく諭すシーンがとても癒されました。航はこれまでも夏代に対して様々な気遣いと優しさを見せていましたが、直接的な愛情表現は最終回まで決してしませんでした。航は夏代をとても信頼しているため、陽の出生の秘密については話したものの恋愛にまで発展しないのだろうかと思っていました。しかし、最終回でウェディングドレスを着た夏代に対して「ずっと一緒にいて欲しい」と爽やかにプロポーズするシーンがありました。フレッシュなカップルが誕生し、登場人物全員が幸せになるハッピーエンドでとても感動しました。そして心がとても温かくなる作品であったと感じました。

 

まとめ

『ヒミツの花園』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました