ハゲタカ(映画)の無料動画フル配信|DVDレンタルよりオススメ

ヒューマンドラマ
ハゲタカ(プレビュー)

ハゲタカ(映画)の動画フルを安全に見る方法

『ハゲタカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

U-NEXT 人気の理由

  • 登録から31日間無料
  • 日本最大級の配信本数(200,000本以上)・毎月2,000本以上更新
  • ジャンルが充実!(映画・国内海外韓流ドラマ・アニメ・キッズ・成人向け)
  • 見放題作品数NO.1  ※2020年2月時点
  • 最新作もすぐに見られる!(DVD発売前に見られる作品も)
  • 「U-NEXT」でしか見られない独占配信作品も多数!
  • 電子コミックや電子書籍も楽しめる!
  • 雑誌が80誌以上読み放題!
  • 無料で最大4アカウントまで追加可能!プライバシーも◎
  • ペアレンタルロックで視聴制限できお子様にも安心
  • テレビ、スマホ、タブレット、パソコン、PS4などで視聴可能!
  • ダウンロード機能でいつでもどこでも楽しめる!
  • 無料期間後は月額1,990円(税抜)で毎月1,200円分のポイントが付いてお得!

 

U-NEXT 利用者の声

実際に使っている友だちから勧められて試しに登録してみました。31日間のおためし期間でもポイントが必要な新作映画も見ることができたのには感動です!見放題の作品も14万本以上あるのでそれだけでも31日間では全然足りないくらい楽しめます。DVDレンタルだと貸出中だったり返しに行く手間もあるのでU-NEXTのほうが楽ですね。普段購入している雑誌も読み放題のなかにあったので無料期間が終わっても継続しようか検討中です。

無料期間でも600ポイントもらえるので、ポイントが必要な新作映画も無料で視聴可能です!

無料で4アカウントまで使用できるのがいいですね!

妻は家事の合間に自分のスマホで韓国ドラマを見ているようで、子供たちにはテレビでアニメを見せているようです。アカウントごとにペアレンタルロックがかけられるので子供にも安心ですし、それぞれのアカウントの視聴履歴は見られないので私がPCで成人向けの動画を見ても妻にバレずに安心です(笑)。

前に使っていた動画配信サービスはストリーミング形式でしたので、Wi-Fiにつながっていないとスマホのデータ使用量が気になってました。U-NEXTはアプリで動画をダウンロードしておけるので外出先や通勤電車でも気にせず動画を楽しめるのがいいですね。海外のサイトなどで無料動画を探して見たこともありますが、それに比べて映像も音もキレイでストレスなくサクサク見れます。何よりウイルスなど気にしなくて良いので安心して見れるのがいいですね。

 

動画共有サイトや海外のサイトで無料で見れるケースもありますが、画質や音質が悪くフル動画ではない場合が多いです。スマホやパソコンのウイルス感染のリスクも高いので公式の動画配信サービスを利用されるほうが安心です。

 

『ハゲタカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハゲタカ(映画)の内容

映画『ハゲタカ』は、2009年6月に公開されました。

本作は、真山仁さんによる経済小説「ハゲタカ」シリーズを原作にした2007年のドラマの続編としてドラマの4年後を舞台に製作されました。

監督は、ドラマ「ハゲタカ」を手掛け、ほかにも映画「るろうに剣心」シリーズや「3月のライオン」など数々の話題作を手掛ける大友啓史監督。本作は大友監督の映画デビュー作となりました。脚本はテレビドラマの脚本家で有名な林宏司さんが担当。

日本の基幹産業・大手自動車メーカーに買収を仕掛ける中国系ファンドと天才ファンドマネージャー・鷲津政彦が繰り広げる激しいマネー戦争を活写しています。鷲津役をドラマから続投の大森南朋さんが扮し、そのほか、玉山鉄二さん、栗山千明さん、高良健吾さん、遠藤憲一さん、松田龍平さん、柴田恭兵さんなど豪華キャストが集結しました。

ドラマがあったことを知らずに見たら、人間関係や過去の話で少々ついていけないかも。ただ初見でもストーリーは一本完結なので、十分に楽しめました。

テレビ版は見ていないから以前の物語はわからないけど、緻密な物語の設定は面白かった。企業買収や金融のことについてよく調査してあることがわかる。

大森南朋の無表情ぶり、寡黙さはキャラクターをよく表現していると思いました。全体として笑顔の演技がほとんどない映画です。

最近は、クスッと笑わせてくれる役でドラマに出演している大森さん。私は本作を観て大森南朋さんのファンになりました。

あらすじ

投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き、企業を買いたたいく“ハゲタカ”の異名を取っていた鷲津政彦(大森南朋)は、閉鎖的な日本のマーケットに絶望して海外生活を送っていました。

そんな鷲津のもとに、盟友・芝野健夫(柴田恭兵)が訪れ、日本有数の大手自動車会社を巨大ファンドによる買収の危機から救ってほしいと頼みに来ます。

中国系ファンドの命を受けたのは、かつて鷲津のもとで働いていた“赤いハゲタカ”劉(玉山鉄二)。「日本が買い叩かれる」という未曾有の買収戦争が勃発し、“ハゲタカ”対“赤いハゲタカ”の壮絶なバトルが始まります。

見どころ

タイムリーな脚本

本作は、2009年6月に公開されました。本来は1ヵ月早い5月公開を目指して、2009年1月に撮影を開始しましたが、前年の秋に起ったアメリカ大手証券会社・投資銀行「リーマン・ブラザーズ」の経営破綻による金融危機”リーマン・ショック”によって、実際のニュースなどを脚本に取り込むなど脚本の変更が施されました。

そのため、キャストたちは、ニュースが出るたび、台本が変更され、しかも長セリフということもあり大変だったようです。主演の大森南朋さんは、経済が安定している時に撮って欲しかったとも語りましたが、脚本を大幅に変更したことで、問題をタイムリーに描き、当時の近い未来の日本を描いていくドキュメンタリーのようなストーリーになっています。

大森南朋のブレイク作

いまや、映画やドラマで見ない時がない!ってほど出演している大森南朋さんですが、大森さんは2007年のドラマ「ハゲタカ」でブレイクしました。このドラマが高評価となり、本作が制作されています。

大森南朋さんは、当時37歳。演じた鷲津という人物がかっこいいのか、大森南朋さんがかっこいいのか、心に信念を秘めた男の強さや哀しさを見事に演じきっています。そんな大森南朋さんに注目です。

スタッフ

原作:真山仁
監督:大友啓史
脚本:林宏司
音楽:佐藤直紀

キャスト

鷲津政彦:大森南朋
鷲津ファンド代表。芝野らの要請を受け、劉と対決することに。

劉一華:玉山鉄二
ブルー・ウォール・パートナーズ代表。中国出身で、残留日本人孤児三世。

三島由香:栗山千明
東洋テレビのニュースキャスター。

守山翔:高良健吾
アカマ自動車派遣工。

古谷隆史:遠藤憲一
アカマ自動車代表取締役社長。

西野治:松田龍平
西乃屋旅館社長。

飯島亮介:中尾彬
アカマ自動車の筆頭株主であるMGS銀行頭取。

芝野健夫:柴田恭兵
アカマ自動車執行役員。

村田丈志:嶋田久作
鷲津ファンド社員。調査担当。

中延五郎:志賀廣太郎
鷲津ファンド社員。不動産取引のエキスパート。

野中裕二:小市慢太郎
東洋テレビ報道局プロデューサー。

デイビッド・ブラックマン:グレゴリー・ペーカー
スタンリー・ブラザース社員で、アカマ自動車ファイナンシャル・アドバイザー。

ジム・ブラウン:クリストファー・ペレグリニ
ブルー・ウォール・パートナーズ社員。

柴崎大輔:脇崎智史
東洋テレビ報道局ディレクター。

青木:浜田晃
アカマ自動車の重役。

アンナ:エマ・ハワード
鷲津ファンド社員。鷲津の秘書。

若槻猛:野村修一
鷲津ファンド社員。

坂本:津田健次郎
スタンリー・ブラザース証券日本支社・社員。

男:滝藤賢一
公園で劉一華を襲う男。

【ブルー・ウォール・パートナーズ社員。】
李克仁:貴島功一朗
孫:明日嘉
張健祥:中村譲

 

『ハゲタカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

ハゲタカ(映画)の感想

 

30代男性
30代男性

ハゲタカはドラマでもリメイクされていますが、やはり映画が一番シリアスでリアリティがあると私は思っています。生き馬の目を抜く金融の世界の厳しさが、一番最後のシーンでよく表現されていると思ったからです。私は金融の世界に身を置いているわけではなく、実際にどんな世界なのか想像するしかありませんが、とてつもなく大きなお金が動いている業界ですから、騙し騙されやりやられの厳しさがあるんでしょうね。企業売買とはなんぞや、ヘッジファンドとはなんぞや、と金融の世界に興味があるもののどんな世界なのか全くわからないという方にとって、この映画は業界の雰囲気を理解するできるようになると思うので、ぜひおすすめしたいですね。作品中では主人公・鷲津の影のあるキャラクターを大森南朋さんが上手に表現しています。決して多くを語るわけではなく、いや、むしろ必要以上のことを一切喋らない鷲津ですが、その奥深さが大森さんの表情から滲み出ています。鷲津に勝負を挑む劉が饒舌でよく喋るのに対し、寡黙な鷲津の姿は非常に対照的。その辺りのコントラストも作品の質をグッと高めていると感じました。こう言ったことを考えると、映画・ハゲタカは単純な金融ドラマというだけではなくヒューマンドラマとしての側面もあると感じました。

40代女性
40代女性

NHKのドラマシリーズを繰り返し見た程のファンです。ドラマ版で熱い闘いを演じ絆を深めた鷲津と芝野が、再び力を合わせて巨大な敵に挑む物語ということで、観る前から期待していました。ドラマでの出来事から数年後、海外で優雅に過ごす鷲津の元を訪れた芝野。相変わらずクールな大森南朋演じる鷲津と、熱い人柄がにじみ出している柴田恭兵演じる芝野のやり取りが堪りません。紆余曲折あり帰国した鷲津を見た瞬間には「待ってました!」と声が出そうになりました。今回の敵は玉山鉄二が演じる劉一華。最初から含みを持たせた眼差しやセリフで、何やら鷲津と過去に何かあったような予感を漂わせます。鷲津と2人でホテルのバーで会話するシーンは、静かな中に熱を感じさせる抑えた演技で魅了されました。また、ドラマでは鷲津のライバル的な存在であった松田龍平演じる西野治が、旅館の社長として鷲津と共闘する物語展開には胸が熱くなりました。修が猫を抱いて鷲津と言葉を交わす場面は、思わず笑みが零れました。良い男と猫は相性抜群です。基本的に男性ばかりが登場する本作で、唯一と言っていい程の女性キャラクター・三島由香も、キャスターとして目前で繰り広げられるマネーゲームを見守っています。ドラマよりも成長した姿に、感動しました。高良健吾演じる派遣社員の青年が、現代社会の歪んだ一面を糾弾する姿に胸を打たれました。怒涛の展開を繰り広げ迎えるラストシーンには、複雑な思いを抱きました。スッキリとしたラストながらも、様々な問題提起をしていたように思います。豊かさとは一体何なのでしょうか。結末を知って、再び見返したくなる素晴らしい作品です。

50代男性
50代男性

2007年にNHKで放送されたドラマから4年後を描いた作品ですが、この映画での主役はハゲタカ鷲津政彦と言うよりも、赤いハゲタカこと劉一華だと言える作品です。弱った日本企業に狙いを定めて荒らし回った外資ファンドが一定の利益を上げて引き上げようとしたときに、日本の国家予算規模の資金を有する中国ファンドが日本の有名自動車企業に狙いを付けてきたとき、日本はどう対応するのか、というあり得そうな想定の下にドラマは展開していきます。この映画が優れている点は、一見企業買収を基礎にした経済ドラマのように見せながら、実は劉一華という悲劇を身にまとった男の生き様と彼の横暴を阻止するために動く日本人達、そして最期に彼を駒として使い切る中国ファンドの非情さ、と言った人間ドラマとして見事に成立しているところです。その上自動車メーカーで不安定な非正規として働いている派遣工の悲哀が絡まっているところも見逃せません。
「僕ら派遣の手配は人事部ではなくて資材部が担当するんです。僕らは代替えの利く部品なんですよ。」と吐き捨てる派遣工守山翔の言葉が、現状の日本の製造業に働くもの達の立場を代弁しているようで、心を疲れるような思いがしました。様々な世代、立場の登場人物の誰かに自分を置き換えて見ることのできる人間ドラマとしてすべての人に観てもらいたいです。

50代女性
50代女性

いま実際に起きている中国の投資家の方々は、どんどん日本の土地を買っていく姿がしっかりと描かれています。企業買収、TOBなどドラマを観てから日本で起こっている背景に何が起こっているのか理解ができて楽しむことが出来ました。エンターテインメント性もドラマの時より上がっており経済の分かる映画として楽しめました。ちょうど10年前のこの頃には既に今の中国の覇権志向や先進国からの技術や知的財産の盗用の発端がこの映画からも伺えてよかったです。出演している俳優さんたちも演技派の俳優さんばかりでリアルな映画としてみることができました。とくに大森さんの演技が臨場感などを感じることが出来ました。このドラマや映画を見るまで経済の話は苦手でしたが、この映画を見たことで経済の世界の面白さを感じることが出来ました。この映画を見たことによって海外の資本が日本を狙っているんだなということに気付かされるきっかけになりました。ドラマとは違った迫力もあり、見始めてすぐに引き込まれて行く感じがしました。俳優さんたちの高い演技力で素晴らしい映画に仕上がっていると思います。ただドラマを見ていない人には少し分かりづらい点もあるかなと感じました。

 

30代男性
30代男性

NHKで放送されたドラマ『ハゲタカ』の事実上の劇場版。民放と違ってNHKのドラマは通常劇場版が公開されることはないので、新鮮な印象があります。日本側のハゲタカ鷲津政彦も、中国側の赤いハゲタカである劉一華も、雰囲気や言動に妙な清潔感があって、見ていてもあまり金銭欲といつたものを感じさせず、泥臭くありません。その意味では、リアリティに欠ける部分があったかも知れませんが、だからこそ世界経済を巻き込みかねない規模のスケールの大きなマネーゲームを違和感なく描けたとも思います。実際のところ、現実離れした脚本なのでしょうが、エンタテインメント性を追求するのであれば、これが正解でしょう。敵対的買収に対するホワイトナイトの登場、斬新な資金調達方法など、経済の専門家でないとよく分からない事象を、ストーリーの中で観客にも分かりやすく表現できていたことは評価できるのではないでしょうか。制作側もこの部分に一番苦心したのではないかと想像します。あと、主人公鷲津政彦を演じた大森南朋さん、他の作品ではあまりこういうインテリな役を演じることは少ない役者さんなのですが、はまり役だと思います。ドラマ版の続編という設定なので、ドラマと両方見ることをお勧めしたいですね。

40代男性
40代男性

映画「ハゲタカ」は、NHKでドラマで放送された6話で完結した物語です。真山仁さんの小説が元で作られた話です。いわゆるハゲタカと呼ばれる投資ファンドの世界の話で株や経済の仕組みが世界となっています。主人公の目的を果たすためあらゆる金融の技術を使って達成して行こうというのが基本的な物になります。したがって専門的知識を必要とする言葉などが沢山出てきますがすべて今のファンドや資本主義を成り立つ株式の知識の勉強になります。株のことなど知らなくても物の売り買いがどのようになっているかという基本的なことが良くわかります。知らない人にもわかりやすく小説の方などにもしてありますので興味さえあればすんなりと話は、分かっていくと思います。映画の方は、ドラマで放映された話の延長上に成り立っていてドラマの方を見てから映画を見るとよく分かると思います。小説を読んでから見るとなおさらわかりやすいと思います。簡単なことでいうと巨大な資本組織によって搾取されたまたは、搾取されようとする立場の人たちがどのように資本主義というお金の流れによって成り立っている世界で圧倒的な巨大資本組織を相手に対抗していこうとするかという物語です。資本主義ですから株などの金融商品や金融技術を武器としてどう対抗するかが見所だと思います。

 

まとめ

『ハゲタカ』
日本最大級の動画配信サービス
「U-NEXT」
でフル動画を配信中!

「U-NEXT」31日間無料です。
無料期間中に解約すれば料金は一切発生せず、数クリックで簡単に解約できます。

 

本ページの情報は2020年7月時点のものです。
最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました